健康

『シングル女子の今日からはじめる貯蓄術』|会社員でもフリーでも、介護、老後、お金の話

こんにちは。お金が貯まらない あさよるです。ああ~、先月と今月は出費が多すぎて疲れ果てた……w お金を使うついでに消耗品の買い替えをしたりと、いろいろと一掃しました。どうせいずれ買うものだし。

お金の話は重大な話なのに、おいそれと他人にもできないし、悩みどころですね。

今回読んだ『シングル女子の貯蓄術』は、独身女性に限定したお金の話です。お金の話って、その世帯によってケースバイケースなことが多すぎますから、書籍では一般的で無難なケースのお話しか語られていません。その点、本書は、「独身女性の」と限定されていることで、より必要な情報が厳選されていると思います。それでも大まかな話でしょうけどね。もっと詳しく知りたいなら、ファイナンシャルプランナーに直接相談するしかないのかなあ。

独身女性のお金の話

『シングル女子の貯蓄術』は、独身女性向けのお金の話を解説する内容です。お金について書かれた本はたくさんありますが、子育て中の家族を前提とした本が多い印象です。しかも、お金、家計って世帯の数だけ場合が違いますから、あくまで一般的な話をするしかありません。本書は独身女性とターゲットが絞られているので、それに当てはまる人には役立ちます。

独身のまま親の介護や自分の老後を迎えるには、具体的にお金がいくらくらい必要なの? 貯金はみんなどれくらいしてるの? と、知りたいけれども、他人に効きにくい話が網羅されています。また、会社員の場合と、自営業者の場合が併せて紹介されているので、これから働き方が変わるかもしれない人にも役立つでしょう~。

結婚すると、夫婦共働きなら二馬力でお金が稼げますが、独身のままだと一馬力で自立続けないといけませんから、お金事情が変わってきます。もしかしたら将来結婚するかもしれない可能性も踏まえつつ、計画を立てましょう。

マンガとイラストで楽しい

本書『シングル女子の貯蓄術』はページの半分くらいはマンガ形式です。お金の話ってややこしくて苦手だなぁと思う人にも読みやすい工夫がなされていていいなぁと思いました。お金って大事なものなのに、だからこそかもしれませんが、考えるとややこしくて嫌になっちゃうのはなぜだろう……。

入っておくといい保険や、困ったときの対処など、何かが起こるよりも先に知っておくべき事柄が紹介されているのも良い点だと思います。

お金の話を苦手意識で逃げまくるんじゃなくって、面白がって取りくめたらいいのになぁと思いつつ、面白がるほどの余裕がないので大変ですね(;’∀’)(;’∀’)

健康や生活習慣も大事…?

本書では、時間の使い方が上手い人はお金の使い方も上手いと紹介されていました。理由を聞くと納得できます。時間をダラダラと過ごしてしまうと、ついついネットでショッピングをしてしまったり、時間外で銀行のお金を引き出して手数料がかさんだり、出費が増えます。

深夜になると疲れと眠気から、冷静な判断ができなくなると、他の本でも読んだことがありました。深夜番組が実際よりも笑けてしまったり、夜中のテレビショッピングや、ネット通販でつい買うつもりのない物をポチっちゃうのも、同じような理由だそうです。

あさよるも、買い物するなら午前中に済ませてしまうように気をつけています。午前中はパパっと買い物を済ませて早く次のタスクに移りたいと思うのですが、午後……特に夕方にお店に行くと、つい余計なものを買っちゃうんですよね~。

時間にメリハリをつけて、ダラダラ過ごさないというのも、一つの倹約法だと知り、納得しました。

フリー、副業……

本書ではフリーランスで働く人や、プチ副業をしている人のお金の話も紹介されています。働き方って多様なんですね。生き方も多様になっているし、選択肢を多く持っておくのは心強いなぁと思いました。

あさよるもちまちまブログを書いていますし、趣味が何かプチ副業になればいいのになぁ(;’∀’) ブログもだけど、絵を描いたり手芸が好きなので、そっちの方でなにかできればいいなぁ~なんて夢が膨らみました(^^)v

関連記事

続きを読む

『仕事力が上がる 睡眠の超技法』を読んだよ

夢うつつ

夢うつつ

『映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士』は、ドラえもん映画の中でも独特な世界観で怖くてゾッとする設定の物語です。
現実世界で冴えないのび太が、夢の中だけでもいい思いがしたくて、ドラえもんに「気ままに夢みる機」というひみつ道具を貸してもらいます。見たい夢の“カセット”をセットすれば、その物語の主人公になれるというものです。
夢の世界の冒険を進める内、夢と現実が錯綜し、物語自体が混沌とした雰囲気が、幼心にも恐ろしく感じました。

実際に私たちは、夢うつつの状態で、現実と夢がごちゃごちゃと入り混じった状態を経験します。私は目覚めてからしばらくの間、夢や思考や記憶がぐちゃぐちゃと溢れかえり、軽いパニックのような状態を経験することがままあります。一体、寝ている間に私の体の中で何が起こっているのでしょうか。

続きを読む

『あなたは半年前に食べたものでできている』を読んだよ

ストレス発散のためのスポーツに必要なシューズのイラスト

ストレス発散のためのスポーツに必要なシューズのイラスト

私はくいしんぼうで、毎日の食事が楽しみで仕方がないのですが、不思議とスイーツやフルーツの類はあまり欲しません。
もちろん、美味しいものは大好きだし、甘いものも大好きです。

ですが、どうしても!なにがなんでも食べたい!という衝動を感じることは少ないかも。

ダイエットのための「我慢」がダイエットを阻む

『あなたは半年前に食べたものでできている』では、女性にありがちなダイエットの失敗が紹介されていました。
本の中で、帰宅途中コンビニの前を通り過ぎる度、お菓子が食べたくて食べたくて我慢し続けるんだけども、最後は我慢しきれずスナック菓子を山盛り買っちゃった!とか、他のものを買いに来たのについついシュークリームに手が伸びて……と紹介されていました。

はてさて、そういえば私は不思議とコンビニのスイーツをほとんど買ったことがありません。特に強く我慢しているわけでもなく、コンビニではスイーツや菓子パンコーナーはほぼスルーしています。
じゃあ、コンビニで何を買うかというと……主に飲み物、次におにぎりやおかず類、その次に文具類……くらいでしょうか。思えば、スナック類もあまり普段食べないので、コンビニのお菓子とも縁がありません。

高ストレス状態には、高い刺激を求めてしまう?

本書では、甘いものや辛いもの、アルコールや、こってりラーメンなどを、無性に食べたくなる理由を、刺激が強いものを欲しているから、と説明されていました。なんでも、心や体が疲れ果てたり、強い緊張状態を強いられていたり、ストレスが増すと、そのストレスから逃れようと体が強い刺激を求めるのだそうです。
「むしゃくしゃする」「イライラする」から甘いものを食べたくなったり、高コレステロールな食品を食べたくなるんだそうです。

はて、私はストレス過多が原因で「甘いものが食べたい」「脂っこいものが食べたい」とも思ったこともありません。日頃から、あまり強いストレス下にいないということでしょうか。
ならばそれは、とても幸せなことですね。

暴食はやめて、運動でも高い刺激を得られる

本書『あなたは半年前に食べたものでできている』では、ストレス解消のために強い刺激が欲しくなったとき、運動をするよう勧められていました。特にジョギングが推奨されていて、体中汗びっしょりになるくらいのジョギングによる刺激で、ストレスを発散するようにとのことでした。

当たり前と言えば当たり前のことなのかもしれませんが、生まれてこの方超文化系で生きてきた私にとって、運動による刺激がストレス軽減に効果があるとは、考えたこともありませんでした。確かに、例えば思春期の頃、どうしようもないイライラに苛まれてしまう時期です。その頃、大きな声を出したり、暴れてしまったと話を聞いたことがあります。

歌うこともストレス発散なのかな?

私はどのようにストレス発散をしているのか、自分で考えたことがありませんでした。ふと、いつも歌を歌ったり、発声練習をしていることは、ストレスと関係あるのかな?と思いました。

以前にこのブログで紹介した、ボイストレーニングを続けているんです。まだまだ上手に声を出せず試行錯誤の最中なのですが、歌うことに集中したり、息を吸っては声を出すので、トレーニングが終わる頃には、体も、気分もスッキリした感じがします。

記事リンク:『歌上手になる奇跡のボイストレーニングBOOK』を読んだよ

歌うだけでこんなにも気持ちが良いのですから、ジョギングなどの激しい運動をすれば、さぞかし気持ちがよさそうに思えます。
これまで、運動することに苦手意識があったのですが、体を使う面白さを知りつつあるのかもしれません。

続きを読む