セザンヌのフェイスパウダーをアナスイのケースに詰め替えてみた

  • LINEで送る
セザンヌのフェイスパウダーをアナスイのケースに詰め替えてみた

セザンヌの化粧品にちょっとハマっていて、ベースから全部セザンヌな日もあるくらい。最近特に気に入っているのが、セザンヌの「UVシルクフェイスパウダー」で、一応おしろいとして売られているんだけど、ファンデーション変わりにしている。シミだけ数か所コンシーラーで消して、UVシルクパウダーで軽く押さえて終わり。

もともとファンデーションはガッツリ均一に、厚く塗るのが好きだったけど、ここ一年くらい、パッと見、素肌に見えるくらい薄く塗りたい欲が出てきて、いろいろ試している。

「UVシルクパウダー」のセミマット仕上がりがなかなかだったので、同じくセザンヌの「UVクリアパウダー」も使ってみたかった(厳密にはP1.ラベンダーを持ってたが、色味が肌に全然合わず使えずにいた。質感は好きだった)。

だけど、問題が。「UVシルク~」はパッケージがかわいいのに、「UVクリア~」のパッケージが思いっきりダサイ。あり得ない。この「ダサイ」という一点のみで買うのを躊躇っていた。

セザンヌUVシルクフェイスパウダーとUVクリアフェイスパウダー

▲写真左がUVシルクパウダー・かわいい。右がUVクリアパウダー・鬼ダサイ

が、いいサイトを見つけた。各化粧品メーカーのファンデーションのサイズの互換性をまとめ。

ななしさんありがとう。

これを見ると、セザンヌの丸型のパウダーは直径53mmの丸型のアルビオン系に分類されていた。

○アルビオン系(直径53mm/深5mm)
アナスイ
アルビオン
イグニス
エレガンス
ソニアリキエル
ポール&ジョー
ミスエレガンス

同型一覧

以上の直径53mmの丸型のファンデーションケースが、セザンヌのUVクリア&UVシルクフェイスパウダーと同じ大きさだそう。

ということで、アナスイのファンデーションケースにハメてみた。ぴったり。

セザンヌのフェイスパウダーをアナスイのケースに詰め替えてみた

セザンヌのフェイスパウダーをアナスイのケースに詰め替えてみた

▲ケース裏の穴を爪楊枝で押し込むとはずれる。べたべたの粘着剤注意​

セザンヌの場合、個体差があるということで、確かに手持ちのセザンヌのパウダー3つをセットしてみると、少し隙間の空き方に差がある。だけど、ハメる分には問題なかった。

ややビンボくさいなぁと思いつつ、気になってたことが解決してよかった。ポール&ジョーのケースも互換性があるようなので、新しく欲しいな。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*