『これからの「正義」の話をしよう』|ヒーロー?犯罪者?法の裁きは「正義」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

NHKの「ハーバード白熱教室」が話題になったのは2010年のことだそう。当時、あちこちで話題になっていたのを覚えています。……あさよるはちょこっとしか見ていなかったので、7年遅れでやっと本を読みました(苦笑)。

マイケル・サンデルさんはハーバード大学の政治哲学の教授です。サンデル教授の「Justice」という科目があまりに人気すぎて、ハーバード大は初めて講義の一般公開に踏み切ったそう。テレビで放送されたのはその模様だそうですね。

社会のリーダーはどんな決断をするか

講義を受けるハーバード大学の学生たちは、未来の社会のリーダー候補たちです。リーダーたちは「決断」を迫られます。決断を誤れば、たくさんの人の命が失われたり、生活を失ってしまいます。

『これからの「正義」の話をしよう』では、さまざまなケーススタディを見ながら、どんな決断をすべきなのか。個人がどうしようもない事態の中で、下した決断が法秩序に反していた場合、それを裁くことははたして「正義」なのだろうか?

有名な列車事故のたとえ話を見てみましょう。あなたは線路を見下ろす橋の上にいます。

 線路上を路面電車が走ってくる。前方には作業員が五人いる。(中略)ブレーキはきかない。路面電車はまさに五人をはねる寸前だ。大惨事を防ぐ手立ては見つからない――そのとき、隣にとても太った男がいるのに気がつく。あなたはその男を橋から突き落とし、疾走してくる路面電車の行く手を阻むことができる。その男は死ぬだろう。だが、五人の作業員は助かる(あなたは自分で飛び降りることも考えるが、小柄すぎて電車を止められないことがわかっている)。

P.32

一人の人間を犠牲にすることで、より多くの命を救える。究極のシーンです。この例えの悩ましいのは、一人の人物を〈自分が突き落とす〉ということ。自分が人を〈殺す〉のです。しかし、それで多くの人が救われる。

このような選択を、民衆のリーダーは迫られます。大統領や総理代大臣、官僚や行政の長は「決断」しないといけない場面があります。日本は災害が多いですから、リーダーの判断によって多くの人が助かったり、逆に被害が拡大します。一人の犠牲で、多数の人が救われるなら、それを選択するシーンが実際に起こっているのでしょう。

そして「正義」の話。仮に、太った男を橋の上から突き落とし、一人を犠牲にして五人を救った人物は、殺人罪に問われるのでしょうか?五人の命を救った彼を殺人犯にする社会は、良い社会なの?それが「正義」?

難しい…わかんない…(;´Д`)

未来のリーダーたちを相手に「正義」の授業をしているのです。サンデル教授は「見て見ぬふり」という選択はさせてくれません(-_-;) 必ず何らかの決断をせねばならない。

『これからの「正義」の話』ではほんとたくさんのケースが集められているのですが、サンデル先生は〈答え〉を与えてもくれません。〈これからの〈正義〉の話〉なのですから、「答えはまだない」のかもしれません。

また、アメリカ社会と日本社会でも違いがあるでしょうし、なにより、あさよるは重大な決断をする立場にはないw

あさよるが読むと、どうしても〈個人〉のケーススタディに読めてしまうのが難しさに拍車をかけました。サンデル先生の意向も組めなくって、苦しい読書となりました。

ヤイヤイ言いながら読むのが面白いかも

あさよるのような凡人が『これからの「正義」の話をしよう』を読むならば、他人とヤイヤイと話しながら読むと面白いのかなぁと。

「思考実験しようぜ」とか「ギロンしようぜ」とかってノリはあまり好きじゃないのですがw、たくさんのケーススタディを見ながら、あーだこーだ言うにはぴったり。

あるいは、「自分が大統領だったら」「次期総理大臣になったら」という仮定のもとに話すとなお面白いかも。

なにせ、一人で読んでて、うまく吞み込めずモゴモゴと苦しい感じでした。一人で読んでると行き詰っちゃうぜ。

これからの「正義」の話をしよう

目次情報

第1章
正しいことをする

幸福、自由、美徳
パープルハート勲章にふさわしい戦傷とは?
企業救済への怒り
正義への三つのアプローチ
暴走する路面電車
アフガニスタンのヤギ飼い
道徳のジレンマ

第2章
最大幸福原理--功利主義

ジェレミー・ベンサムの功利主義
反論その1:個人の権利
反論その2:価値の共通通貨
ジョン・スチュアート・ミル

第3章
私は私のものか――リバタリアニズム(自由至上主義)

最小国家
自由市場の哲学
マイケル・ジョーダンの金
私は私のものか?

第4章
雇われ助っ人――市場と倫理

どちらが正しいのか――徴兵と傭兵
志願兵制の場合
金をもらっての妊娠
代理出産契約と正義
妊娠を外部委託(アウトソーシング)する

第5章
重要なのは動機――イマヌエル・カント

権利に対するカントの見方
最大幸福の問題点
自由とは何か
人格と物
道徳的か否かを知りたければ動機を見よ
道徳の最高原理とは何か
定言命法 対 仮言命法
道徳と自由
カントへの疑問
セックスと嘘と政治

第6章
平等をめぐる議論――ジョン・ロールズ

契約の道徳的限界
同意だけでは不十分な場合――ベースボールカードと水漏れするトイレ
同意が必須ではない場合――ヒュームの家とスクイジー・マン
利益か同意か? 自動車修理エサムの場合
完璧な契約を想像する
正義の二つの原理
道徳的恣意性の議論
平等主義の悪夢
道徳的功績を否定する
人生は不公平か

第7章
アファーマティブ・アクションをめぐる論争

テストの差を補正する
過去の過ちを補償する
多様性を促進する
人種優遇措置は権利を侵害するか
人種隔離と反ユダヤ的定員制限
白人のためのアファーマティブ・アクション?
正義を道徳的功績から切り離すことは可能か
大学の入学許可を競売にかけては?

第8章
誰が何に値するか?――アリストテレス

正義、目的因(テロス)、名誉
目的論的思考:テニスコートとクマのプーさん
大学の目的(テロス)は何か?
政治の目的は何か?
政治に参加しなくても善い人になれるか
習うより慣れよ
政治と善良な生活
ケイシー・マーティンのゴルフカート

第9章
たがいに負うものは何か?――忠誠のジレンマ

謝罪と補償
先祖の罪を償うべきか
道徳的個人主義
行政府は道徳的に中立であるべきか
正義と自由
コミュニティの要求
物語る存在
同意を超越した責務
連帯と帰属
連帯は同族を優遇する偏見か?
忠誠は普遍的道徳原理に勝るか?
正義と善良な生活

第10章
正義と共通善

中立の切望
妊娠中絶と幹細胞の論争
同性婚
正義と善良な生活
共通善の政治

謝辞

原注

マイケル・サンデル [Michael J.Sandel]

1953年生まれ。ハーバード大学教授。ブランダイス大学を卒業後、オックスフォード大学にて博士号取得。専門は政治哲学。2002年から2005年にかけて大統領生命倫理評議会委員を務める。
1980年代のリベラル=コミュニタリアン論争で脚光を浴びて以来、コミュニタリアニズムの代表的論者として知られる。主要著作に『リベラリズムと正義の限界』、Democracy’s Discontent、Public Philosphyなどがある。
類まれなる講義の名手としても著名で、中でもハーバード大学の学部科目「Justis(正義)」は、延べ14,000人を超す履修者以来初めて講義を一般公開することを決定、その模様はPBSで放送された。この番組は日本では2010年、NHK教育テレビで『ハーバー白熱教室』(全12回)として放送されている。

鬼澤 忍(おにざわ・しのぶ)

訳者

翻訳家。1963年生まれ。成城大学経済学部経営学科卒。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了。おもな訳書にワイズマン『人類が消えた世界』、ハート『ダイヤモンド』(以上早川書房刊)、バーンスタイル『華麗なる交易』、ローウェンスタイン『なぜGMは転落したのか』、マエダ『シンプリシティの法則』など多数。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*