【今週のまとめ】2018年10月29日~11月1

  • LINEで送る
今週のまとめ

今週ブログで紹介した本をまとめました^^

『加速成功』/道幸武久

成功までの道のりは遠く長いもの……とは限らない! 最短で目標を達成する近道を通っても構いません。そのためには、みんなと同じ、従来通りの手順ではなく、トップランナーになる習慣を。

『失敗の科学』/マシュー・サイド

失敗は悪いことではなく、失敗からどれだけ学べるのかが大切です。ミスをフィードバックするシステムが進んだ航空会社の失敗の対策を中心に、失敗から学ぶ大切さを紹介します。。良書。

『失敗の科学』挿絵イラスト

『レバレッジ・シンキング』/本田直之

レバレッジとは「てこの原理」のこと。小さな労力でより大きな仕事をするための思考法を紹介します。

『レバレッジ・シンキング』挿絵イラスト

『ユダヤ人大富豪の教え』/本田健

あるとき突然出会ったユダヤ人の富豪の老人へ、青年が成功のための秘訣を尋ねます。成功とは、お金持ちになること? しかし、老人の答えは違いました。好きな仕事、それをしているだけで幸せを感じる仕事をしましょう。

『脳には妙なクセがある』/池谷裕二

脳について知れば知るほど、なんとも不思議でよくわからなくなってくる。恐ろしくも感じる脳科学の世界へ触れていると、考え方、世界の見え方も変わります。

『西洋美術史』/木村泰司

ビジネスマンの一般教養としての西洋美術史を学びましょう。古代ギリシャから現代アートまで、人類の歴史を。

『西洋美術史入門』/池上英洋

中高生向けの西洋美術史入門。美術はたんに美しいものを自分の感性で見るものではない。歴史的背景や、その作品がつくられた意図、その時代の人々の思想を知って、絵画を読み解こう。

『西洋美術史入門』挿絵イラスト

『カラー版 西洋美術史』/高階秀爾

美術史の定番と言えばこれ。有史以前の氷河期の頃から美術史が始まります。カラー資料が大量で、情報量も多く、最初に読んでおきたい一冊。

『知識ゼロからの西洋絵画史入門』/山田五郎

テレビでおなじみの山田五郎さんが、美術の面白がり方を教えます。

『知識ゼロからの名画入門』/永井龍之介

永井龍太郎さんは「なんでも鑑定団」に鑑定士としてご出演されています。あの有名な絵画をもし買うとしたらHOW MUCH?

『日本辺境論』/内田樹

日本人は「辺境人である」と仮定し、そこから日本人の気質を読み解いてゆく。辺境であることは悪いことじゃない。「中心ではない」ことを逆手に取った日本の生き残り作戦は面白い。

『除脂肪筋トレ』/岡田隆

筋肉をつけ、脂肪を除くトレーニング本。一般的な健康習慣や美容習慣ではなく、徹底的に美意識を追求する筋トレです。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*