哲学

『アイデア大全』|アイデアを生む知識の海へ

こんにちは。毎朝寒さに縮こまっている あさよるです。ページをめくる手も震えてしまうので、元気が出るような本を選んでみました。『アイデア大全』はブロガーの読書猿さんの著書で、見た目も黄色く、中のページも黄色いパワーを感じる本です。イラストや図解もたくさんあって、見てるだけで楽しい。

本を読むって「役に立つ」「勉強になる」よりも、もっとずっと「ワクワクする!」「好奇心刺激される!」って衝動が大事だと思うのですよ。『アイデア大全』はワクワクするし「もっと本が読みたい」と素直に思わされる本でした。

アイデア発想法のすべて

本書『アイデア大全』は、新しい考えを生み出すための発想法が網羅された本です。アイデアが必要なときって「これまでのやり方だとダメ」時ですから、本書はジャンルを超えて教養が深まるような内容になっています。ページをめくっているだけでも、これまでの自分の発想には上らなかった事柄に出会えます。

一つのアイデア発想法につき、アイデアの作り方のレシピ、例、レビューと構成されています。

また、ビジネス書や自己啓発書なんかを読んでいますと、いろんな発想法が紹介されていますが、「ほんまかいな」と眉唾してしまうことがあります。それは、バックボーンがきちんと触れられていなかったり、出典が記されてない故に頼りないんですよね。本書では、きっちりと出典やアイデア法が誕生した経緯も記されており「あの本で読んだアレはコレが元ネタだったんだ」と非常にスッキリする読書でした。

また、アイデアの出し方が分類されているのも、これまで見たことなかったカモ。

  • 自分に尋ねる
  • 偶然を読む
  • 問題を察知する
  • 問題を分析する
  • 課程を疑う
  • 視点を変える
  • 組み合わせる
  • 矛盾から考える
  • アナロジーで考える
  • パラフレーズする
  • 待ち受ける

まずは手に取る辞書的存在

本書『アイデア大全』はアイデア発想法を網羅的に扱ったものですから、一つ一つのアイデアの出し方をもっと知りたいなら、それぞれの専門書へと進みましょう。本書『アイデア大全』って、「もっと知りたい」「もっと読みたい」を刺激する本なんです。エッセンスやフックが散りばめられていているんです。本書を読んでアイデアを練るだけでなく、本書そのものが話のネタや教養・雑学になりうつのも面白い。

アイデア発想法が分類されて並んでいるので、「困ったときは『アイデア大全』」的位置づけでしょうか。kindle版で常にスマホで読める状態にしておくか、紙の本を机に並べておくか……悩ましい。

イラストや図解もたくさんあるし、ユーモアも盛り込まれていて、普段本を読まない人も手に取りやすいんじゃなかろうか。

アイデア史年表が楽しい

巻末に収録されている「アイデア史年表」も楽しい。人類のアイデアの軌跡なのだ。悠久の時の中で今に伝わる「考え方」「発想」ってのはスゴイよね。同じこと思いついた人はもっと後にも先にもいたんだろうけど、「残った」「残した」ってことも。

んで、このアイデア史は、あらゆるジャンルの古今東西の話題が盛り込まれてるんだけど、これだけ自分で調べ上げるのって……このアイデア史年表にあることだけでも、一つずつ「知りたい」のだ。

細かいとこまで好奇心刺激される本でした。

関連本

『パブロフの犬:実験でたどる心理学の歴史』/アダム・ハート=デイヴィス

『哲学用語図鑑』/田中正人

『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』/デビッド・アレン

『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく』/渡辺健介

『IDEA HACKS!』/原尻淳一,小山龍介

『夢をかなえるゾウ』/水野敬也

続きを読む

『これからの「正義」の話をしよう』|ヒーロー?犯罪者?法の裁きは「正義」?

NHKの「ハーバード白熱教室」が話題になったのは2010年のことだそう。当時、あちこちで話題になっていたのを覚えています。……あさよるはちょこっとしか見ていなかったので、7年遅れでやっと本を読みました(苦笑)。

マイケル・サンデルさんはハーバード大学の政治哲学の教授です。サンデル教授の「Justice」という科目があまりに人気すぎて、ハーバード大は初めて講義の一般公開に踏み切ったそう。テレビで放送されたのはその模様だそうですね。

社会のリーダーはどんな決断をするか

講義を受けるハーバード大学の学生たちは、未来の社会のリーダー候補たちです。リーダーたちは「決断」を迫られます。決断を誤れば、たくさんの人の命が失われたり、生活を失ってしまいます。

『これからの「正義」の話をしよう』では、さまざまなケーススタディを見ながら、どんな決断をすべきなのか。個人がどうしようもない事態の中で、下した決断が法秩序に反していた場合、それを裁くことははたして「正義」なのだろうか?

有名な列車事故のたとえ話を見てみましょう。あなたは線路を見下ろす橋の上にいます。

 線路上を路面電車が走ってくる。前方には作業員が五人いる。(中略)ブレーキはきかない。路面電車はまさに五人をはねる寸前だ。大惨事を防ぐ手立ては見つからない――そのとき、隣にとても太った男がいるのに気がつく。あなたはその男を橋から突き落とし、疾走してくる路面電車の行く手を阻むことができる。その男は死ぬだろう。だが、五人の作業員は助かる(あなたは自分で飛び降りることも考えるが、小柄すぎて電車を止められないことがわかっている)。

P.32

一人の人間を犠牲にすることで、より多くの命を救える。究極のシーンです。この例えの悩ましいのは、一人の人物を〈自分が突き落とす〉ということ。自分が人を〈殺す〉のです。しかし、それで多くの人が救われる。

このような選択を、民衆のリーダーは迫られます。大統領や総理代大臣、官僚や行政の長は「決断」しないといけない場面があります。日本は災害が多いですから、リーダーの判断によって多くの人が助かったり、逆に被害が拡大します。一人の犠牲で、多数の人が救われるなら、それを選択するシーンが実際に起こっているのでしょう。

そして「正義」の話。仮に、太った男を橋の上から突き落とし、一人を犠牲にして五人を救った人物は、殺人罪に問われるのでしょうか?五人の命を救った彼を殺人犯にする社会は、良い社会なの?それが「正義」?

難しい…わかんない…(;´Д`)

未来のリーダーたちを相手に「正義」の授業をしているのです。サンデル教授は「見て見ぬふり」という選択はさせてくれません(-_-;) 必ず何らかの決断をせねばならない。

『これからの「正義」の話』ではほんとたくさんのケースが集められているのですが、サンデル先生は〈答え〉を与えてもくれません。〈これからの〈正義〉の話〉なのですから、「答えはまだない」のかもしれません。

また、アメリカ社会と日本社会でも違いがあるでしょうし、なにより、あさよるは重大な決断をする立場にはないw

あさよるが読むと、どうしても〈個人〉のケーススタディに読めてしまうのが難しさに拍車をかけました。サンデル先生の意向も組めなくって、苦しい読書となりました。

ヤイヤイ言いながら読むのが面白いかも

あさよるのような凡人が『これからの「正義」の話をしよう』を読むならば、他人とヤイヤイと話しながら読むと面白いのかなぁと。

「思考実験しようぜ」とか「ギロンしようぜ」とかってノリはあまり好きじゃないのですがw、たくさんのケーススタディを見ながら、あーだこーだ言うにはぴったり。

あるいは、「自分が大統領だったら」「次期総理大臣になったら」という仮定のもとに話すとなお面白いかも。

なにせ、一人で読んでて、うまく吞み込めずモゴモゴと苦しい感じでした。一人で読んでると行き詰っちゃうぜ。

続きを読む

「自分らしさ」ってなんだろう?『てつがくを着てまちを歩こう』

鷲田清一『てつがくを着てまちを歩こう』書影

この地球上に生きとし生ける生命は数あれど、衣装を身にまとって生きているのは人間だけです。「服を着る」というのは、人間の活動の中でも、とりわけ人間らしい、文化的な営みです。

その「服」を、流行りだから、トレンドだからと、ただ「みんなが着ているから着ている」ではいただけません。

本書が出版されたのは2000年。その前の90年代は、DCブランド主義の時代でした。誰でも彼でもシャネルやヴィトンの衣装に身を包み、ブランド物を集めるために人生を賭ける人さえたくさんいました。

ファッションってよく考えると、なんかヘン!

どうして、男性の服は女性も着るのに、なんで女性のスカートやリボンを男性がつけると「ヘン」なのでしょうか。

どうして女性はカラフルで鮮やかな服を好むのに、男性用の持ち物は地味なのでしょうか。

見た目で他人は「◯◯さんらしさ」を決めてきます。周りのイメージと、自分の自覚とがズレていて、苦悩することも多々あります。「らしさ」って、一体何でしょうか。

「自分らしさ」って、何でしょうか。

続きを読む

『もっと知りたいマグリット 生涯と作品』を読んだよ

『存在と時間』を授業で習った思い出のイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

『存在と時間』を授業で習った思い出のイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

2015年3月25日から6月29日まで東京・六本木にある国立新美術館にて「マグリット展」が開催され、とても話題となりました。
現在は京都市立美術館にて、7月11日から10月12日のまでの間、開催中です。

私も期間中に一度は足を運びたいと思いつつ、新美には行きそびれてしまい、京都へは行けたらいいなぁと思います。

マグリットとハイデガーとドイツ語の思い出

マグリットといえば、思い出すことが一つあります。
それは、大学生の頃、私は一般教養で哲学を履修しました。
なんとなく面白そうだと思っただけで、シラバスもろくに読み込まずに履修してしまいました。

その哲学の授業では毎時間、一枚の絵画を取り上げ、ハイデガー『存在と時間』を参照しながら、先生が作ってくださったドイツ語で書かれた資料を読みながら進むものでした。
日本語で書かれた『存在と時間』を読みこなすだけで四苦八苦な上に、びっしりとA4用紙に並んだドイツ語……。
もちろん、私はドイツ語を理解できません。

無用のノートと役立つ複写

これはえらいことだと、必至でひたすら先生の話を書き留めるだけで精一杯でした。
結局、単位認定のレポートを提出できず、単位を貰えなかったのですが……。
一所懸命に書いたノートは、同じ授業を取っていた学生数人のお役に立てたので良かったのかな?と思うようにしています。

授業の最後には、その日取り上げた絵画についての簡単なレポートをその場で書いて提出する必要がありました。
私はこれがなかなか得意で、何度か先生に褒められ、単位こそ落としてしまいましたがその後の学習の励みになりました。

まだ見ぬ「赤いモデル」

その、授業で取り上げられた絵画の中に、マグリットの有名な「赤いモデル」がありました。
人間の足の形をした靴の絵です。
確か、靴は足であるが足は靴ではないとかそういうことをレポートに書いた気がします。

マグリットの絵画は、2009年兵庫県立美術館で開催されていた「だまし絵展」ではじめて実物を見ました。
昨年、2014年の「だまし絵展Ⅱ」では、例の「赤いモデル」も展示されていたらしく、足を運ばなかったことが悔やまれます。

後々になって「見とけばよかった」と後悔しないように、現在開催中の京都市立美術館へは、足を伸ばしてみようかと思います。

『もっと知りたいマグリット』を読んだよ

本書ではフルカラーでマグリット作品が紹介されています。
パラパラと年代別のマグリット作品を眺めていて、思い出にふけってしまいました。

自分の思い出の中に、このような様々な作品が宿っているのだなぁと気付きました。

 

もっと知りたいマグリット 生涯と作品
南 雄介/著/監修、 福満 葉子/著
東京美術
(2015)