ヒト

『人は感情によって進化した』を読んだよ

この夏、2015年8月16日に横浜スタジアムにて、ゆずのライブへ足を運びました。前日の8月15、16日と二日間のライブで、私は運良く二日目のチケットを手に入れられたのです。

ライブの模様が両日ともCDになって発売されており、収録曲を参照していただくと、ファンの方なら分かってくださるかと思うのですが、ゆずがデビュー前から歌っていた古い曲や、CD未収録の曲も披露され、ライブへ来れてよかったと思いました。

中でも聞けて嬉しかったのは『心の音』という、ゆずのファーストアルバム『ゆず一家』に収録されている曲で、2004年7月11日、神戸ワールド記念ホールにて、体育館ツアー2004「夢の地図」で一度聞いた以来だったように記憶しています。このツアーの模様は限定でDVD化されています。
もう一曲『ジャニス』という、シングル『心のままに/くず星』のカップリング曲は発売当初から大好きだったのですが、この度始めてライブで聞けてとても嬉しかったです。
ライブの様子をCDで聞き直し、あの嬉しさがこみ上げる瞬間を再び思い出しました。

さて、そのライブ中の出来事です。
CDにも音が入っているのですが、ライブ途中から夕立が降り始め、どんどん雨脚は強くなり、とんでもない豪雨に見舞われました。横浜スタジアムは屋外の野球場ですから、レインコートや雨の準備もしていましたが全身ずぶ濡れでした。こんな大雨に合うのは生まれて初めてです。これまで経験したことのない雨量の雨を、しかも屋外で全身にもろに浴びてしまうという経験でした。
幸いなことに、風や雷はなく、ただ雨粒がぼたぼたと地面に落ちる夕立でしたから、ライブは滞り無く続行され、ライブの終わりにはすっかり良い天気で、全身ずぶ濡れでなにやらよく分からないテンションで横浜スタジアムを後にしました。

しかし、やはり自然現象が相手ですから、緊張したのも事実です。
突風が吹いたり雷が鳴るようなら、すみやかにこの場を立ち去るべきだと思いましたが、大勢の人が一箇所に集まっている場です。どのタイミングで席を離れるべきか、前もって移動を開始すべきなのか、指示を待つべきか。はたまた、一般のイベントでどこまで的確な避難指示がなされるのだろうか……とグルグルと考えあぐねていました。
暫く雨に打たれ雨脚はどんどん強くなりましたが、風も雷も心配がなさそうだと判断してからは、豪雨で霞むステージを楽しみました。

ジャングルや草原で生きた記憶、群れで生きた記憶

この、自分の中で湧き上がる不安や、周りと同じ行動を取ろうとする集団心理は、『人は感情によって進化した』によると、人の野性的な、人類の遠い昔の記憶だそうです。

突風や雷など嵐に見舞われると、恐怖を感じそこから逃げ出す個体が生きながらえ、恐怖しなかった個体は淘汰されてしまったから、その子孫である我々も風や嵐に恐怖する遺伝子が引き継がれています。
とても原始的で、野性的な気持ちですね。

次第に人類は群れを作り、社会を持つようになってからは、皆がそれぞれバラバラの行動を取ると、群れが維持できなくなってしまいます。自分勝手な振る舞いをする個体は淘汰され、リーダーの指示に従う協調性の高い個体の方が子孫を残しやすかったのでしょう。社会的な気持ちです。

本書では前者を「野生の心」、後者を「文明固有の心」と呼び分け、これら二つの感情が絡まり合って人の感情を生み出します。

種の保存ための心の動きと、私という個の心

私たちは文明を持ち、自然の脅威よりも社会的に生きることの方が重要になりました。
雨風に不安になる感情よりも、周りの様子を見て、みんなと同じ行動を取ろうとする心の方が、長く大きな目で見ると、人類にとっての生き残り手段なのかもしれません。

と言っても、不安なものは不安だし、怖いものは怖いのです。
現在の横浜スタジアムで雨に打たれた私の心の中でも、「野生の心」と「文明固有の心」がせめぎ合っていたようです。

続きを読む

『カラダが変わる! 姿勢の科学』を読んだよ

ゴジラ立ち、ティラノサウルス、ネコののびの姿をコピックで描いたイラスト

­

ゴジラ立ち、ティラノサウルス、ネコののびの姿をコピックで描いたイラスト

以前、ネコを飼っていました。日がな一日、家の中で寝ているネコを、日がな一日、ひたすら観察していました。
私達にとって一番身近な生き物はヒトですが、ヒトをあまりジロジロと観察するわけにはいきません。ペットに買っているヒト以外の動物の方が、観察対象にしやすいようです。

うちにいたネコは気性が荒く、いつもよそのネコに喧嘩をしかけます。そのためなのか、肉体は常に鍛え上げられ、爪も磨き上げられていました。それはしなやかで、野生を感じさせました。
ネコがネコらしく振る舞い、鍛え上げられ磨き上げられた肉体は、荒々しく、美しいのです。

かつて恐竜は「ゴジラ立ち」だった

かつて恐竜図鑑には、のっそりと二本足で立ち上がったティラノサウルスのイラストが載っていました。長い尻尾は地面に垂れ、背中をヒトのように真っ直ぐに伸ばしガニ股で立ち上がっています。まるで怪獣のゴジラのような姿です。

昭和47年発行の『学研の図鑑 大むかしの動物』では、図鑑の冒頭で恐竜と怪獣の違いについて触れられています。ご存知のように、恐竜はかつて地球上にいた生物ですが、ゴジラはフィクションの存在です。
『ザ・ロスト・ワールド』や1980年公開『ドラえもん のび太の恐竜』でも、同じような「ゴジラ立ち」をする恐竜たちが登場します。かつては、このスタイルが恐竜の姿でした。

現在の恐竜の姿は大きく変化しています。ティラノサウルスは大きな頭を下げ、前傾姿勢気味に、長い尾をぴんと真っ直ぐに伸ばし歩きます。映画『ジュラシック・パーク』に登場した恐竜たちがそうです。

もうゴジラのように立ち上がっている恐竜のイラストや映像を見かけません。どうしてでしょうか。

巨大な生物ほどモデルウォークをする?

恐竜の姿は化石となって地中から発見されますが、骨の形の化石のみを集めても、その生物の生きていた頃の様子は分かりません。恐竜の姿が大きく変化したのは、例えば足跡の化石の発見です。
恐竜の足跡は世界中で発見されており、まるで一本の線の上をモデルウォークするかのように、真っ直ぐに二本の足で美しく歩いています。先のゴジラのような体つきではそのような歩行はできません。

『カラダが変わる! 姿勢の科学』によると、体の大きな生物ほど、足並みが美しく揃っているようです。
大きくて重たい体では、歩行をすると足を着地させるたび体に大きな負荷がかかります。体への負担を減らすため、足並みを揃え美しく歩くのです。

ゾウは、あの大きな体からは意外なほど、歩幅は小さく(と言っても私たちよりも大きい)、美しい足跡を残します。
ティラノサウルスはゾウよりも巨大です。
歩幅を均等に、一本の線の上を歩くかのように真っ直ぐに美しく歩行していたことは当然でしょう。

では、我々ヒトの歩行はどうでしょうか。

私たちヒトは巨大な頭を持っている

私たち人間は、ティラノサウルスやゾウよりも小さく軽量です。本来ならば、巨大な生き物ほど歩行や姿勢に気をつけなくても良いのかもしれません。

しかし、私たちはいつの頃からか二本の足で立ち上がり、直立し、歩き始めました。背中を伸ばし、首の上に頭を据え付けたことで頭蓋骨が大きく発達しても支えられるようになりました。二足歩行することで、二本の腕は自由になり、物を掴み、道具として用い、それらを改良し、手を加え、手で作業することが、脳を刺激し、更に脳を発達させました。
代償に、私たちは大きな頭を背骨のてっぺんに乗せていることで、首や腰、足に大きな負担を抱えるようになりました。ヒトにとって、肩こりや腰痛は常に悩みの種ですね。

私たちの体は巨大ではありませんが、ユニークな骨格を手に入れました。利点もありますが、ユニークさ故に骨格に負担もかかります。
負担を軽減するためには、巨体のティラノサウルスやゾウと同じように、私たちも歩行には注意が必要でしょう。

また、骨格を筋肉でグッっと支え上げることで関節や骨への負担を和らげられます。
ネコが自らの肉体を鍛え上げるように、我々もまた、肉体を鍛え上げる必要があります。

ヒトがヒトらしく、二本の足で歩き、自らの肉体を鍛え上げる姿は、荒々しく美しいのでしょう。

続きを読む