【今週のまとめ】2017年10月30日~11月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
今週のまとめ

今週ブログで紹介した書籍のまとめです^^

『東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方』/上田正仁

問題からたった一つの答えを当てる試験勉強から、自分で問題を見つけ出す〈創造力〉が必要です。

学生や新社会人におすすめ。アイデアの捕まえ方を学びましょう。

『東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方』|頭のいい人の頭の中

『図解でわかる! マーケティング』/藤原毅芳

マーケティングについて一から丁寧に解説されています。

イラストや図解も多く、見やすいし分かりやすい。

おすすめ。

『図解でわかる! マーケティング』|売り手目線から〈買う〉側へ

『伸びる営業力』/藤原毅芳

『図解でわかる!マーケティング』の同著者の著作。こちらも読んでみたい。

『回せるPDCA』/藤原毅芳

『図解でわかる!マーケティング』の同著者の著作。こちらも読んでみたい。

『ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践』/博報堂ブランドデザイン

ブランディングを初歩から学ぶのにオススメ。

実際に、新宿駅のブランディングをしてゆく手順が紹介されており、面白く、よくわかる。

『ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践』|体感をともなう体験を

『つながる図書館』/猪谷千香

近年、日本の公立の図書館が変わっているらしい。

全国の図書館の取り組みが紹介されています。

『つながる図書館』|日本の〈新しい図書館〉模索中

『未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―』/菅谷明子

ニューヨークの図書館は、日本の図書館とは似ても似つかないサービスが展開されている。

法律、企業、転職、研究……etc.

図書館が市民へチャンスを提供しているのです。

『未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―』|すごすぎる図書館!

『図書館「超」活用術』/奥野宣之

日本の図書館をビジネスで活用する例。

著者は大阪府在住の方で、大阪府下の図書館を駆使してらっしゃるよう。

マネできることも多いので、ぜひ。

『図書館「超」活用術』|書店、ネット、そして図書館。情報と「場」を使いこなそう

『世界を変えた10冊の本』/池上彰

池上彰さんが選ぶ、現在の世界を形づくっている10冊の本。

『世界を変えた10冊の本』|世界の読むべき本をわかりやすく解説

『アンネの日記』/アンネフランク、深町眞理子・訳

『聖書』

『コーラン』/井筒俊彦・訳

***

『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』/マックス・ウェーバー、中山元・訳

『資本論』/今村仁司、三島憲一、鈴木直一・訳

『イスラーム原理主義の「道しるべ」』/サイイド・クトゥブ、岡島稔、座喜純・訳

『沈黙の春』/レイチェル・カーソン、青樹簗一・訳

『種の起源』/ダーウィン、渡辺政隆・訳

『雇用、利子および貨幣の一般理論』/ケインズ、間宮陽介・訳

『資本主義と自由』/ミルトン・フリードマン、村井章子・訳

『学び続ける力』/池上彰

池上彰さんが解説する、なぜ学ぶのか?どうやって学ぶのか?

『学び続ける力』を読んだよ

『伝える力』/池上彰

難しい話も、人の心を引きつけ、わかりやすく伝える力。

『伝える力』|子どもへニュースを伝える力

『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』/池上彰

池上彰さんが世界三大主教のキリスト教、イスラム教、仏教と、日本の神道の宗教者、そして科学者との対談集です。

『池上彰の宗教がわかれば世界が見える』|社会、外交、世界を考える

『あした選挙へ行くまえに』/池上彰

選挙速報が定番になりつつある池上彰さんの、選挙についてのアレコレ。

選挙権はあって当たり前のものじゃないことや、なんのための選挙なのか、今一度復習しておきたい。

『あした選挙へ行くまえに』|なにを投票するの?

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*