【今週のまとめ】2018年2月26日~3月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
今週のまとめ

今週ブログで紹介した書籍&プロダクトのまとめです(^^)/

『成功読書術』/土井英司

世界の名著をビジネス書として読む。自称「ビジネス書バカ」な著者による厳選30タイトル。読んだことなくても見聞きしたことのある本多数です。

以下、30冊のラインナップ…φ(..)メモ

  1. 『人を動かす』/デール・カーネギー
  2. 『人間性の心理学』/A・H・マズロー
  3. 『影響力の武器』/ロバート・B・チャルディーニ
  4. 『思考と行動における言語』/S・I・ハヤカワ
  5. 『ホモ・ルーデンス』/ホイジンガ
  6. 『情報の文明学』/梅棹忠夫
  7. 『夜と霧』/ヴィクトール・E・フランクル
  8. 『私はどうして販売外交に成功したか』/フランク・ベドガー
  9. 『風姿花伝』/世阿弥
  10. 『君主論』/マキャヴェリ
  11. 『ビジネスは人なり投資は価値なり』/ロジャー・ローウェンスタイン
  12. 『相場師一代』/是川銀蔵
  13. 『人生と財産』/本多静六
  14. 『人間における勝負の研究』/米長邦雄
  15. 『もっと深く、もっと楽しく』/中部銀次郎
  16. 『世紀の相場師ジェシー・リバモア』/リチャード・スミッテン
  17. 『ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則』/ジェームズ・C・コリンズ
  18. 『プロフェッショナルマネージャー』/ハロルド・ジェニーン アルヴィン・モスコー
  19. 『ブーメランの法則』/ファーガル・クイン
  20. 『小倉昌男 経営学』/小倉昌男
  21. 『経営に終わりはない』/藤沢武夫
  22. 『真実が人を動かす』/ケン・アイバーソン
  23. 『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』/キングスレイ・ウォード
  24. 『学問のすゝめ』/福沢諭吉
  25. 『アラン人生論集』/串田孫一編
  26. 『道をひらく』/松下幸之助
  27. 『経営者の条件』/P・F・ドラッカー
  28. 『7つの習慣』/スティーブン・R・・コヴィー ジェームス・スキナー
  29. 『ザ・ゴール』/エリヤフ・ゴールドラット
  30. 『古代への情熱』/シュリーマン

『単純な脳、複雑な「私」』/池谷裕二

脳のしくみは単純なのに「私」という存在について語るにはとても複雑。「心ってどこにあるの?」もし、脳の中に心があると考えているなら、どうやらそれは間違いみたい。心は、体の細部にも、そして肉体の外側にも心がある?

『単純な脳、複雑な「私」』挿絵イラスト

『脳はバカ、腸はかしこい』/藤田紘一郎

脳は勘違いや間違いを頻発しますが、それに引き換え腸は実直、お仕事キッチリ。そだけでなく、腸のコンディションは脳に大きな影響を及ぼすのです。「脳が体を支配している」というイメージは誤りなのかも。

『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』/吉本佳生,西田宗千佳

話題のビットコイン、仮想通貨・暗号通貨、「なにそれおいしいの」とチンプンカンプンな人は本書を参照あれ。先入観抜きに、仮想通貨とはなにか、ビットコインの思想、そもそも「通貨」とか「価値」とはなんだろうと解説がなされます。

『暗号が通貨になる「ビットコイン」のからくり』挿絵イラスト

『西洋美術史入門』/池上英洋

絵画を鑑賞するにはコツがある。もし、美術館へ行っても「この絵の何がすごいのか分からん」のなら、あるいは「もっと美術鑑賞を楽しみたい」なら、本書が役立ちます。絵が描かれた時代背景や思想、人々がどのように絵画と関わってきたのか知ると、よりディープな世界が開けるでしょう。

『西洋美術史入門』挿絵イラスト

『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』/Emi

ライフログを一冊のノートに! 仕事や家庭、家族のことを記録しておくと、後々振り返りに便利です。パッと見て気分が上がる記録は、つけるのも見返すのもウキウキ! ノート術、ノートづくりハマってる人もぜひ。

『わたしらしさを知る マイノートのつくりかた』挿絵イラスト

『情報は1冊のノートにまとめなさい』/奥野宣之

情報を一冊にまとめると言えばこちら。A6大学ノートにひたすら記録し、パソコンで情報を管理、検索可能にしておきます。利点は、あっちこっちのノートに分散させる手間が省けること。「一冊だけ」持って出れば良いのが◎

ライフ ノート ポケット付 方眼 緑 A5 N190B

現在あさよる愛用中のノート。方眼の罫線は薄め。紙質も水性ペンならにじまない。表紙もしっかりしていてカッコイイ。使い倒してボロボロになるまで楽しみ。

無印良品 ポリプロピレンカバーダブルリングノート・ポケット付 本文A5サイズ・白・90枚・ドット方眼

 

あさよる愛用の無印のリングノート。ドットの方眼。書きやすい。水性ペンならにじまない。表紙が半透明のポリプロピレンだから、一枚目の紙にペタペタと模様を張り付けると自作の表紙になる。

『スクラップ帖のつくりかた』/杉浦さやか

あさよるのノートづくりのきっかけの本。名著(だと思う)。そう、最初はスクラップブックとして始まったんだった。街中でもらうフライヤーやショップカード、すてきなチラシやチケットの半券とか、捨てられないけど収納にも困るモノたちを、ノートにペタペタと張り付けてゆくのです。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*