『面白くて眠れなくなる数学プレミアム』

  • LINEで送る

むずかしい?苦手?

だけど、切っても切れない「数学」のトリビア!

眠れなくないたい!……?

以前『眠れなくなる宇宙の話』という、宇宙に関する物理学の本を読みました。

とてもワクワクする内容の本で、物理の話をしながらも、難しい定義の話ではなく、物理の物語を話して聞かせてもらっているような内容です。

今回、『面白くて眠れなくなる数学 プレミアム』という本を見つけ、「おっ、シリーズ新刊か!?」と手に取りました。

(……と、結論を先に言うと、どうやらこの本は、『眠れなくなる宇宙の話』とはシリーズではないらしい……)

「数」「数学」のトリビア集!

『面白くて眠れなくなる数学 プレミアム』は、数や数字、数学に関するトリビア集です。

ひまわりは、種が花の中央にびっしりと詰まって並んでいます。これに法則性があることをご存知ですか?一つでもたくさんの種をつけるため、とても効率のよい並びをしていることが、「数」を通して知れます。

江戸時代、日本の「九九」は36通りしかありませんでした。現在、小学校で習う九九は81通りも覚えないといけませんから、昔のほうが覚える量が少なかったんですね。一の段と、掛ける位置をする数(2×1、3×1 etc…)は覚える必要はありませんし、ひっくり返せば計算できる数も覚えませんでした。

計算の仕方の中にも、その時代の歴史があるんですね。

物足りない?わからない?

もともと数学や数に強い人にとっては、すでに知っていることや、想像できたことが多く、正直言うと“面白くて眠れなくなる”程ではないかなぁと思いました。

反面、「もう数学なんて大嫌い!」「中学で理系は捨てました」って人にとっては、数式や記号を見るだけでも嫌な気持ちになってしまうかも……と心配です(苦笑)

ですから、この本のターゲットは誰なんだ!?とやや不思議な本でした。本書は“プレミアム”とあり、先に無印版の『面白くて眠れなくなる数学』を読むと良いのかな?後日、読んでみます。

数学って、ちょっと面白いカモ?

数学大嫌いとまではいかないまでも、「数学なんて勉強して何の役に立つの?」と訝しんだことはありませんか?

『面白くて眠れなくなる数学 プレミアム』では、我々の身の回りで、実際にどういう「数」が潜んでいるのか、どんなときに使われるのか知ることができます。

かと言って、ややこしい数式を理解したり解ける必要もありません。

「数学って、面白いかも!?」と改めて思わせてくれる本です。大人になって、数学の学習から離れていますから、「数学の復習をしなきゃなぁ」とも思いました。

計算や数式は出てきませんっ(`・ω・´)ゞ

繰り返しますが、本書『面白くて眠れなくなる数学』は、難しい数式は登場しませんし、学校で習った数学を失念していても、十分楽しめる内容です。

ですから、読まず嫌いはもったいない!

数学の知識はとっても身近に潜んでいます。インターネットが普及し、実は乱数や素数と切っても切れない生活がすでに始まっています。

今よりもうちょっと、数学とのキョリを縮められたら、より楽しいこと、面白いことが増えるだろうと思います。そして、『面白くて眠れなくなる数学 プレミアム』のような書籍って、すごく必要な架け橋だなぁと感じました。

面白かったです。

面白くて眠れなくなる数学プレミアム

目次情報

はじめに

PartⅠ 世界は数学でできている

ヒマワリにひそむふしぎな数列
一筆書きの数学
サイコロやトランプにひそむ数の秘密
商品開発には円周率が欠かせない!?
折り紙でスカイツリーとの距離を測る
星を追い求めてきた人類と少数点の出合い
「0」の物語
数の世界の名言とともに
数と数字のストーリー

PartⅡ とっておきの数学のはなし

見るだけで解けるふしぎな足し算
1~9の数で100をつくる!? 小町算に挑戦
√の意味は電卓が教えてくれる
画像や音声データは三角関数が支える
江戸時代の九九は36通り
感動的な数学者のはなし 高木貞治

PartⅢ 面白くて眠れなくなる数学プレミアム

おそらく素数でしょう 素晴らしき素数の仲間たち①
逆さから読んでも素数? 素晴らしき素数の仲間たち②
1だけでつくられた素数 素晴らしき素数の仲間たち③
素数と数素 素晴らしき素数の仲間たち④
悲しき素数
超入門・リーマン予想

おわりに
参考文献
著者略歴

桜井 進(さくらい・すすむ)

一九六八年、山形県生まれ。東京工業大学理学部数学科卒業、同大学大学院卒業。サイエンス・ナビゲーター。
東京理科大学大学院、日本大学芸術学部、日本映画大学非常勤講師。
株式会社 sakurAi Science Factory 代表取締役。在学中から、講師として教団に立ち、大手予備校で数学や物理を楽しく分かりやすく生徒に伝える。二〇〇〇年、日本で最初のサイエンス・ナビゲーターとして、数学の歴史や数学者の人間ドラマを通じて、数学の驚きと感動を伝える講演活動をはじめる。小学生からお年寄りまで、誰でも楽しめて体験できるエキサイティング・ライブショーは見る人の世界観を変えると好評を博す。世界初の「数学エンタテイメント」は日本全国で反響を呼び、テレビ出演、新聞、雑誌などに掲載され話題になっている。
主な著書に『面白くて眠れなくなる数学』『超 面白くて眠れなくなる数学』『超・超面白くて眠れなくなる数学』(以上、PHPエディターズ・グループ)、『感動する!数学』(PHP研究所)、『わくわく数の世界の大冒険』(日本図書センター)等がある。

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク


コメント

コメントを残す

*