『ダマされない技術』|「私はダマされない」に要注意

  • LINEで送る

わたし、よくダマされるのだ……( ノД`) だから本書『ダマされない技術』は読まなければならない本だった。はてさて、本書によるとダマされやすい人は「自分はダマされない」と思っていたりするそうだ。ギクリΣ(゚Д゚) ま、まあ、よく言われることではあるよね……。つまりわたしは「よくダマされる」と言いつつも、「わたしだけはダマされない」と驕りがどこかにあるということだ。……う、うん。認めたくはないけれども、確かにそうかもしれない。

これまで大金をダマし取られるような被害には合っていない。それは幸か不幸かお金を持っていないからですな。ダマされようがないという。だけど、もしこれから万が一、貴重なお金を取られるようなことがあれば困るなあ。そしてわたしはコロッとダマされちゃうような気がする……。きっとその時は、ダマされているとも気づかずに、自信満々で相手にお金を渡しちゃうのだろう。

本書では、ダマされる人の心理と、ダマす人の戦略を実例を交えながら平易に紹介されている。その上で、ダマされないための心得へと話はすすんでゆく。今、ビジネス書なんかでは、「人の心を操る」みたいな内容のものが多い。「人の心を操る」というのも、一種の人をダマすテクニック集だ。人をダマすテクニック自体は、世間では飽和状態にあると言える。それをビジネスでwin-winの関係で使うのか、悪用するのかで変わるだけだ。自分自身は人をダマさないよう、そして人にダマされないように、だけど上手に人の心を操って、お互いに利益のある関係に……って、そんなサイコーな人間関係を築けるとベストだわな。

ダマされない技術 乗せられ、操られ、ダマされないために…弁護士が教える7つの盾

  • 間川 清
  • 法研
  • 2014/8/28

目次情報

はじめに~ ダマしテクの巧妙化により誰でもダマさえ予備軍に!

盾その1 ダマされる人の心理法則を知る

1 ダマされる心理法則① 恐怖の法則
2 ダマされる心理法則② 欲望の法則
3 ダマされる心理法則③ お返しの法則
4 ダマされる心理法則④ 一貫性の法則
5 ダマされる心理法則⑤ みんなとおなじの法則
6 ダマされる心理法則⑥ 好意の法則
7 ダマされる心理法則⑦ 専門家の法則
8 ダマされる心理法則⑧ 残り一つの法則
9 振り込め詐欺は見事にすべての法則が使われている

盾その2 ダマそうとする敵の戦略を知る

1 「人の心を操る」方法が出回っている
2 意図的に「沈黙」を作り出す人に注意せよ
3 あなたはダマされやすい人リストに名を連ねている
4 警察官も引っかかる妊娠詐欺の怖さ
5 相手をダマす最強のツールは「○○の手紙」!?
6 脅迫は「職場」と「自宅」と「家族」を知られることから始まる
7 共通点がある人には気をつけて!
8 褒められる=ダマされる、おだての商法の罠
9 詐欺師は小道具を使う

盾その3 ダマされないための心構え

1 おいしい話を他人に教えることはない
2 タダ飯はどこにもない
3 思考停止=ダマされる
4 平気で人をダマす人がいる
5 話が通じない人がいる
6 「自分はダマされない」が一番危ない
7 欲望をもったときが一番危ない
8 詐欺師ではなくあなたがあなたをダマしている
9 ダマす人は「焦り」がある所を探している

盾その4 ダマす相手への反撃方法

1 とにかく即決しない
2 上にいる団体がいないかどうか考える
3 恐喝犯を一発で黙らせる「私、○○しています」
4 とりあえず「ググる」ことが大切
5 「鈍感」な人はダマされやすい
6 「怒り」と「沈黙」を使いこなす
7 一言でもいいから専門家に聞く
8 王道だがやはり効果絶大「警察を呼ぶ」
9 相手を質問攻めにする

盾その5 ダマされてしまった場合の対処方法

1 家族や友人、知人に相談する
2 その一手間があなたを救う! 記録や証拠を残しておく
3 もう敷居は高くない! 弁護士に相談しよう
4 クーリングオフ制度を利用する
5 ダマされた人のかけこみ寺! 消費生活センターを利用しよう!
6 とにかくすぐに「取り消し・撤回」することを伝えよう
7 誰でもすぐに使える内容証明郵便の使い方
8 ダマされても諦めない!!
9 警察へ相談する

盾その6 ダマされないための予防方法

1 固定電話をなくしてしまう
2 ダマそうとする相手と接触しない
3 もし相手の言っていることが現実になったら? 紙に書く
4 決定権を家族や友人に委ねる
5 「自分から行動したこと」にしかお金を出さない
6 他人の行動に期待しない
7 すべての記録する
8 追う側の立場になっていないか確認する

盾その7 ダマされなための法律知識

1 借金500万円から一気に資産家に!? 知っているかどうかでこんなに違う法律の知識
2 知っておくべき法律知識は難しくない
3 契約は一度成立しても「取り消し」「無効」が主張できる
4 子どもでも契約はできる? 未成年者の契約で知っておいて欲しいこと
5 無断録音は証拠として使えるのか?
6 高齢者を守るためには成年後見制度もある
7 その借金、支払いは無用です!?「時効」の最低限の知識をもつ
8 離婚時には「これ」だけは知らないとダマされます
9 知らないと大変なことになる!? 相続の法律知識

おわりに~ ダマされるのはあなたが悪い!!

間川 清(まがわ・きよし)

1978年生まれ。25歳で司法試験合格後、勤務弁護士を経て現在はセントラル法律事務所を経営。損害賠償事件、相続事件、離婚家事事件、刑事被告弁護など、年間200件以上の弁護士業務を担当。多数の詐欺被害対応案件を担当するほか、殺人事件の被害者遺族への謝罪、性犯罪被害者への謝罪・示談交渉など、さまざまなトラブル解決にあたっている。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*