【今週のまとめ】2018年10月22日~26日

  • LINEで送る
今週のまとめ

今週ブログで紹介した本のまとめです(^^♪

『生き方』/稲盛和夫

稲盛和夫さんの人生の哲学は、拍子抜けするくらいに素朴でした。だからこそ、多くの人が共感し、人を動かし、組織を動かし、社会を動かすのでしょう。

ド定番のビジネス書です。一度は読んでおいて良いでしょう。

『「教養」とは何か』/阿部謹也

「教養」とは、社会の中でいかに生きるかを考えることである。また、明治以降急激な近代化の中で、西洋からもたらされた「社会」を受け入れなければならなかった日本は、伝統的な「世間」はホンネとして隠し持ち続けることになりました。

教養について考えるとき、西洋の社会と、日本の伝統的な世間の両方を考えないといけません。

『赤ちゃんと暮らす』/本多さおり

収納コンサルタントの本多さおりさんのお宅に赤ちゃんがやってくる! 妊娠から子育て1年目までのお部屋づくりの記録です。ワクワクと幸せな空気と、そしてオシャレな暮らしが素敵です。

『片づけたくなる部屋づくり』/本多さおり

収納コンサルタントの本多さおりさんが、ご自身の片づけやすいお部屋を紹介します。物があるのに統一感があって、生活感があるのにオシャレという、憧れしかない。

『数に強くなる本』/永野裕之

数字を見ただけでも嫌になっちゃう数字嫌い、数学嫌いさん向け! 数について知ることは、人類の歴史について知ること。数は人間くさい営みなんです。ちょっとでも数の世界が面白いものになるように。

『博士の愛した数式』/小川洋子

映画化もされた人気作。脳の障害で記憶が80分しか持たない元数学博士と、その家政婦の「私」の物語。この小説で「数学って面白いかも」と感じた方も多いはず。

『フェルマーの最終定理』/サイモン・シン

ピタゴラスの時代からあった数学の謎を、ルネサンス期の数学者・フェルマーが「解けた!だけど紙が足りないからここには書けない」と残して死んだ! それ以来「フェルマーの最終定理」と呼ばれるようになった数学の問題に、数学者たちが挑む! なんと、実際に答えがわかったのが1995年。めっちゃ最近。

数学の世界は、壮大なのだ。

『数の歴史』/ドゥニ・ゲージ

数にまつわる歴史が紹介されるもの。数字はどうして今の数字になったのか、0の発明などなど。子どもの頃素朴に不思議に思ったことが紹介されています。

『「無」の科学』/ジェレミー・ウェッブ

いろんな分野の「無」に関するトピックス集。雑学や教養本です。

『はじめての日本美術史』/山本陽子

飛鳥時代から昭和時代までの厳選された日本美術品がフルカラーで紹介されています。仏像、絵巻、屏風絵、掛軸、浮世絵、そしてマンガ!

『ブラック・ジャック』/手塚治虫

あさよるが好きすぎてマトモに読めない『ブラック・ジャック』。この秋田書店のブルーの背表紙のシリーズが、雑誌掲載順に収録されており読みやすく、かつ、手に入りやすいと思います。

(秋田書店の黒い表紙のシリーズは、順番がバラバラなのだ)

『若返りホルモンダイエット』/石井直方

アンチエイジングには、筋肉を鍛えれば大体OK! 筋トレして成長ホルモン分泌を期待しましょう!

『体力の正体は筋肉』/樋口満

体力や集中力の衰えを感じたなら、それは筋力が落ちている証拠です。特に下半身の筋肉は加齢とともに落ちやすいので、トレーニングの習慣を! 安全な筋トレ法が紹介されています。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*