クッキング・レシピ

『ひと月9000円の快適食生活』|レシピ集なのによだれが……

『ひと月9000円の快適食生活』挿絵イラスト

こんにちは。あさよるです。さっそく夏バテ気味で食欲が減退中デス……ということで、いつもと違ったメニューを作ってみようかなあと『ひと月9000円の快適食生活』を読み始めました。この本は以前から読みたくて積ん読してた本です。読んでみると、読んでるだけで目からよだれが出てくるような……(^q^)

どの料理も手順は凝ったものではなく「家庭料理」の範囲だろうと思います。だけど「家で作るの面倒くさそう」なメニューを、簡単に手を抜くところは抜きながら、だけどおいしく調理するコツが紹介されています。ちょっと凝った料理を自分で作れるとホクホクですね(*´ω`*)

あさよるも毎日おんなじ料理を食べてるタイプなので(そしてそれが苦にならないタイプなのですが)、ちょっとレパートリーを増やしてみるのもいいなあなんて。なによりこの本、レシピとしてじゃなく、読み物としても軽快で良すぎる(^q^)

レシピ本……なのにおいしすぎ

本書『ひと月9000円の快適生活』はレシピ本です。そしてタイトルからみるに、お金をかけなくても節約しておいしい食生活のためのノウハウが紹介されているのです。しかも、手間もかからず簡単な、料理のコツのようなレシピが多いのです。

が、どうして、これが読んでいるだけでとんでもなくおいしそうなのです。江戸っ子口調で気風が良い文体も余計においしさを引き立てます。レシピは手の込んだ料理ではなく、家庭料理の範疇にあるものばかり。だけど、ちょっと手の込んだような献立に思えるものですね。それをチャキチャキと簡単に手際よくさばいてゆくよう。

あさよる自身も料理は嫌いじゃないし、テレビの料理番組は好きです。YouTubeでもいつも見ているのは料理チャンネル中心。料理が面白いのは、テキパキと段取りよくこなしてゆくところでしょう。自分でも、段取りよくメニューを揃えられると達成感があります。

その、料理の楽しみを疑似的に読書で体験させてくれるのがこの『ひと月9000円の快適生活』なのです!

「おいしい」は官能的

「おいしい」という感覚は官能的です。なんてったって本能、欲望を満たす行為ですからね。料理はある種の快感を得られるし、また「食べる」という行為も快楽です。今の社会で、毎日の食事の多くは「生きるための活動」ではなく「咀嚼する快楽」のために行っていることの方が多いでしょう。

そして「おいしい」を感じる読書とは……ある意味の官能小説的? 小説じゃないけどね。

ちなみに、あさよるはよく「おいしそうに食べる」と褒められる(?)ことが多く、若いころはこの才能(?)によって生き長らえていました。若者はお金がないのにお腹が減っているものですから、「おいしそうに食べる」ことが気に入られ御馳走していただく機会に恵まれていたのです。あさよる自身と、あさよると同じように「おいしそうに食べる」人を観察していると、おいしそうに食べる人は、「おいしいおいしい」と声に出してよく喋ります。具体的になにがどうおいしいのか、どんなところが気に入ったのか、コレとアレはどう違うかなどなど、とにかく「おいしい」を言葉にする。ある意味の言葉攻めですねw

食い道楽する人は、同じような人が集まるもんで、あさよるの友人知人はみんなよく食べるし、「おいしい」を言葉で表現するのを惜しみません。お酒を飲むときも同じ。ひと口ひと口どうのこうのと感想を述べながら飲むからこれがまた楽しい。

『ひと月9000円の快適食生活』はそういう、食い道楽に通ずるレシピ本。料理好きはおいしいもの好きなんですね。

ジブリ飯みたいなね

アニメなんかの評価で「食べ物がおいしそう」ってのが語られることがありますね。その代表格がジブリ飯じゃないでしょうか。ジブリ作品で描かれる食べ物がたまらなくおいしそうってやつ。ポニョが食べるラーメンとか、ルパンが食べるスパゲッティとか、ドーラが食べる海賊肉とかね。

よしもとばななさんの『キッチン』の主人公は、台所が落ち着く場所で、孤独な時間を台所で過ごします。『キッチン』でも、食べるシーンが印象的です。

「食べる」って動作を、五感が刺激されてよだれが出るような表現ってすごいよね。

夏バテ気味ならこれでOK?

『ひと月9000円の快適食生活』挿絵イラスト

あさよるはここ1カ月くらい夏バテ気味でお腹の調子も思わしくありません。いや、その前から最近、脂っこいものを食べると胃にきて……若い頃よく年長者から「30過ぎるとから揚げを食べられなくなる」と聞かされていましたが、まさか我が身にもそれが降りかかるなんて……。あさよるは絶対いくつになってもからあげを食べられると信じていたのに(遠い目)。飲み会でもとりあえず野菜を注文してしまう自分に驚いていますw

あさよると同様、夏バテで物理的に食べるのが大変なら、本書『ひと月9000円の快適食生活』でひとまずその場をしのぎましょう……w

関連記事

続きを読む

飯テロ注意!|『小林カツ代の「おいしい大阪」』

こんにちは。飯テロにはすぐに屈する あさよるです。あさよるの前でウマいものの話はすなー! 『小林カツ代の「おいしい大阪」』は、タイトルだけでもう飯テロ成功してるんじゃないかと、こう思うわけですな。読まざるをえない。生唾を飲み込んでばかりでは我慢ならず、ミックスジュースを作るしかないのであった。

大阪の、ふつうの、おいしい話

本書は小林カツ代さんのおいしい談義。一応レシピも載ってはいますが、ガーナチョコの箱に書いてあるチョコ菓子のレシピくらい短いやつです。それに、大体は料理名を聞いて「あれね」とイメージできるものがほとんどだし、たぶん自力で作れるものが多い、と思う、のは、あさよるが大阪の人だからだろうかw

最初に登場するのはビーフカツサンド、そしてホットケーキ。しかも、「アメリカンの」ビーフカツサンドとホットケーキ。アメリカンとは、大阪は難波にある喫茶店で〈大阪の喫茶店文化〉の代表といっても異論がないお店です。そう、大阪って喫茶店の街で、まちのいたる所に小ぢんまりとした喫茶店がひしめき合っています。あくまでも「喫茶店」であって「カフェ」ではないのです。んで、この喫茶店のメニューがたまらんのですわ。あさよるも喫茶店の「おいしいんかどうなのかわからん」けれども「なんかむっちゃ特別な感じがする」喫茶メニューが大好きです。

3番目にはミックスジュースが紹介されています。ミックスジュースは あさよるもお家でよく作ります。喫茶店でも、コーヒーの気分じゃなかったらミックスジュース注文するなぁ~。ああ、飲みたいなぁ~。

こんな感じで、肉うどん、にゅうめん、オムレツ、ハヤシライス、しゅうまいなどなどと、「普通の」「ありきたりな」メニューが次々と紹介されるのですが、その、平凡なメニューだからこそ、舌が味を覚えていて読んでいるだけで反芻してしまうような……。また、小林カツ代さんのね、「おいしい」ただ「おいしい」を表現する文章がたまらんのです。

昔の、食卓の風景が楽しい

本書では小林カツ代さんの幼い頃の回想も数々ととび出します。思い出の中の「おいしい記憶」、誰だって一つや二つあるでしょう。どうしてこうして「おいしい記憶」ってこんなにも美味しそうなのだろうか!

戦後、町にはまだ女中さんや丁稚さんがいて、御寮(ごりょん)さんが食事の用意をする。お祭りの出店で、大衆食堂で、市場で、「おいしい」ものを食べる。それはただのゆで卵だったりするんです。あるいは、お母さんが漬けた浅漬け。すごく普通の、よそ行きじゃない食べもの。それがむちゃくちゃおいしい!

あ~!

「焼きそばに生卵をつけて食べる」という話があったので、母に訪ねてみると、「そんなんしたことない、けど……」とチキンラーメンでペペロンチーノを作って食べる話を聞いて、とてもやってみたい。無論、「スパゲティー茹でてペペロンチーノ作ったらええんちゃうか」という話は脇へ置いておいて。

関連本

『実践 料理のへそ!』/小林カツ代

実践 料理のへそ!

『もしも宮中晩餐会に招かれたら』/渡辺誠

『もしも宮中晩餐会に招かれたら』を読んだよ

『笑ってお料理』/平野レミ

『笑ってお料理』を読んだよ

『こまったさんのカレーライス』『こまったさんのサンドイッチ』/寺村輝夫,岡本颯子

料理はたのしい!『こまったさんのカレーライス』『こまったさんのサンドイッチ』

『理系の料理』/五藤隆介

『理系の料理』|フローチャートで料理をしたい人へ!

続きを読む

『魚のさばき方大事典』|よく研いだ出刃包丁持ってきて!

こんにちは。魚がさばけない あさよるです。いや、昔や自分で釣ってきたアジを自分で調理して食べた気がするんですけどね。アジやサバも昔は魚屋さんで一匹丸々買ってきてお家で下処理してたじゃないですか。ですが、いつの間にかスーパーで切り身しか買わなくなって、ふと「あれ、アジってどっちからさばくんだっけ?」と分からなくなっている自分がいて、怖いw

太刀魚も釣りに行ったけども、釣っても自分でさばけたのか甚だ疑問であるw

そんなことをぼんやり考えているとき、たまたま新刊本で本書『魚のさばき方大事典』を見つけてから、気になって仕方なかったのでありました。

61種類の魚・貝・イカ・タコの〈さばく〉〈おろす〉〈ひらく〉

『魚のさばき方大事典』とタイトルの通り、本書はひたすら魚や貝、イカ・タコのさばき方が淡々とオールカラーで紹介される良書です。

3つの章から構成されており、1章目は出刃包丁のみでさばける魚。2章は出刃包丁+別の道具を使うもの。3章は軟体・甲殻・貝類をさばく……と、道具と種類で分類されているという、良書です。

もちろん冒頭では、魚の部位の名前を紹介するページもあるのですが、基本はひたすら、魚のさばき方がズラズラと紹介されます。

オールカラー!手順ごとに写真つき

何といっても、本書はオールカラーであり、写真も鮮明で、実際に魚をさばいている様子が収められています。裁く人の、微妙な力加減とか、左手の位置や添え方とか、見て分かるのはありがたいのです。

ウロコを取るところから、一つの動作ごとに一コマずつ割り振られており、手順がよくわかります。まるで『しろくまちゃんのほっとけーき』を見ているかのようで、きっと子どもも喜ぶ本じゃないかと勝手に推測します(笑)。

調理法も掲載!85の魚料理

ちゃんと、さばいたあとは定番の調理法も紹介されています。例えば、鯛のの頭を「どうやって使おうか」というときに、割り方とお吸い物の紹介がなされているのはナイスだと思います。

或いは、アユを塩焼きにするとき、串を打って体を立体的にしたり、魚の頭や尾を飾りに沿える方法など、料理屋さんではよく見るけど、家ではやってないようなこと。ビジュアルで見ると「次はやろう」と思います(笑)。

料理本ではないので、調理法を詳しく知りたいのなら専門の本に譲るとして、「魚のさばき方大事典」という名前に偽りのない一冊です。

魚ハックっぷりがスゴイw

さかなの全身写真が収録され、簡単な魚のプロフィールが紹介されているのですが、意外とどの魚もパッと見て顔と名前が分かるものばかりで面白かったです。先にも述べたように、最近は切り身ばっかり食べてるから、未だにしっかりと見分けがついてるコトに驚いたのでしたw

そしてもう一つ。魚のさばき方の手順を一つずつ見ていると、人類とはよくもまぁ、ここまで魚の種類に合わせて最適化された食べ方を見つけてあるもんだなぁ~としみじみとw

背中から割るもの、お腹から割るもの、先に血抜きするだの、たぶん、大昔から同じように食べてたんだろうなぁと悠久の時間に思いをはせたのでありました。もちろん、技術の進歩、道具の進歩による〈今風〉な食べ方もあります。深海魚とか、遠くの海にいる魚とか、今だから食べれる魚もたくさんあるし。

ああ、おいしい魚食べたいなぁ。

続きを読む

『理系の料理』|フローチャートで料理をしたい人へ!

始めに断言しておく。あさよるは巷にいう「主婦の料理」という言葉が嫌いであり、理解できぬ!ww

あさよる母は“計量する主婦”だった。スケールや計量カップで量を計るし、適当に調理しているように見えても「目分量で“計っている”」と言う。具体的に「このお玉のこのへんまで」「このスプーンのここまで」と、手持ちのツールで“計っている”のだ。

あさよるも、この感覚はわかる。「このカップはギリギリまで入れて180cc」とか、小学校でコーヒーフレッシュが10ccだと教わってから、“フレッシュ基準”で10cc・10gより多いか少ないか考える。10kgの米の重さと比べたりね。何かしら“基準”があり、正確さはともかく、必ず基準と比べながら“計っている”感覚だ。

だから、「主婦の料理はいちいち計ってられないのよ」とか、「どれくらい?」という質問に「適当に」と返されると怒りを感じてしまう。その指示は、わからん!

全国の“主婦の料理”が理解できない人へ

前置きが長くてすみませぬ。もし、ちょっとでも共感や「せやな」と思ってくださったなら、『理系の料理』読んでみてください。ちょっと感動しました。

反対に、「なんでも計るって、病気じゃないの?」と思われた方は、今日はこのへんで、さようならw (いや、この手の話題になると、必ず あさよるを病気扱いする人が少なからず現れるのです。失礼な話です٩(๑`^´๑)۶)

『理系の料理』の著者・五藤隆介さんも感覚的な料理が理解出来ず、長年調理の一切と無縁の生活を送ってこられた方です。それが、妊娠中の奥様のつわりが酷く、急遽炊事を任されることになったからさぁ大変!奥様は料理好きの料理上手な方でセンスで調理をする人です。奥様から有益なアドバイスは得られません。背水の陣の中、家族が生き抜くために、不慣れな料理をし始めたのでした。切羽詰まってます(゚A゚;)

大雑把な計量が理解できない!

著者が戸惑っていたのは、レシピにある分量が超大雑把なこと。「卵一個」とか「タマネギ一個」とか、いやいや、卵の大きさは?タマネギってもいろいろあるぞ!?ってね。「トマト一個」って……大きやさ熟し具合とかいろいろあるやん……。

そこで著者は、恐ろしいほどに何もかもを計量しはじめるのだった。牛肉の大きさを定規で測り、塩“一摘み”を計量します。そしてトライ・アンド・エラーで、データを集め、そのデータから次回の調理に生かします。

終いにはEvernoteに記録し、PDCAサイクルを回し始めるのです。

そして実験を繰り返した結論として、材料の分量は20%~30%変わっても、味に大きな変化はないってこと。へぇ!…φ(..)

これだけ“幅”があるから、感覚的な調理が可能であることに気づきました。多少失敗しても復旧できるし、材料が変わっても料理として成立する。いや、当然の結果なんだろうけども、こうやって実地で実験を繰り返して結論を導き出している人を目の当たりにし、感動します。

レベル高杉・ついてけない

ヨチヨチ歩きの料理長初心者から始まる本書ですが、終盤にはかなりレベルの高い「主夫の料理」に成長しています。

献立の立て方や材料の保存の仕方等も、最適解を導き出し、怖いものなし!ここまでくると、感覚でやっていると到達できない域になるんじゃないだろうか。何といっても“再現性”です。そして、最小限の手間で最大限の効果を上げること。

感覚でやってるとムダがあっても気付きませんし、故に改善もできないので、データ取るのって大事だな、と。一見ね、データを取るのは面倒に思えますが、最終的にはそれによって改善がなされ手間が減ってゆくだろうと想像します。

でもね、ここまでできる人、そんなに多くないと思うのです(苦笑)。レベル高ぇなぁww

本書『理系の料理』は大いにオススメしたい料理本なのですが、他人に実践をオススメはできない料理本でもありますw ちなみに、あさよるも実践は……しないですw

“料理”をハックせよ

〈牛丼制作の手順書〉から始まる本書。ページをめくると牛丼制作のフローチャート。そして材料は事細かに“かゆいところに手が届く”說明がズラズラと。調理器具まで細かく設定されています。そして料理手順も、通常「たまねぎ一口大に切る」で終わることを、4ページも使って説明されるw

笑えるんですが、どこか感動してしまう自分がいたりして……。

料理ってこうやって、分解して考えれば良かったんだな……。尊敬。

ちなみに、あさよるの料理事情に手を差し伸べてくれたのも、やはり1冊の本でした。それは、『料理の教科書ビギナーズ』。この本も、冷奴とかほうれん草の茹で方から始まる良書。手順が簡単なフローチャートで教えてくれるので非常にわかりやすい。

そして木下あおいさんの『一瞬でお料理上手になる ごはんの魔法』。料理をしないorできない単身世帯の女性向けの本で、まず最低限必要は調理器具がズラッと紹介されていて感動しました。

道具ってね、大事なんですが、まず何を揃えていいのかわからないんですよね……。『理系の料理』でも道具選びの指南がなされています。

『一瞬でお料理上手になる ごはんの魔法』を読んだよ

理系ってか、工学っぽいね

『理系の料理』のレビューでチラホラと見かけるのが、「理系っていうか、工学系の料理だね」って話w

実験の報告書は、見慣れない人には読みにくいものかも。

ネタ的に楽しんでもいいし、あさよるの様に内心感動してリスペクトしちゃっても……(*´ω`*)

料理って面白いんだなぁと、改めて感じる本でした^^

追記

著者の五藤隆介さんからTwitterでメッセージを頂きました!光栄です^^

続きを読む

『考えない台所』|家事のシステムを作っちゃう!

こんにちは。面倒くさがり屋のあさよるです。

料理や掃除は好きなんですよ。気が向いた時に、集中してやるのは。しかし、毎日これをやるのはやっぱり面倒です……><

『考えない台所』は、2015年の出版当時見かけて気になっていた本です。

煩わしいことを考えず、テキパキとシステマチックに台所仕事を行うための考え方が詰まっています。

「料理家」による台所のお片づけ

本書『考えない台所』は、キッチンの収納や材料仕入れの考え方など、台所仕事全般に関わるアイデア集です。

著書は、料理家の高木ゑみさん。

「料理家」の方が書いているというのが、ポイントだと思います。

収納アドバイザーや、片づけのプロとはまた違う、料理を教えている側の人ですから、効率のいい台所、理想の調理環境をご存知です。

本書でも、単に台所収納の話だけでなく、材料調達のメモの仕方や、掃除がしやすい環境づくりなど、「料理をする」「食事をする」に関する幅広い内容です。

ベテランさんならやってること?

本書『考えない台所』、もしかしたら家事ベテランさんの中で、手際のよい方なら既に実践なされてることなのかな?と思います。

調味料や料理器具も時間と共に揃ってゆくだろうし、家事の初心者~中級者さん向けの内容だと思います。

著者の指南通りに実践するのはもちろんのこと、考え方のエッセンスとして利用するのもgood!

あさよるも、読んでいるだけで「そっか!」「なるほど…」の連続でしたよ。

考えずに済むシステムを

料理って毎日するものです。日に何度もするものです。

だからこそ、最初に考えなくてもこなせるシステムをつくり上げちゃえば、あとはルーチンで回してゆける。

・献立作り
・買い出し
・冷蔵庫
・収納
・調理
・片づけ

考えただけでゾッとするのは、手段が確率されていないからでしょう。

いちいち「あーして、こうやって……」と考え続けるのは苦痛です。

最初は面倒ですが、ルールを決めてしまえば、あとは楽なんだなぁと知りました。

「テキパキ」とはこういうことか!

例えばまな板の使い方。まな板の上で、葉物野菜を切るエリアや、薬味を刻む場所を決めておけばいい。

あさよるも、野菜と肉類は面を変えていましたが、もっと細かくスペースを分割しちゃえばいいんですね。

献立も、「献立客観シート」をつくるというワザ。簡単に紹介すると、

牛肉 豚肉 鶏肉 魚介類 その他
生(和/洋/中)
煮る(和/洋/中)
炒める・焼く
(和/洋/中)
揚げる
(和/洋/中)
蒸す・茹でる
(和/洋/中)

↑献立をこんな風に、表にして管理すれば、偏りも一目瞭然というわけ。

これ、最初の導入はヒジョーに面倒くさそうですが、使い始めると健康管理も楽になりそうです。

また、手作りの料理だけを良しとせずに、時には既製品も使いこなしましょうと指導されています。

「料理はこうあるべき」「こうしなければならない」と既成概念に縛られてイライラするくらいなら、便利アイテムを使いこなして、楽しく家事に取り組んだ方がずっといい。

時短アイデアだけでなく、効率よくテキパキと台所を動き回るアイデアが集められています。

老若男女問わず、広く活用されるアイデアです^^

続きを読む

『イラストでよくわかる きれいな食べ方』|これ知りたかった!ファストフードの食べ方

こんにちは。大人のレディになりたいあさよるです。

やっぱ大人として恥ずかしくない振る舞いがしたいと、マナーや行儀を書いた本を集中的に読んでいた時期もありました(^^;)>

本書『きれいな食べ方』もその時に出会った本でした。

ファストフードをきれいに食べたいw

本書『きれいな食べ方』は、表紙デザインを見てわかるように、ピザや手羽先、ハンバーガー、もんじゃ焼きなど、庶民的の食べ物をきれいに上手に食べる方法が紹介されています。

家で一人で食事をしていても、焼き魚を上手に食べられると嬉しいものです。未だに、モスバーガーの食べ方は迷ってしまうものですw

炉ばた焼きとか、焼き鳥とか、ホルモンとかパエリアとか、汚く食べるかきれいに食べるか。これって自分の満足度も変わりますし、モテ要素にも関係するのでは!?なんて思いました。

お堅いマナーは別の本へ

もちろん『きれいな食べ方』では、会席料理やお茶席、高級フレンチ等でのマナーも紹介されています。

が、これらは、これだけで一冊の本になっちゃうような奥の深い話。この『きれいな食べ方』で2ページほどで知れる世界ではありませんね(・∀・;)

あくまで、さまざまな食べ物を、どうやってきれいに食べるのか!?という好奇心を追い求める内容です。

内容の濃さ、深さではなく、幅広さが面白い^^

どんな料理も“気遣い”と経験値

さまざまな料理、高級なものから子どものおやつのようなものまで、幅広~い食べ物の「きれいな食べ方」。

共通しているのは、一緒に食事をする人や、お店の人への“気遣い”なんだなぁとしみじみ思います。

例えば、熱々のたこ焼きを口に含んだものの「熱ッ!」!ドロッと吐き出してしまう。よくある光景で気持ちは痛いほど分かりますがw 他人のリバースしたたこ焼きを見ないで済む人生でいたいものですw

茶席でも周りの人への“気遣い”に言及されているのを見ます。

どんな料理でも、庶民料理でもファストフードでも、周りのすべて人への気遣いを忘れずにいたいものです。

経験値上げが大人の使命!?

さっきのたこ焼きリバース問題を例に話をします。

そのような悲しい事故が起こってしまうのは、経験値も関係していると思うのです。

すなわち、熱々のたこ焼きを食べ慣れている人にとって、出来たてのたこ焼きが凶器であることは周知の事実。しかし、たこ焼き経験値が低い人にとっては、突然の事故です。

パエリアの取り分け問題や、合コンでのサラダ取り分けアピールとか、お酌の仕方・され方とか、普段から慣れている人にとっては日常。しかし、慣れていないとレベル高すぎるコミュニケーションです。

大人の嗜みとしてマナーを身に着けたいなら、そもそも全方向的に経験値上げをしたいなぁと思いました。

あと、お店の人に食べ方を聞くという「素直さ」も大切なんですね……(-_-;)>

ネタっぽくもマジっぽくも使える!

あさよるは『きれいな食べ方』をネタ本っぽく捉えてはいるんですがw、しかし「ネタ」の一言で済ませられない「マジ」な部分も時折顔を見せます。

「吉牛の作法」とか「モスバーガーの作法」とか、ネタだろwwと思いつつ、人間関係って、高級料亭や高級フレンチではなく、こういう庶民のお店で培われます。

ネタっぽく読みつつも「勉強になるなぁ」「これ、気をつけよう……」の連発。

ちなみに、あさよるは手羽先の食べ方が衝撃でした。

最初に、関節をポキっと折って取ってしまいます。そしてパクっと口に入れ、身だけスルッと外し、骨を出す。

おおお!今まで齧り付いて顔ベッタベタになってたぁぁ!!

続きを読む

実践 料理のへそ!

読んでるだけでよだれが出そう!

卵かけごはんに始まり、塩むすびで終わる『実践 料理のへそ!』。

ご飯何杯でもいけるわぁ~。

続きを読む