『採用基準』|大切なのは…リーダーシップ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

どこでも勤まる人になろう!

Amazon ビジネス書部門ランキングで気になった

Amazon の部門別のランキングをたまにチェックします。今回の『採用基準』も、そこで出会いました。タイトルも、気にならない人はいない言葉ではないでしょうか。

著者は、マッキンゼー人事部を務めた方で、噂では人気ブロガーさんだと言うのです。

ダブルで気になって、読み始めました。

リーダーシップこそが何より大切

『採用基準』で繰り返し述べられるのは「リーダーシップの大切さ」です。

リーダーシップのある人は、生まれつきにリーダーシップを持っているわけではありません。誰もが、後天的に身につけてゆくものなのです。

日本人は「リーダシップ」を誤解している

「船頭多くして船山に登る」ということわざがあります。船に船頭が何人もいれば、それぞれ指示が食い違って、挙句は山に登ってしまうという故事です。

日本人が「リーダー」を想像する時、このような船頭を想像してしまいがち。リーダーシップのある人材は、組織に一人は必要ですが、複数人居ればトラブルの元だと信じています。

これは、「リーダー」と「自分勝手」が混同されているからです。故事の船頭たちはみな、自分勝手だから収集がつかなくなるんです。

『採用基準』では、そのような日本人的なリーダー感ではなく、真のリーダーを想定しています。

真のリーダーシップ!?なにそれ!

リーダーシップがあるといことは、簡単にいえば、自分の責任のもと物事を判断できることです。

自分が司会をしている会議が長引きそう…時間通り打ち切る?延長する?別の日に持ち越す?こんなとき「上司に聞いてみます」と言うのは、リーダーシップのない人です。

自分の判断で、自分の責任のもと、独断で決定します。

PTAの集まりなのに、お菓子の数が人数分たりない。どうやって分配しよう…。このような問題に答えはありません。きっとどんな判断をしても文句をいう人が必ずいるもんです。

「他の人に従う」という選択肢ではなく、「自分で決める」という決断がリーダーシップです。

こういう風に言われると、「あれ?自分もリーダーシップあるかも?」とか「あの人はリーダーシップがある人だ」と思い当たるんじゃないでしょうか。

地頭、論理的思考はあって当然?

「地頭より 論理的思考より 大切なもの」とサブタイトルにありますが、これらが不要だと言っているのではありません。

逆に「あって当然のもの」として扱われています。

しかし、これらは特別な人に宿るものではなく、小中高と、学校教育をきちんと修めていれば身についていること。日本の教育は問題も指摘されつつも、それでも今なお世界トップレベルであることは変わりません。

すべての日本人が高水準の教育を受け、さらに多くの人たちは高等教育まで終了しているのですから、前提条件は満たせていると考えられるのですが……。

時間とともに忘れてしまうことも多いですし(多すぎです…)、常にバージョンアップし続ける労力は必要なのかもしれません…(-_-;)

今更読んでも、どうしようもない感?

リーダーシップってこういうことか!と納得できて、オモシロイ読書ではありました。

しかし、今更それに気づいても「どうしろって言うんだ…」と途方に暮れてしまう感も。

もっと若いうちに、こんな考え方や世界に触れておきたかったなぁと思います…。

中学生、高校生に読んで欲しい

10代の現役中学生、高校生世代には、外国企業の考え方や、世界の基準を知っておくととても良いと思います。

従来通りの日本企業へ就職を希望したとしても、「それしか知らない」と「自分で選択する」のは違いますからね。

また、なぜ勉強しないといけないのか?

進学するならば、なぜ偏差値の高い学校を狙うのか?

漠然としていることが、明確になるでしょう。

リーダーが集まれば、もっといい!

「船頭多くして船山に登る」のネガティブなリーダー感は、すっかりなくなりました。思い込みが取り除かれただけでも、『採用基準』を読んで良かったなぁと思います。

さらに「リーダー多くして船山に上らない」どころか、リーダーが多いほうが、より良い結果が得られます。

リーダーは、全体を把握して、自分の責任のもと、最も妥当だと思われる判断を下します。ですから、人数が多ければ多いほど、自由に意見を交わし合い、その中から全体の利益になりうる決断を下します。

地頭と論理的思考はあって当然の集団ですから、活発な意見交換は、必ず良い話し合いになりますね(*^^*)♪

「今更リーダーシップについて知ってもどうしようもない…」と思いつつも、リーダーシップがどんなものか知れば、今後の行動は大きく変わります。

wktk!

人生のリーダーは、自分しかいない!

採用基準

採用基準

  • 作者:伊賀 泰代
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012-11-09

採用基準 地頭より論理的思考より大切なもの

目次情報

序章
マッキンゼーの採用マネージャとして

マッキンゼーでの一七年間
バブル期の金融業界でMBA留学を決意
「アメリカ人に世界を教える」ビジネススクール
コンサルティングより人材育成システム
新しいポジションを自ら設計・提案

第1章
誤解される採用基準

人気の高まりと誤解の拡大
誤解その1:ケース面に関する誤解
誤解その2:“地頭信仰”が招く誤解
誤解その3:分析が得意な人を求めているという誤解
誤解その4:優等生を求めているという誤解
誤解その5:優秀な日本人を求めているという誤解
Column 東京大学における法学部と経済学部の学制の格差

第2章
採用したいのは将来のリーダー

問題解決に不可欠なリーダーシップ
リーダーシップは全員に必要
将来のリーダーを採用するという戦略
スクーリング基準と採用基準の違い
Column 保守的な大企業で劣化する人

第3章
さまざまな概念と混同されるリーダーシップ

成果主義とリーダーシップ
成果より和を尊ぶ組織
救命ボートの漕ぎ手を選ぶ
役職(ポジション)とリーダーシップ
マネージャー(管理職)、コーディネーター(調整役)
雑用係、世話係
命令する人、支持する人
Column 能力の高い人より、これから伸びる人

第4章
リーダーがなすべき四つのタスク

その1:目標を掲げる
その2:先頭を走る
その3:決める
その4:伝える
Column マッキンゼー入社を目標にする困った人たち

第5章
マッキンゼー流リーダーシップの学び方

カルチャーショックから学ぶ基本思想
基本動作1:バリューを出す
基本動作2:ポジションをとる
基本動作3:自分の仕事のリーダーは自分
基本動作4:ホワイトボードの前に立つ
できるようになる前にやる
自分のリーダーシップ・スタイルを見つける
Column ホワイトカラーも海外流出?

第6章
リーダー不足に関する認識不足

組織的・制度的な育成システムが必要
絶望的な「グローバル人材」という言葉
「優秀な人」の定義の違い
カリスマリーダーではなく、リーダーシップ・キャパシティ
非常時の混乱、財政難の根因となるリーダー不足
Column 不幸な海外MBAへの企業派遣制度

第7章
すべての人に求められるリーダーシップ

あらゆる場面で求められるリーダーシップ
上司の判断を仰がない若手コンサルタント
リーダーシップは学べるスキル
分散型意思決定システムからの要請
Column リーダー養成に最適なNPO


リーダシップで人生のコントロールを握る

問題が解決できる
成長が実感できる
自分の世界観が実現できる
世界が広がる
変わっていくキャリア意識
価値観転換機関としてのマッキンゼー
広がる世界で人生のコントロールを握る

あとがき

伊賀 泰代(いが・やすよ)

キャリア形成コンサルタント。兵庫県出身。一橋大学法学部を卒業後、日興證券引受本部(当時)を経て、カリフォルニア大学バークレー校ハース・スクール・オブ・ビジネスにてMBAを取得。1993年から2010年末までマッキンゼー・アンド・カンパニー、ジャパンにて、コンサルタント(アソシエイト、エンゲージメント・マネージャー)、および、人材育成、採用マネージャーを務める。2011年より独立。現在は、キャリアインタビューサイト MY CHOICE(http://igayasuyo.com)を運営し、リーダシップ育成やキャリア形成に関する啓蒙活動に従事する。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*