コミュニケーション

『歌上手になる奇跡のボイストレーニングBOOK』を読んだよ

カセットテープをコピックマーカーを使って描いた手描きイラスト

「自分で自分の姿は見えない」という話題を先日ブログに書きました。
自分だけに見えない自分の姿を、オシャレに着飾るのはどういうことなのだろうと考えました。

他にも、自分では自分の様子が分からないものがあります。
それは「声」。

たまに、録音した自分の声を聞いて愕然とする……なんてこと、ありませんか?
自分の“体の中で反響した音”が自分では聞こえているため、自分が聞いている声と、録音した声が違うそうです。

自分の声にいつまで経っても慣れない(;´д`)トホホ…

私は自分の声や喋り方があまり好きではありません。
気の利いたことも言えないし、後になって「なんであんなこと言ってしまったんだろう…」と落ち込むこともしばしばです。
喋ること自体に苦手意識があるのかもしれません。
自意識過剰なのは分かっているつもりなんですが、気になるものは気になっちゃいます。

自分では、複数の声色を使い分け、抑揚や声のトーンも臨機応変に切り替えている……つもりです。
ですが、録音された自分の声を聞くと、最初から最後までひたすら一本調子。
しかも、なんだかフニャフニャと力の入ってない喋り方で、子供っぽく不快に思います。

こんな不快な声を、周りの人たちはずっと聞いてくれてるのか……と感謝するやら申し訳ないやら……。

声が嫌いと言いながら、なにもしてこなかった

声質はもうどうにもならないと諦めるとして、フニャフニャ喋るのは改善したい!
以前からそう思い続けて入るのですが、具体的になにをすればよいのか分かりませんでした。
「この人いいな」って人の話し方をマネて喋ってみることもありましたが、なんだか「作りすぎ」な気がしてやめてしまいました。
ここでも自意識過剰なのかもしれませんね(^_^;)

ボーカルレッスンというのも、過去に何度か受けたことがあるんです。
先生が姿勢や息の使い方を指導してくださると、びっくりするような大きな声が出るようになって驚きます。
ですが、歌手になりたいわけでもないし、日常会話の発声のために、月ン万も支払いつづけるのはなぁ……と継続してのレッスンに至らず現在に至りました。
今、喋り方の改善に関して書き出してみると、「やらない理由」ばかり挙げています。
これまで、気になってると言いながら、特になにもやってこなかったんですね。

続きを読む

『ずらり 料理上手の台所』を読んだよ

憧れのキッチンに置きたい琺瑯のやかんやアルミのボウルなどのキッチン用品をコピックマーカーで描いたイラスト

私の好きなテレビ番組の一つは、NHK「きょうの料理」です。
とても凝った料理から、定番の家庭料理、初心者でも作れそうな献立など、幅の広いラインナップで、毎日見逃せません。
司会進行役のアナウンサーと、料理人や料理研究家の先生との掛け合いも面白く、楽しみなことが多いのです。

特に私は、料理人の先生が、とても自宅で作れないような手の込んだ料理を作る回が好きです。
なぜなのか理由を考えると、プロの手際や技に見惚れているのかもしれません。
難しいことをしていなくても、手さばきが素早く美しく、見入ってしまうのです。

『ずらり 料理上手の台所』を読んだよ

『ずらり 料理上手の台所』では、21人の台所がきれいな写真とともに紹介されていました。
料理家やフードコーディネーターなど食に関わる職業の人もいれば、イラストレーターや主婦のこだわりの台所もあります。
どの台所も、よく使い込まれた道具と、よく磨かれたシンクや調理台に料理への思い入れを感じました。

私は料理を作るのは嫌いではないし、くいしんぼうなので、毎日一応調理はします。
ですが、調理器具や台所そのものに、愛着を感じることもなく、大切にも扱っていないと気付きました。
思えば、作った料理も、それを食べる行為にも、こだわりも持たず、なんとなく雑に済ませてしまっているように思いました。

本当は自分で作った料理だって、よく味わったらそれぞれ素材の味を、もっと楽しめるのかもしれません。

続きを読む

『人生がときめく片づけの魔法2』を読んだよ

片付けで洋服を畳むと嵩が減って綺麗になったイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

みなさん家事の中で、好きな家事、嫌いな家事ってありますか?

私は洗濯にまつわる家事が嫌いで苦手です。
特に、衣類をキチンと畳んで棚や引き出しに戻す動作が嫌で嫌でたまりません。

洗濯物を畳まなくても良いように、シワにならない素材の衣類を選び、乾いた衣類をそのまま衣装ケースにポーイと放り込めば済むようにしていました。
洗濯にまつわる憂うつさは少しは軽減できたのですが、シワにならない素材の服しか持てないので、自分のファッションに制限がかかってしまいます。

それでも、これまでは何も気に止めていなかったのですが、段々と、年齢に応じた服装をすべきではないかと考えるようになり、TPOに合わせたいくつかの洋服は常備しておくべきじゃないかと思うようになりました。
場合によっては、シワになる素材のものも持つべきかもしれません。
これまでにないファッションにチャレンジできるのは楽しみな半面、洗濯物を畳むことを考えると憂うつです。

「畳むのが嫌」なのは難しく考えすぎてたせい?

なぜ衣類を畳むのがそんなに嫌なのか。
地味で面倒くさい作業が億劫なのもありますが、考えてみるとそもそも私は衣類の「畳み方」を知りません。
見知っている畳み方と言えば、アパレルショップで棚に並んだ洋服の畳み方です。

私は、家でもお店と同じように衣類を畳まなければならないと思い込んでいて、嫌になっていたのかもしれません。
ですが今更、服の畳み方を他人に聞けないし、どうせシワにならない洋服しか持っていないので、やはりポーイと衣装ケースに洋服を放り込む毎日でした。

続きを読む

『顔グセの法則』を読んだよ

目と眉の距離が近いと美人に見えるイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

突然ですが、以前から「目と眉を近づける練習」をしています。

世の美男美女と呼ばれる人々……モデルさんや俳優、女優さんの写真や動画を見ては、
「なんで女優さんはこんなに目と眉の間隔が近いんだろう?」
と羨望の眼差しを向けていました。

「それに比べ私は……目と眉が離れていて超間抜けヅラ!」
テレビの画面から目を離し、生まれ持った自分の顔を鏡で見ては落胆し、自分の運命を呪うばかりでした。

ですが、ある時から「もしかしたら練習すると目と眉の間隔って縮まるのかも?」と思い始めました。
これはやってみなければ分かりません。
半信半疑ですが練習を開始したのです。

表情豊かに動く眉……どうなってんの!?

それとは別に、私はここ10年位の間、眉を動かす練習をしていました。
「アメリカ人はたくさんの人種が集まっているから、意思疎通を取るために表情やジェスチャーを特に大げさにするんです」と昔、誰かに聞いたのです。
なるほど、そう言われて映画を見ていると、確かにアメリカ映画の俳優さんの眉はオーバーリアクション!
それ以来、洋画を見る時は俳優さんのクルクルと変わる眉の演技に夢中になりました。

特に、眉を左右別々に動かす表情に注目していました。
私の眉は、自分の意志では精々、眉間にしわを寄せたり、おでこを上にひっぱって、眉の位置を少し変えるくらいです。
映画俳優が特別に表情が豊かなだけでなく、これまで出会ったアメリカからの留学生の友人たちも、みんな表情豊かで、眉がよく動いていました。
日系やアジア系のアメリカ人もそうです。

続きを読む

『ジョハリの窓―人間関係がよくなる心の法則』を読んだよ

コミュニケーションに必要な自分の姿を知るイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

「自分のことは自分が一番良く分かっている」と言う人がいます。
私も時々そう言います。

ですが、自分のことは自分が一番分かっていないのかもしれません。
自分の姿を、自分は主観でしか見れません。
それは、精神的なことではなく、物理的にも私達は自分の姿が他人からどう見えているのか分かりません。

自分の姿の客観視はできるのか

写真で撮ればいいじゃないかと言っても、そういうものでもないでしょう。
例えば、写真に写っているAという人物と、目の前にいるAという人物を、同一人物だとは認識できても、情報量も全く違いますし、生きて動いている人と、写真とは違うように思います。
自分自身の姿も同じではないかと思うのです。

鏡で見ればいいじゃないかと思うのですが、鏡では、自分の目で鏡を覗き込める範囲しか見れません。
ですが、私は他人を、その人の目の位置から見たことがありません。
あくまでも、他者は一歩引いた位置から観察していると考えていいのではないでしょうか。

唯一無地の私を知らない私

これは、とても恐ろしいことではないのだろうかと、たまに思うのです。
私だけが私を知らない。

私にとって「私」という人物は唯一無二のかけがえのない存在です。
私の居ない私の世界はあり得ません。
その私が、私のことが分からないだなんて。

続きを読む