30 社会科学

『働く女性が知っておくべきビジネスファッションルール』|服が変われば収入UP!?

『働く女性が知っておくべき ビジネスファッションルール』挿絵イラスト

こんにちは。あさよるです。春の陽気に冬服をしまい始めていたのに、また寒い日が続いて冬服を引っ張り出しています。新年度、服装も落ち着かない季節ですが、ついでに自分の〈仕事着〉を見直してみましょう。その服、自分の評価を上げる服ですか?

今回手に取ったのは『働く女性が知っておくべき ビジネスファッションルール』という、社会で働く女性が、適切な評価を得るために、正しいドレスコードを知っておく必要を啓蒙する書籍です。そして、具体的にどのような服装が「適切」なのかも、イラストや写真を交えて細かく指南されています。

2013年に出版された『ビジネスファッションルール 武器としての服装術』から加筆修正された増補版です。

前作を読まれた方も、再度チェックしなおすのをオススメします。

評価されないのは服装のせい!?

本書『ビジネスファッション・ルール』は、働く女性が社会人として常識ある〈服装〉がどのようなものなのか指南する本です。もし、社会人としての〈ドレスコード〉がわからないなら、ぜひ本書を手に取ってみてください。

女性の社会進出は続いていますが、未だに役職のある立場の女性は少ないのが現実です。男性と同じ働きをしているにも関わらず、評価に結びついてないと感じるなら、もしかしたら〈服装〉に問題があるのかもしれません。社会の中では、みんなそれぞれ自分の立場にあった服装をしています。例えば医者は医者らしい、保育士は保育士らしい、アパレル店員はアパレル店員らしい服装、身だしなみをしています。誰もが多かれ少なかれ、自分の〈役割〉に相応しい服装をしているのです。

働く女性も、自分の立場にあった服装をしないといけません。あるいは、これから自分が立つ立場を見据えた服装をする必要があります。

残念ながら、野暮ったいブラウスにカーディガン姿の女性は「重要な役職についている人物」には見えません。これから自分が社会の中で評価され、出世を考えているならば、それに相応しい服選びを始めましょう。

社会人のドレスコードを守れていますか?

男性か女性かという性差に関係なく、我々は社会生活の中で〈ドレスコード〉を意識しなければなりません。TPOから外れた服装は周囲の人に失礼に当たる場合もたくさんあります。さて、自分の仕事着は、会社の、社会の、ドレスコードに相応しいものでしょうか。

例えばもし、トラブルがあり謝罪に赴く場合、華やかすぎる服装や、ネイルアートやアクセサリーをたっぷりつけた女性は、謝罪の席に相応しくありません。ですから、そのような女性を〈責任ある立場〉に置くことはできません。お客様の前で重要なプレゼンや契約の席で、カジュアルすぎる服装や、セクシーに見える服装も似つかわしくありません。

なぜ、これほど、多くの女性が「ビジネスで失敗する服」を着ているのかというと、「女性の部下がビジネスに不適切な服を着ていることに気づいても、男性の上司は何も言わない」というのが、大きな理由の一つだといいます。曰く、「女性には、服装のことは言いにくい」「気がつかない」「そもそも女性を主戦力だとは思っていない」から。
ビジネス社会で男尊女卑(中略)が叫ばれるようになり、男性管理者は服装について女性に注意するのを怖がっているのです。そのほか、指導しようとしても、その正しいビジネスファッションスタイルを知らないということもあります。(中略)

誰も女性たちに、勘違いな服装をしていることを教えていないのです。その結果、多くの女性たちが、自分の服装がキャリアにマイナスの影響を及ぼしているという事実を知らないまま、ビジネスの服選びに、何度も同じ過ちを犯している、というわけです。
これが、若い男性だったら、「おまえ、お客さまに会いに行くのに、そのシャツはなんだ!」「ネクタイの色が派手すぎるぞ」「そんなよれよれのジャケットを着るな」などと何度も注意されるはず

p.38-39

男性の場合、すでにドレスコードがしっかりと決まっていて、新米の頃から服装について叩き込まれます。しかし女性の場合、男性が女性社員の服装について言及するのは〈セクハラ〉と解釈されかねないこともあり、誰にも指導されないまま勤務をしている人も多いと言います。また、上司や先輩たちも「女性のビジネスファッションの正解」を知らないということもよくあります。

また、今現在、誰も自分の服装に注意をしないからといって「これが正解」というワケでもないことがわかります。みんな、女性のビジネスファッションの正解を知らないのです。あるいは、知っていてもなかなか指摘できません。ですから、女性は自ら自分の服装をチェックし直してみてみなければなりません。

といっても、考え方はシンプルです。

ビジネスでは、相手の期待に応えるとともに、稼げる服装でなくてなからないのです。
当然それは、業界や職種によって異なります。アパレルのデザイナーと販売員でも異なりますし、銀行員と大学教授でも違うでしょう。同じ業界の同じ職種でも、高級ブティックとカジュアルショップでは異なります。
ただ、ファッションスタイルは異なっても、原則は同じ、稼げる服装であることです。
親近感を得るほうが稼げるのか、憧れられるほうが稼げるのか、威圧するほうが稼げるのか、安心感を与えるほうが稼げるのか、業界、職場、職種、地位等によって異なりまが、目的は同じだということです。

p.34-35

仕事着なのですから、その服装が仕事に有利に働くか、すなわち「稼げる服か」を考えればよいと指導されています。これから服装を改める際の、ポイントが3つにまとめられています。

①自己満足から顧客満足
②自己目線から相手目線
③自己評価から他者目線

まさに、マーケティングの基本ですね。服装の選択にも、これら三つの視点の変化が必要です。ビジネスの鉄則は服装にも当てはまるのです。

p.35

自分の着たい服を着て自己満足から抜け出して、より「社会性」のある振る舞いを。他者の存在を意識して立ち居振る舞いを考えるのが、女性のビジネスファッションの第一歩です。

ファッション誌の着回しコーデは当てにならない

女性ファッション誌の紙面に「1週間の着回しコーデ」といった特集をよく目にします。とてもカジュアルで、華やかな服装である場合がほとんどです。それらの服装は、広告や出版、マスコミ、デザイン等のクリエイティブで自由な雰囲気のある業界以外では、通用しません。

ファッション誌のコーディネートは、かなり限られた業界でのみ使えるものであり、ほとんどの女性には当てはまらないものです。気をつけましょう。

ジャケットを着ない女性は地位が低く見える

『働く女性が知っておくべき ビジネスファッションルール』挿絵イラスト

もし今、ジャケットを用意していないなら、真っ先に用意すべきアイテムです。初対面のお客様や商談ではスーツが基本です。ビジネスカジュアルがドレスコードの業界でも、ジャケットはマストです。

アメリカの調査では、九三%のビジネスマン、九四%のビジネスウーマンが「ジャケットを着ている女性は、ジャケットを着ていない女性より上のポストにいる」と判断することがわかっています。
また初対面の場合、ワンピースを着てると、たとえそれがコンサバティブなビジネスにふさわしい印象を与えるワンピースだったとしても、過半数の人は、彼女をビジネスプロフェッショナルだとは認めたくなかったそうです。
ただし、同じワンピースの上にジャケットを羽織ると、パワフルで堂々とした有能な女性だと思う人が倍増するそうです。ともかく、ジャケットが重要なのです。

p.126-127

ジャケットを羽織るか否かで、こんなに大きく印象が変わるとは驚きです。ジャケットを着ている女性のほうが93~94%の人が上のポストの人物に見えるということは、反対に言えば、ジャケットを着ていないと、ほとんどの人が「ポストが下の女性」と判断するということです。同じ役職の男性と、同じ働きをしていても、ジャケットを着ていない女性はそれだけで下に見られてはかなり不利ですね。

また、こんなエピソードも紹介されます。

数年前、シカゴから来たあるアメリカ人女性のビジネスコンサルタントが、私に言いました。
「日本の女性もジャケットくらい着ればいいのに」
よく、話を聞いてみると、大阪の企業を訪問し、その会社の女性社長と初対面で面会したときのこと、その社長は、サマーニッのアンサンブルカーディガンを着て彼女を迎えたそうです。
彼女は、その社長を秘書か事務員と間違えてしまったうえに、自分が軽く見られたのではないかと、不満に感じたそうです。

p.127

このエピソードには2つのポイントがあると思います。1つは「女性が軽んじられる理由の一つが、女性自身の服装によってもたらされている」ということ。2つめは、「不適切な服装は、相手に失礼に当たる」ということです。当たり前のことで、言うまでもないことに感じますが、大人としての基本の基本だからこそ「できていない時」に大きなマイナスに働いているのではないでしょうか。

男性のドレスコードを参考に

本書『ビジネスファッション・ルール』では、働く女性が選ぶべきビジネスファッションのアイテムたちがイラストや写真をたくさん使って紹介されています。「どのようなフリルはOK/NGなのか」「どのようなスカートOK/NGなのか」「どのようなアクセサリーがOK/NGなのか」といった細かなニュアンスも、ビジュアルで確認できて、分かりやすいのです。

また、社会人として知っておきたい〈ドレスコード〉として「平服」「ダークスーツ」「ブラックタイ」などの式典やフォーマルな場での、女性の適切な服装についても説明がなされます。ドレスやスーツのみならず、それに合わせるアクセサリー、カバン、スカーフなど、自分で選べるようになりましょう。

「ビジネスマン」としての振る舞いで、もしドレスコードがわからないなら男性の服装を参考にしましょう。男性がジャケットを着ているなら、それはジャケットを着るべきシーンです。男性がクールビズで半そでを着用しているなら、それに倣ってOK。反対に言えば、男性が真夏でも襟元までボタンをきっちりと止めていれば、それがドレスコードです。

先に紹介した通り、男性のドレスコードは社会の中で細かに決まっています。女性の社会進出は進んでいるとはいえ、まだ適切なドレスコードがわからないのであれば、男性に倣うのが手っ取り早くわかりやすいでしょう。

服はコミュニケーションの道具だ

本書『ビジネスファッション・ルール』では、冒頭から第一印象がもたらす重要な作用についてから話が始まります。ご存知のように、人はパッと見のファーストインプレッションで相手の印象が決まってしまいます。第一印象で実際よりも低い評価をされてしまうのは、双方にとってマイナスでしょう。

「戦略としてのビジネスファッション」を、女性も取り入れましょう。

また、服装というのはコミュニケーションの一種だというのも、本書からもよくわかります。人間は、言語によるコミュニケーションよりも、言語ではない、非言語コミュニケーションの方が圧倒的に大きな情報量を持っています。非言語コミュニケーションとは、表情やジェスチャー、声色など、言葉ではない情報です。そして〈服装〉もまた、非言語コミュニケーションの一種です。我々は着る服によって、周囲の人へメッセージを伝えられます。特別な相手との約束には、特別なオシャレをします。緊急事態には、着の身着のまま駆け出すでしょう。新しい季節を喜んだり、過ぎゆく時間をなごり惜しんだり、〈服〉で表現できるのです。

服装とは情報だと考えると、ビジネスのシーンでは、それに相応しい服装が求めらるのは当然に思えます。あさよるは元々、デザインの制作系の仕事をしていたので、服装はかなり自由でした。というか、あさよるの場合は、いつも「もっと派手な服を着ろ」と注意されるほどでした(;’∀’) これはかなり例外でしょうw しかし今はそうはいかないので、新しいジャケットほしいな~。

「他人からどう見られているか」を客観視する

本書『ビジネスファッション・ルール』のみならず、服装・ファッションについて紹介する本では、「他人からどう見られるか」「自分かどうありたいか」という、生き方や考え方が服装やアクセサリーで表現できるということが紹介されています。〈これからの自分〉を考えるとき、自分はどうありたいのか、また周囲からどのように評価されたいのか、一度じっくりと考えるチャンスにもなり得る本です。出世や社会的評価を望む人もいれば、それ以外の生き方を望む人もいるでしょう。自分が自分をどう評価しているのか、冷静に考えてみるのも良いですね。

そして、イメージする〈これからの自分〉になるために、必要なアイテムを選べばいい。本書『ビジネスファッション・ルール』では、女性が社会人として振る舞うためのヒントが紹介されています。たぶん、どんな道に進むにしても、社会生活を営んでいる以上、常に〈ドレスコード〉が設定されています。ドレスコードに適切な選択をして、自分の生き方をするためにも、客観的に自分の服装を判断できる目が必要ですそうですね。

関連記事

大森ひとみさんの本

服装・ファッションの本

ヘアメイクの本

コミュニケーションの本

生き方・働き方の本

続きを読む

『0円で生きる』|わたしが格差社会の中で、今やること

『『0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方』』挿絵イラスト

こんにちは。あさよるです。デジカメを買おうとお金を貯めてたのですが、ヘヤカツの効果で「エアコンを買い替えよう」という英断をし、またお金がなくなってしまいました。今のところカメラを使うことがないので、また貯めよう。

今回手に取った『0円で生きる』のは、あさよるのような金欠な人に節約のコツを教える本だと思って手に取ったのですが、もっとマジメで、且つ、もっと面白い本でした。「お金がない」という直面する目先の問題を取り上げるのではなく、格差の広がる社会の中で「私たち個人はどのような活動をすればよいのか」という具体的な行動を示すものです。本書はとても実践的ですし、社会問題について机上の空論を述べる物ではありません。今すぐ、誰もが始められる「世界を変えるための活動」を促す本です。

お金がなくても機嫌よく生きる

本書『0円で生きる』はタイトルの通り、「お金を使う」以外のやり方で、豊かになるための手段を紹介するものです。本書は「お金を稼ぐ」ことに反対しているわけではありませんが「それ以外のやり方」があってもいいし、むしろ我々は昔からあげたりもらったり、貸したり借りたりして生きてきました。お金だけが絶対的な価値になった時代は、とても特殊な時代だったのかもしれません。

そして、現在若い世代を中心に、一人に一つ物を所有することに価値を見出さない人たちが増えています。アメリカでは「ミレニアム世代」と呼ばれ、社会問題になっているようです。自動車メーカーは、一家に一台、一人に一台自動車が売れるほうが儲かります。村に一台しかなかった電話が、一家に一台、部屋に一台、一人に一台と普及していくことが、国内需要を増やす時代がありました。

しかし、今では自動車メーカーまでもカーシェアリングを推奨しているし、時代はすでに変わり始めています。かつては、中古品はダサくて新品に憧れました。しかし今、古着や古本、リサイクルショップやフリーマーケットで買い物をすることに抵抗がない人がたくさんいます。

本書『0円で生きる』では、あげる・もらう、貸す・借りるのみならず、お金をかけずに、お金以外の価値によって活動をしている人や団体、サービスを紹介します。

本書では無料でできる様々なことを紹介している。貰ったり、共有したり、ゴミを拾ったり、行政サービスを利用したり、自然界から採ってきたり、無料でできることは、よく見てみれば身のまわりに溢れかえっている。(中略)

ここに書いてあるのはあくまでも、贈与や共有にもとづいた無料の生活圏を社会のなかに広げるための方法だ。実際には企業がくれる無料サービスを狙ったほうが、手に入るものは多いかもしれない。けれどもこの本には、その代わりに大きな夢がある。
そんな社会になれば、例えば貯金がない人、稼ぐのが苦手な人でも、別の形で貸しを作っておけば、困った時にお金がなくても、借りのある人が助けてくれるだろう。お返しがお金ではなく、何か得意な作業でもいいのなら、お金のない人も欲しい物を手に入れることができる。

p.3-5

本書はあくまで、無料の生活圏に注目するための案内です。実際に「お得情報」をお探しの方は、もっと広い目で探した方が良いでしょう。

お金の価値が絶対的に強い世界では、お金のない人は貧しく不幸せに生きることになります。すなわち、高年収の職業に就けるか否かが、幸不幸を分けてしまっていることになります。社会の中で一番お金を稼ぎ、お金をたくさん持って、大きな力を持ているのは、企業です。企業は政府に献金し、政府は法人税を下げたりします。そして我々は、大企業に雇ってもらい、終身雇用されたいと望んでいます。格差社会が広がった今日の日本では、昭和期よりも「終身雇用」を望む人が増えています。

お金があれば幸せ、お金がなければ不幸せ。大企業の正社員になれたら幸せ、なれなかったら不幸せ。そして格差の広がる現代日本では、お金がなく、大企業の正社員になれない人が増えています。とても息苦しいですね。

お金がない人が多いという貧困の問題への対策としては、二つの方向がある。ひとつには、賃金を上げさせ行政の支援を増やし、もっとお金が貰える社会にする方向だ。もちろんこれは必要だ。けれども、同時に社会のお金への依存度を下げることもまた大事なのだ。そして本書が取る立場は後者だ。

p.6-7

前置きが長くなりました。格差社会が広がり、お金による幸福を得られない人が増えています。その対策として、まずは、国や行政は支援を増やしお金を貰える社会にすること。これは、国や行政という大きな視点での対策。そして本書『0円で生きる』では、お金の依存度を減らし幸福度を増す、個人や小さなグループが取り組める、小さな目線の対策です。「今、自分はどうするのか」とう具体的な行動の参考になるでしょう。

お金以外のやり方

さて本書『0円で生きる』は、具体的にお金を使わずに活動している人や団体を取材したり、著者の鶴見済さんご自身が体験してみたりと、昔からある方法を試したり、実際に運営されているサービスが紹介されています。

もらう・あげる

まず、お金を使わないやり方は、人に無料でもらう、人に無料であげる方法。一番ありふれている方法です。お祝いやお見舞い、門出にプレゼントを渡すコミュニケーションも存在します。

SNSで自分のいらないものや、欲しいものを日ごろから知らせておいたり、カンパを集める人もいます。不用品を出品するサイトを使って、自分の不用品を他人にあげたり、人からもらうこともできます。これはやや面倒くさいのですが「使える物を捨てるより、誰かにあげたい」という心理と相まって、なかなかよいサービスのようです。

要らないものを放出する「0円ショップ」というのも、実際に存在しています。みんなが不用品を持ち寄って出品します。欲しいものがある人は、持ち帰ります。店舗のテナント料はカンパで賄っているそうです。同じものをあげたりもらったりして、大勢で物を貸し借りしているイメージです。路上や、空きスペースで開催されていることもあります。

カンパの集め方も、従来の募金方式や、グッズを販売して購入代金を資金に充てるだけでなく、クラウドファンディングも盛んになっています。クラウドファンディングの内容も、社会的なものだけでなく、個人的な要望にもお金が集まっています。

シェア・共有する

「貸し借り」は太古の昔からある活動です。物々交換するためには、お互いの欲しい物と持っている物が合致しないと成立しません。ですから、大昔の人は「物々交換」という奇跡ではなく、「貸し借り」という現実的なやり取りをしていたのではないかと本書では考察されていました。

身近な貸し借りは、自宅で持ち寄りパーティー。部屋や食べ物をみんなでシェアしていると言えます。旅行やDIYに使う道具など、滅多に使わないものを貸し借りする人たちもいますし、それらをレンタルできるサービスもあります。

他人の家から家へ移り住む、いわゆる「居候生活」をする人もいます。ワールドワイドに、世界中の家から家へ宿泊させてもらう人もいます。彼らは、異国の話を話して聞かせることで、宿の提供者を持てなすことができます。

著者の鶴見済さんも、実際に6週間スイスの青年を自宅に泊めてみた経験を綴られています。最初は心配でしたが、意外と生活には支障はありませんでした。あまり細かにスケジュールを聞きだしたりせず、放っておくのがお互いに居心地がよさそうです。一方で、会話の中で、何気ない「場を和ますような言葉」を英語で話せなくて、気まずい思いもしたそうです。英語は流暢であることに越したことはなさそうですね。

空き部屋や空きスペースに泊めてもらう〈カウチサーフィン〉を利用した経験もありました。カウチ、使ってない椅子を使わせてあげるという人と、泊まりたい人をマッチングするサービスです。ベトナムでカウチサーフィンを利用して、カフェの営業外の時間、カフェの椅子で宿泊させてもらったそうです。一緒になったドイツ人の人と、語らい快適に睡眠。翌朝は、カフェの開店の手伝いをして宿を後にしたそうです。

〈airbnb〉(エアービーアンドビー)は、空き部屋を有料で貸し出せるサービスです。しかし、ホテルの空き室を一般の住宅として偽装して登録されていたり、安宿よりも高額だったり、本書のテーマとは外れた実情もあるようです。同じく、車の相乗りをマッチングする〈Uber〉(ウーバー)も、実情が現行のタクシーと大差ないと紹介されています。

「ヒッチハイク」も空席のシェアと言えます。長距離運転主も、話し相手を求めていることもあるそうで、居眠りせずに話しをすると、お互いに良いみたいです。また、日本はヒッチハイクしやすい国らしく、実際にやったことある方もいらっしゃるかも?

ゴミを拾う

0円で物を手に入れるのに適しているのは、ゴミを拾うこと。自治体によっては、業者による廃棄物の収集を禁止しているところもありますが、個人がゴミを拾う分には気にしなくてよさそうです。しかし、ゴミを拾う「マナー」については、しっかりと本書で念を押されています。マナーとして配慮すべきは

・広げたゴミ袋は必ず元に戻す
・敷地内のゴミや、回収車に入れられたゴミは取らない
・店員に気づかれないようにする。気づかれるならやめる
・野宿者が待っているところはやめる
・深夜は音も気をつける
・各家が、家の前にゴミを出す戸別収集している地域では、ゴミを拾わない

あくまで、匿名のゴミを、匿名で拾うことが前提のようです。

食品については、お店によっては拾う人のために、食べ物をきれいに分けられていたり、わざとゴミ捨て場の鍵を開けたままの場所もあるようです。気づいていないけれども、意外と「ゴミを拾う」「ゴミをあげる」という文化は根付いているのかもしれません。

また、富の再分配という点でも、ゴミを拾うというのは役割を果たしています。本来なら社会が支援すべき対象を、ゴミを提供することで賄っているとも考えられます。

『『0円で生きる: 小さくても豊かな経済の作り方』』挿絵イラスト

元手0円から稼ぐ

元手0円から、お金を稼ぐ方法も考えましょう。まず、フリーマーケットに出品してみるのが一番簡単です。フリマ会場によって〈売れ線〉があるようで、事前にリサーチしておきましょう。公共の場を使ったフリーマーケットは、なかなか審査が面倒で主宰するのは大変そうです。個人が自治体が主催する「○○市」「××祭り」「△△マルシェ」なんかに出品してみましょう。

食品を売るケータリングは、仕込みの時間も必要ですので、利益を上げるのは難しそうですが、食べ物を通じて人と知り合う仕事は、遣り甲斐も大きいそう。

日本では、路上で物を売る屋台の取り締まりが厳しいのですが、「移動屋台」はOKです。駅前で『ビッグイシュー』を立って販売しているのも、そのためです。軽トラは初期費用が必要ですが、自転車やリヤカーならかなり手ごろです。

カフェや飲食店の閉店時間を貸してもらったり、複数に人で店を持ちまわる「日替わり店長」をやっているお店もあります。自宅がある人は、家をお店にすることもできます。物を売ってもいいし、いらないもの市をすることもできます。但し、飲食店をする場合は、規制があるので準備が必要です。

助け合う・ボランティア

本書では〈二人以上でやることはすべて「助け合い」〉だと紹介されています。だから、二人で肩を叩いて、マッサージをしあうのも「助け合い」です。こう言われると「助け合い」や「ボランティア」がグッと身近な言葉に感じます。

料理をみんなで持ち寄るのも助け合いです。一人で食事を用意するより、コストを抑えてたくさんの品目が食べられます。「共同購入」も助け合いです。安くまとめ買いして、みんなで分けます。

〈WWOOF〉(ウーフ)というサービスは、農場で手伝いをする代わりに、宿泊と食事が無料になるサービスです。国内にも、受け入れ先があるようです。「手伝い」というのは、昔からありふれた助け合いです。誰もが経験したこともあるでしょう。

行政からもらう・公共サービス

行政サービスを利用することもできます。多くの人が日常的に利用できる富の再分配は、まずは「図書館」。図書館は居場所としても機能し、コミュニティスペースとしても活用できます。公民館もホールや会議室を使えます。音楽のライブをする人もいます。スポーツ施設でスッキリ発散しても良いでしょう。

公園や霊園でくつろぐこともできます。国公立のキャンパスを公園のように使うこともできます(私大はその大学による)。お弁当持ってってもいいですね。大学の図書館利用もできます。

生活保護も私たちの権利です。職業訓練を受けることもできます。

自然界からもらう

自然にあるものを貰ってくることもできます。そういえば、先週ツクシをせっせと採っている人を眺めていて「春だなあ」とこっちまで堪能していました。もう今週には立派なスギナになっていました。

食べ物になる植物を育てている人は多いかも。薬味系は便利だし良いですね。うちはネギとミョウガが生えます。ハーブや、サラダにできるお野菜もどうそ。プランターでプチ家庭菜園くらいは、なさっている人もいるでしょう。

野山や川や海で採集できるものもあります。野草であるタンポポやハコベ、ヨモギなど。銀杏や桑、梅の実も街中でも落ちています。あさよるは大阪に住んでいるので、秋になると誰かれなしに銀杏をもらえますw

注意として、毒のあるものもあるから、慎重に!

また、自然は鑑賞するだけでも豊かさを感じられます。植物や鳥や魚を鑑賞してみましょう。

※デメリット・危険もある

本書で紹介される「0円で生きる」やり方を紹介しました。かなりいろんな方法が紹介されているのがわかります。お金の価値や仕事を否定しているわけでもなく、今の生活でも「豊かさ」は見い出せるし、幸せになれるんじゃないかという提案なのです。

しかし、これら紹介した事柄にも、それぞれデメリットもあります。宿泊先を紹介するサービスでは、レイプ事件も起こっており、手放しに安全とは言えません。事前にきっちり下調べすれば、あまり神経質になりすぎなくて良いとは紹介されていますが、安全のための確認は必要です。ヒッチハイクなんかも同様ですね。

また、助け合いは素晴らしいことですが、歴史の中では「ムラ社会」にて、約束を守らなかった人を半ばイジメる「村八分」もあったのも事実ですし、人と人とが関われば、煩わしい手間や人間関係が生まれます。

本書では、ネガティブな事柄も、実にフラットに紹介されています。

「ムラ社会」を超えた社会を

本書『0円で生きる』で目指される社会は、過去の「ムラ社会」的なものに戻ることではありません。むしろ、「ムラ社会」を超えて、新しい社会を構築すべきです。

村の中の助け合いの中で、義務を果たさないと人に制裁として「村八分」があったのは知られていて、明治以降、人権の立場から批判を浴びています。同様に、他の土地から引っ越してきた人を、村のメンバーとして認める「村入り」にも厳しい条件がありました。条件が果たせる人しか村の仲間になれないのです。現在では、あえて村入りせず「よそ者」で居続ける人も増えています。

現在の私たちにとって、助け合い、相互援助と聞くと、全時代の風習を連想し、ネガティブに捉えてしまいます。

助け合いといういささか古い習慣に人々を向かわせたいなら、そのいい面を伸ばすと同時に、厄介な面を是正していくことが不可欠だ。個と集団全体をいずれも尊重する、あらたな人間関係を模索するべきだろう。
現在の助け合いには、ボランティア活動のように一方的・慈善的な「テツダイ型」で、一時的、個人的なものが多い。ここには自らが助けてもらう権利はない代わりに、助ける義務も長期にわたる人間関係もない。これが全時代のマイナス面を踏まえた、新たな助け合いの形なのだろう。

p.159

「テツダイ」とは、返礼を期待せず一方的に支援することです。冠婚葬祭の手伝いや、災害時の支援としての手伝いもありました。「助け合い」は相互に、持ちつ持たれつの関係なので、義務を果たさない人がいると破綻してしまう関係性です。だから村八分をして阻止していました。しかし「テツダイ」はそもそも一方的なものなので、「一時的」「個人的」なものです。「テツダイ型」が新しい助け合いの形だとしています。

少ないお金でも充実して生きられる

本書『0円で生きる』で紹介する、お金以外のやり方で豊かに生きる〈やり方〉は、共感する人もいれば、「えー」と思う人もいるのでしょうか。あさよるの場合、共感……というか、あさよる自身も実践していることもあるし、お金以外の豊かさを持っている友人知人も身近にいるので、「何を今さら」という感じもあるかな。

そもそも あさよるは、お小遣いがなくてもまあ、プラっと図書館にでも行けばOKですし、窓越しにボーっと日がな一日外の景色を眺めているだけでも充実できるタイプの省エネ人間なので、今もお金はないけど充実はしています。また物欲も多い方ではないと思うし、「旅行へ行きたい」願望もないので、死なない程度にお金があれば良い人ですね(*’ω’*)>

氷河期世代以下の世代は「お金がないのが前提」で生きている人も少なくないでしょう。それぞれ、お金以外の価値を見出して、それぞれ豊かに生きている人もたくさんいるんだろうと思います。一方で、昔かたぎなお金や物質のみ豊かさを感じる人にとっては、とても生きにくい時代です。

「コミュ障」にはお金主義社会はハードモード

いわゆる自称「コミュ障」の、人間関係を構築するのが苦手な人は「ムラ社会的なコミュニティでは生きづらい」という話がありますが、あさよるは個人的には逆だと思っています。ムラ社会的な、ローカルな横のつながりが強いコミュニティでは、コミュ障であっても、与えられた役割さえ果たせば生きられます。

しかし、お金によって繋がっている社会では、孤立すれば終わりです。多くの仕事はチーム戦で、会社の中でみんなで集まって仕事をしています。だから、コミュニケーション能力の高い人はどんな職場でも求められ、たとえ特定の能力が高くてもコミュニケーション能力が低ければ、社会的に辛い立場に置かれる人が多いでしょう。

コミュ障ほど、実は助け合いの社会が必要じゃないのかなあと思っています。それは村八分のある社会よりも、「テツダイ」型の社会の方が、風通しも良いし、自分の能力で手伝うこともできます。

みんながそれぞれ持っている「優秀と言えるほど飛びぬけてるワケじゃないけど、得意なことや、苦にならないこと」を、積極的に使えたら「テツダイ」になり得るのかなあなんて思いました。とりあえず、あさよるは洗濯物を干したり畳んだりするのが大嫌いなので、誰かに手伝ってもらえるだけで人生が楽になるに違いない。代わりに、あさよるがなんかするから。

関連記事

続きを読む

『失敗の科学』|失敗の数だけ、可能性のバリエーションを知る

『失敗の科学』挿絵イラスト

こんにちは。失敗の多い あさよるです。今まさに、荷物の発送の手違いをしでかしてしまってヘコんでいます。完全に当方の確認不足で、先方の方にはご迷惑をおかけしておりますm(__)m

(´・ω:;.:…

そう、あさよるはこういう、ケアレスミスを連発する人なんですよね~。だからいつもずっと緊張しっぱなしなんですが、ときどきフッと気が抜けたときにやらかします。しかも、やるときは信じられないようなミスです。裸足でかけてくサザエさん的なね。今日はホントは別の本のレビューを用意してたのですが、今の自分にタイムリーすぎるので、本書『失敗の科学』に急遽差し替えてお送りいたします(苦笑)

効率の良い学習法「失敗」

本書『失敗の科学』は、一見損害があり良いことなんてなさそうな「失敗」からこそ、多くの学びが得られることを紹介する内容です。仕事は、質にこだわることよりも、量にこだわる方がよい成果が出るそうです。質の良いものを目指すと自ずと「失敗しないように」気をつけて仕事をしてしまいます。しかし量を目指すと、「失敗を恐れず」どんどん失敗し、失敗からフィードバックを得ながら仕事をするので、全体のクオリティが上がります。

失敗から学ぶのは、とても効率のよい改善方法なのです。もちろん、その失敗に巻き込まれ損益や命を失った人の存在を忘れてはなりません。だからこそ、同じ失敗をしないためにその「失敗から学ぶ」必要があるのです。

「失敗」の良い手本、悪い手本

本書では、航空会社が取り組んでいる、エラーの扱い方が良い手本として紹介されます。旅客機は小さなミスから大事故につながり、乗員乗客の命を危険にさらす恐れと背中あわせです。そこで、小さなエラーでもどんどん報告し、それらをまとめ、常に改善に取り組み続ける体質があるようです。

一方で、悪い例として、病院での医療事故が紹介されていました。事故と言いますが、その実は医師の単純なミスで人の命が失われていることが紹介されているのです。例として、簡単な手術で麻酔を使用したところ、麻酔によって呼吸が止まり、看護師が気管切開の準備が完了したと呼び掛けているのに、医師はそれに応えず、結局患者を死なせてしまいました。医師は自分たちのミスに気付いてすらおらず、「避けようのない事故だった」と患者家族に説明しました。病院では、航空業界のような「失敗をフィードバックする仕組み」がないのです。

ウソ・失敗の隠ぺいを防げ!

わたしたちは「失敗」を犯したとき、意図的に「嘘をついて責任逃れ」しているとは限りません。むしろ、無意識のうちに「他に原因があった」「あのとき○○だったんじゃないか」と、別の事実を作り上げてしまうのです。

間違いないと「信じて」しまう

本書では、殺人犯を捕まえる警察官や、検察官の執拗な「思い込み」が紹介されています。エリートたちでさえも、一旦「これが事実だ」と信じてしまうと、突拍子もないような発言をアレコレ繰り出します。例えば、強姦事件の現場に残された体液が、容疑者のDNAが一致しないことを「容疑者はキメラだ」と決めつけたり(キメラとは、双子の胎児の片方が死んでしまい、もう片方の体の一部として残ることが、とても稀にあるそうです)、性交渉をした他の男性の体液が付着し、容疑者は避妊をして犯行に及んだ、など。あらゆる「常識では滅多に起こらない奇跡ような可能性」に執着するのですが、「真犯人は別にいる」という可能性には言及しません。

また、かつて「瀉血」と呼ばれる、今となればトンデモな治療法がありました。血液を人為的に外部に出すことで、体内の悪いものを排出させると信じられており、西洋で盛んに行われていました。現在では科学的根拠ないとされています。なのに当時は「効果がある」と信じられていました。現に「瀉血をしたら体調が良くなった」という人さえたくさんいました。

人は「効果がある」と思い込んでいる限り、それを肯定するデータばかり集めてしまします。また、アンケートを取っても、回答者は質問者の意図を組み、質問者の欲しい答えを答えてしまうことがあります。先の警察や検察の例も、彼らは被害者やその家族らを知っていて、彼らに一刻も早く事件の解決を提供したいと考えており、その結果として冤罪を作り上げてしまうこともあります。

エラーを報告できる環境が必要

航空業界が失敗をどんどん報告できる背景として、「ミスをした人を責めない」という業界全体の徹底があるからです。ミスがあったとき、個人を責めず、とことん失敗が起こった原因を探り、同じ失敗が起こらないよう改善がなされます。飛行機にはフライトデータレコーダー とコックピットボイスレコーダーが搭載されているのは周知の通り。パイロットたちは常に、ガラス張りで丸見えの状態で仕事をしていると言えます。それにより、重大事故の原因究明がなされています。

失敗すると処罰を受けるなら、誰も失敗を報告しなくなります。エラーを気軽に報告でき、それにより個人が責任を問われない体制でない限り、「失敗から学ぶ」ことは難しいでしょう。

「合理的にあきらめる」

失敗からフィードバックを得て成長する人々は、あきらめるときも「これ以上はできない」と合理的に判断するそうです。感情的に行動せず、謙虚に成長し続けたからこそ、冷静に「やめ時」を理解するのかもしれません。

為末大さんの『諦める力』でも、一流のアスリートが生涯かけて取り組んだスポーツを「やめる」ときの潔さが紹介されていました。全身全霊で向き合った事柄だからこそ、やめるときも理性的で合理的なんですね。それは第三者の目から見ると「あっけない」と映るほどに。

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない

「失敗は成功のもと」

大事なのは「失敗に気づくこと」「失敗から学ぶこと」そして、「失敗を恐れないこと」です。

本書『失敗の科学』では、「失敗」をとても前向きにとらえています。デビッド・ベッカムは、天才サッカー少年ではなく、凡庸な少年だったといいます。しかし、ベッカムの母親は、息子の活躍を不思議がりません。なぜなら、彼が途方もなく失敗をくり返しながらサッカーの練習をし続けた事実を、実際に見て知っているからです。

失敗の数だけ別のバリエーションを知る

『失敗の科学』挿絵イラスト

あさよるは子どもの頃、水彩絵の具で「ベージュ」を作りたくて、あれこれと混色をして色を作りまくった経験があります。あるとき「茶色に白を混ぜるとベージュになる」と発見したのですが、今も絵を描き続けている理由は「混色に失敗し続けた」経験があるからだと断言できます(苦笑)。

なぜなら「混色に失敗した回数だけ、混色のバリエーションを知った」からです。絵が描くのが好きな人の中にも、絵の具を混ぜ合わせて色を作るのを面倒くさがる人がいます。慣れると、どんな色でも一発でバッチリ狙った色を作れるようになるんですよ。

失敗とは「失敗の数だけ別の可能性を見る」ことではなかろうかと思いました(`・ω・´)b

関連記事

続きを読む

『図解でわかる!ファシリテーション』|新人君も!会議の交通整理

『図解でわかる!ファシリテーション』挿絵イラスト

こんにちは。「ファシリテーション」の意味がよくわかってなかった あさよるです。知人でも「ファシリテーター」という肩書を持っている人がいたり、言葉は知っていましたが、意味を理解していなかった! 簡単に言えば、話し合いの交通整理役って感じの認識で良いだろうか……。

あさよるは話し合いの場でも自分の話を通そうとしてしまうことがあり、後から思い出して恥ずかしくなるから「ファシリテーション」の能力が身につけたいなあと思った。

充実した会議を自分がつくる!

本書『図解でわかる!ファシリテーション』は、会議をより充実したものにすべく、個人が取り組める改善点を教えるものです。それが「ファシリテーション」能力。

ファシリテーションとは、

会議、ミーティング等の場で、発言や参加を促したり、話の流れを整理したり、参加者の認識の一致を確認したりする行為で介入し、合意形成や相互理解をサポートすることにより、組織や参加者の活性化、協働を促進させるリーダーの持つ能力の1つ。

ファシリテーション – Wikipedia

会議の交通整理係みたいな感じでしょうか。みんなが活発に発言したり、面白いアイデアを引き出したり、会議の目的を見失わず、充実した時間を作るために努めます。

本書のポイントは、大概の会議室に設置されているホワイトボードを用いて、誰もがファシリテーション役を買って出られると紹介していることでしょう。本書では、新人の「田中くん」が目的のハッキリしない会議をなんとかしようと、意を決して「ホワイトボードに書き出してもいいですか?」と申し出る様子が紹介されます。

ファシリテーション役は、場の仕切り役でもないし、司会ともちょっと違う。自分の意見を押し通すワケでもないから、新人でも買って出られるんですね。

会議の交通整理役が登場したことで、会議が盛り上がり、楽しくアイデアを出し合い、その記録がホワイトボードに残されていきます。会議が終わったらホワイトボードを写メって、それぞれの部署へ会議の結果を持ち帰ります。会議は終わった後「報告することがある」と充実感を得られます。

退屈な会議から、楽しくて生産性のある会議に変身させられる「ファシリテーション」の技術を身につけましょう。

ホワイトボードを駆使する!

本書『図解でわかる!ファシリテーション』ではホワイトボードを駆使したファシリテーションの方法が紹介されています。ホワイトボードは大体の会議室に設置されているでしょうし、有効に使わないワケはありません。

本書は「図解でわかる!」とある通り、具体的にホワイトボードにどのように書き込んでくのかも図で紹介されています。まず、会議が始まる直前にホワイトボードに会議のテーマと、その日の会議の流れを書いておきましょう。例えば「お客様クレーム→理想の対応→今後の課題」なんて風に。

あくまで会議を充実させるためのホワイトボードですから、助手を頼んだり、みんなで立ち上がってどんどんホワイトボードに書き込んでゆく形式も良いでしょう。より活発に会議が進むよう、机やいすの配置まで工夫することもできます。退屈で形式だけの会議ではなく、楽しくて良いアイデアがどんどん飛び出す雰囲気づくりに努めましょう。

会議のタイムスケジュールを用意したり、違う意見の人や部署が歩み寄れる「余地」を用意するのもファシリテーターの役割です。ホワイトボードの右と左に違う意見を書き、真ん中に空白を残しておきます。この空白が歩み寄りの余地なのです。「お互いに歩み寄る」という抽象的な事柄が、ホワイトボード上で「見える」のはとても良いですね。

『図解でわかる!ファシリテーション』挿絵イラスト

読書とノートをつける習慣のない人へ

本書では、見開き左のページに文章、右のページが図解で、図解やイラスト満載の本です。パッと直感的に見て理解できる内容です。読書習慣がない人や、ノートをつける習慣のない人にオススメです。

特に、人の話を構造的に文章に書き起こしていくのには、訓練が必要です。本書のホワイトボードを使うワザも、慣れが必要でしょうが、具体的に図解されているので、真似をしながら進めるのが良いでしょう。

周りの人への気配りも忘れずに

本書『図解でわかる!ファシリテーション』では、会議での「振る舞い」についても触れられています。まず、本書では新人の「田中くん」がファシリテーターに名乗り出るところから始まるので、先輩や上司の顔を立てなが

「すみません。会議を見えやすくするために、ちょっとホワイトボードを使ってもいいでしょうか?」(p.9)

と発言するところから始まります。

声の大きい人の発言だけが採用されたり、最後にウヤムヤに結論付ける人の意見に偏ってはいけません。みんなの意見を引き出せるように「あなたの意見を聞いていますよ」というアピールも大事です。また、「アイツ何様?」「しゃしゃり出やがって」「仕切りたがりめ」と疎まれてもいけませんから、謙虚な姿勢が大事です。

会議の盛り上がりのための「演出」も大切です。採用された事柄に○、不採用に×とつけたり、文字の大きさや、声の抑揚をつけて、メリハリをつけましょう。クイズ形式にするのも盛り上がるかもしれません。

また、何気に大事なのが「ホワイトボードに字を書く役は、字が上手い人に任せる」というコツもw あとでスマホで写真を撮って保存するので、字が見やすい方がいいですね。会議の最後は参加者全員で集合写真を撮っておけば、会議のメンバーも一目瞭然です。

結構楽しそう!

ファシリテーション、使える

あさよるは「ファシリテーション」という言葉はよく見聞きしていたものの、どんな役割なのかわかっていませんでした。「ポストイット貼るやつでしょ?」程度の認識しかなかったデス(;’∀’)>

ファシリテーターの仕事について知ると、これは仕事や会議だけじゃなく、プライベートでも使える技術ですよね。家族での話を交通整理したり、仲間とレジャーの計画を練ったりと、役に立つスキルだと思います。

あと、反省することも多々。ファシリテーターは公平にみんなの意見をくみ上げるのが仕事ですが、同じような場面で自分の意志を曲げずに突っ張ってきたことがたくさんあったなあ……(遠い目)。ずっと「あいつが悪い!」と思っていましたが、本書を読んで「自分が人の話を聞いてなかった」と考えを改めました。フラットに、みんなの考えをくみ上げるって、難しいですね。あさよるも訓練が必要です。

関連記事

図解するシリーズ

続きを読む

『人間は9タイプ』|みんなの長所・弱みがわかったら

こんにちは。あさよるです。人と仲良くやるのは苦手なので、こうやって毎日ブログをコソコソと交信するのは楽しくやってるのが性に合っており、一人楽しんでいます。だけど、違う人から見れば、「群れから外れて孤独にブログを更新している」と解釈されて「かわいそうに」と憐れまれてるのかもしれません(苦笑)。現に、「みんなと仲良くしたいのにできない人」「本当は目立ちたいのに目立てない人」と解釈され、苦心した経験があります(;’∀’)

今回手に取った『人間は9タイプ』では、人とのすれ違いや、人間関係のコジれの原因になってそうな項目が見つかる読書でした。たぶん自分の価値観や、自分の好き嫌いを他人にも当てはめて考えちゃうせいで齟齬が出て、そこからどんどん関係性が綻んでゆくのかなあなんて。

9タイプの取扱説明書

本書『人間は9タイプ』の著者は「ビリギャル」がヒットした坪井信貴さんです。坪井さんは「坪井塾」という塾を主催されており、起業家としての顔も持っておられます。

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話[文庫特別版] (角川文庫)

今回紹介する「人間は9タイプ」は仕事編。仕事での得意不得意や、人間関係をスムーズにするコツが紹介されています。企業家サイド本ですね。同じタイトルの子育て編もあります。

人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

こちらは塾の先生として、子どもたちと関わるからこその本ですね。

まずは〈9タイプ診断テスト〉でタイプ分け

本書は人間を「完璧主義者」「献身家」「達成者」「芸術家」「研究者」「堅実家」「楽天家」「統率者」「調停者」の9つのタイプ分けをし、各タイプごとの特徴、向き不向き、好きな仕事、接し方などが紹介されています。ということで、とにもかくにもまずは「タイプ分け」をしないと始まりません。本書の巻頭に診断テストが添付されているのですが、ネットで簡単にテストができるので、そっちをオススメします。

子育て編とあわせた特設サイトはこちら↓。

自分自身がテストを受けるのはもちろんですが、周りの人にも診断を受けてもらいましょう。診断を受けるのを嫌がる人は、とりあえず「芸術家タイプ」にしておくように書かれていました。

人間関係を円滑に

本書『人間は9タイプ』では、自分のタイプを判明することで自分自身の特性に気づくだけでなく、周りの人との関係性を円滑にするために使われます。「完璧主義者」「献身家」「達成者」「芸術家」「研究者」「堅実家」「楽天家」「統率者」「調停者」の各タイプを、以下の13項目を見てゆきます。

  • プラス面と弱点
  • これをすごく嫌う!
  • 向かない・したがらない行動
  • リーダーになったら……
  • 部下になったら……
  • このタイプの上司から信頼されるためには……
  • このタイプの部下から信頼されるためには……
  • このタイプの会社の仲間(同性)と親密になる法
  • このタイプの会社の仲間(異性)と親密になる法
  • このタイプの取引先から信頼を得るには……
  • このタイプと仕事をする際に気をつけると良い点
  • “自分の取扱説明書”
  • 恋愛体質になる自分の変え方

職場の特定のタイプさんとの付き合い方や、取引先とのやりとり、そして自分自身の取扱説明書と大きく3つの要素に分かれています。

あさよるの場合……

ちなみに診断の結果、あさよるは「研究者タイプ」でした。

研究者タイプは合理的に仕事を進め、データ分析する能力などが高い。冷静で、他人の失敗を責めません。一方で、進行中の作業を他人の都合で中断させられるのを嫌います。自分の趣味をバカにされるのも嫌です。他のメンバーと歩調を合わせて動くのを面倒がり、「みんな」の前で上手くやれません。研究者タイプがリーダーになったら、感情や情緒よりもデータをもとにして合理的に動きます。部下に仕事を任せることができます。

研究者が部下なると、得意なことに集中し、不得意なことをは諦めが早いです。チームプレーが苦手。研究者タイプの部下から信頼されるには、彼の「強み」を活かしましょう。チームではなく個人で働ける仕事を割り振り、説明は論理的に行いましょう。一つの仕事に専念できる環境を提供しましょう。

研究者タイプの上司に信頼されるには、ホウレンソウは一度にまとめて行う。電話よりメールやメモを使う。スピーチをお願いしない。大げさにほめず、たまに信頼していることを伝えましょう。

研究者タイプと親密になるには、同性の場合、パーソナルスペースに入るには時間をかけて、プライベートな詮索はしません。相手が異性の場合は、距離を置かれていても他の人と同じように接し、相手が面倒くさそうにしていても、週に1、2度程度は仲間として行動するように伝えましょう。

研究者タイプの取引先から信頼を得るには、適度な距離を取り、話しは完結に。下世話な話はしない。

研究者タイプと仕事をするときは、得意な分野を認めて、認めていることをさりげなく伝えます。仕事を指示するときは、いくつかの選択肢を与えておくと勝手にやります。研究者タイプの部下はおべっかを使わないので、上司の自尊心を傷つけてくることがあります。研究者タイプは本人の興味さえ向けば、勝手にどんどんやってくれて楽です。「感情に左右されて動けない」という面倒なことも起こりません。人間関係のトラブルは大概、感情のぶつかり合いですが、研究者タイプではそのような衝突が起こりません。

研究者タイプの自分の取扱説明書としては、「みんなですること」よりも「一人で好きなことをする」方が喜びを感じます。ストレスになるのは「対人関係」。一度にたくさんの人と付き合ったり、カリキュラムがみっちり詰まっているとしんどくなるので、きちんと「ノー」と伝えましょう。職場では自分のスケジュールや「作業中」であることを周囲に知らせておく工夫を。孤立しがちの研究者タイプは、上司に「統率者タイプ」を持つと案外うまくいったりします。ズケズケと要求をしてきて、押しの強い上司や先輩は意外と「ハマる」でしょう。

研究者タイプは恋愛にあまり興味がありません。ですから、研究者タイプは自分の人生のスケジュールを逆算して考え、行動してゆくのが良いでしょう。定年の頃に5歳の孫がいる、そのためには自分が何歳の時、子どもを持つんだろう、という具合に。将来設計を逆算して「かなり前倒しに考えなくちゃ」と気づくと、アクションが早いのも研究者タイプの特徴です。

自分の長所・弱みを知る

あさよるの場合「研究者タイプ」の特徴を見ますに、肯定的に書いてくださっていますが、自分の弱点も見えてきます。「感情を優先しない」というのは、ポジティブに働くこともあるでしょうが、人間関係の中では欠点になる方が多いのではないかと思います(;’∀’)> また、一つのことに集中できる、得意なことにはのめり込めるというのも、逆に言えば、仕事が増えるとダメ、不得手なことができないわけですから、一長一短ですね。人間関係でも、本人は周囲と集団行動が嫌いで距離を置いていても、周りの人からすれば面倒くさい仲間になってしまうでしょうw

本書では各タイプを概ねポジティブな表現で書いてらっしゃいますが、逆に考えればそこが短所にもなるので、自分を客観視するには必要な目線でしょう。

人生は楽しいものだ!

本書は人間を9タイプにタイプわけをしますが、メッセージはみんなに共通しています。それは、人生は楽しく、ワクワクするものだ、ということ。

みなさんはこれまで、人生の先輩たちに「人生は甘くない」「社会に出ると苦しいことばかりだ」なんて脅されたことありませんか? その人にとって、社会は厳しく苦しいものだったのでしょう。だけど、世界にはいろんな生き方をしている人がたくさんいます。今の自分の生き方のみが存在するわけではありません。

著者の坪田さんが学習塾での経験で、「東大に行こうかな」と嘯く我が子に「東大なんか行けるわけないじゃないの」とツッコむ親御さんがいらっしゃるそうです。そこで坪井さんは「お母様は東大のご出身なんですか、東大の試験問題を解いたことがありますか」とマジレスをなさるそうです。そう、親も、やってもないのに「できない」と決めつけており、「親の自分ができないいから、この子もできないに決まっている」と思い込んでいます。

しかし、きちんと対策をして、その子に会った勉強法を指導すると、成績は伸びます。現に件の生徒さんは東大へ進学し、お母様も「あの子が東大に行けると思ってた」とスッカリご自身の言葉を忘れておられるほどだとか。

9タイプで向き不向きを知る

誰だって、自分に不向きなことを無理やりやらされていたら苦しいし、嫌だし、長続きもできないでしょう。本書『人気は9タイプ』では、自分の特性を知って、そして自分にぴったり合ったやり方を探す方が良いと言われているようです。また、人生の悩みのほとんどは「人間関係」の問題でしょう。周囲の人のタイプのことを知って、摩擦が減らされたら、ずいぶん生きやすくなりますよね。

自分の向き不向き、周りの人の性格を知れるだけでも、人生の「楽しい」「面白い」度数はグンと上がるでしょう~。

「できない」「どうせ無理」はナシ!

本書『人間は9タイプ』を読むと、人間には得意不得意、好き嫌いがあるだけであって最初っから「ムリ!」「できない!」ってのは考えなくてもいいんだと思いました。苦手なことや嫌いなことは、他の人に任せてもいいしね。一方で、得意なことは自分から引き受けるのも大事かもしれません。

あさよるは診断の結果「研究者タイプ」でしたが、一部納得しつつ、一部は「当てはまらないかも」と思いましたw 特に「感情よりも論理を優先する」というのは、あさよるとは程遠い気が……(苦笑)。あさよるは気性が激しく、いつも感情的にならないように細心の注意を払っていますが、それでも感情に任せて行動してしまいます。時間が経って、冷静になれば落ち着て判断できるんですけどね……ということで、なるべく決断は「先延ばし」にして、心を落ち着かせる時間が必要です。

しかし、頭の中では感情よりも理屈を優先してしまうのは、納得。そのせいで自分自信嫌な思いをすることもあるので、長所でもあり短所でもあるといった感じです。

得意なこと、傾向に特化せよ

学習塾の指導のお話で、試験対策は試験の出題傾向を知り、それに特化した勉強をせよと指南されていました。漫然と学校で習うすべての範囲を勉強するのではなく、目標設定して、それを達成するための戦略を立てるのです。あとは、各生徒のタイプを見極め、モチベーションを上げ、結果が出るように導くのが先生の役割です。

生まれながらの性質ではなく、戦略とモチベーションで得られる結果が変わるというのは、大人にとっても胸にとどめておくべき事柄でしょう。

関連記事

続きを読む