アレルギー

『Q&Aでよくわかるアレルギーのしくみ』|肌の保湿、大事!

こんにちは。こんな真夏なのに体がカサカサに乾燥してかゆい あさよるです……(´;ω;`) 花粉症が終わったと思ったら、次はエアコンの風で鼻がムズムズするし、湿疹のあとが酷くて半袖着るのが気が引けるし……。

なんとかならんもんかなぁと、ちまちまっと勉強したりしてたんですけど、理解するのが難しいですね。中高の理科、生物学からやり直そうと考えています、が、かゆいもんはかゆい。なんとかならんもんかなぁと、『Q&Aでよくわかる「アレルギー」のしくみ』という本を見つけたので、読み始めたのでありました。

導入部はやっぱ ちょい ややこしい

著者はアレルギーの研究をしている方で、真面目な内容です。ですから、前提となる知識として、学校の理科の時間に習ったくらいのことは頭にないと、話が難しく感じるかもしれません(あさよるは、化学や生物学は超超苦手なので、困ったもんです)。

まず、「免疫とは何か?」という話から始まります。免疫は生物が生きるために絶対必要な機能ですが、免疫機能のバランスが崩れたとき、アレルギーのきっかけになっているんですね。

また「過敏症」との違いも紹介されていました。過敏症は、アレルギーを介する過敏症と、アレルギーを介さない過敏症があるそうです。非アレルギー性過敏症はメンタルも関与しているかもと記されていました。

また、アレルギーにも種類があるようで、アレルギーで病院にかかると、お医者様はこんなことを看てるんだなぁと知りました。

食べ物がアレルギーの原因になる?

お母さんのお腹の中にいる頃にお母さんが食べたもの、赤ちゃんの頃に食べた食べ物が、将来のアレルギーに関係するという話を聞いたことがありました。が、現在では考えが変わっているようです。どうも、赤ちゃんの頃に何を食べても食べなくても、その後のアレルギーやアトピーの発症とは関連性が見いだせないようで、今では何でも食べるようですね。

むしろ、肌からの刺激の方が気をつけた方がよさそう。と言っても、乾燥しがちな肌をしっかりとワセリン等で保湿して、肌からの刺激から守ってやる。そのうえで、アレルゲンになる食品を食べていたグループの方が、将来アレルギーになりにくかったという結果もあるようです。

食べ物よりも、肌の方がアレルギーを起こしやすいというのは、藤田紘一郎さんの『脳はバカ、腸はかしこい』でも触れられていました。

『脳はバカ、腸はかしこい』|脳はすぐに勘違い、間違っちゃう?

湿疹とアトピーって違うの?

湿疹とは、皮膚にできる炎症を言います。アトピー性皮膚炎と診断される場合は、以下の3つの要素を含んでいるそうです。

 アトピー性皮膚炎は、乳幼児期にかかることが多いかゆみや発赤などをともなう慢性湿疹で、基本的には、①かゆみが強い、②特定の部位に見られる、③慢性の経過をたどる……この3つが診断基準になります。
注意したいのは、IgE抗体が陽性でない(=アレルギー体質でない)人でも、①~③を満たしていればアトピー性皮膚炎はに診断されるという点です。
そもそも、アトピー性皮膚炎の「アトピー」とは「少ない量のアレルゲンに反応してIgE抗体を分泌し、アレルギー症状を発症しやすい体質」を指す医学用語で、アレルギー体質とアトピー体質はほぼ同義です。
アトピー性皮膚炎は、もともと“アトピー体質の人に多く見られる湿疹”という意味で命名されましたが、いまでは「アトピー」がアトピー性皮膚炎の略語のように使われており、少々混乱しています。

p.104-106

②の特定の部位に見られるというのも、特徴的で、乳幼児、幼児期、思春期以降と、アトピーが現れる場所が違うそうです。また、体の左右対称に表れるのも特徴です。

アトピーにより炎症が慢性化すると、角質層の新陳代謝が早まり、肌のセラミドが上手く作れなくなります。乾燥肌の人は、しっかりと保湿をすることが大事なんですね。

肌の保湿大事!

あさよるは専門の知識もないので、フワッとしたことしか書けませんが(苦笑)、アレルギーを持っている人はとにかく肌の保湿が大事なのだと勉強した!アレルギーを持っているからって、食べ物にとても注意する人はいるけれども、どうも食品よりも皮膚の方がアレルギーを引き起こしやすいみたい。

あさよるも、体調が悪いときに食べると蕁麻疹や熱を出してしまう食品がいくつかあって、「食べ物のせいでかゆくなっている」と思ってたけども、それよりも肌そのものを守る活動を入念にします……手始めに、顔や体に濡れるローションと、ハンドクリームを買ってきました(`・ω・́)ゝ

あと、苦手だ苦手だと言ってても体はかゆくなるし、どうしていいかわからないし、自分のためにも理科の勉強、やらなきゃなぁと、痛感……( ノД`)

以前にも、同じような理由で「かゆみ」について書かれた本を紹介しています。

『なぜ皮膚はかゆくなるのか』|かゆい→掻く→気持ちいい→掻く→かゆい

続きを読む

『なぜ皮膚はかゆくなるのか』|かゆい→掻く→気持ちいい→掻く→かゆい

こんにちは。体がかゆい あさよるです。

先週の週末、久々に軽い蕁麻疹が出て、全身掻きむしってしまいました。

痒みから気を紛らそうと、図書館に出かけ『なぜ皮膚はかゆくなるなるのか』という本に出会った。こんな今の自分にピッタリくる本なんてそうそうないぜ!w

「痒み」とはなんだ?

あさよるは幼いころから皮膚のトラブルに悩んでいました。アトピーもあったし、今もアレルギーが強い(;´Д`)

しかしそういえば「かゆみ」について何も知らないことに気が付きました。「かゆい」って感覚は、どこから来るの?

『なぜ皮膚はかゆくなるのか』では、多くのページ数を使って「かゆみ」のメカニズムが紹介されています。

かゆみとは原始的な感覚で、痛みと比べるとトロい。痛みとかゆみを同時に感じると、痛みが優先されます。時間が経って痛みが引くと、かゆみだけが残ります。

また、かゆみが伝わるスピードは痛みに比べるととても遅いのに、かゆみは周りの神経まで刺激し、どんどんかゆみは広がります。

そして、かゆみの厄介なところは、かゆみを感じ、掻くと「気持ちいい」。「かゆい」→「掻く」の動作をすると、快感が得られるので、ますます掻くことがやめられない。かゆいから掻く、掻くと気持ちいい、気持ちいいから掻く、掻くとかゆくなるの繰り返しです。

注)医学書ではない

ちなみに本書、PHP新書のシリーズですから、医学書ではありません。

もちろん、著者は皮膚科医であり、医学的見地から書かれたものですが、医療や治療のための本ではなく、教養を目的としたものです。

ですから、実例よりも「かゆみ」という感覚についてや、皮膚の内側で何が起こっているのか、詳しく紹介されていることで、好奇心がより刺激されます。

生物学的な話もたくさん登場してオモシロイのですが、適当な紹介ができないので割愛させていただきます(^_^;)>

あさよるは、「かゆみ」という独立した感覚があることを知りませんでした。また、神経伝達物質はたんぱく質なので、温めると分泌が促進されてしまいます。冷やし方がいいというのも知らなかった。

アトピー患者の中で、幹部に熱いお湯をかけるとかゆみが弱まるという人もいるそうですが、間違った対処です。熱や痛みを加えることで「かゆみ」は一時的に弱まります。しかし、かゆみの根本原因を根絶しない限り、その場しのぎにしかなりません。

掻きむしりや、熱を加える、痛みを加える行為は、まさに自傷行為であることも知りました。

医師の間でも認識はさまざま

本書の後半では、医療現場の様子も少し紹介されていました。

どうやら、「かゆみ」や特にアトピーについての知識や対応は、医師によってかなり幅があるようです。

皮膚科以外の科では不適切な処置がなされていることもあるらしい。やっぱ、皮膚のトラブルは皮膚科にかかってみなきゃなぁと痛感。

しかし、中には皮膚科医の中でも安易な治療や処置をする医師もいるらしく、著者も憤慨していました。何件か皮膚科を回ってみるというのが、現実的なところなのでしょうか。

また、アレルギーも、思ってもみないところに原因がある場合も。

例えば、歯の金属の詰め物が原因でアレルギーを起こしている場合。歯の治療からずいぶん時間が経ってから症状が現れると、歯科医に説明してもわからないこともあるっぽい。

髪を染める染料でアレルギーを起こしている人の例もありました。数十年、同じ染料を使っているのに、ある日突然アレルギーを起こすことがあるようです。

肉体は日々変化してゆきますから、「今までは大丈夫だった」はアテになりません。

適切な治療、適切な対処を

皮膚のかゆみに関するトラブルは、軽視されがちです。医師の間でも認識に差があるみたい。

すでにアレルギーやアトピーなど、症状を抱えれる方も、錯綜する情報に疲れ果てています。

本書でも、著者がアトピー患者の治療の様子が紹介されていましたが、患者の側も、治療に取り組む姿勢が様々です。医師が指導をし、処方をしても、その通りにやらなかったり、薬もちゃんと飲まなかったり。

かゆみを感じる環境を一掃するため、布のソファを処分するよう指示したり、寝具の買い替えを促しても、すぐに実行する人と、理由をつけてやらない人。

悩みや苦しみを負っている患者も、治療への姿勢に違いがあります。

ただ「かゆい」ってだけの話なのに、話は入り組み、ヒジョーに重大で悩ましい話になっているようです。

……あさよるも、まずは掃除の徹底と、寝具の変更と……畳……(←たぶんダニの温床だよね……)。

続きを読む

『本当に困っている人のためのゴキブリ取扱説明書』を読んだよ

ゴキブリやアリなどの害虫退治に効果的な片付けと掃除のイメージをコピックマーカーを使って描いたイラスト

この春から私は、大規模な身辺整理を行ってきました。

きっかけになった出来事は二つ。
一つ目の理由は、部屋に突如小さな子ゴキブリが連続して現れたこと。
しかも、机の上を歩いていたり、部屋の真ん中を堂々と歩いていたのです。

二つ目の理由も昆虫にまつわること。
部屋の中をアリが行列を作って歩いていました。
アリは、いつも年に数回やって来ていたので、私としては珍しいものではありませんでした。
慣れとは恐ろしいものです。

思い返してみれば、私の部屋には、大きなクモやヤモリやコウモリも度々やって来ました。
私はてっきり、田舎はそんなものかと思っていたのですが、家族が言うには、他の部屋にはそのような生き物はほとんど出没したことがないそうです。

はたと気付きました。
もしかして、私の部屋にだけ虫や動物がいるの?

害虫が出るのは仕方のないこと?

それでも私はのんきでした。

私の部屋の階下は、台所と洗面所、お風呂場です。
湿気や食べ物につられてゴキブリがやってくるのは仕方ないことだと考えました。
ゴキブリがいるから、それを餌にしようと、クモやヤモリ、コウモリがやって来るんだろうと思いました。

しかし、それは部屋の間取り状、仕方のないことです。
「私にはどうしようもない」
そう思い込むことで、見て見ぬふりをしていました。

掃除ができないのは物が多すぎるから?

結論を先に言うと、私の部屋の欠点は「物が多すぎた」ことでした。
自分で管理しきれないほどの物があったので、上手く片付けられず、いつもどこかが散らかっている状態でした。

部屋が散らかっていると、なかなか掃除が行き届きません。
結果、ホコリや髪の毛、目には見えないけれど、私の皮脂など、ゴキブリの餌になるものが落ちていたのでしょう。

更に、物が多いということは、それらを収納するための棚や家具も多かったのです。
棚や家具を置き、そこに所狭しと物を収納すると、自ずと隙間や物陰ができてしまいます。
これらは、ゴキブリにとってとても住み良い隙間です。

私はせっせと、ゴキブリの住み心地の良い部屋を作り続けていたことになります。
これでは、一時的に殺虫剤を巻いても、バルサンを焚いても、キリがありません。

ゴキブリやアリなどの害虫退治に効果的な片付けと掃除のイメージをコピックマーカーを使って描いたイラスト

物を捨てに捨てる日々

私は一念発起し、自分の身辺整理を始めました。
最近使われる言葉で言うと「断捨離」し始めました。

やることは唯一つ!
ひたすら物を捨てる!

捨てに捨て続け、ゴミ袋にして30袋近いゴミが出るわ出るわ。
6畳の部屋からこんなに物が出てくるのかと驚きました。

ゴチャゴチャとした持ち物が減ると、棚や家具も空になり、順番に潰しては捨てました。
部屋の4つの壁をぐるりと棚や家具がひしめき合っていたのが一変、一間分のスペースで収納が間に合うようになりました。
これから更に持ち物は減る予定で、近々半分の量になるでしょう。

ゴキブリやアリなどの害虫を寄せ付けないための策として断捨離を始めました。
物が減ると、掃除もしやすくなり、毎日掃除機を隅から隅までかけ、定期的に雑巾がけをするようになりました。
これで害虫対策もバッチリでしょう!
そう意気込んでいます。

敵の情報を知る!

『本当に困っている人のためのゴキブリ取扱説明書』を読みました。
ゴキブリの生態がとても詳しく紹介され、ゴキブリをよく知ることができます。
まずは敵の情報を知らなければいけません。

彼らは、5~13mm くらいの隙間が大好きなだそうです。
少しの食べかすや、一滴の水があれば、彼らは大喜び。
私の部屋は彼らにとってとても住みやすいところだったようです。

本書の中で紹介されているゴキブリ対策にも、部屋を片付け物を減らすよう書かれています。
図らずも、本書にある通りに行動していたことになります。

更に、ゴキブリ対策として、ゴキブリホイホイを床一面に敷き詰める一掃作戦も紹介されていました。
早速その通りに実行してみようと思います。

こんなにゴキブリについて詳しく書かれた本を初めて読みました。
生態を知ることで、効率的な駆除を知れる良書でした。
常に手の届くところへ置いて、対策を続けたく思います。

 

本当に困っている人のためのゴキブリ取扱説明書―ドクター青木式・究極の退治マニュアル
青木 皐
ダイヤモンド社
(2002)