なんでアイツばっかり人気者?|『人を操る禁断の文章術』メンタリストDaiGo

  • LINEで送る

メンタリズムってなに?

手品?

本音と欲求をズバリ突く、禁断の文章術。

当時、DAIGO と DaiGo がわからなかった(`乂ω・´)ウィッシュ

メンタリストDaiGoさん。お名前は知っていましたが、どんな人なのかは存じ上げませんでした。

テレビで、DaiGoさんの話題が扱われてるのは見たことがありましたが、肝心のDaiGoさんのパフォーマンスを見たことがなかったんです。

手品をするんでしょ?若手のマジシャン?けど、ミュージシャンなんでしょ?と頭の中「???」。そう、今話題の DAIGO さんと完全にゴチャゴチャになって、ワケガワカラナクなっていたのでした(`乂ω・´)ウィッシュ

文章術の本があると知り、さっそく手に取る

メンタリストDaiGoさんの著作に文章術の本があることを知り、マジックなのに文章術?

ますます頭の中「???」となりながら読み始めました。

なんでアイツは人気者なの!?

ところで、愛想が良いだけのチャランポランなヤツが周りからチヤホヤされているのを見ると、イラッとしませんか。

だけど、これ、あるんですよね。ほんと、口だけ達者なヤツとか、返事だけハキハキ威勢がいいだけなのに、そんなヤツに限って評価されてたりする。中身なんかなんにもないのに、いつもヘラヘラ笑ってるだけで、異性にモテるあの子。

内心、そういうの「不公平」だと思ってる。

真面目な人って地味だから、いつも日陰の存在。だけどね、コツコツ頑張っている人こそ評価されないのはおかしいよ。こんなに自分は誠実に、真面目に頑張っているのに、誰も自分を評価しない。周りに気を遣い、みんなに気に入られようと我慢してるのに、なんで自分は馴染めないんだろう。

本音を言えば、いつもニコニコ明るくて快活な、愛嬌溢れるあの人が羨ましい……。

メンタリズムって、こういうことか!

DaiGoさんの言う「メンタリズム」って、人の心を動かし、意のままに操ることなんだそうです。そのためのメソッドが惜しみなく紹介されています(今回は、文章術の)。

どんな超能力かオカルトかと、思っていましたが意外や意外。そのメソッドはいたってまとも(失礼;)。もっと言うと、昔から推奨されているような、マーケティングや人を動かすテクニックの紹介に終始しているんです。

自分のキモチから相手のキモチ、へ

ここで、気付きました。そうか、「真面目」「頑張り屋」というのはこういうことなのか、と。基本に忠実であること。人の話をきちんと聞き、素直に実行すること。

そして、基本に忠実に、素直にやれば、これまで出てこなかった言葉が出てきます。それは、「ありがとう」と感謝の気持ちだったり、「あなたと居ると楽しい」という素直な感想です。

これまで「認めて欲しい」「評価して欲しい」と願っていました。自分が「どうなるか」に注目していました。しかし、これからは違います。いつの間にか“相手”に「喜んで欲しい」「楽しんで欲しい」と、相手の心の変化に注目しはじめるんです。

自分を「認める」のは他人、だったりする

「認めて欲しい!」と奮闘しては玉砕して、落ち込んで、やっかんで……これだと最初から最後まで、自分の欲しかありません。

あくまで自分を「認めてくれる」「評価してくれる」のは、自分以外の他人です。だから、相手の気持ち、が大切なのです。

人は誰しも、胸の奥に「本音」や「欲求」を抱えています。それは言葉にされることもありませんし、もしかしたら本人も自覚していないかもしれません。その本音や欲求を満たしたり、くすぐることが、相手の気持ちを動かすことです。

単に相手の言うことを聞くんじゃない。メンタリストとは、もっと心の奥深くに潜む「本音」や「欲」に耳を傾けます。心を操るとは、相手の心を見極めることなのです。

乱用注意?禁断の文章術

「人を動かす文章術」。プライベートではもちろん、むしろビジネスの場で役立ちます。

お客様へのメールはもちろん、お世話になった方へのお礼や、仲間への励ましのメッセージ。ここぞ!というとき、メンタリストによる「人を動かす文章術」が大活躍するでしょう。

それだけに、いつもいつでも使い続けると、効果が大きすぎて、逆効果かも…。

まさに、“禁断の”文章術です。

人を操る禁断の文章術(メンタリズム)
メール、企画書、LINEで伝えるメンタリズムシリーズ最終兵器

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

  • 作者:メンタリストDaiGo
  • 出版社:かんき出版
  • 発売日: 2015-01-21

目次情報

まえがき

  • 文章のたった1つの目的、それは「今すぐ人を行動させること」
  • 口ベタなら、文章を学べ
  • この文章術で、読み手の心は思うまま

第1章 文章がもつ力は∞(無限大)

買うはずでなかった高価なものを、衝動買いさせた文章とは

  • A、B、Cの3つから、あなたが選ぶのは…
  • 「やせる・稼ぐ・口説く」は、すべて文章でできる
  • 人生のあらゆる問題は、文章が解決してくれる
  • 誰も教えてくれない、人を動かす文章のルール

column|1 ありきたりな文章を、サクッっと名文に変える方法

第2章 「書かない」3原則で人を操る

人を操る文章の共通点とは?

メンタリズム文章術 原則1「あれこれ書かない」

  • 「伝わる文章」よりも「したくなる文章」を書く
  • ワンメッセージ・ワンアウトカムの原則
  • 伝えたいことを1つに絞ると、人は動く

メンタリズム文章術 原則2「きれいに書かない」

  • 小奇麗でお利口な文章は読まれない
  • 人を動かすのは「論理」ではなく「感情」
  • 自分を正当化する人間の心理を利用する

メンタリズム文章術 原則3「自分で書かない」

  • 文章は自分で考えるな! 書くべきことは相手の心の中にある
  • 相手の心をのぞき見るマインドリーディングとは?

課題文 クリスマス前に「おひとり様」を集めるひと言が思いつきますか?

第3章 人を動かす7つの引き金で、何を書けばいいかもう悩まない

読み手の心を撃ち抜くテーマとは!?

  • 感情を揺さぶり、人を行動に駆り立てる7つの引き金

トリガー|1 興味

  • スマホを3分さわるだけで、相手の興味が丸わかり
  • どうして、一度も会ったことがない相手の興味がわかるのか?

トリガー|2 ホンネとタテマエ

  • なぜか信頼される人は、本音と建前を上手に使う
  • 本音と建前の間に隠された、すさまじい欲望を利用する
  • 気難しい上司、ところがこの8文字をメールに入れただけで…

トリガー|3 悩み

  • 4文字で悩みを当てるメンタリストのネタ帳をご紹介
  • 年齢がわかれば、ほぼ確実に悩みは当てられる

トリガー|4 ソン・トク

  • なぜ、ワケあり商品に惹かれてしまうのか?
  • デメリットを利用して、信頼を勝ち取る方法

トリガー|5 みんな一緒

  • 憧れのあの人が使ってると欲しくなる
  • 「自分だけ乗り遅れるかも」という恐怖が、人を駆り立てる
  • 高確率で不動産を買う気にさせる方法

トリガー|6 認められたい

  • 正直、上司を思うままに操るには、この方法が一番

トリガー|7 あなただけの

  • 人は、数量限定よりも情報の限定に弱い

column|2 無意識から「いい言葉」を掘り起こすキッチンタイマーの使い方

第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけ

そのまま使うだけで自在に操られるようになる

テクニック|1 書き出しはポジティブに

  • 書き出しを少し変えるだけで、第一印象は操作できる
  • 書き出しに迷ったら、体験したことをポジティブに書けばいい

テクニック|2 なんども繰り返す

  • 勝率82%!? 繰り返しで説得力を増していく
  • 目上の人の心をガッチリつかみ、人脈を広げる文章の秘密
  • 5W1Hでカンタンに書ける! 人たらしの文章術

column|3 文章の決定力を高める伝え方のトレーニング

テクニック|3 話しかけるように書く

  • 会話を「文章化」するだけで、説得力が上がる

テクニック|4 上げて、下げて、また上げる

  • 並べ替えるだけで、あなたの文章にドラマが生まれる
  • ピンチは、文章でチャンスに変わる

テクニック|5 追伸をつける

  • ねらいは、読み手の無意味に残すこと
  • 相手の頭からあなたのメッセージが離れなくなる、追伸の書き方とは?

column|4 メールは、「下」から書こう

メンタリスト DaiGo

◉――人の心を読み、操る技術“メンタリズム”を駆使する日本唯一のメンタリスト。
◉――テレビ番組への出演多数。外資系企業の研修やコンサル、教育誌への連載なども手掛けている。
◉――主な著書は、『メンタリズム 恋愛の絶対法則』(青春出版社)、『実例 図解版 メンタリストDaiGoの相手を意のままに操る「話し方」入門』(ワニブックス)、『これがメンタリズムです メンタリストになれる本』(幻冬舎)、『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』『男女脳戦略。』(ともにダイアモンド社)など。
◉――本書は、人の心を操る「言葉と文章の絶対法則」を、著者が初めて明らかにした1冊となる。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*