『ユダヤ人大富豪の教え』|お金に囚われる不自由人をやめる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。「あ~お金が欲しい」と思う年末年始を過ごしたあさよるです……(-_-;)

この『ユダヤ人大富豪の教え』、他の書籍で紹介されていたり、タイトルは何度か見かけていました。

本やブログ等で、誰かが紹介していると「どんなだろう?」と気になっちゃいます。「気になる本」を少しずつ読んでゆこうと、『ユダヤ人大富豪の教え』を手に取りました。

20歳学生が、アメリカで出会った

アメリカ留学中の二十歳の青年は、一人の老人と出会います。

その老人はオーストリアで生まれ、ナチス台頭に伴いアメリカに移住したゲラー氏。不動産業で成功し、大富豪になった人物でした。

帰国後は事業を起こそうと考えている青年は、彼から成功の秘訣を教わりたいと申し出ます。

老人が青年に、時に丁寧に、時に実地でテストを行いながら、「成功」とはなにか。「失敗」とはなんだろうと語りかけます。

エッセイ?フィクション?不思議なお話

老人と青年のエピソードは、著者の本田健さんの経験が元になっているそうです。

しかし、書籍化にあたって、フィクションも混じっているようで、より面白くドラマチックに仕上がっています。

エッセイのようでエッセイでなく、フィクションのようでフィクションではなく、なんか不思議な構成ですね。

あさよるは本書を読書中、全くのフィクションとして楽しんでいたので、著者のあとがきを読んで驚きました。

「お金」から離れて「自由」を手に入れる

大富豪の老人に「成功」する方法を尋ねた青年。

成功とは、もちろん「富豪になること」、すなわち「お金」を集める方法を尋ねました。あさよるも、最初はお金を稼ぐ方法を老人が語るのかと待ちかまえました。

しかし、老人の話は少し違います。

成功している人とそうでない人。なにが違うのだろうか?学歴?家柄?才能や運?

人はそうやって、「成功するための条件」を自ら勝手に作り上げ、「ああ、自分は成功できないんだ」と諦めてゆきます。

だけど、本当に「成功する人」はそうじゃありません。彼らは、仕事が好きでたまらない人なんです。仕事が大好きでしょうがないから、もっといい仕事がしたいし、もっと人に喜んでもらいたい!ただそれを繰り返しているだけなんです。

仕事が大好きでたまらない人は、好きな仕事をしているだけで幸せです。ですから、失敗しても上手くいかなくても諦めることはありません。だって大好きだから。

そして、どれだけ失敗に失敗を重ねても諦めなければ、いつか「成功する」ときが来ます。その時までひたむきに仕事ができるのは、好きじゃなきゃやってられないんです。

豊かになるって、預金残高の桁数だけではありません。「自由に生きる」。これが大事。

不自由に生きていませんか?その不自由さは自分で生み出しているのかもしれません。

こんな出会い、ほしかった!

「成功の秘訣が知りたい」。あさよるも知りたいですwそして、その教えを乞える人物に出会うということも、なかなか起こらない経験です。うらやましい経験です。

そして、“大富豪”が語る成功の秘訣は、とっても素朴な「しあわせ」を教えてくれるものでした。ちょっと拍子抜けするくらい。そして、大富豪ほどお金に執着していないことも印象的でした。

あさよるは「お金」が欲しいです。突然何?と思われてしまうでしょうがw、本音です。そして、多くの人にとっての本音であると思います。

不自由な生活をしている人ほど、「お金」が欲しくてたまりません。だって、不自由を解消するためのお金ですし、不幸を紛らわすためのお金です。

「お金があればなんでもできる」と考えてしまうのも、お金のない人の発想なのかもしれません……(苦笑)。

大富豪ともなると、考えることも庶民とは違うんだなぁと思いつつ、「幸せに生きる」「自由に生きる」ってことに、もっと重きを置きたいなぁと思いました。

ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教え

ユダヤ人大富豪の教え

  • 作者:本田 健
  • 出版社:大和書房
  • 発売日: 2003-06-19

目次情報

《プロローグ》
……衝撃的な出会いと最初の試練

ゲラー氏から与えられた最初の試練
幸せな金持ちになるレッスン開始
「お金のことを忘れなさい」
世の中の現実と向き合う

《第1の秘訣》
……社会の成り立ちを知る

サービスの質と量で報酬額は決まる
自由人と不自由人――立場が幸せと豊かさを決める
自分で商売をやることは、辛く苦しい生き方になり得る
それぞれの職業、立場には独自のルールがある

《第2の秘訣》
……自分を知り、大好きなことをやる

幸せに成功するために、大好きなことをやる
得意なことと好きなことの違い
「好きなこと」のもつパワー
「好きなこと探しの旅」に出るときに気をつけること

《第3の秘訣》
……ものや人を見る目を養い、直観力を高める

舵取りが悪ければ、豪華客船でも沈む
運や人生の周期を見極める
人の器、会社の器を見極める
直観力を養う

《第4の秘訣》
……思考と感情の力を知る

思考が人生を形づくり、感情が人生をコントロールしている
内面で起きている自分自身との会話を紙に書くこと
フォーカスの力
人生を信頼する力をもつ

《第5の秘訣》
……セールスの達人になる

その「モノ」をいかに売るか
深い喜びが得られる「売れる」サイクル
行動心理学がわかれば売れる理由がわかる
成功者のリズムを手に入れる

《第6の秘訣》
……スピーチの天才になる

自分の感情の目の前にいる人たちと分かち合う
日常的に話す言葉が運命をつくる

《第7の秘訣》
……人脈を使いこなす

人間は、同じような人間でグループをつくりたがる
いい人脈が成功に不可欠なわけ
人と接するときの心構え
絶対的な友情は、人生で最も大切な財産

《第8の秘訣》
……お金の法則を学ぶ

お金の感性を養う
お金にいいエネルギーを入れる
お金の知恵を身につける
お金の法則を学ぶ意味

《第9の秘訣》
……自分のビジネスを持つ

利益率の高いビジネス、低いビジネス
人の喜ばせ方で収入が変わる

《第10の秘訣》
……アラジンの魔法のランプの使い方をマスターする

達成できたこと、達成できなかったことのリストをつくる
イメージと潜在意識の力を使って、目標を設定する
なぜ、目標達成に失敗するのか

《第11の秘訣》
……多くの人に気持ちよく助けてもらう

「一人」で成功している人はいない
専門家の協力をうまく得る

《第12の秘訣》
……パートナーシップの力を知る

愛し合い、信頼し合える関係
マスターマインドが幸せと豊かさを築く

《第13の秘訣》
……ミリオネア・メンタリティーを身につける

豊かに生きるための世界観をもつ
セルフイメージを高める
意識の違いが人生に差をつける
「豊かさ意識」の高め方

《第14の秘訣》
……勇気をもって決断し、情熱的に行動すること

どんなことでも、自分の意思で決定する習慣をつける
自分が望んだものなら、すぐに決められる
成功するには行動力と決断力がものを言う

《第15の秘訣》
……失敗とうまくつき合う

何を失敗と考えるか
現在に意識を集中させる

《第16の秘訣》
……夢を見ること

夢を追いかけると人生が変わる
人が自分らしく豊かになれる世界

《第17の秘訣》
……人生がもたらす、すべてを受け取る

いいことも悪いことも解釈の仕方しだい
成功と栄光が人生にもたらす7つの関門

《エピローグ》
……最後の試練―ビジョン・クエスト

一人の人間に与えられた力の大きさを知る
新たな自分と出会う旅立ちのとき
ゲラー氏からの最後の手紙

あとがき

本田 健(ほんだ けん)

神戸生まれ。経営コンサルティング会社、会計事務所、ベンチャーキャピタル会社など、複数の会社を経営する「お金の専門家」。独自の経営アドバイスで、今までに多くのベンチャービジネスの成功者を育ててきた。
娘の誕生をきっかけに、仕事の一線を退き、以来育児を中心とした“セミリタイア生活”を送っている。現在は、東京から名古屋に移住し、育児のかたわら、大好きなテーマである「お金と幸せ」に関する講演、カウンセリング、セミナーなどを不定期に行っている。自身のお金の哲学をまとめたお金のEQを高めるニュースレター、メルマガも発行。ホームページでは、お金に関するいろいろな情報を公開している。
育児セミリタイア中に書いた小冊子「幸せな小金持ちへの8つのステップ」は、世界中の40万人の人々に読まれている。著書「小さな小金持ち」シリーズは、すべてベストセラーになっており、世界中の言語に翻訳されつつある。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*