話し方

『脱!あがり症』|治る!話し方

『脱!あがり症』挿絵イラスト

こんにちは。人前で話すのが苦手な あさよるです。「人前で話す」というのが、たくさんの人の前じゃなくて、家族とか友人とか近しい人との間でも疲れているときは「話したくない」と強く思ってしまいます(苦笑)。もともと言葉につっかえて喋りがちで、さらに疲れると呂律が回ってないのが自分でもわかるから「ああ、早くお布団に入りたい……」とそれで頭がいっぱいになります。……だからブログは性に合ってますねw

あがり症はトレーニングで克服できる!

本書『脱!あがり症』はそのタイトル通り、上がり症を個置く服する為のメソッドが紹介されたものです。上がり症も、トレーニングすれば大丈夫と紹介されています。人前に出るのが苦手だわぁという方も「きちんと準備すればなんとかなる」というのは藁にもすがる思いではないでしょうか。

本書『脱!あがり症』で紹介されるあがり症対策は、意外に思えました。度胸をつけたり、緊張をほぐすような訓練かと思いきや、違うんですね。話すべきことを、論理的に組み立て言語化する訓練が中心です。

つまり、「あがってしまう状況」って、頭の中で話すべき事柄が言語化されておらず、もちろんロジックとしても構築されていないので、わーっとグチャグチャになってる状態なんでしょう。だからパニックになってしまい、結果あがってしまう。

『脱!あがり症』では「話す」と「喋る」が別のこととして分けられて紹介されているのも印象的です。「喋る」は〈思いついた事柄〉に重点が置かれます。話すは〈内容〉に重点が置かれます。本書『脱!あがり症』では、「話す」ことのトレーニングです。

また、話すとは、ロジックを言語化することのみならず、表情やジェスチャーも重要な要素です。言語も非言語も含めて「話す」トレーニングをし、あがり症を克服します。

意外と「話すのが苦手」な人が多いのかも

あさよるのめっちゃ個人的な考えですが、人前で上手に話している人の中に、少なからず「話すのが苦手」な人が含まれているんじゃないかと思っています。あさよるの知人でも、人前で堂々といい声で、聞き取りやすいお話をする方がいます。だけどその方はご自身で「話すのが苦手」と仰います。話すのが苦手だから、何度も何度も話すべき内容を練り上げ、話す練習をし、その場に立っておられるのです。

話をすることを「苦手」な理由を持っている人は、それに備えて用意をするからこそ、パッと見ると「話し上手」に見えたりしていることも、意外と多いんじゃないんかなぁと思います。

もちろん、最初っから人前でも全然緊張もしなければベラベラと喋れる人もいるそうなので、羨ましい限りですが……。ただ、本書『脱!あがり症』的に言うと、人前で「喋る」ことと「話す」ことは別ですから、「話す」ためには準備と練習が必要なんでしょうね。

『脱!あがり症』挿絵イラスト

関連記事

続きを読む

『奇跡の「話す」「書く」技術』を読んだよ

「あの人には何を言ってもしかたがない」

「女は◯◯だから」「男は△△だから」

みんな言っていることは同じ、「誰も他人のことがわからない」。だからこそ、私たちは相手に伝わるように話さないといけないし、相手の立場に立って考えないといけない。小さい頃から、親や先生に口を酸っぱく言われ続けていたことだけど、案外これが難しい。

コミュニケーションには「メタ意識」を持つことが、大切だと出口汪さんは言う。メタ意識とは“自分の気持ち”から離れ「天の目」からモノゴトを見ることだ。

続きを読む

「人それぞれ」は無関心?『反論が苦手な人の議論トレーニング』

吉岡友治『反論が苦手な人の議論トレーニング』書影

「人それぞれ」という言い回しを、極力使わないように気をつけています。私はいつも、会話の最後が「人それぞれだから」と結論される度に、なんだかモヤモヤとしていました。もちろん、「人それぞれ」なのは当たり前です。考えが違って当然だし、思想や信仰は、なんびとたりとも強制することはできません。

しかし、それを逆手に取って、「人それぞれ」と結論づけることで、身の保身に走っているように聞こえることもあります。例えば、自分の言いたい放題していると、反論が飛んできた。あるいは、「言い過ぎじゃない?」とたしなめられた。そんなときは、それに対する自分の考えを展開してしかるべきだと思うのだけれども、そのタイミングで飛び出すのです。「人それぞれだよね」。うーん、それでいいのかなぁ?

「人それぞれ」は、逃避やサボりの言い訳になっていないでしょうか。

ギロンは難しい…?

双方の考えをぶつけあいながら、論を深めてゆくような会話。そんなのを持ちたいものだと切に願います。が、しかし「議論」ってなかなかできないですね。

SNS上で、「ギロンしようぜ!」と他者に持ちかけている人を時折見かけますが、実際に議論になっている様子はほとんど見たことがありません。ネットはまだまだ文字情報過多ですから、SNSは文字による議論のしにくい場所なのかなぁと思いつつ、やはりりモヤモヤとしてしまいます。

続きを読む