ハッピーエンドを手に入れる『エッセンシャル思考』を身につけよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
グレッグ・マキューン『エッセンシャル思考』書影

自分にとって「大切なこと」ってなんだろう。

大切な家族やパートナーと一緒に過ごす時間かもしれない。ゆっくりと、食事をいただくことかもしれない。それとも、やわらかな毛布に包まれて眠りに落ちる瞬間だろうか。

大切なことを大切するとき、湧き上がる感情は、それは「幸福感」だ。

私たちは幸福を得るために生きている。それは何物にも代えがたいモノだ。

だけど、幸福は形もなく、取り留めもなく、お金を出して手に入るものでもない。ただ、幸福をキャッチするのが上手な人と、不得手な人がいる。上手な人は、たとえ物質的に恵まれていなくとも幸福を噛みしめるし、不得手な人はどんなに環境に恵まれようとも、なかなか譲受できない。

「時間がない」が「幸せ」を逃す

それを実現するには、一見関係なさそうなことが繋がっている。

一日たった数分のストレッチだったり簡単な筋トレが、幸福感へと繋がるのかもしれないし、朝起きて数秒のベッドメイキングかもしれない。そんな些細な事で生活の質が上昇することは、多くの人が気づいているだろう。

だけど、私たちには「時間がない」。いつもいつも時間に追われている。数秒も惜しいくらい忙殺されている……ような気がしている。

だけど、もしかしたら、本当に大切な仕事や要件以外を手放してしまえば、新たな時間が生み出せるのではないだろうか。

決して、お風呂の中でボーッと過ごす時間や、こたつに入ってぬくぬくする時間を削るのではない。それらの時間は、きっと必要な時間だろうから(たぶん多くの人にとっても)。時間がないからって、睡眠時間を削ったり、食事を掻っ込んで時短を図るのも、それって本末転倒だ。

私は、一体何のために生きているのだろう。

もっと本質的に……不要な仕事はなに?

考えるべきは、自分の生き方そのものだ。単にタスクに順番がつかず収拾がつかなくなっているだけではないか?あるいは、他人からの頼みを安請け合いしているだけではないだろうか?自分にとって不要な仕事を背負い込んでいるだけではないのか?

思い切ってそれらを捨て、手放し、断ってしまえば時間ができる。

人からの頼みごとを断ってしまうと、人間関係にヒビが入ったり、信用がなくなるのではないかと心配は不要。案外、キチンと断っても大丈夫なものだ。それよりも、期日を守り、クオリティの高い仕事をする方がずっと信頼に繋がる。反対に、何でもかんでも抱え込んで、中途半端に終わらせたり、うっかり間に合わなかったときのリスクの方がずっと高い。

私たちはそのために、しっかりと自分の体調を管理し、能力を把握し、断るべきものははっきり「断る技術」が必要だ。相手に嫌な思いをさせずに申し出を断るには、気遣いや礼儀も必要だ。

幸福感を手に入れるべく必要な技術

本書『エッセンシャル思考』では、見極める技術、捨てる技術、しくみ化の技術と大きく区分して、それぞれの考え方や具体例を紹介する。

見極める技術は、時間を生み出すためにしないといけないことを見極めること。相手の気持ちを言外から読み取ること。モノゴトの本質を見抜くこと。

捨てる技術は、本質以外のものを思い切って手放すこと。断ってしまうこと。惰性で続けていることに決別すること。

しくみ化の技術は、しっかりと準備をし、最悪の状況でも乗りきれるようにすること。コツコツと小さな達成感を積み重ねること。良い習慣を身に付けること。

私にとっての“エッセンシャルライフ”

私にとって……

一日8時間しっかりと睡眠を取り、一汁三菜の朝食を摂る。朝の時間帯に掃除を終わらせ、午前の仕事を片づける。昼食前に少し散歩をする。

これが、今の私の理想の生活だ。朝の日差しの中で、掃除をすればどんなに気持ちいいだろう!きれいになった部屋で、優雅に午後の業務や、読書なんかできたら幸せだなぁ。片付いたテーブルで、落ち着いて食事をすればさらに美味しく感じるだろうなぁ。

少しずつだけどもエッセンシャルな生活に近づきつつはある。少しずつの小さな積み重ねだ。

もちろん、エッセンシャルな生活のイメージは、千差万別だろう。あなたのエッセンシャルライフも教えてほしい。

エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする

  • 著者:グレッグ・マキューン
  • 訳:高橋璃子
  • 発行所:株式会社かんき出版
  • 2014年11月17日

目次情報

  • 推薦の言葉
  • PART1 エッセンシャル思考とは何か
    エッセンシャル思考とはどのようなものか

    • 第1章 エッセンシャル思考と非エッセンシャル思考
      • より少なく、しかしより良く
      • 本質を見失うことの代償は大きい
      • 優秀な人ほど成功のパラドックスに陥りやすい
      • 人はなぜ方向性を見失うのか
      • 本書の使い方
      • 自分で選ぶという最強の武器を手に入れる
    • 第2章 選択――選ぶ力を取り戻す
      • 「選ぶ」ことを選ぶ
      • 人はなざ選ぶ力を手放してしまうのか
    • 第3章 ノイズ――大多数のものは無価値である
      • 重要な少数は瑣末な多数に勝る
    • 第4章 トレードオフ――何かを選ぶことは、何かを捨てること
      • トレードオフを無視することの代償
      • 人はどれかを選ばなければならない
  • PART2 見極める技術
    多数の瑣末なことのなから、少数の重要なことを見分ける

    • 第5章 孤独――考えるためのスペースをつくる
      • 集中せざるをえない状況をつくる
      • 考える時間を取り戻す
      • 本を読む時間をつくる
    • 第6章 洞察――情報の本質をつかみとる
      • 対局を見る
      • 情報をフィルタリングする
      • ジャーナリストの目を手に入れる
    • 第7章 遊び――内なる子供の声を聴く
      • 精神は遊びを求めている
      • 仕事と遊びの関係性を知る
    • 第8章 睡眠――1時間の眠りが数時間分の成果を生む
      • 自分自身という資産を守る
      • 十分な睡眠が脳の機能を高める
    • 第9章 選抜――もっとも厳しい基準で決める
      • 90点ルールを取り入れる
      • 明確で厳しく、そして正しい基準を採用する
      • チャンスを正しく選抜するには
      • 「これしかない」と思えることを選ぶ
  • PART3 捨てる技術
    多数の些末なことを容赦なく切り捨てる

    • 第10章 目標――最終形を明確にする
      • 「かなり明確」を「完全に明確」にする
      • 本質目標を決める
      • 本質を見据えて生きる
    • 第11章 拒否――断固として上手に断る
      • 大切なことを知っていれば断ることができる
      • 上手に「ノー」と言う技術を身につける
      • 断り方のレパートリーを増やす
    • 第12章 キャンセル――過去の損失を切り捨てる
      • 途中でやめることはなぜ難しいのか
      • 上手に手放すテクニックを身につける
    • 第13章 編集――余剰を削り、本質を取り出す
      • 編集の4原則を知る
    • 第14章 線引――境界を決めると自由になれる
      • 面倒くさい人たちと一線を画す
  • PART4 しくみ化の技術
    努力せず、自動的にエッセンシャル思考を実現する

    • 第15章 バッファ――最悪の事態を想定する
      • 徹底的に準備する
      • 見積もりは1.5倍で考える
      • シナリオ・プランニングでリスクを軽減する
    • 第16章 削減――小さな一歩を積み重ねる
      • 最小限の進歩を重ねる
      • 「早く小さく」始める
      • 進歩を目に見える形にする
    • 第18章 習慣――本質的な行動を無意識化する
      • 正しい習慣がクリエイティビティを生む
      • 悪い癖を正しい習慣に変える方法
    • 第19章 集中――「今、何が重要か」を考える
      • 過去や未来にとらわれない
      • 集中の対象をひとつに決める
      • 今ここを生きるテクニック
      • マインドフルネスを身につける
    • 第20章 未来――エッセンシャル思考を生きる
      • 本質を生きる方法
      • 自分の中心にエッセンシャル思考を据える
      • シンプルな人生は幸福である
      • 本質を知り、本質を生きる
    • 最終章 エッセンシャル思考のリーダーシップ
      • エッセンシャル思考のチームをつくる
      • エッセンシャル思考のリーダーはいかにチームを率いるか
  • 謝辞

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*