ヘヤカツ

『部屋を活かせば人生が変わる』|岩崎夏海・ときめきでも断捨離でもない片づけ……ヘヤカツ!

『部屋を活かせば人生が変わる』挿絵イラスト

こんにちは。片づけが終わらない あさよるです。さて、先週紹介したメンタリストDaiGoさんの『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』を読んだ感想の最後に、次回予告をしましたw DaiGoさんの『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』を読み、「手元に残すべきもの」だけ選べばいいんだと天命を受け(笑)、さらに立て続けに読んだ『部屋を活かせば人生が変わる』を読み、ダイナミックに あさよるの片づけが前進したことをここにお知らせしておきますw

今日紹介する『部屋を変える人生が変わる』(略して「ヘヤカツ」)の著者である「部屋を考える会」とは、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(略して「もしドラ」)の著者、岩崎夏海さんが主宰する会です。あさよるは、YouTubeで「部屋を考える会」を知りました。津田大介さんのすさまじい仕事場を片づけるという、ショッキングな動画でした。未視聴の方は、一度見てみてください。

注目すべきは、「要らないものを捨てる」といった思考ではなく「物の流れを変える」「情報の流れを変える」ということに重点が置かれています。津田さんのオフィスの場合は、ボスが一番奥の部屋を陣取ることで、人の流れを変え、情報の流れを変え、そして物の流れを変えようと提案されます。断捨離や、ときめきの片づけとは、違うのだ!

ということで、あさよるはこの動画を見てから「ヘヤカツ」の本が読みたかった。しかし、片づけ熱が下がっていたので、しばらく忘れていましたw

悪いのはあなたじゃない。部屋だ!

本書『部屋を活かせば、人生が変わる』略して「ヘヤカツ」は、感動的な言葉で始まります。部屋が片づかないのは、あなたのせいじゃない。人生が上手くいかないのは、あなたが悪いんじゃない。片づかないのは、片づかない部屋のせいです。人生が上手くいかないのは、部屋が悪いのです。だから、部屋を変えれば人生は変わる。部屋を変えれば、人生が活きる!という、長い序文から始まります。

掃除機をいつかけましたか? シンクに食器は溜まっていませんか? シーツを交換しましたか? 本棚には本がギッシリと詰まっていませんか? 一つでもあてはまるなら、「ヘヤカツ」しましょう。

なぜ、部屋を変えると、自分が変わるのか。それは、

「自分を変える」努力が成果を結ばない理由。それは、その人自身のベースにある性格や生活習慣といった根底の部分を変えることができないからです。根柢の部分が変わらなければ、知識やスキルが多少身についたところで、人生を変えるほどの劇的な変化を起こすには至らない。(中略)

つまり、(皮肉なことですが)「自分を変えよう」という努力では、人生を変えることはできないのです。
ではどうすればいいのか。その答えは、「部屋を変える」ことにあります。「自分を変える」のではなく、「部屋を変える」のです。
人は環境によって変わるということはよく言われますが、「部屋」というのは、その人を取り巻く環境の中でもっとも大きなウェイトを占める存在です。私たちは自分の部屋で長い時間を過ごし、身体や精神の鋭気を養います。部屋の環境によって、私たちの心身は多大な影響を受け続けているのです。

p.19-20

人は環境によって思考や言動が影響されると言います。「部屋」とはまさに、自分が長時間滞在し、自分を自分たらしめている空間と言えます。その部屋が、散らかっていれば、掃除ができていなければ、心身に悪影響があると言われると、ナルホド……。

人生が上手くいく人たちは個人的な意思や能力だけで、掃除の行き届いた部屋を維持しているわけではないからです。話はむしろ逆です。彼らは「整理整頓や掃除をしやすい部屋」を作ることによって、人生の流れを好転させている人たちなのです。

人間に備わった能力の差など、たかが知れています。人生がうまくいく人と、うまくいかない人を分けているのは、能力ではなく、環境です。「悪い部屋」に住む人は自分の能力に常にブレーキをかけ続け、「良い部屋」に住む人は、自分の能力にドライブをかけ続けている。つまるところ、人生がうまくいくかどうかの差はそこでついてしまうのです。

p.21-22

なんかここまで断言されて話が進んでゆくと、「お、おう。そういうもんか」と思えてくるから不思議です。しかし思い返してみると、〈仕事ができる人〉の机の上はいつもキレイでした。引き出しの中まで物の定位置が決まってあって、他の人に仕事を頼むときも、どこになにがあるか口頭で伝えているのを見たことがあります。

片づいているとは、自分の頭の中が整理されていることであり、余計な手間がない状態です。そりゃ仕事もできるわな。

掃除機の道を通す!

んじゃ「ヘヤカツ」とは具体的になにをするのか。めっちゃ簡単に言えば、部屋の中に「道を通す」のです。部屋の中の道は、大きな道と、小さな道を作ります。その道を通るのは、そう、掃除機です。掃除をしやすく、物が移動しやすいインフラ整備に尽力しましょう。すると、サッと掃除機をかけ、自ずと物が適切な場所から場所へ移動しはじめるんです。

ということで、あさよるもやりましたよ。部屋の模様替えを! 本のレビューをするために、まさか部屋の家具を全部動かす日が来るだなんて思いませんでした。まずは、あさよるの部屋のビフォーアフターを見ていただきましょう。

『部屋を活かせば人生が変わる』あさよるのヘヤカツイメージ画像ちなみに画像の下にある引き戸が、出入り口です

あさよるの部屋は床の間のある和室で、床の間スペースが使いにくくて仕方がないのです。一時期「床の間を床の間として使おう」と、展示スペースとして改装しようとして途中で挫折し、物が堆積するだけの空間になり果てていました。今回のヘヤカツで、まずは掃除機の通るインフラ整備から。掃除機を部屋の中心に置いて、机の下まで掃除機をかけやすくしました。本棚と壁の隙間には、掃除機の幅の分の隙間を設けたので楽チンです。ちなみに、ベッドはすのこベッドで、パカッとすのこを上げて掃除ができます。あるいは、ベッド自体が軽いので片手で動かせます。

いかがか!

家事が楽しい部屋

「ヘヤカツ」が行き届いた部屋は、家事が楽しくなる部屋です。掃除を愉しみ、食器洗いを愉しみ、洗濯を愉しむことができれば、日々の面倒くさい業務が、一気にやりがいのある習慣に変わります。本書では、ヘヤカツの仕上げとしてタオルを必要枚数買い替えたり、必要な食器を絞り込み、「とっておき」に囲まれて暮らすよう指南されています。

以下の動画で、岩崎夏海さん自らが仕事場の特等席にある、押し入れの中身を紹介されています。

部屋のいちばん良い押し入れを、掃除用具入れとして使っておられる様子に「おお~、うらやましい~」と感嘆。そう、あさよるは掃除用具が好きなのだw 家事をエンターテインメントにするというのは、道具を愉しむことであるのだなあ。

生活のためのステージ

自分の部屋は、自分の人生において、重要な意味のある空間です。生まれ育った家の中や、一人暮らしをした部屋、引っ越した部屋にも、それぞれ思い出があり、思い入れがあるものです。だから、自分の部屋を自分の居心地の良い場所であるのは大事なことだし、自分の移し鏡のような空間であるとも言えます。

少数精鋭、家具を「育てる」

本書では、ヘヤカツの一環としてテーブルや椅子など家具の買い替えも提案されています。このとき、木製の家具を選ぶことがオススメされています。それは、使い込めば使い込むほど、角が取れ、風合いが変わり、自分だけの「家具を育ててゆく」ことができるからです。

また、最初から高級な家具を導入するのではなく、ヘヤカツの段階に合わせて少しずつ買い替えてゆくことも推奨されています。本書は、ときめきの片づけや、断捨離とはそもそも思想が違います。前者は、物の処分のための片づけメソッドですが、本書は「部屋を育ててゆく」ことに重点が置かれているので、必要な物は買い足しますし、一時的に物が増えても構いません。

机・テーブルはステージ

部屋の中心に据えるのは机・テーブルです。この机・テーブルは、部屋のメインステージとします。机・テーブルの上には、なにも置かないのがデフォルトの状態です。そこへ、食事の際は食器を並べ、勉強するときは本を広げ、パソコンを操作するときだけパソコンを置きます(ということで「ヘヤカツ」ではノートパソコン推奨です)。

机・テーブルはステージです。登場人物たちが現れては去り、また登場します。その都度必要な物を広げ、用が済んだら片づけましょう。

本棚はエンターテインメント

本棚は、客人をもてなすためのエンターテインメント空間だと考えましょう。「見せる本棚」を作るのです。本棚には人柄が出ると言います。小難しい本ばかり並べているのもヤなヤツっぽいし、かといって軽い本ばかりも違います。ギュウギュウに本を詰め込むのも、スマートではありません。あくまで人に見てもらう前提で本棚を用意しましょう。さて、あなたは「見せる本棚」に何を並べますか? 自分の〈キャラ〉を表現するチャンスです。これ、考えるの楽しいですね。

ちなみに、見せる本以外の本は、客人の目につかないところに収納します。あくまで、エンタメとしての本棚を思いっきり演出しましょう。

部屋は非日常

これまでの部屋は、嫌になるくらい日常の空間だったなら、ヘヤカツ後の部屋は、そこは「非日常」の部屋です。部屋の中心にはメインステージが設置され、エンタメとしての本棚が鎮座し、楽しみながら家事をします。そこで団らんをし、体を休め、勉強をし、仕事をし、人と語らい、物思いにふけるのです。

イイネ! 部屋に帰るのが楽しみな部屋をつくりたい。

机の上を毎日片づけるようになった結果……ww

『部屋を活かせば人生が変わる』挿絵イラスト

あさよるも部屋の模様替えをし、部屋のど真ん中に机を配置しました。あさよるは、ダイニング用のテーブルを仕事机にしています。本書にある通り、机の上はその都度片づけるのですが、あさよるはこれ、ものすごく乗り気じゃなかったんです。だって、イチイチ机の上を片づけるの、めんどくさいじゃん~。

あさよるはノートパソコンを使っているので、パソコンを使い終わったら、線を抜いて、マウスを外して、パソコンを棚に戻すことにしました。パソコン収納用のスペースも設けました。朝起きると、何もない机の上にパソコンを設置することから一日の業務が始まります。

と、意外とやりはじめると、できる。メンタルブロックが強かった分だけ、なんだか拍子抜けです。また、寝る前に机の上をデフォルト状態に戻すことで、「よし、寝るぞ」って気分になることもわかりました。もう1週間以上続けていますが、眠りもうまく取れている気がします。

エアコン買い替える!

そして、ヘヤカツの成果なのか、今週エアコンを買い替えることにしました。「よし買おう!」と決心してから、心が晴れ晴れとしています。毎年夏場になると、冷房の効きが気になって気をもんでいたのです。意外にも、あさよるはエアコンに悩まされていたようです。無自覚でしたが。

片づけは続く……

まだ模様替えして10日くらいなので、行き場がなくて宙ぶらりんの物があります。収納方法をじっくり考えてゆきます。「手放そう」と決めたものは一か所にまとめました。

片づけって、一旦動き出すと一気にゴロゴロと転がり始めますね~。

春夏用の洋服や帽子、日焼け対策グッズなど、すんなり用意が済んで、楽しみです。

関連記事

片づけの本

掃除・家事の本

セルフマネージメントの本

続きを読む

メンタリストDaiGo『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』

『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』挿絵イラスト

こんにちは。片づけが続くあさよるです。あさよるネットを始めた当初2015年7月の頃からはかなり劇的に片づけは進んでいるんですよ。ゴミ袋30袋以上捨てたし。ちょっとその量に自分でビビりましたね、さすがに。その後もチマチマと片づけ続行中です。なもんで、片付け本は見つけると手に取りますw 今回はメンタリストDaiGoさんの『片づけの心理法則』。DaiGoさんらしいタイトルで、内容も理論・理屈で攻める内容です。

あさよるには、この本はかなりヒット! 長く停滞していた あさよるの片づけが動き始めました。

ちなみに あさよる的には、実践なら〈こんまり〉さんこと近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』を本当に書いてある通りにやれば、効果があると思います。ただ、全ての手順を省かずに、本当に全部をちゃんとやったらという但しつき。んで、理論編ならこのメンタリストDaiGoさん『片づけの心理法則』だな! 今んところ。シンプルで読みやすく、必要なツボだけきっちり押さえてある感じ。

片づかない心理学

本書『片づけの心理法則』は、メンタリストDaiGoさんによる心理学を用いた片付け本です。というよりも「片づけられない」心理状態を解明し、片づく状態に変更すれば、片づけは進みます。また部屋が散らかっていると、そのせいで弊害が起こります。反対に言えば、散らかっていない部屋では何が起こるのか、どう変わるのかイメージすることで「片づけ」を自分のものにしましょう。

まず、我々はなぜ片づけられないのか、3つの理由が挙げられます。

①選択回避の法則
②損失回避の法則
③保有効果

p.24

一つ目の「選択回避の法則」は、人は選択肢が増えると選ぶことができなくなるために、必要なものと不要なものがわからなくなってしまうこと。二つ目の「損失回避の法則」は、人は自分が損をするのを非常に恐れるため〈失うこと〉を嫌うため、物を捨てられません。そして三つの目の「保有効果」は、自分が所有したものはより高い価値を感じてしまう心理です。本書では、この三つをひっくるめて「現状維持の法則」と呼ばれています。人は本質的に「現状維持」をしたい存在ですから、片づけられない、断捨離できないのも当然なのです。

本書では、片づけは「幸福」に結び付けて考えられています。幸福な人とそうでない人の違いは、

限りある時間やお金、体力や注意力といった自分のリソースを、人生において達成したい目標に集中できているかどうか(p.1)

と定義されています。部屋が散らかっていると集中できません。また、どこに何があるのかわからないので、初動が遅れます。時間のロスは見落としがちですが重要です。

片づけは、大切なことに使える時間やお金、体力を最大化します。これを言い換えれば、自分の人生を思い通りに操れるということです。(p.2)

本書は、部屋が片づかない状態から、「部屋を片づけたくなる」ように自分の心理状態を変えてゆく本です。さすがメンタリストって感じですね~。

ポジティブに「選ぶ」

『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』挿絵イラスト

巷に片づけ本は数あります。ヒットした本もたくさんあります。しかし、その多くは「捨てる」ための技術を紹介するものばかりです。「捨てる」という行為は気が重いし、面倒くさい作業です。捨てるにもゴミの分別を考えるし、他人に譲るにも連絡を取り合わないといけないし、売るとなると気も使います。物を手放すのは、どんな方法を選んでも気が重いのです。こりゃ片づけが億劫で進まないワケです。

しかし、本書では片づけは幸福につながるものと定義されていますから、「捨てる」というネガティブなことを考えません。片づけとはポジティブに「自分に必要なものを選び取る」です。このとき単に物の要不要かのみを選ぶのではありません。自分の「よりよい未来」を選ぶことができます。

「よりよい未来」を選ぶって、ワクワクするでしょ? 誰でも、悪いものやいらないものを探すのは楽しくありません。

本来の片づけとは、大事なモノ、持ち続けるモノを選ぶことです。(中略)最初から、いらないモノに目を向けるのはやめましょう。むしろ、片づけを必要なモノに目を向ける練習の機会にするべきです。(p.54)

選ぶのはモノだけではありません。時間の扱い方まで「大事な時間」「持ち続ける時間」と視野を広げると、片づけは生き方を選ぶことであることが実感できます。

まずはカフェや図書館など、静かでお気に入りの場所へ行って、頭の中を片づけましょう。考えるのことは3つ。「理想の一日」「何をしているときが一番楽しいか」そして「自分の一日を記録する」ことです。記録は、アラームを1時間ごとにセットしておいて、そのときにしていることを書き留める程度でOK。

「今すぐ片づけたい!」

あさよるは本書『片づけの心理法則』を出先で読んでいたのですが、ページをめくるごとに「早く家に帰って片づけたい!」と居ても立ってもいられませんでした。本を持つ手がソワソワと震えるのを抑えるに気を使うくらいにw 「目から鱗」だったのです。「そうか、片づけって〈モノを減らす〉ことじゃなく〈選び取る〉ことなのね!」と。

あさよるには内心「あれはもう使わない」「いらない」と分かっている物がたくさんありました。捨てるべきものは一通り手放し済みなので、残るは「売る」か「あげる」かしたいものばかり。しかし、売るとなると〈商品〉になるので、きれいに拭いて梱包しなきゃいけないし、発送の準備も必要です。考えるだけでものすごーく面倒くさい。「誰かほしい人がいればあげるのにな~」と、第三者の介入を消極的に待っていましたw

しかし! 違う。それは「どう処分するか」の話であって、〈「手放す」ことは決定済み〉であることに注目しなければならなかったのです。そう、あさよるの「よりよい未来」からは外れたものなのは、あさよるが一番よくわかっているのでした。

ということで、捨てるか売るかあげるか、処分方法はは追々考えるとして、とりあえず〈「手放す」ことは決定済み〉の物を除けました。

ジャーン

『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』イメージ画像

生活感ありまくりでサーセン。とりあえず、もう使わない物を段ボールに除けました。主に化粧品と、ネイル用品と、カバンなんかですね。他人に譲るか売りたい物(苦笑)。今後の行く末をどうするかはまた考えるとして、引き出しや棚の中はかなりスッキリ!お気に入りばかりが並ぶ様子は壮観ッス!

ということで、今回の片づけは、実は続きがあります。本書『片づけの心理法則』の直後、『部屋を活かせば人生が変わる』という本を読みまして、その勢いのまま部屋の模様替えにまで発展しました。その様子&本についてはまた別のエントリで。to be continued!

関連記事

メンタリストDaiGoさんの本

片づけ・断捨離の本

生活を変えるための本

続きを読む