『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』|ちょっとだけなら今すぐできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。グダグダ言い訳スキルばかり上昇している あさよるです。

先月、体組成計を購入しました。体重、体脂肪率だけでなく、筋肉量や基礎代謝量も、大よその数値を測ることができます。

「太り過ぎだなぁ」とはずっと思っていましたが、普通の体重計しか持ってなかったので、それを測るだけで満足していました。

しかし……新しい体組成計で1ヶ月近く測定し「これはヤバイ……」と肝を冷やしております(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)

ずっと体組成計を買わなかった理由は、内心問題に気づきつつ、スルーしつづけたかったのかもしれません。これがメンタルブロック……。

もっと早く取り組んでいれば、今頃スリムなあさよるになっていたかもしれないのにね!(それは…ないww)

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

タイトルすばらしいですね。『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』。

ごもっとも。その通り。ぐうの音もでないタイトルです。

結局、どんなに能力が高くても、どんなに思慮深くても、どんなに未来を予想できても、行動しなくちゃどうしようもない。むしろ、愚直に行動をし続ける人には誰も敵わないのかもしれない。

……でもね、そんなことわかってるよ!って話です。だけどできないんだよぅ!と悩んでいる人に、向けられた一冊です。

「行動する」って言葉を聞くと、一世一代の行動を起こさねばならぬ!と、大きな想像をしてしまうのかもしれません。

だけど、本書『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』で語られる“すぐやる”とは、10秒落ち着いて考えようとか、深呼吸しようとか、小さな行動です。

小さな行動を“すぐやる”ことに徹するのは、変なメンタルブロックは働かずに素直に実行できそうだなぁと思いました。

本を読んでる場合じゃねぇ!

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』を読んだところで、結局、すぐやらなきゃなにも手に入りませんw

本を読んでいる場合ではないのです。

むしろ、本書を読みながらすでに体が動き出しちゃうような人でしょうから、なかなか本書が読み終わらないスパイラルに陥るくらいの行動力が欲しいところ……(;’∀’)>

しかも、ここで紹介されるコツや考え方は、マジでその場ですぐにできることばかりですからね。読みながらでも実際にやってしまえるのが面白いのです。

読書も大切です。しかし、読書を言い訳に行動を後回しにしているのなら、読書は後まわしにする勇気が必要なのかもしれません(あさよるは、何もしたくないときによく本を読みますw)。

10秒だけなら、できるかも

『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』では、今すぐ10秒だけやってみることがたくさん紹介されていて面白いなぁと思いました。

10秒間考える、だけど、悩むのではない。あくまで「考える」んですね。

不安に思うことは今すぐに解決しちゃうとか、朝一に不安なことや気になることを吐き出してしまって、後の時間はスッキリと時間を過ごせるようにするとか。

あさよるの場合、一度嫌なこととか気がかりなことがあると、後々になってズルズルと思い出して嫌な気持ちになります。それに囚われて何も考えられなくなることもあります。

自分の気持ちや気分にケジメをつけられるコツは、役に立ちそうです。

「行動力」は能力を超える!

本書『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』を読んで印象的だったのは、どんなに能力が高くても、行動しないと顕在化しないということです。

人よりも優秀な人でも、頭の良い人でも、なにもしない限り、コツコツと行動し続けている人には敵いません。

そう言われてみると、「ウサギとカメ」のウサギさんになっている人って、身近にいませんか?もしかしたら自分自身がウサギさんだって人もいるでしょう。

ぶっちぎりで優秀なハズなのに「そんなことできない」「やってもムダ」「そういうの興味ない」等々と言って、行動しない。はた目で見ていると「ええ~、なんでそんな勿体ないことを~」と思います。

で、あさよるは、怠け者のカメさんになっていないか!?とドキッとしました。

小さなことでいいし、たった10秒だけでも「すぐやる人」。まずはここからだなぁと思いました。

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

目次情報

はじめに

たった10秒で、あなたの行動は変えられる
あなたの行動力を変える10秒チェンジ
9割の人はなぜ、すぐに行動を起こせないのか?
なぜ、モチベーションがあっても、行動できないのか?
視座を変えない人は「思考停止(フリーズ)」をする

第1章 すぐに行動できない人の10の習慣(知る)

行動できない人は、行動を阻害する思考の癖がある
行動できない人は、自分をフリーズさせる癖がある
行動できない人は、心がストライキを起こしている
行動できない人は、「時間があれば解決策は見つかる」と考える
行動できない人は、「自分の力」だけで解決しようとする
行動できない人は、3つの「不安」でフリーズ(思考停止)する
行動できない人は、失った自信を放置する
行動できない人は、行き過ぎたリスクヘッジをする
行動できない人は、「二度あることは三度ある」を誤解している
行動できない人は、「まだ○時間あるから大丈夫」と考える

第2章 10秒で行動する人の思考法(学ぶ)

10秒で行動する人は、「行動してしまえば、あとは楽」ということを知っている
10秒で行動する人は、頭に「見取り図」を描いて行動している
10秒で行動する人は、考えるが、悩まない
10秒で行動する人は、「失敗」を考えない
10秒で行動する人は、現在の不安は今解決すればいいことを知っている
10秒で行動する人は、「行動の遅れが不安を増やす」と知っている
10秒で行動する人は、小さな一歩を大事にする
10秒で行動する人は、プロセスを分解してシンプルに行動する
10秒で行動する人は、「朝」を大切にする
10秒で行動する人は、「能力なんて皆ほとんど同じ」と考えている
10秒で行動する人は、「まずはやってみる」で生きている

第3章 行動する人になる10秒マインドチェンジ(自分を変える)

10秒で行動するための「気分を選択する方法」
10秒で行動する自分になる「感情表現の3要素」のチェンジ
思い出すだけで気分が変わる
想像しただけで気分が変わる
身の回りの環境を整えるだけで、気分は変化する
やるべきことを俯瞰する10秒間の「視座の転換」
今ここに集中するために、10秒でいらないものを捨てる
10秒間のマインドチェンジで、不安をいったん脇に置く
10秒間、「今ここ」に集中する
過去の失敗・記憶は10秒で書き換えられる
モチベーションの本質を知るだけで、やる気はコントロールできる
モチベーションの誤解を解く10秒マインドチェンジ
朝10秒行動するだけで、結果を出せる人になる
朝の10秒で自分の心と体を診断してみよう
10秒間の「視座の転換」で、視野を広げてみる
10秒間の「視座の転換」で、他人の心がわかるようになる
結局「今すぐ動く」意識が人生を変える

第4章 結果につながる!周りを巻き込む10秒チェンジ(周りを変える)

相手をコントロールするのではなく、相手の行動力を高める
ほめるのをやめて、「私メッセージ」で伝えると相手が動き出す
10秒間、相手の良いところにフォーカスすると、人は行動してくれる
「不安感情の伝染」を防ぐために知っておくべきこと
他人を本気で応援できる人が、周りの力を借りられる
相手を巻き込む3つのステップ

第5章 10秒でゴールに近づく 思考と行動のコツ(人生を変える)

人生を変える人は、ゴール設定は当たり前、その後のその後も設定している
人生を変える人は、「自分の目標」を持っている
人に自分の夢を語っている人が人生を変える
10秒で気分を変えられる人は人生を変えられる
他人の夢を楽しく聞けると人生が変わる
悩みや迷いを抱えなくなれば、人生は変えられる
ムダな行動なんてない、と考えると人生は変わる
選択肢を持ちすぎないほうがゴールに近づける
仕事以上に大切なものを持つ人は人生を変えられる
他人に気分を支配されない人になろう

おわりに

藤由 達藏(ふぢよし・たつぞう)

Seminar room gonmatus 代表
夢実現応援家(メンタル・コーチ)
「人には無限の可能性がある」をモットーに、作家・シンガーソングライターから経営者・起業家・ビジネスマン、学生・親子など幅広い方々を対象に、対面コーチングや研修、ワークショップを提供している。
各種心理技法や武術、瞑想法、労働組合活動、文芸・美術・音楽創作等の経験を統合し、「気合いと視座の転換」を重視した独自のユーモアを交えながら熱く語るスタイルが親しみやすくわかりやすいとの定評を得ている。
考えすぎてなかなか動けない、先送りグセがある…なかなか行動できないのなら、ぜひ本書を開いてほしい。自分を変えたいすべての人に捧げる、「可能性」を開く方法。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*