『ALL YOU NEED IS KILL』

  • LINEで送る

2014年、トム・クルーズ主演で米国で公開された同タイトル作品の原作小説。『デスノート』『ヒカルの碁』の小畑健さんによるコミック版もある。わたしは映画→マンガ→小説の順で読んだ。映画版は原作のコンセプトを踏襲しながら、小説とは違う物語になっている。どちらも楽しいので、どっちもおすすめだ。

お話はいわゆるループもの。個人的には北村薫の『ターン』を連想した。主人公は記憶を保持したまま同じ時間を何度もループして繰り返す。世代によっては『時をかける少女』だったりするだろう。

物語は宇宙から飛来した「ギタイ」と呼ばれる怪物が人々を襲い、人類は壊滅的な打撃を受けている世界だ。ギタイと闘うため、数々の兵器が開発され、機動スーツを着た兵士たちが攻防に明け暮れている。主人公はキリヤ・ケイジ。ハイスクールで失恋した勢いで入隊した。

初めて投入された戦線で、あるギタイと相打ちをしたことがきっかけで、ループの能力を手に入れる。同じ二日間を何度も何度も繰り返しながら、ギタイを倒すための能力を身につけて行く。

あんまり書くとネタバレになっちゃうから、あとはテキトーに話を濁しつつ。

わたし自身ラノベをあまり読まないので、楽しく読めた。読まず嫌いはいかんねぇ。独白に次ぐ独白で、テンポよく物語が進んで行くのも楽しい。

わたしは映画を先に見たけど、映画はキャラクター設定から別のものになっている。映画は映画で面白かった。そのあたりの感想も、またサブブログで書きたい(サブブログ「あさよるラボ」は映画の感想を書く場になっている……)。

マンガ版も全2巻でコンパクトにまとまっていて読みやすく充実していた。ただ、小畑健先生は女の子キャラをもっと可愛く描くはず!とちょっと欲求不満にw その辺は、すでに原作、キャラクターデザインが先にあって、制約のある中だから難しいやね。もっとふわふわの女の子が見たかったっす(^。^)/

桜坂洋 2004年 集英社スーパーダッシュ文庫

目次情報

第1章 キリヤ初年兵

第2章 フェレウ軍曹

第3章 戦場の牝犬

第4章 キラー・ケージ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*