『スポーツ速読完全マスターBOOK』|速読で視野を鍛えて強化!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。速読をしてみたい あさよるです。

たまにテレビで速読できる人が、ものすごい速さで本を読んでいるのを見ると、「うわぁ~!どんな感じで頭に入ってくるんだろう!」と興味津々です。

ですので、「速読」と名のつく本をたまに読んでいるのですが……本書『スポーツ速読BOOK』は予想に反する内容で、驚きました!

速読で、動体視力が!

『スポーツ速読BOOK』。スポーツのように速読を身につけるのかな?と予想していたのですが、まったく違った!

速読をマスターし、動体視力と広い視野を手に入れることで、スポーツが上達するというものだった!

サッカーや野球、テニスやゴルフをしている方に朗報!速読によって、飛んでくるボールの縫い目まで見えるようになるというんですよ。

マジで…?

マジで…?この一言に尽きますねw

速読できるだけで、ほんとに動体視力が身につくの?

ボールが転がる軌跡が見えるようになる。芝が読めるようになる……ってマジで?

素直に「速読すげぇ!」と思っておくのが良いのでしょうかw

読書とスポーツ。両方はかどる

スポーツ上達のための速読は、お気に入りの本で練習です。

本を読むことが目的ではなく、あくまで速読、ひいてはスポーツの上達が目的です。

「スポーツのための速読」のトレーニング方法も、図解入りで紹介されています。DVDも付録!

ここまで書いて、あさよる気づきました。

もしかして、このトレーニングすれば、あさよるが目的の「速読」もできるようになるんじゃない?

速読、トレーニングしてみる?

読書の効能って、こんな効能もあるんだなぁ!とすごく興奮しました。

「知識が身につく」とか「集中力が身につく」とか、読書へのイメージ(?)って実はあんまり好きじゃありません。

でも「読書でスポーツが上手くなる」って面白くない!?

あと、はたして「速読」ってなんだろう?という根本的な疑問にも出会いましたw

眼球を動かす練習や、目線を固定したまま最大の視野を鍛えるトレーニングとか、スポーツしない あさよるですが、チャレンジしてみたいなぁと思いました。

むしろ、スポーツしないからこそ、この視野、必要かもしれないw

スポーツ速読完全マスターBOOK

目次情報

はじめに

第1章 スポーツ選手が実践する速読の効果

プロ野球 埼玉西武ライオンズ 佐藤友亮
マウンテンバイク ダウンヒルライダー 中川ヒロカ選手
ミニバスチーム 久世ウルヴス
フットサルチーム 吹田クラブ

第2章 速読とは、ズバリ脳の回転を速くすること!

◎誰でも150kの速球が打てる理由とは?
◎速読は“飛ばし読み”でも“特殊技能”でもない!
◎理解力や感動はそのまま
◎速読=記憶術ではない
◎1分間で普通に読める量とは?
◎読書速度が速い人ほど頭がいい!?
◎速読への道を阻む“思い込み”
◎文章は一文字ずつ読まなくていい
◎速読トレーニングは脳の準備運動
◎セカセカするどころか、時間がゆっくり感じられる
◎速読トレーニングの目的
コラム1 受講生の声〈読書速度UP実践編〉

第3章 無意識でやっている脳のスゴイこと!

◎驚くべき脳の情報処理能力
◎活性化された脳の状態とは?
◎脳の“受け取り力”が変わる!
◎速読では右脳も左脳も効率よく使っている
◎速読中の脳はアスリートにとって最高の状態
◎目の動きにも脳の活性化は表れている
コラム2 受講生の声〈日常生活での変化編〉

第4章 だから速読でスポーツが上達する

◎ポイントは視野拡大、思考スピードや判断力の向上
◎野球なら……投球も打球も球筋がよく見える!
◎バスケなら……凡ミスが減り、ヘルプをする余裕も出てくる
◎サッカーなら……状況判断の速さで打ち返すボールのパワーも変える
◎ゴルフなら……カップまでのラインが見えてパット数が減る
◎勉強はもちろん、美術や音楽など芸術方面でも効果大
◎ビジネスシーンもガラリと変わる
◎家事の効率アップ、交通事故防止、人間関係の向上にも!
コラム3 受講生の声〈ビジネスでの変化編〉

第5章 すぐに効果がわかる!実践 速読トレーニング

◎モットーは「頑張らない」「焦らない」こと
◎トレーニングの準備
◎現在の読書速度を計測
◎脳力チェック
◎トレーニング1 目のストレッチ
◎トレーニング2 文字を読まずに速く見る
◎トレーニング3 視野を広げる
◎トレーニング4 画面を流れる文字を眺める
◎仕上げ トレーニング後の読書速度を計測
◎今後のトレーニングについて
コラム4 よくある速読Q&A

第6章 日常で簡単にできる脳トレーニング

◎脳活性化ゲームで脳を“ウニュウニュ”させよう
「25マス探し」「グーでトントン、パーでスリスリ」「右手で〇、左手で△を描く」「左右の指をバラバラに動かす」「ジャンケンでわざと負ける」
◎日常生活での脳活性法
一日10回感動する
懐かしいことを思い出す
新しい情報を発見する好奇心を持つ

おわりに
読書速度計測法

呉 真由美(くれ・まゆみ)

脳開コンサルタント協会会長、速読インストラクター。「誰にでもできる頑張らない速読」をモットーに全国でセミナーを開催。受講生は、小学生から社会人まで、スポーツ選手、医師、芸術家など多岐にわたる。150kmの速球が打てるとテレビなどで話題だが、これは長男とバッティングセンターに行ったとき「どうしてこんな遅い球に当てられないのか」と思ったことがきっかけだった。著書に『呉真由美流 脳を活性化する速読メソッド』(PHP研究所)、オーケープロダクション所属 http://brain-training.net/index.html

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*