『知識ゼロからのハイボール入門』|ハイボールはカッコいいのじゃ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。「とりあえずビール」ならぬ「とりあえず日本酒」を読みたい あさよるです。

実はね……ビールよりも日本酒や焼酎のほうが好きなんですよね。しかし、人と飲むときは一杯目は間取って(?)無難にチューハイを頼むことが多いのです。

なんですが、実は実はハイボールはねぇ、苦手意識があるんですよね~。なんでだろう。

ということで『知識ゼロからのハイボール入門』という、ハイボールへの門を開くであろう一冊を読み始めたのだった。

ハイボールは飲み方次第!

結論から、ハイボール、飲みたいwww

ハイボールって、飲み方がいっぱいあるんだと知りませんでした。居酒屋チェーン店でたまにハイボール飲むことがありましたが、あれはだいたいサントリーのトリス?

しかも、飲み方もお店の人へお任せだったから、そりゃハマらないのかも!

自分で美味しい飲み方を探せばいいのね。

ハイボールの銘柄と水やソーダの量だけでなく、氷の形や量でも飲みくちが変わる。もちろん、グラスによっても違います。

気合い入れて家飲みの準備がしたいっすww 「バー」ってところに足を踏み入れたことがないので、デビューしたいなぁ。

ちなみに、あさよるは街の居酒屋(魚が美味しいところ)や、一杯飲み屋が好きであるw

ハイボールのラベルも一目瞭然

ハイボールの種類も豊富に紹介されているのですが、文字情報だけでなくイラストも添えられています。

ハイボールの瓶の形やラベルも一目瞭然だから、非常に探しやすい。というか、よく見知ったものばかりです。

「おお、これもハイボールだったのか」という感じ。

(私事ですが昔、酒屋でバイトしていたので、酒瓶のビジュアルは知っているw)

古谷三敏さんのマンガも楽しい^^

で、著書の古谷三敏さんはご存知マンガ家の先生です。

内容はあくまでハイボールが主役ですから、ハイボールのデータブックみたいになっているんですが、ところどころに古谷先生の数コマのマンガが挟まるのも楽しい。

雰囲気は、表紙を見ていただければ分かりますw

ええねぇ(*´艸`*)

知識ゼロから「とりあえずハイボール!」

知らない世界を開拓するってワクワクするじゃないですか。

ハイボール、ああ、これまで知らない世界です。

もともと、あさよるはお酒をチビチビ飲むのが好きなんですが、銘柄には拘ったことがなく、別の言い方すれば「アルコールならなんでもいい」飲み方をしていました。

食べ物は美味しいものじゃないと嫌なので、絶対に美味しいお店で、チビッといきたいんですね。美味しい食べ物+お酒だったんですね。

しかし、本書『知識ゼロからのハイボール入門』では、お酒が主役の飲み方が紹介されているんです。しかもそれがカッコいい。

ハイボールラベルもカッコいいしね。カッコいい飲み物なのだなぁ~。

知識ゼロからのハイボール入門

知識ゼロからのハイボール入門

知識ゼロからのハイボール入門

  • 作者:古谷 三敏
  • 出版社:幻冬舎
  • 発売日: 2011-09-08

目次情報

はじめに
今夜の一杯はハイボール!
1分でわかるハイボールのヒミツ
ゴクゴクプハ! みんなの乾杯日記

第1章 こっそり聞きたいハイボールの新常識
――「ハイボール=ウイスキー&ソーダ」とはかぎらない

【定義】
 ハイボールはウイスキーのソーダ割りのことだよね?

【語源・ルーツ】
 ウイスキーとソーダ水を混ぜるだけ。だれがつくっても同じ味?

【味の違い】
 ハイボールにやみつき。もっと詳しくなりたい。なにを飲めばいい?

【熟成年数】
 古いウイスキーほどおいしいハイボールをつくれるの?

【飲み方】
 ハイボールにするとおいしいウイスキーはどんなタイプ?

【アルコール】
 ソーダ水で割るからアルコール度数は低いよね?

【Barで】
 バーでは、どう注文したらいい?

pick up

そもそも、ウイスキーってどんな酒?
ウイスキーの生産地は主に5つ
ウイスキーができるまで

ハイボールコラム ハイボールやチューハイが復興期の象徴的な酒に

第2章 混ぜすぎ禁止!うまいハイボール、基本の「き」
――自分の好みの一杯をつくる

【基本のレシピ】
おいしくつくる3つのルール 自分だけの黄金比を見つける

【こだわりの一杯に】
ベースウイスキー ベースの酒でガラリと変わる

【こだわりの一杯に】
ソーダ水 炭酸の強さ、ミネラル分に注目する

【こだわりの一杯に】
 硬くて透明な大きな氷を使う

【もうひと工夫】
小道具 グラスひとつで香りや泡立ちが変わる

【アレンジ】
割り材、トッピング 飲み口や香りに遊びをもたらせる

【つまみ】
定番のつまみから日々の食事まで ハイボールが進む組み合わせ

【ハイボールアレンジ】
ジン、ウォッカ、ラム、ブランデー、焼酎…… いろいろな酒でハイボールが進化する

【プロのレシピ】
バーテンダーがすすめるハイボール ひと味違うのどごしを楽しむ

ハイボールコラム インドや台湾でもハイボールが飲まれている

第3章 今夜のハイボールはこれで決まり
――5大産地を巡り、お気に入りのベースウイスキーを探す

【記録帳をつくる】
テイスティング
香りや味の違いを発見する

【Japanese whiskey】
伸びやかな味わいがハイボールにベストマッチ
ジャパニーズ・ウイスキー
白州
山崎
角瓶
トリス

余市
竹鶴ピュアモルト
ブラックニッカ
イチローズモルト

【Scotch whiskey】
多彩なモルトで個性的なハイボール
スコッチ・ウイスキー
ザ・マッカラン
グレンフィディック
グレンモーレンジ
ザ・グレンリヴェット
ボウモア
ラフロイグ
スプリングバンク
ハイライトパーク
バランタイン
シーバスリーガル
カティサーク
ジョニーウォーカー
オールドバー

【American whiskey】
「バーボン&ソーダ」でパワフルなハイボールを
アメリカン・ウイスキー
フォアローゼズ
I.W.ハーパー
メーカーズマーク
ワイルドターキー
アーリータイムズ
ジム・ビーム
エズラ・ブルックス
エヴァン・ウィリアムス
エライジャ・クレイグ
ジャックダニエル

【Irish whiskey】
3回の蒸留で、スッキリ味のハイボールに
アイリッシュ・ウイスキー
ブッシュミルズ
ジェムソン

【Canadian whiskey】
クセがなく軽くて読みやすい
カナディアン・ウイスキー
カナディアンクラブ
クラウンローヤル

ハイボール・ウイスキーの用語集

ウイスキー銘柄索引

取材協力・参考文献

古谷 三敏(ふるや・みつとし)

漫画家。1936年、旧満州生まれ。終戦とともに茨城県に移る。55年、少女漫画『みかんの花咲く丘』でデビュー。その後、手塚治虫氏、赤塚不二夫氏のアシスタントを経て、『ダメおやじ』を発表(第24回小学館漫画賞)。以後、『BAR レモン・ハート』などのヒット作を次々と発表し、多くのファンを魅了している。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*