化学・物理学・地学・天文学・宇宙科学

『太平洋』|冒険するなら深海!?

こんにちは。あさよるです。

誰にでも「悪夢」のイメージがるんじゃないかと思うけれども、わたしの場合それは「水の中」だ。子どもの頃、プールや川遊びを怖いと思ったことはなかったけれど、大人になってから「水の中」のイメージが恐ろしい。たまに見る「悪夢」は、海底から水面をぼんやり見上げていたり、真っ暗な海の底を覗きこんでいる夢だ。自分が魚になった気分になってしまう。

だから……と接続詞を使うと唐突かもしれないけれども、「水の中」「海の中」に興味ひかれる。これが「怖いもの見たさ」なのか、あるいは暴露療法的なものなのだろうか。

海の中は、未だに未知の世界、地球に残された最後の「ナゾ」だそうだ。宇宙飛行士の数よりも、深海の世界へ踏み込んだ人の方が圧倒的に少ない。冒険を望むなら、海を目指すべきなのかもしれない。

最後の秘境へ

『太平洋』は好奇心くすぐられるブルーバックスの新書だ。まずは、太平洋を「やわらかい太平洋」=海の水と、「堅い太平洋」=海底にわけ、太平洋の構造を知る。世界の海はベルトコンベアのように、対流している。大西洋北部で冷えて重くなった海水が海底へ落ち、南下してインド洋や太平洋に流れ込み、「潮汐流」という潮の満ち引きにより生まれる乱流によって海面へ上がってくる。そして海面を太平洋から南下し、大西洋へ流れ込む。

海の水がこのベルトコンベアで一周回るには2000年かかると書かれていた。「2000年」というのは、意外にも「短い」と感じた。今、海の水質が変化しているそうで、2000年後には変化した海水がぐるっと海を一周することになる。

「地球温暖化」と言われているが、太平洋の温度が上昇傾向にあるらしい。ごくわずかであっても、大量の水の温度を変化させるとは、莫大なエネルギーが加わったということだ。何が起こっているんだろうと興味を持った。

太平洋の火山についても書かれている。ハワイのように、海から顔を出している島々だけではなく、海底に隠れている海底火山もたくさんある。火山の吹き出し口には、火山の化学物質をエサにする生き物がたくさん住んでいるらしい。

海底というのは、死の世界ではなく、生物がたくさん住んでいると考えられているそうだ。以前、クジラの死骸が海の中で分解されてゆく過程について読んだけれども、海底というのは、結構食べ物があるらしい。

生き物はどのように土にかえるのか: 動植物の死骸をめぐる分解の生物学

しかし、深海は未だに未知の世界で、地球上に残された最後の秘境だ。深海を調査する潜水船の話題にもページが多く割かれている。深海の大冒険に憧れている人も多いだろう。

『太平洋』は、太平洋の構造、水質や、火山、太平洋に住む生き物、海の調査の方法、調査のエピソードが紹介されている。子どもが読んで、好奇心を刺激して、自分が研究したいことを知れる良い本だ。

そこで考えたこと

最初に書いた「水の中が怖い」というのは、閉所恐怖症の一種だそうだ。調べたところ、人間はみんな閉所が怖いのは当たり前で、正常な感覚だ。大事なのは「ここは安全な場所だ」と学習して、慣れることらしい。そう言われると、なぜ水の中が怖いのかも予想がつく。わたしは恥ずかしながら「泳げない」のだ。

今回、深海の世界について少し知ると、それなりに食べ物もあって、生き物もたくさん住んでいるらしいし、ちょっとは印象が変わっただろうか。

本書では、太平洋の水温がわずかに上昇していることや、プラスチックごみがPCBsと呼ばれる毒性の物質を吸着して、それを魚が食べ、最終的にはその魚を人間が食べる、ごみの循環ができているとも紹介されていた。

環境問題について考えるとき、冷静で客観的な考える指針が欲しかったから、読んでよかった本だった。

関連記事

続きを読む

『天災から日本史を読みなおす – 先人に学ぶ防災』を読んだよ

「プラシーボ効果」について、私は軽く見ていたようで、徐々に考えを改めています。きっかけは『「無」の科学』を読んでからです。様々な分野の「無」や「ゼロ」にまつわる話が集められた書籍で、ブログでも紹介しました。

「プラシーボ効果」とは、効果のない偽薬を「薬だ」と思って飲むと本来の薬と同じ効果が現れたり、本来ならば効果のないはずの治療が効いたりする現象です。
反対に、本来効果があるはずの薬品でも患者に「効果がない」と思わせば効果が出ず、効果のあるはずの治療も効かなくなることを「ノセボ効果」や「ノーシーボ効果」と言うそうです。

思い当たることは私も体験をしています。
ひどい頭痛が続き、市販の鎮痛剤でしばらく過ごしても治らないので病院へかかると、「この頭痛はその市販薬では効かないでしょ」とお医者さん。「さぞ辛かっただろうに」とお医者さんは私を慰めてくださっているのですが、次から、同じような頭痛にはその市販薬が効かなくなったり。
寝付きが悪く病院で睡眠導入剤を処方してもらったものの、なかなか効かない。先生に「もっと強い薬を出して欲しい」と頼むと、「この薬は結構きついよ。これ以上は今は処方したくない」と先生。同じ薬をしばらく続けることになったものの、その晩から薬が効き過ぎ「朝起きれない」「日中もだるい」と難儀しはじめるハメに……昨日まで効かなかったのに。

私は結構、疑い深い割に単純なようで、服薬や病院での治療が下手なのです。段々歳をとるにるけ、自分の健康を自分で守らねばならないと思うようになり、意識改善の中で、プラシーボやノセボについても興味を感じます。

続きを読む

『眠れなくなる宇宙の話』を読んだよ

佐藤勝彦『眠れなくなる宇宙の話』書影

「夕波千鳥(ゆうなみちどり)」という言葉があります。この言葉の意味を知ったとき、これは面白い言葉だなぁと関心しました。
昔の人が作った和歌がたくさん集められた「万葉集」の中に、この言葉が使われた歌があります。

近江の海 夕波千鳥 汝が鳴けば 心もしのに 古へ思ほゆ

―万葉集 巻三 二二六番

「近江の海」とは琵琶湖のことです。琵琶湖の辺りに「大津宮」という宮が置かれていましたが、宮がなくなってしまいました。この歌は、大津宮があった頃のことを思い出し、寂しい気持ちになっている歌です。

ここで使われている「夕波千鳥」は、夕方、琵琶湖の水面の波があり、千鳥という鳥がいるという、そのままの意味です。
夕、波、千鳥。その風景が目に浮かぶ言葉ですよね。そして、とても面白い言葉なのです。
さて、「夕波千鳥」の風景を思い浮かべてみてください。どのよな風景が見えますか?

続きを読む

『宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎』を読んだよ

村山斉『宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎』書影

 

「ウロボロス」というギリシア神話に登場する蛇がいます。自分のしっぽを自分で飲み込んで、一つの輪になった姿をしています。龍の姿を描かれることもあり、中国の神獣「玄武」も同じ仲間なのかなぁと思いつつ、確認していません。が、世界で広く使われるモチーフではあるようです。

そして、素粒子物理学の世界でも「ウロボロスの蛇」は、この宇宙の姿を現すものとしてたびたび登場します。宇宙や銀河という壮大な途方もなく大きな存在と、私たち地球、そして私たち生物やDNA、もっと小さな原子や原子核、さらにもっともっと小さな素粒子。この素粒子は宇宙や銀河という壮大な存在を作り、それらは私たちの地球を、私たち自身を、そしてもっと小さな原子や原子核たちを……と、大きな宇宙と小さな素粒子がグルグルと一つの輪になって連なっているのです。

私たちの宇宙はどうやってできているのか、私たちの肉体は何でできているのかと、細かく細かく物質を分け、どんどん小さく小さく切り刻んでゆきます。すると、「これ以上分けられない!」という単位に行きつきます。これが「素粒子」です。素粒子は、これ以上小さく分けられない単位です。

これ以上わけられない、そんなに小さな「素粒子」を『見る』のも大変です。私たちの目で見ている光も、粒子ですから、それよりも小さなものを直接見ることはできませせん。さらにニュースでも時折登場する「ニュートリノ」など、質量の小さな物質は、どんなものでも突き抜けてしまうので、観測するのは難しく、大掛かりな施設が必要です。しかも、驚くべきことに、1秒間に数10兆個ものニュートリノが、私たちの体も突き抜けているのです。自分の体を「物質が突き抜けている」なんて、考えてみると怖い気もちょっとしますね。

『宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎』では、

  • 物質は何でできているのか
  • その物質を支配する基本法則はどんなものか

と、大きく二つのテーマを扱いながら、重力、電磁気力、強い力、弱い力の「4つの力」や、暗黒物質、暗黒エネルギーについて、宇宙に大量にあるはずの「反物質」が綺麗さっぱり消えてなくなっているナゾなど、現在の素粒子物理学を知る上で必要な知識が平易な文章で紹介されています。

日本物理学会のシンポジウムで、著者の村山先生の講演を聴講したことがあります。最近また、「重力派」が見つかったとのニュースで、村山先生がお話をなさっている記事を読みました。日本時間の2016年2月12日(米国時間2016年2月11日)にアメリカに拠点を置く LIGO という重力波天文台が、ブラックホールから発せられる「重力波」が観測されたことを発表しました。たくさん、新聞やネットでも大々的に報じられていたので、目にされた方が多いでしょう。
とっつきにくい話かもしれませんが、本書は理解の手助けになる一冊ではないかと思います。

宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎

  • 著者紹介:村山斉
  • 株式会社 幻冬舎
  • 2010年9月30日

続きを読む

なぜ物理が不可欠か『世の中ががらりと変わって見える物理の本』

カルロ・ロヴェッリ『世の中ががらりと変わって見える物理の本』書影

わたしたちは、地球が丸いと知っている。

丸い地球は、太陽の周りをグルグル回る。太陽も、大きな大きな銀河系の中にある。銀河系も無数に宇宙に存在する。そして、宇宙はビッグバンで始まった。そういう風に、わたしたちは学校で教わった。ビッグバン宇宙論は私たちの「常識」だ。

だけど、もし……。

1000年前の人に、わたしたちの「常識」を話して聞かせたら、ビックリ仰天腰を抜かすに違いない。だって、1000年前はまだガリレオ・ガリレイもアイザック・ニュートンも生まれていないんだから。

同じように、もし……。わたしたちが1000年後の未来の人と話ができたなら、わたしたちは彼らの「常識」にビックリ仰天腰を抜かすに違いない。だってきっと、今、私たちが「常識」「当たり前」と思っていることも、未来では覆され、当たり前が当たり前でなくなっているんだから。

現在・過去・未来と「時間」は一方通行に流れてゆく。そんなの当たり前。「意志」ってなに?だけど、私は私だよね。当たり前。なぜ命は生まれて、死んだらどうなるの?そんなの誰にも分からないよ。当たり前でしょ。

自分の「思い込み」から脱却せよ。

続きを読む