コリコの町の人々と関わり、悩み、成長する『魔女の宅急便2 キキと新しい魔法』

  • LINEで送る
角野栄子『魔女の宅急便2 キキと新しい魔法』書影

「働く」ことは、誰にだって同じことなのかもしれません。14歳の魔女、キキも同じです。

魔女の修行のためにコリコの町へやってきたキキも、宅急便をはじめて2年目です。お届け物を請け負って、町の人に喜んでもらっています。キキの貢献で、魔女への悪いイメージも払拭されつつあります。

しかし、キキの仕事は順風満帆ではありませんでした。「町の人に喜んでもらいたい」と始めた仕事なのに、不意に「黒い手紙」を運んでしまったからです。結局は勘違いだったのですが、キキが運んでいる物は、人の良心ばかりではないのかもしれません。

キキは悩み戸惑います。自分の仕事について、魔女について、自分の持っている魔法について。

働くこと。キキの悩み・仕事の悩み

1巻のあらまし/魔女の修行をはじめるキキ

『魔女の宅急便』1巻では、13歳の魔女・キキが親元を離れ、コリコの町で単身修行を始めました。キキはあどけなく、一人ぼっちで寂しい一方、新たな町で人々と関わり、生きる楽しさや初々しさでいっぱいでした。一時帰省したけれど、やっぱりコリコの町へ早く帰りたいと思いました。

『魔女の宅急便』を読んだよ

人は「優しい心」「嬉しい気持ち」ばかりじゃない……

2巻ではコリコの町の、オソノさんのグーチョキパン店へ帰るところからお話が始まります。気分も新たに2年目の修行がはじまりますが、キキを待ち受けるものは、なんだか割り切れない、モヤモヤすることでした。

「黒い手紙」を運んでしまったことから始まり、キキの胸は戸惑い、悩み、迷い始めます。

キキの悩みは、どんな仕事にもついて回るものではないでしょうか。その中で、キキはどんな答えを導き出すのでしょうか。

人の死・老い、そして思春期の恋心

町の人々との交流は、嬉しいものばかりではありません。人間が年老いてゆく様子や、人の死にも出会います。人と関わるということは、そういうことです。

そして、キキは年頃の娘さんです。男の子のことが気になっちゃうし、おしゃれもしたい。キキは、コスモス色のワンピースを着て、出かけます。

そして、キキはまだ気づいていない恋心。

人が生まれること、生きること

暗示的に「性」にまつわることも、描かれます。キキと出会った頃、妊娠中だったオソノさんは出産を無事に終え、子育ての最中です。そしてまた、新たな命を身ごもります。

キキが、赤ちゃんの写真をパパへ届ける仕事もしました。せっかく赤ちゃんが生まれたばかりなのに、遠くの島で仕事に没頭するパパ。そんなに重大な仕事って、どんなものなんでしょうか。しかし、離れ離れでも、それはその夫婦・家族のカタチのようです。

キキが魔女じゃなかったら?

そしてどうやらキキは、魔女であることにコンプレックスを抱いているようです。みんなが親切にしてくれるのは、キキが魔女だから?魔女じゃなかったら、誰もキキに見向きもしないの?

空を飛んでお届け物最中のハプニングから、キキは魔法を使わず自分の足で歩きまわるようにしました。魔法に頼り過ぎないようにです。そのおかげで、空の上からじゃ出会えない人々に出会います。

成長は人との関わりの中にある

キキは仕事を通して人々に出会い、そのせいで思い悩みます。そして、人々との関わりの中で、キキも少しずつ成長してゆきます。

魔女修行も次巻で3年目に突入です。

キキは、どう仕事と向き合い、生きるのでしょうか。続きが楽しみです。

新装版 魔女の宅急便 2 キキと新しい魔法

  • 作者:角野栄子
  • 発行所:株式会社KADOKAWA
  • 2013年5月25日

目次情報

  1. キキ、コリコの町に帰る
  2. キキ、カバを運ぶ
  3. キキ、空色のかばんを運ぶ
  4. キキ、森の窓を運ぶ
  5. キキ、シャツを運ぶ
  6. キキ、赤ちゃんの写真を運ぶ
  7. キキ、おしゃれの自分を運ぶ
  8. キキ、黒い手紙を運ぶ
  9. キキ、りんごを運ぶ
  10. キキ、さんぽを運ぶ
  11. キキ、赤い靴を運ぶ
  12. キキ、町の女の子を運ぶ
  13. キキ、おいもを運ぶ
  14. キキ、運動靴を運ぶ
  15. キキ、湯たんぽを運ぶ
  16. キキ、種を運ぶ

作者紹介

角野 栄子(かどの・えいこ)

東京生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。25歳からのブラジル滞在の体験を描いた『ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて』で作家デビュー。以来、第一線で活躍する。1982年『大どろぼうブラブラ氏』で産経児童出版文化賞大賞、84年『わたしのママはしずかさん』で路傍の石文学賞、『ズボン船長さんの話』で旺文社児童文学賞、『おはいんなさい えりまきに』で産経児童出版文化賞、85年『魔女の宅急便』で野間児童文芸賞、小学館文学賞、IBBYオナーリスト文学賞など多数受賞。2000年紫綬褒章、14年旭小受章を受章。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*