『だから、新書を読みなさい』|ググらない!広く浅く情報源

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新書を読む大人に憧れていた あさよるです。

書店の新書コーナーって、いつも静かで落ち着いていて大人のイメージだったんですよねw

ググらず新書を読め!

『だから、新書を読みなさい』の表紙はマンガのようになっています。

企画書を作るためネット検索で情報収集をするも、良い情報にたどり着けない人。世間の波をつかむために、ベストセラーを手に取る人。

だけど、ネット情報って、同じワードで検索すれば同じような記事がヒットします。「自分だけの」「オリジナル」の切り口や情報に出会うのは意外と難しい。

「売れているから」という理由でヒット本を読むのは、結局は周りに流されているだけなのですが、「自分が情報を掴んだ」「自分の考えだ」と勘違いしちゃうことがあります。

そこで、著者・奥野宣之さんは新書をおススメするのです。

企画書のネタ探しは、ググらずに新書を読む。

ベストセラーを追っかけるのも構いませんが、目まぐるしく入れ替わっていく話題作ではなく、細く長く読まれる新書にも目を向けてみましょう。

この本は新書じゃないの?w

どーでもいいツッコミなんですが、この『だから、新書を読みなさい』は新書じゃないんですよね。まぁ、『だから、新書を読みなさい』なんてタイトルの新書があったら、ただの宣伝ですからねw

あさよるは個人的にこの『だから、新書を読みなさい』と同じ、ハードカバーじゃない単行本が読みやすくて好きです。

新書って、レーベルごとにシリーズで刊行されているものですから、本書のような、本の読み方シリーズは新書っぽくないのかな?

広く浅くザッピング読書

『だから、新書を読みなさい』で推奨されている読書は、広く浅く情報収集としての読書です。

Google検索で情報を集めたり、新聞を何誌も購読して情報を集めるのはやめて、まずは入門書としての新書を読みこなしましょう。

一冊の新書をじっくりと読むのではなく、3冊一緒に読み進め、どんどん貪欲に情報収集です。

新書の著者は、学者、研究者も多く、その分野の最新の知識のエッセンスが、誰でもわかるように平易に紹介されています。

本を読むだけで人とは違うんです

Google検索は、同じワードで検索すれば同じような記事がヒットしてしまいます。

新聞を読んでも、結局みんな同じ紙面を読んでいます。テレビも同様です。

他人とは違うアイデアを得るためには、日ごろから人とは違う情報収集が必要です。そのために手っ取り早いのは「読書」なんですね。

新書も全国で販売されるシリーズですから、みんな同じ情報に触れているように思いますが、それでも新聞やテレビにくらべると、ずっと読者数は少ない。

しかも「どの本を読むか」という組み合わせは限りがありません。オリジナルなんですね~。

『だから、新書を読みなさい』の著者はベストセラー『情報は1冊のノートにまとめなさい』であり、情報を探し収集し、それをノートにメモし、保存し運用するまでの一連を「読書」と仰っているのも特徴的。

「読んで終わり」じゃないんです。

そして、読書って、「本を探してくる」というステップが意外と大変(苦笑)。本をチョイスするとき「新書を読む」と絞っておけば、膨大な書店の棚の中から、新書に絞って探すことができます。

実践されている方も多いと思いますが、個性的で面白い読書法だなぁと思いました。

だから、新書を読みなさい

だから、新書を読みなさい

だから、新書を読みなさい

  • 作者:奥野 宣之
  • 出版社:サンマーク出版
  • 発売日: 2009-09-11

目次情報

はじめに

序章 ビジネスパーソンのための新書活用法

「読まなくてはいけない本」は読まなくていい
情報源は少ない方がいい
情報源をあえて新書に絞る理由
本の選び方をパッシブ型からアクティブ型に変える
頭を使わざるを得なくなる「新書ザッピング術」
信書をビジネス書として活用する
情報は「逆張り」でインプットしなさい
三か月かけて三〇冊の新書を読む

第1章 だから、新書を読みなさい

広く浅く知るための「お試し版になる」
知りたいことは「全部、新書に書いてある」
新書に絞ると「労力が三〇分の一になる」
多テーマだから「何でもある」
低コストだから「たくさん買える」
携帯性がいいから「いつでも読める」
コンパクトだから「場所をとらない」
ロングセラーが多いから「新旧比較できる」
読みやすいから「入門に持ってこい」
フォーマットに慣れると「速く読める」
信憑性が高いから「安心して読める」
アカデミックだから「新鮮な驚きがある」
並列的だから「自分の目で選べる」
広告が少ないから「静かに選べる」
新書だから「逆張りインプットできる」

第2章 奥野式「新書ザッピング術」のすすめ

ルール1:自分を観察して、紙に課題を書き出す
ルール2:課題を解決するための新書リストをつくる
ルール3:三冊まとめて同時に買う
ルール4:一冊目は「ロングセラーかベストセラー」
ルール5:二冊目は「最近の本」
ルール6:三冊目は「一番やさしい本」
ルール7:カブリを避ける
ルール8:喫茶店で三冊読み切る
ルール9:目次から著者のメッセージを読み取る
ルール10:「はじめに」を精読する
ルール11:読む箇所の優先順位をつけ、拾い読みする
ルール12:気になった部分をチェックする
ルール13:三冊の違いに着目する
ルール14:「ザッピングメモ」をつくる

第3章 新書を制覇する17の技

探す

ウェブ検索術1:詳細検索ページをブックマークする
ウェブ検索術2:判型・シリーズ名・書籍名で絞る
ウェブ検索術3:ロングセラーは発行年月日で絞り込む
ウェブ検索術4:「新書マップ」を活用する
ウェブ検索術5:ファンサイトから情報を仕入れる
雑誌の書評を参考にする
目録で読みたい本を探す

選ぶ

レーベルごとの特色を把握する
岩波ジュニア新書を大人買いする
図書館は利用しない

買う

書店に実物を見に行く
書棚ではタイトルの長短に注目する
品切れ・絶版本は街の古書店で見つける

使う

「マイ奥付」をつくる
付箋を貼っておけばノート不要
キーボードを叩きまくって考えをまとめる
レファレンス用の新書をそろえる

付録 「思考ノート」を記録しよう

□もう、残業はしないぞ!

①『デッドライン仕事術 すべての仕事に「締切日」を入れよ』/②『残業ゼロで仕事する技術』/③『「なぜか、仕事が速い人」の時間管理術』

□そろそろ英語を勉強しようかな

①『最強の英語上達法』/②『お金を使わない英語勉強法』/③『英語は勉強するほどダメになる――“英語コンプレックス”を生み出すもの』

□まずい、お金を貯めなくては!

①『サラリーマンは2度破産する』/②『貯金のできる人できない人 無理なく貯金体質になる方法』/③『年収崩壊 格差時代に生き残るための「お金サバイバル術」』

□机の上がグチャグチャだ

①『「超」整理術』/②『ゴチャゴチャの机を「ビジネスの司令塔」に変える すごい!整理術』/③『会社がイヤになった やる気を取り戻す7つの物語』

□時間をもっと有効に使いたい

①『成功術 時間の戦略』/②『人生の質を高める時間術』/③『レバレッジ時間術 ノーリスク・ハイリターンの成功原則』

□「金融恐慌」って何だろう?

①『世界同時不況』/②『早わかりサブプライム 不況「100年に一度」の金融危機の構造と実相』/③『金融大崩壊「アメリカ金融帝国」の終焉』

おわりに

奥野 宣之(おくの・のぶゆき)

1981年、大阪府生まれ。同志社大学文学部卒業後、専門識者を経て現在、専業作家。2008年、独自の情報整理術をまとめたデビュー作『情報は1冊のノートにまとめなさい』『読書は1冊のノートにまとめなさい』(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)がベストセラーとなり、一躍脚光を浴びる。大学生のとき新書の魅力に取りつかれて以来、単行本の3倍は新書を買うという「新書オタク」の道を歩みはじめ、新書を仕事や日常生活に生かすための「新書ザッピング術」を考案する。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*