【今週のまとめ】2017年4月10日~14日

  • LINEで送る
今週のまとめ

今週紹介した書籍のまとめです。

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』/デイヴ・アスプリー

シリコンバレーで成功し億万長者になった著者は、体重140kgオーバーで医師から「脳卒中か心臓発作で死ぬぞ」と宣告を受けていた。体調不良で集中力を失い、ついに著者は自身の体を〈ハック〉し始めるのだった。

アメリカの食事情がベースにあるので、読みながら日本人の食事上にローカライズしながら読む必要あり。しかし、食べ物や食生活をここまでシステマチックに割り振ることもできるのかと驚いた。

『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』|健康を知れば不調もわかる?

『「良い質問」をする技術』/粟津恭一郎

コーチングのプロである著者は、良い質問とは、質問によって気づきが起こり、思わず答えたくなるものだと定義する。〈軽い質問〉〈重い質問〉だって、訪ね方次第で「良い質問」に変わります。

コーチングについて知らない人も、最初のとっかかりになるかも。

『「良い質問」をする技術』|言いにくいことも話したくなる

selective attention test

『「良い質問」をする技術』にて紹介されていた動画。白い服を着ている人たちが、何回パスを出すか数えてみて下さい……。

動画の最後に仕掛けがあります。

『人を動かす人の「質問力」』/ジョン・C・マクスウェル

優れたリーダーは素晴らしい質問をする。

質問により周りの人とのコミュニケーションを密にし、やる気を引き出したり刺激を与えることもできる。上手に質問できることって、社会性の高さなのかもしれません。

仕事の場でも必要な「質問力」の力を知りました。

『人を動かす人の「質問力」』|すごいリーダーのすごい質問

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』/橘玲

「美人は得をする」「金持ちの子は勉強ができる」「蛙の子は蛙」。巷で語られる「氏や育ち」に関する噂は真実なの?

人間の生態を見ながら、意外だけど「そりゃそうだな」と納得の結論に至ります。

『言ってはいけない 残酷すぎる真実』|親の言うことをきかない子

『伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣』/車塚元章

話し上手に憧れる人。話し下手さんにぜひ!「話し上手」になるのは難しい。まずは「伝え上手」になりましょう!

伝え上手な例と伝え下手な例の両方を、ビジネスシーンに当てはめて紹介されています。

『伝え方で「成果を出す人」と「損をする人」の習慣』|話上手はムリ!でも伝え上手なら

『トットチャンネル』/黒柳徹子

〈トットちゃん〉こと黒柳徹子さんの自伝。音大に通っていたトットちゃんがNHKのテレビ俳優募集の広告を見つけるところから『トットッチャンネル』は始まります。

高倍率の中、研究生に採用され、さらにNHKの大人気俳優になったトットちゃん。過労で倒れドクターストップが言い渡されるまでの、怒涛の日々が綴られています。

現実は小説よりドラマチック!

『トットチャンネル』|初代テレビの個性派女優・黒柳徹子の自伝

トットてれび DVD-BOX

2016年春にNHKで放送されたドラマ「トットてれび」。

主演の満島ひかりさんが、黒柳徹子さん役を熱演。本人が憑依しているかのような演技にくぎ付けです。

ドラマチックで音楽やダンスもステキで、うっとりとエンタテインメントを楽しめる作品でした。

『窓ぎわのトットちゃん』/黒柳徹子

黒柳徹子さんの自伝といえば『窓ぎわのトットちゃん』を読まれた方が多いでしょう。

世界中で翻訳され読み継がれる名作です。

『「暮しの手帖」とわたし』/大橋鎭子

雑誌『暮しの手帖』の創刊に携わった大橋鎮子さんの自伝。

戦後のなにもかもがなくなった時代、若い世代の人たちが新しい価値観を発信する。輝かしい経験の数々は、羨ましくもあります。

大橋鎮子さんはNHK朝の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のモデルにもなりました。

とと姉ちゃん・大橋鎮子さんのエッセイ『「暮しの手帖」とわたし』

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメントを残す

*