雑記

特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」@大阪市立東洋陶磁美術館へ行く

特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」イメージ画像

去る2018年4月26日(木)、大阪・中之島にある大阪市立東洋陶磁美術館へ行きました。お目当ては特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」です。この東洋陶磁美術館は、いつもポカポカと日差しが気持ちよく、とても好きな美術館です。常設の展示も充実しているから、いつ行っても嬉しいのです。特別展も毎度面白いしね。

今回の展示はフランスのセーヴル地方で作られる「セーヴル焼」です。といっても、あさよるは全然詳しくないので、ただただ美しい器の数々に見惚れるばかりでした。

貴族が使った食器は、どれもまばゆい! ピクニックセットとか、小物もかわいい。

現代のセーヴル焼も展示されており、昔のきらびやかな展示とは一転、攻め攻めの器たちで驚きました。館内では現在の職人たちがセーブル焼をつくる様子のビデオが上演されていました。これも見ごたえがあったのですが、あさよるは閉館間際に立ち寄ったためじっくり見れず。時間に余裕をもって行かれるのをオススメします(`・ω・́)ゝ

特別展「フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」イメージ画像

関連記事

続きを読む

特別展「恐竜の卵 ~恐竜誕生に秘められた謎~」大阪市立自然史博物館へ行く

特別展「恐竜の卵 ~恐竜誕生に秘められた謎~」イメージ画像

去る2018年4月26日(木)、大阪市立自然史博物館ネイチャーホールでやっている特別展「恐竜の卵 ~恐竜誕生に秘められた謎~」へ。毎年春休み~ゴールデンウイークの時期にかけてネイチャーホールで恐竜や古生物の特別展が開催されていますが、昨年は大阪南港のATC「メガ恐竜展2017」をやってて、ここへ来るのは2年ぶり。

※この展示は2018/5/6に終了しています

今年は「恐竜の卵」がテーマで、展示も入り口から鳥と爬虫類が並んでいる。主役が「卵」だから地味といえば地味(苦笑)。だけど、恐竜、鳥、爬虫類の卵や産卵に関わる体の特徴など紹介されていて面白かった。

恐竜の中には卵巣と卵管が二つずつあって、二個の卵を同時に産むものがいるそう。二つきれいに卵が並んでいる様子は、昆虫の卵の巨大版みたいにも見える。今の鳥類は片方の卵巣と卵管がなくなっていて、一つの卵巣と卵管から卵を産むそうで、左右非対称だ。鳥は少ない卵からヒナを孵し、親が世話をすることで生き残り戦略を取っている。恐竜の場合は、卵を世話するものもいれば、群れで卵を同じ場所に産み群れで育てるものや、産みっぱなしで放置するものなどさまざまあったと考えられているそうです。

あと、恐竜に比べると、鳥の卵は巨大で驚いた。普段ニワトリの卵を見慣れているけれども、ニワトリよりも小さな鳥なのにニワトリの3倍以上のタマゴを生むツワモノもいて、体の中はどうなっているの!? 人間の卵子は極小なのに、排卵にまつわる身体や心の変化があるというのに、巨大な卵を産む鳥の心身を心配するほどw

あと、「恐竜の卵」というのは、結局のところ「何の恐竜の卵なのかわからない」というのも、言われてみて納得。卵と恐竜の成体が同時に見つかったり、近くで見つかることがあるが、それらが「親子の関係」なのか「アカの他人」なのか、判断が難しいのです。また、卵だけ見つかっても、どの恐竜の卵なのかはサッパリわからない。だから、卵には卵の名前がついていた。成体のお腹の位置に卵が格納されている標本もあって、そんな特別な状況じゃない限り「断言」は難しそうだ。

恐竜の骨格標本も展示されていましたが、あくまで主役は卵で、卵!たまご!タマゴ!が並んでおり、肝心の子どもは退屈な展示だったかもしれない(苦笑)。が、渋いテーマで大人は燃える。

特別展「恐竜の卵 ~恐竜誕生に秘められた謎~」イメージ画像

関連記事

続きを読む

特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」大阪市立美術館へ行く

「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」イメージ画像

去る2018年4月26日、大阪市立美術館にて開催中の特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」を見に行ってきました。この展示は始まるまであまり注目していなかったのですが、先に足を運んだ方たちの前評判を聞いて、かなり期待度が上がっていました(^^♪

ちなみに、大阪市立美術館のはす向かいにある、あべのハルカス美術館では「ボストン美術館浮世絵名品展 鈴木春信」が開催されていて、超近場で江戸時代の浮世絵展が開催されていることになります(「江戸の戯画」の半券を持ってくと入場料が100円引きになるらしい)。

市立美術館の「江戸の戯画」では、かの有名な北斎漫画や、国芳のユニークな絵の〈元ネタ〉とも見える鳥羽絵や耳鳥斎(にちょうさい/人名)などと並べて展示され、また江戸のユニークな「戯画」がたくさん展示されています。

一番印象的だったのは、耳鳥斎の「うまい」上に「超おしゃれな線」で描かれる地獄絵図や忠臣蔵の本に見入ってしまったこと。「現在のイラストレーターの絵だよ」と言われても誰も疑わないでしょう。うまいとか洗練されてるとかはもちろんだけど、「今っぽい」のがたまらんかった。

北斎はもちろんバツグンにうまいんだけど、バッチリ決まっててね「粋だね」って感じなのですが、耳鳥斎は「超おしゃれ」なんですよ。もしかしたら「ヘタウマ」に見える人もいるかもしれないけど、線の処理の仕方とか、完全に脱力して肩ひじ張ってないけど、だけどキマッテルんす!(*゜∀゜)=3!!

あさよるは以前、軽く国芳にハマりかけてたことがあったので、国芳もずらっと有名どころが集まっていて楽しい。遊郭の風景の人々がスズメの頭になっている「里すずめねぐらの仮宿」や、「きん魚づくし」。この金魚にハマって国芳グッズを作ろうと張り切っていたのです。

第五章の「滑稽名所」も、ほんま滑稽で、見ていて笑ける。特に「滑稽浪花名所」は、大阪在住のあさよるにとっては馴染み深い場所の滑稽絵ですから、なおさらオモロイのだ。

そして最終章の河鍋暁斎は、本でしか見たことなかったので、下絵なども展示されていて嬉しかったっす(`・ω・´)b

今回一人で行きましたが、お友達とお誘いあわせの上、ワヤワヤと楽しむのに向いている展示ですね。しかし、平日の午後でしたが、まあまあの入りだったので、土日は混雑してるのかも。周りの人の迷惑にならない程度に盛り上がってください^^

「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」イメージ画像

続きを読む

あけましておめでとうございます/2018年ごあいさつ

2018年新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ あさよるネット をよろしくお願いいたしますm(_ _)m 新しい一年、つつがなく平穏な毎日が続きますように。

昨年2017年は、たくさんの方が あさよるネットに訪れてくださいました。いつも部屋で一人でブログを更新しているので、ブログを見てくださっている方が世界の何処かにいるのは、とても嬉しいです。ありがとうございます。

個人的には、雨の日も風邪の日もインフルエンザの日も、ブログの更新を継続できました。特に大きなイベントもなく、平らかに日々を過ごせたのがなによりです(^^)

あさよるネットは明日(1/5)から、毎平日の午前6時更新予定です。

続きを読む

「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」

「ディズニーアート展」2017/11/16

「ディズニーアート展」2017/11/16

去る2017年11月16日(水)、大阪市立美術館にて開催中の「ディズニーアート展」へ行きました

「ディズニーだし、混んでるよね!?」と開館時間9時30分へ会場へ到着!なのですが、予想外にお客さんが少なくてホッとしました。平日の午前中だから? 他のお客さんは学生くらいの人が多かった。

展示内容は、『蒸気船ウィリー』や『プレーン・クレイジー』から始まり、『白雪姫』『ファンタジア』『眠れる森の美女』『美女と野獣』『アナと雪の女王』と、列挙するとキリがありませんが、ディズニーの初期アニメ作品から現在に至る映画作品のイメージ画や原画、スケッチや設定シートが公開されています。

ディズニー映画はなんといっても映像と音楽です。そういや『蒸気船ウィリー』でもミッキーが口笛吹いたり演奏してますね。本展でも、資料の羅列だけでなく映像や、音楽資料も充実していて思わず見入ってしまいます。

やっぱり足が止まるのはメアリー・ブレアやアイヴァンド・アールの作画。見惚れてしまうし、見入ってしまう。あんぐり口を開いて。

そして『リトル・マーメイド』以降の作品群はアニメーションはもちろんのことですが、音楽で胸がいっぱいになってしまって、冷静に鑑賞できないw さらにデジタルの時代へと、ディズニーの表現はどんどん変貌しながら、しかし変わらないディズニーアニメであり続けるんですね。

あと、たった一人の天才や職人に頼ったものではなくって、ディズニー社内で技術やノウハウを蓄積して、それが引き出しとなっているっぽいところ。きちんと過去作の上に新しい作品がある感じが、すげぇ。

「ディズニーアート展」2017/11/16

ディズニーのアートワークの展示は過去に数度目にしたことがあって、もっと内容が充実していたものもあったので、正直「今回はまあまあかな」なんて思ってたんですが、外に出て時計を見ると2時間以上もボケーっと展示を眺めていたようです(^q^)

いやだって、やっぱディズニー好きじゃん。大好きじゃん!

あと、当然ながら、たぶんアニメ作品を見ておいたほうがより楽しめると思います。事前に確認してちょ。

大阪での展示は来年1月21まででまだ期間があるので、ぜひに~。これ、ディズニー好きカップルならデートにもアリだと思う。

続きを読む

放送大学アプリをiPod touchにインストールしてみた

放送大学の放送授業が視聴できるアプリがリリースされたらしい!
早速アプリをインストールしようとしたところ、軽くトラブルが……(;’∀’)>

焦りポイントは以下3つでした(;’∀’)>

  • iTunesにログインしていなかった
  • アプリで授業の再生が一発でできなかった
  • Flash Playerがインストールされていないと表示が出た

何かの参考になるかと経緯のログを公開します。
今回はiPod touch 64GB 第五世代で動作確認しました。

続きを読む

「第68回 正倉院展」に行ってきた(^^)/

2016年の正倉院展の様子(外観)

2016年10月22日(土)、奈良国立博物館で開催中の「第68回 正倉院展」へ行ってきました。初日です。

混み具合が気になりましたが、初日の17:00頃だと一切並ばずスルッと入れました。館内も、やや混みくらいで、見たいものはじっくり近くで見れる感じで。

土日は17:30からオータムレイトチケットが使えるので、そちらは行列ができていました(平日は16:30からだそう)。昨年も初日か2日目の、夕方17:00頃に入場して、混雑していなかったので、レイト入場直前は狙い目なのかも!?

長い年月、守り続けた人がいる(‘ω’)

展示内容は、楽器がいくつか展示してあって楽しかった。笙と竽です。

ポスターやチラシにも使われている「漆胡瓶」も、想像以上にきれいでびっくり。時間の経過を感じさせないような……正倉院展の展示を見るに、これらをせっせと保存し修繕し続けた人がいるのだなぁと思うと、壮大すぎて想像がつきません。

また、正倉院展って、お土産コーナーも充実してるんですよね~♪

正倉院の宝物の意匠が現代的にデザインされた日用品や文具は、カッコよくってみんな欲しいぃぃ!というか、元のデザインがハイセンスすぎなんですよね~。見ていて惚れ惚れ。迷いすぎて、結局何も買わずに出てしまったんですが……ww

天平時代っぽいデザイン、好きです(^^♪

会期は11月7日(月)まで。お近くにお出かけなさった際はぜひ~(^^)/~~~

2016年正倉院展の様子(外)、無料休憩所

↑外には休憩所があって、周りには売店がいっぱい!お祭りみたいな雰囲気でゆっくり遊びに来たいです^^

続きを読む