『死んだらJ-POPが困る人、 CDジャケットデザイナー 木村 豊』|憧れの職業!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。CDジャケットデザイナーになりたかった あさよるです。昔っから自分で勝手に好きなミュージシャンのCDジャケットを作ったり、既存のものを改造したりして あそんでいました。ロゴを作ったりね。

しかしながら〈CDジャケットデザイナー〉って肩書きの人がいるとは知らなかった! デザイナーの木村豊さんは多くのCDジャケットデザインを手がけておられて、確かに「死んだらどないなるんや!」と納得のお仕事をなさっています。あさよるも大好きなミュージシャンの、大好きなCDジャケットを作った方で、「あさよるの元ネタ」の一人かもしれないなぁ~しみじみ。

みなさんも、一度は見たことある木村豊さんのデザイン。音楽CDのオタク的な楽しみをドウゾ!

CDジャケットのデザインを語り尽くす!

本書『死んだらJ-POPが困る人、 CDジャケットデザイナー 木村 豊』は、みんなが知っている、いや1枚は持っているであろう音楽CDのジャケットデザインを数々手がけている木村豊のさんの、雑誌連載をまとめて再編集したものです。

さて、まずは木村豊が手がけたCDジャケットの紹介から。一度は見たことがあるどころか、1枚くらい持ってると紹介したのも言い過ぎじゃないことがわかるはず。

『死んだらJ-POPが困る人、 CDジャケットデザイナー 木村 豊』イメージ

『死んだらJ-POPが困る人、 CDジャケットデザイナー 木村 豊』イメージ

『死んだらJ-POPが困る人、 CDジャケットデザイナー 木村 豊』イメージ

死んだらJ-POPが困る人、 CDジャケットデザイナー 木村 豊 | 江森 丈晃, MdN編集部 |本 | 通販 | Amazon

スピッツ、椎名林檎、東京事変、ユニコーン、木村カエラ、Superfly、ASIAN KUNG-FU GENERATION、スーパーカー、赤い公園、などなど。あさよるも、スピッツと椎名林檎ちゃんのCDはみんな持ってた。Superflyとアジカンも好きでCD持ってる~。

本書では、アーティスト別にジャケットデザインを語ったり、あるいはデザインの手法からのお話や、音楽CDのジャケットの位置づけや、ジャケットに隠された仕掛けや遊びについて言及していたり、読んでいてかなり楽しい。

スピッツのジャケットデザインでお馴染み

木村豊さんにとってスピッツのジャケットを手がけたことが大きいことだったそう。当時の“渋谷系”への眼差しだったり、時代感が反映されているんだなぁと、これは作った当人の話だからこその話ですね。

スピッツのCDジャケットの特徴は、めちゃオシャレ。で、なぜかスピッツメンバーが顔を出さず、いつも女の子が目印になっているところです。思わず飾っておきたくなるジャケットで、聞いて嬉しい見て嬉しいんですよね。音楽って形がなくて目に見えないものですから、それを商品として売り出すとき、目に見えて手に取れるCDジャケットが大きな役割を果たします。私たちはCDと、ジャケットを買っているわけですから。

初期の〈椎名林檎〉は木村豊がつくった?

椎名林檎ちゃんのジャケットの話が面白くて、デビュー時の椎名林檎ちゃんのエキセントリックな衣装やイメージは、どうやらジャケットの力が働いているそうです。「椎名林檎にガラスを割らせたい」木村豊さんと、「ナース服を着たい」椎名林檎女史の思惑が合わさってあの『本能』のジャケット&MVへ繋がったんだとか。『罪と罰』の眉を剃り落して目の周りを黒く塗りたくった姿や、『ギブス』の青白い照明の中包丁を握りしめる意味深なジャケットなどなど、椎名林檎ちゃんのイメージは木村豊さんのディレクションだったんだw ちなみに、林檎ちゃん的には「そんなイメージで売るつもりじゃなかった」という話はあちこちで目にしたことがあります。

意外とアナログ!

あさよる的に驚いたのは、パッと見て「合成?」「これどうなってんの?」と思う画像も、意外とアナログで作られているのを知ったこと。もちろん、ゴリゴリ合成で作っているものもあるんですよ。あくまで〈手段〉ですから、適材適所なんですけども、こんな有名デザイナーでも意外と手を使って作ってるんだなぁと、なんかよくわからない親近感をw

あ、親近感と言えば、木村豊さんのデザイン事務所「Central67」も紹介されていて、その事務所の雰囲気とかテイストも、「なんかリアル」でした。あさよるは今、自宅で仕事しているので、いつかあんな仕事場できるのかな~。んー、ないかなぁ~w

CDジャケット、作ったことある人に!

本書『死んだらJ-POPが困る人、 CDジャケットデザイナー 木村 豊』はぜひとも、これまでに自分でCDジャケットを作ったことある人すべてに読んでほしい。あの憧れの職業に就いている人がいるんですよ!

「そんなヤツおるんかーい!」と思われる方は、「そういう人がいる」ということを知っていただきたいw 他でもない あさよるは、10代の頃は勝手に好きなバンドのジャケット作ったりだとか、勝手に好きな曲ばかり集めた「自分ベスト」の選曲からパッケージまで手がけていましたw

特に、あさよるが長年ファンであるスピッツの『フェイクファー』は特別。CDジャケットの何から何まで、隅から隅まですべて可愛くってたまらない! これ、何度も何度も同じものマネして作りましたw スピッツのジャケットコピーですねw

先日、大阪でSPITZEXPO2017が開催され初日に足を運びまして、まさしく『フェイクファー』の生原稿がデーンと展示してあって感激っ!そのエリアは撮影NGだったので脳裏に焼き付けてきました。

撮影OKだった『醒めない』のジャケットに登場する〈モニャモニャ〉を載せときます(^^)/

スピッツエキスポ - SPITZEXPO2017 - モニャモニャ -醒めない↑ 興奮しすぎてピントがあっていない

↓これも木村豊さんデザインのスピッツ『醒めない』

死んだらJ-POPが困る人、 CDジャケットデザイナー 木村 豊

死んだらJ-POPが困る人、 CDジャケットデザイナー 木村 豊

死んだらJ-POPが困る人、 CDジャケットデザイナー 木村 豊

  • 作者:江森 丈晃
  • 出版社:エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2017-03-27

目次情報

木村豊の仕事1996→2017
まえがき(あなたの部屋にも眠っている、知られるべき才能)
ミュージシャンが語る、木村豊のこと

第1章 いろんなミュージシャンのジャケットを創ってきた

・独立しての初仕事はスピッツ
・前例のない、椎名林檎という才能
・東京事変のコンセプチャル・ワークス
・天性のポップ、木村カエラ
・デザインが追いつかない!スーパーカーというバンドの成長記録
・「力を抜こう」と力む、ユニコーンとの仕事
・Superflyの迷いなきデザイン
・アジカンのアートディレクターは中村佑介?
・若手や話題のアーティスト。さまざまな才能と仕事

第2章 CDジャケットデザインに込められた思想

・残るデザインを探して
・CDジャケットとはどういう存在か
・ADとDの境界線
・僕は嫌がられることばかりしている
・“ファッションの人”との深い溝
・僕がカメラマンに求めること―そこにある偶発的な驚き
・戦略的ディレクション
・ジャケットのオマージュ文化
・映画の中のワンシーンのように
・男性はみんなロマンチスト?
・ペン1本で世界とつながる人たち
・“めぶんりょう”の世界
・コラージュは楽しい

スタッフが語る、木村豊のこと

第3章 デザイナーになる前、デザイナーになったあと

・中学生の頃から架空のジャケットをつくっていた
・アシスタント時代に出会った“複数の正解”
・フリッパーズ・ギターとの出会い、渋谷系との距離感
・ユニコーンがもたらした独立。木村豊を育てたスピッツ、高橋徹也
・自分の“あまのじゃく”を満足させるデザイン

木村豊の仕事場「セントラル67」

第4章 音楽好きでも知らないCDジャケット制作の裏側

・いかに大人の馬鹿ができるか~椎名林檎との仕事1
・特殊ジャケットの最前線~椎名林檎との仕事2
・空想から現実への翻訳~美術セットのハンドリング
・フォトショップという魔法~攻めの合成技術
・あえてエラーを呼び込む~手作業でのグラフィック制作
・漂白剤も画材になる~キッチンでのデザイン
・コップにスタイリストはつかない~日用品もジャケットに
・“手ジャケ”というライフワーク~ポケットの中の造形美
・5時のチャイムが鳴り響く~“撮影ラフ”提出の苦しみ
・つまらないことこそ命をかける~規定文もデザインしたい

あとがき

木村 豊(きむら・ゆたか)

1967年生まれ。1995年にデザイン事務所「Central67」を設立。スピッツ、椎名林檎、東京事変、ユニコーン、木村カエラ、Superfly、ぼくのりりっくのぼよみなどCDジャケットをデザインする。さらには雑誌「音楽と人」のアートディレクション&デザイン、本の装幀、ミュージックビデオの監督なども行う。
http://central67.wipe.vc

江森 丈晃(えもり・たけあき)

1972年生まれ。1995年にデザイン事務所/編集プロダクション「tone twilight」と設立。月刊MdMでは本書の下敷きとなった記事「’67 to POP Unlimited~木村豊の名盤設計図」の執筆を担当。
www.tonetwilight.com

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*