黒崎直『水洗トイレは古代にもあった―トイレ考古学入門』書影

トイレに関する話を、子供たちは大好きです。排泄の何が面白いというのかと不思議ですが、自分たちもかつてそうだったのです。トイレの話題でツボに入ってゲラゲラ笑い転げなくなることは、子供から大人になることなのかもしれません。

排泄は生きることと直結しています。食べることと排泄は一つの行為のはじめと終わりです。
「食べる」ことは、生き物の命を奪い罪や穢れをも連想させることであると同時に、生きる歓びを文字通り噛みしめることでもあります。
それに対し、「排泄する」ことは、「笑い」と繋がっているのは、なかなか面白い気がします。
なにか、人間の感情の出処というか、そういうものなのかもしれません。

続きを読む