『血流がすべて解決する』|生理痛、更年期、不妊、ダイエット。血流を見直そう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。冷え性になった あさよるです。

昔「女性は冷え性だから」なんて文言を聞いては、自分には無関係だと思ってたのですが……齢三十を越えまして、順調に冷え性になってしまいました。

女性の独特のトラブルや、体質ってありますよね。

本書『血流がすべて解決する』では、女性が持っている体質に関する一つの考えが示されていました。

漢方からのアプローチ

本書『血流がすべて解決する』の著者・堀江昭佳さんは、漢方薬剤師です。

出雲大社の参道にある漢方薬店を継ぎ、漢方や薬膳、心理学や風水などを用いて、クライアントの課題に取り組みます。

中でも、不妊に悩む女性を、漢方的アプローチでサポートされていて、本書『血流がすべて解決する』でも、婦人科系のトラブルに多くページが割かれていました。

現在の日本の「医療」と言えば保険治療で、対症療法です。それで上手くいけばいいですが、根本的解決がなされないまま、問題を抱え続けている人もたくさんいます。

生活習慣だったり、体質改善を怠ったり、思い込みや固定観念がネックになっていることもあるでしょう。「漢方」は、根本問題に切り込むきっかけになりうるのかな?と思いました。

健康な人なら、実行済み?

『血流がすべて解決する』では、タイトルの通り「血流」を改善することと、そして健康的な生活が大事だと説かれます。

健康志向が強く、健康状態を意識的にキープしている方なら、すでに知っている、やっている事柄かもしれません。

一方で、不健康な生活をしている人。そして、婦人科系のトラブルを抱えている方は、一読しても損はないなと思いました。

特に「生理痛はないのが正常です」という言葉……。生理や生理前後が重い人で、それが当然だと思っている方は、体質の改善に取り組んでみるべきだなぁと思いました。

……もちろん、あさよるのことです(;´`)

気虚・血虚・気滞 瘀血

『血流がすべて解決する』では、漢方の考え方が満載です。

「気虚(ききょ)」「血虚(けっきょ)」「気滞(きたい) 瘀血(おけつ)」という言葉が登場します。これらは漢方の基本的な考えだそうです。

気虚体質→血が作れない
血虚体質→血が足りない
気滞 瘀血体質→血が流れない

これらは、病気ではありませんが、病気の一歩手前の状態。病気じゃないけど健康でもない。「不健康」ってことなのかな?

血が作れない、足りない、流れない。このうちのどれか、あるいは複数の問題を抱えている人がたくさんいます。

血は体中を駆け巡り、酸素や栄養を運んでいるものですから、そもそも血が足りないのでは大変です。

女性のトラブル。よかれとやってたことも……

健康のためにマクロビダイエットや、野菜たっぷりの食事が、かえって血が足りない原因になっていることも多いそうです。

また、堀江昭佳さんの元には不妊に悩む女性もたくさん訪れます。婦人科系のトラブルは、血流のトラブルから起こっていることが多いらしいのですが……。

血流を良い状態に戻すのはもちろんです。しかし、「みんながそうだから」「そういうものだから」と思い込みが自分を苦しめていることもある。そう触れられていることも、真摯な感じがしました。

病気になる前に、健康状態を改善させるための手段。漢方ってこういう風に使うんだなぁと思いました。

漢方の考え方は知らないことばかりなので、用語も理解しきれていない部分もあります。もっと知りたいと思います。

血流がすべて解決す

血流がすべて解決する

血流がすべて解決する

  • 作者:堀江昭佳
  • 出版社:サンマーク出版
  • 発売日: 2016-03-11

目次情報

はじめに

第一章
その不調の原因は、
すべて血流にあった

「血液サラサラ」にしても血流はよくならない
血流は細胞レベルで、あなたの体を変える
血の質と量が、「若さ」や「寿命」を決めている
身体を生かすも殺すも血流がすべて
女性の力は「血流力」である
鉄不足によって負の感情が生まれてしまう
五万件のカウンセリングが教えてくれた「心と体の本当の関係」
血流を増やせば、心も体もよい状態になる

第二章
「つくる・増やす・流す」で
あなたの血流はよくなる

なぜ、あなたの血流はよくないのか?
体質を変えれば血流はよくなる
血が作れない「気虚体質」のひとは疲れやすく、やる気が出ない
血が足りない「血虚体質」のひとは婦人科系のトラブルが多い
血が流れない「気滞 瘀血体質」のひとはストレスに弱くイライラしがち
血流をよくする時間は「四か月」
「つくる・増やす・流す」の順番を必ず守る
たった四か月で心も体も変身する

第三章
血をしっかりつくるための食べ方
10の真実

一日のリズムで体質は作られる
1満腹より空腹がいい
2やっぱり朝ごはんは食べなさい
3「一週間夕食断食」で胃腸がよみがえる
4夕食断食をすると、内側から若返る
5パン食よりもごはん食がいい
6ほうれん草でゃ鉄分を補えない
7血流不足にマクロビはすすめない
8血を増やしたければ肉食女子になりなさい
9下腹ぽっこりは血流の大敵
10命への感謝が血をつくる

第四章
元気な血を増やすための眠り方
6つの常識

血を増やすためには、二十三時までに眠るだけでいい
1夢を見るのは、血が足りないから
2恐るべき不眠スパイラルから抜け出す
3あなたの眠りと血流を作るのは、朝日
4眠る前の「完全呼吸」で睡眠の質を劇的に高める
5湯上りは冷えるから眠りに効く
6もしも眠れなくても、自分を責めなくていい

第五章
「静脈」の血流をよくするための生活習慣
5つの方法

女性の血流は静脈が左右する
1第二の心臓、ふくらはぎを鍛える
2「かんたん丹田呼吸法」でむくみを改善する
3足を温めて「冷却システム化」を防ぐ
4「三陰交」「血海」を押せば血流の泉がわく
5静脈の血流改善こそ、心と体に調和をもたらす

第六章
心と体の悩みは
血流がすべて解決する

血流で一つの悩みを解決すれば、他の悩みも消えていく
《血流で解決1 ダイエット》下半身太りは血流でやせる
《血流で解決2 生理痛》生理痛はないのが正常です
《血流で解決3 子宮内膜症》痛みがない生活が来るとは、思わなかった
《血流で解決4 女性性》血流は自分の女性性を受け入れる力となる
《血流で解決5 更年期障害》誰でも楽に更年期を過ごせるコウ
《血流で解決6 不妊症》妊娠力とは血流である
《血流で解決7 アンチエイジング》コラーゲンは血液でつくられる
《血流で解決8 抜け毛・薄毛》髪は血のあまりである
《血流で解決9 免疫力》免疫力は血流が左右する

第七章
血流をよくすれば、
心は自由になれる

心の安定は血流でもたらされる
「心の力×体の力=実現力」
体の束縛を解けば、心の自由が手にい入る
本当の自分を見つけるために、まず血流をよくする
「常識」や「普通」に振り回されない
血流とは、幸せをもたらす力である

おわりに

主要参考文献

堀江 昭佳(ほりえ・あきよし)

漢方薬剤師/不妊カウンセラー/有限会社堀江薬局代表/一般社団法人日本漢方薬膳協会 代表理事
1974年生まれ、出雲市出身。出雲大社参道で90年続く老舗漢方薬局の4代目。
薬学部を卒業後、薬剤師となったのち対処療法中心とは違う、東洋医学・漢方の根本治療に魅力を感じ、方向転換する。本場中国の漢方医から学ぶ中、不妊に悩む友人の相談を受けたところ、漢方で妊娠したことに感動し、婦人科系の分野、なかでも不妊症を専門とするようになる。
身体の不調の解消だけではなく、本人の抱える常識や執着といった束縛からの「心の解放」を終着点としている唯一の漢方薬剤師。
血流を中心にすえた西洋医学、漢方医学、心理学の3つの視点から総合的なアプローチは評判を呼び、自身の薬局で扱ってきた不妊、うつ、ダイエット、自律神経失調症など心と体の悩みは5万件を超える。地元島根はもとより全国、海外からも相談があり1か月先まで予約がいっぱいの状態が続いている。
不妊相談では9割が病院での不妊治療が上手くいかず、来局されるケースであるものの、寄せられる妊娠報告は2015年だけでも155名、2009年以降の累計あ614名に上る。
また、日本漢方薬膳協会の代表理事にも就任し、広く漢方薬膳の知識を広め、より多くの女性に幸せと笑顔を届けるために奮闘中。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*