ウケる技術

水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』|好きな人を振り向かせる教科書

恋に奥手だったり、非モテ、だめんず好きだったり、恋愛に難のある女性は本書『運命の恋をかなえるスタンダール』を読んでから作戦を練り直しましょう。

こんにちは。あさよるです。テレビやニュースに触れると気が重くなってしまうので、気楽に読める本はないかなあと『運命の恋をかなえるスタンダール』を手にしました。

著者は『夢をかなえるゾウ』の水野敬也さん。水野さんは『LOVE理論』や『スパルタ婚活塾』など恋愛本もたくさん書かれていて、しかもみんなコミカルで面白い。ということで、本書も期待してページをめくるのでありました。

本の中からこんにちは。『恋愛論』恋愛の大家・スタンダール

本書『運命の恋をかなえるスタンダール』は小説です。一人の垢抜けない女性が気になる男性との恋を実らせるための物語仕立てになっています。小説としても楽しめるし、恋愛本としても、自己啓発本としても読めるつくりになっているのが面白いところ。このへんは『夢をかなえるゾウ』と同じですね。

あらすじ

ざっとあらすじ。過去にトラウマを抱える主人公は、勤め先である図書館で、利用者の男性に思いを寄せています。しかし、トラウマから他人と良好な人間関係を築けない主人公は、もちろん気になる男性に声をかけることすらできません。人とのコミュニケーションを避け、本を読むことで、本の世界に逃げ込むのです。

そんなある日、突然自宅の蔵書である『恋愛論』の中から、モクモクと著者のスタンダールを名乗る人物が現れます。彼に言われるがまま自分磨きを始め、恋について学び、恋愛を成就させるべく奮闘の日々が始まるのでした。

さて、主人公はトラウマやつらい過去の出来事を乗り越え、意中の男性と結ばれることはできるのでしょうか。

その過程を小説で追いながら、スタンダールの名著『恋愛論』の内容に触れながら、現代の恋愛成就のためのアドバイスが次々と繰り出されてゆきます。

惚れるな!惚れられろ!

本書『運命の恋をかなえるスタンダール』の結論を大雑把に言っちゃえば、「惚れるな!惚れられろ!」です。

意中の男性への想いを募らせ、好意を相手に伝えるのはブー! 間違い。相手から想われ好意を寄せられて、相手から告白をさせるのです。そのために、自分の弱点を底上げし、魅力的な女性になるのです。

繰り返しますが、目的を間違えてはいけません。自分の好意を伝えるために自分磨きをするのではなく、相手に好意を寄せられるために魅力的になるのです。

「結晶作用」を起こさせるには

恋心が膨らんでゆく状態を、スタンダールは「結晶作用」と名付け、本書では重要なワードとして何度も登場します。「結晶作用」とは、

「ザルツブルクの塩坑では、冬、葉を落として木の枝を廃坑の奥深くに投げ込む。二、三か月して取り出してみると、輝かしい結晶でおおわれている。一番細い枝ですら、眩く揺れてきらめく無数のダイヤモンドで飾られているように見える。そのとき、もうもとの木の枝はどこにも存在しない」
そして、スタンダールは顔を上げ、私を見つめて言った。
「確かに、今の君はマリウスにとって、単なる細い木の枝に見えているかもしれない。しかし結晶作用の働きをふんだんに使うことで、ダイヤモンドのような輝きに見せることが可能なのだ」

水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』

引用中の“君のマリウス”とは、主人公が思いを寄せている男性。この時点で名前も知らないので、こう呼ばれています。

つまり「結晶作用」とは、なんでもないものでも、その作用が加わることでダイヤモンドみ見える力ってこと。日本のことわざでいうところの「あばたもエクボ」みたいな感じでしょうか。恋は盲目とはよく言ったもので、自分はちっぽけな小枝であったとしても、恋をさせちゃえばダイヤモンドのように見られてしまうということ。

さらにこの「結晶作用」は

人は自分の価値観で好きになるよりむしろ、周囲から認められてる人に結晶作用を起こしやすいのだ

水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』

と語られています。これ、わかりますよね。単に自分の好みだけではなく、「自慢したくなる彼女」「友達が羨ましがる彼」「同僚よりも素敵な恋人」により惹かれてしまいます。

つまり「周囲の評判になる」ことが、相手に結晶作用を起こさせる近道なのです。しかし、そのためには「誰よりも美人」である必要はありません。なぜなら、結晶作用は小枝でもダイヤモンドに見えてしまうから。“意中の彼にとっての”ダイヤモンドになればよいのです。

そのために本書で主人公が取り組むのは「悪女」になることでした。

「悪女」になる

「悪女だけが持つ武器。それは――『期待と不安を与えるコミュニケーション』だ」

水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』

これだけ言われてもわかりませんよね。八百屋で売られているトマトを例に話は続きます。

見た目も悪くなく、値段も手頃なトマトを買ったとき、八百屋のお兄ちゃんが「よっしゃぁ! このトマト売れたぁ!」と大喜びし始めたら、悪いトマトを買ってしまったんじゃないかと不安になりますよね。

それよりも、トマトを買おうとしたとき、「すみません、そのトマト予約が入ってるんです。代わりに別のものを…」と言われたほうが、ますますそのトマトを手に入れたいと思ってしまいます。そして、交渉の末にそのトマトを手に入れたら、喜びは格別です。……もとはただのトマトだったとしても。

恋愛も同じ。もし食事に誘われたとしても「よっしゃあ!」と大層に喜んだならば、相手は「あれ? もしかして良くない相手を選んじゃったのかな」と思わせてしまいます。そこで「悪女」のコミュニケーション術です。

「悪女! それは、男に対して『この女は手に入りそうだ』という期待と同時に『いや、手に入らないかもしれない』という不安も与えることで、『この女は手に入れる価値がある』と思わせ、虜にしていく存在なのだ。」

水野敬也『運命の恋をかなえるスタンダール』

そして、その「悪女」のコミュニケーションの第一歩として、「悪」に「戯れ」と書いて「悪戯(いたずら)」を仕掛けるよう指南されるのです。

実際に主人公は男性に膝カックンをしたり、驚かせようとしたり、思い切って悪戯を仕掛け、予想を裏切り、真面目なようで奔放にも振る舞い、彼を翻弄し、魅力を増してゆくのでした。

自信を持つ・新しい自分へ

主人公の女性は、過去のトラウマから目立つことを極度に嫌い、自分の容姿にも全く頓着せず、垢抜けない容貌をしていました。しかし、今回の恋をきっかけに、メイクを学び、おしゃれを学び、大胆なイメチェンを図ります。

もともと誰もが長所を持っています。彼女の場合は、現実逃避の先として読書に没頭していたおかげで、たっぷりの知識と知性を持っていました。これが彼女にとっての強みとなります。

その強みを更に活かすために、欠点の底上げを試みます。これが容姿のイメチェンでした。

自分の欠点・短所を補い、底上げすることで、自分の長所に自信が持てるようになります。そして、その自信こそが、恋に果敢にチャレンジすることに繋がり、相手に「結晶作用」をもたらす要因にもなるのです。

「自分の短所を底上げしよう」というのが、本書のメッセージでしょう。そして、「結晶作用」「悪女」「悪戯」をキーワードに、HOW TOを知ることで、恋の成就確率を上げてゆきます。

くすぶった恋心を持っていたり、「なんでわたしは持てないの!?」と思うなら、本書『運命の恋をかなえるスタンダール』を手にしてみてください。運命の恋のヒントがあるはずです。

関連記事

水野敬也さんの本

恋愛・結婚に関係のある本

続きを読む

『脱!あがり症』|治る!話し方

『脱!あがり症』挿絵イラスト

こんにちは。人前で話すのが苦手な あさよるです。「人前で話す」というのが、たくさんの人の前じゃなくて、家族とか友人とか近しい人との間でも疲れているときは「話したくない」と強く思ってしまいます(苦笑)。もともと言葉につっかえて喋りがちで、さらに疲れると呂律が回ってないのが自分でもわかるから「ああ、早くお布団に入りたい……」とそれで頭がいっぱいになります。……だからブログは性に合ってますねw

あがり症はトレーニングで克服できる!

本書『脱!あがり症』はそのタイトル通り、上がり症を個置く服する為のメソッドが紹介されたものです。上がり症も、トレーニングすれば大丈夫と紹介されています。人前に出るのが苦手だわぁという方も「きちんと準備すればなんとかなる」というのは藁にもすがる思いではないでしょうか。

本書『脱!あがり症』で紹介されるあがり症対策は、意外に思えました。度胸をつけたり、緊張をほぐすような訓練かと思いきや、違うんですね。話すべきことを、論理的に組み立て言語化する訓練が中心です。

つまり、「あがってしまう状況」って、頭の中で話すべき事柄が言語化されておらず、もちろんロジックとしても構築されていないので、わーっとグチャグチャになってる状態なんでしょう。だからパニックになってしまい、結果あがってしまう。

『脱!あがり症』では「話す」と「喋る」が別のこととして分けられて紹介されているのも印象的です。「喋る」は〈思いついた事柄〉に重点が置かれます。話すは〈内容〉に重点が置かれます。本書『脱!あがり症』では、「話す」ことのトレーニングです。

また、話すとは、ロジックを言語化することのみならず、表情やジェスチャーも重要な要素です。言語も非言語も含めて「話す」トレーニングをし、あがり症を克服します。

意外と「話すのが苦手」な人が多いのかも

あさよるのめっちゃ個人的な考えですが、人前で上手に話している人の中に、少なからず「話すのが苦手」な人が含まれているんじゃないかと思っています。あさよるの知人でも、人前で堂々といい声で、聞き取りやすいお話をする方がいます。だけどその方はご自身で「話すのが苦手」と仰います。話すのが苦手だから、何度も何度も話すべき内容を練り上げ、話す練習をし、その場に立っておられるのです。

話をすることを「苦手」な理由を持っている人は、それに備えて用意をするからこそ、パッと見ると「話し上手」に見えたりしていることも、意外と多いんじゃないんかなぁと思います。

もちろん、最初っから人前でも全然緊張もしなければベラベラと喋れる人もいるそうなので、羨ましい限りですが……。ただ、本書『脱!あがり症』的に言うと、人前で「喋る」ことと「話す」ことは別ですから、「話す」ためには準備と練習が必要なんでしょうね。

『脱!あがり症』挿絵イラスト

関連記事

続きを読む

『世界で通用する人がいつもやっていること』|能ある鷹になる

中野信子『世界で通用する人がいつもやっていること』イラスト

こんにちは。東大卒で脳科学者の中野信子さんの本が面白くてまた手伸ばしてみました。中野先生はMENSAの会員でもあるそうで、まさに才女。美人でチャーミングで、憧れまっす( *´艸`) ちなみにMENSAとは「人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を主たる目的とした非営利団体」by Wikipedia だそうです。

十分に中野先生もすごい人ですが、すごい人が世界のすごい人の特徴を紹介するのが本書です。

すごいすごいといっても、すごい人と普通の人の差って少しで、少しの違いがこんなに成果の差になるのか~と圧巻。あと、我々凡人も、少し変わるだけでも、大きな変化があるのかもと、励まされもしました。

すごい人のすごいトコロ

本書『世界で通用する人がいつもやっていること』の冒頭は、世界のすごい人の特徴が紹介されます。ザックリ見出しをまとめると、

  • 空気は読まない
  • 勝ちを譲る
  • 決まった儀式を行う
  • ニコニコしながら主張する
  • あきらめない
  • 自分の得と相手の得を考える
  • 聞き上手
  • 欠点を受け止める
  • 仕事が楽しそう
  • 嫌いな仕事は他人に振る
  • 褒め上手

最初の「空気を読まない」という言葉を聞くと、協調性を欠いて他人に迷惑をかけることだと思うなら、それは間違いです。周りの雰囲気に流されずに、自分の考えをキッパリと伝えることで、評価を得ている人の話です。苦手なこと、したくないことに時間を使わず、自分のやるべきことに集中します。「嫌いな仕事は他人に振る」も同じですね。イヤない仕事を押し付けるという意味ではなく、自分で苦手を認識して、周りの人に助けてもらいながら仕事をしているのです。

「勝ちを譲る」は、まさに「能ある鷹は爪を隠す」状態のことです。有能な人は、幼い頃から「すごい」「かしこい」と言われ慣れている人が多いから、今さら褒められたいと望んでいない。むしろ、自分の能力を他人に披露しないんだそうです。

また、私利私欲に走らず、かといって捨て身の献身をするわけでもなく、「自分の得と相手の得を考える」、すなわち「ウィンウィン」ってヤツですね。それを実際に話をまとめていくのは、まさに優秀な人ですな。

生まれながらに「すごい」人はいない

「すごい人、優秀な人は、そもそもわたしたちとは違うじゃん」と、イジけながら読み進めていると、きちんとエクスキューズなされていました。

彼らは、「もともとすごい人」ではなかったのです。いい人材を集め、いい友人を惹きつけるために、人の何倍も、何十倍も、心を砕いています。いい人材にとって魅力的な自分であるための努力を、決して怠らないのです。

p.75

生まれながらに有能なわけではなくて、そうなるよう努力をしている……。身につまされます。事実、我々は社会で人と関わって生きていますから、横暴で迷惑な人は、つまはじきにされてしまいます。有能な人ほど、他者との関わりを大切にし、人の心を動かすために苦心しているんですね……。

夢をつかむ!

すごい人は、流れ星を見たらすぐに願いごとができる! どういうことかというと、自分の目標を片時も忘れず、いつも考えているからです。みなさんも、偶然チャンスが舞い込んできたのに、準備が整っていなくて先送りにしちゃったことありませんか。「幸運の女神は後ろ髪がない」なんて言うように、その場で手を伸ばさないと、一瞬でも遅れるともう手が届きません。

だから、いつかやってくる「その時」のための備えこそが大事です。

備えは、栄養管理や、身だしなみまで至ります。「いつでも大丈夫」な状態を作るのですね。

中野信子『世界で通用する人がいつもやっていること』イラスト

すごい人は、すごくなれる環境を作る

自分の非力さ、無能さに軽くめまいがしてしまいそうですが、世界に通用する人は、自分の能力上げるための「環境づくり」に力を入れているようですね。例えば、テスト前のルーチンとか、規則正しい生活とかがその類。

「集中しないと」「勉強しないと」と思い詰めず、「勝手に集中してしまう~」「自動的に勉強モードになる~」という環境を整えるのです。遊び道具やテレビや音楽の流れる机で勉強は難しいので、ガッと集中するしかないスペースを設けましょう。

また、とてもじゃないけど不可能な目標を立てても、そんなの取り組む気になりません。それよりも、身近で今から始める目標を設定し続けましょう。

んで、よく寝る。

脳科学者の中野信子先生ですから、脳の機能として睡眠の重要性と、勉強して寝ると記憶に定着しやすいことが紹介されています。くれぐれも一夜漬けはやめましょう。

「やらないこと」リスト

あさよる的に、今日から実践ようと思ったのは「やらないことリスト」を作るという話です。「やることリスト」を作ってる人は多いでしょうが、時間切れになってしまうこともありますよね。TODOも大事ですが、時間管理には「今日はやらないこと」を明示しておくと、余計な時間が取られなくて済むというワケ。やることに集中するためには、なるべくやることは少なく減らしていく方がいい。そのための「やらないことリスト」。

あと、自分のやったことを記録に残しておくこと。これは、自分の努力を記録することであり、客観的に自分を見るための道具にもなります。そう、世界に通用するすごい人って、自分の長所も短所も客観視できるのです。

「謙虚」というのはすごい人が謙遜するから「謙虚」なのであって、あさよるのような人間が「いやいや……///」「大したことないです」と言っても、それは事実を述べているに過ぎないのだった。

関連本

『正しい恨みの晴らし方』/中野信子

『正しい恨みの晴らし方』|最高の復習は……

『サイコパス』/中野信子

『サイコパス』|冷静で共感しない人たち

『脳内麻薬』/中野信子

『脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体』|誰もがドーパミン依存!?

『あなたの脳のしつけ方』/中野信子

『あなたの脳のしつけ方』|モテも運も努力も脳次第?

『ウケる技術』/水野敬也,小林昌平,山本周嗣

レベル高すぎ!?笑いのコミュニケーション|『ウケる技術』

『超一流の雑談力』/安田正

『超一流の雑談力』|当たり前だけど難しい「雑談力」!

『GRIT やり抜く力』/アンジェラ・ダックワース

『GRIT やり抜く力』|失敗して挫けても、必ず立ち直る

『最強の働き方』/ムーギー・キム

『最強の働き方』|ホントにすごいヤツはこんなヤツ!

『すぐやる!「行動力」を高める“科学的な”方法』/菅原洋平

『すぐやる!「行動力」を高める“科学的な”方法』|あとでやろう→できなかった→罪悪感

『休む技術』/西多昌規

『休む技術』|頑張って休もう!?「動の休み」もあるんです

続きを読む