問題解決

『アイデア大全』|アイデアを生む知識の海へ

こんにちは。毎朝寒さに縮こまっている あさよるです。ページをめくる手も震えてしまうので、元気が出るような本を選んでみました。『アイデア大全』はブロガーの読書猿さんの著書で、見た目も黄色く、中のページも黄色いパワーを感じる本です。イラストや図解もたくさんあって、見てるだけで楽しい。

本を読むって「役に立つ」「勉強になる」よりも、もっとずっと「ワクワクする!」「好奇心刺激される!」って衝動が大事だと思うのですよ。『アイデア大全』はワクワクするし「もっと本が読みたい」と素直に思わされる本でした。

アイデア発想法のすべて

本書『アイデア大全』は、新しい考えを生み出すための発想法が網羅された本です。アイデアが必要なときって「これまでのやり方だとダメ」時ですから、本書はジャンルを超えて教養が深まるような内容になっています。ページをめくっているだけでも、これまでの自分の発想には上らなかった事柄に出会えます。

一つのアイデア発想法につき、アイデアの作り方のレシピ、例、レビューと構成されています。

また、ビジネス書や自己啓発書なんかを読んでいますと、いろんな発想法が紹介されていますが、「ほんまかいな」と眉唾してしまうことがあります。それは、バックボーンがきちんと触れられていなかったり、出典が記されてない故に頼りないんですよね。本書では、きっちりと出典やアイデア法が誕生した経緯も記されており「あの本で読んだアレはコレが元ネタだったんだ」と非常にスッキリする読書でした。

また、アイデアの出し方が分類されているのも、これまで見たことなかったカモ。

  • 自分に尋ねる
  • 偶然を読む
  • 問題を察知する
  • 問題を分析する
  • 課程を疑う
  • 視点を変える
  • 組み合わせる
  • 矛盾から考える
  • アナロジーで考える
  • パラフレーズする
  • 待ち受ける

まずは手に取る辞書的存在

本書『アイデア大全』はアイデア発想法を網羅的に扱ったものですから、一つ一つのアイデアの出し方をもっと知りたいなら、それぞれの専門書へと進みましょう。本書『アイデア大全』って、「もっと知りたい」「もっと読みたい」を刺激する本なんです。エッセンスやフックが散りばめられていているんです。本書を読んでアイデアを練るだけでなく、本書そのものが話のネタや教養・雑学になりうつのも面白い。

アイデア発想法が分類されて並んでいるので、「困ったときは『アイデア大全』」的位置づけでしょうか。kindle版で常にスマホで読める状態にしておくか、紙の本を机に並べておくか……悩ましい。

イラストや図解もたくさんあるし、ユーモアも盛り込まれていて、普段本を読まない人も手に取りやすいんじゃなかろうか。

アイデア史年表が楽しい

巻末に収録されている「アイデア史年表」も楽しい。人類のアイデアの軌跡なのだ。悠久の時の中で今に伝わる「考え方」「発想」ってのはスゴイよね。同じこと思いついた人はもっと後にも先にもいたんだろうけど、「残った」「残した」ってことも。

んで、このアイデア史は、あらゆるジャンルの古今東西の話題が盛り込まれてるんだけど、これだけ自分で調べ上げるのって……このアイデア史年表にあることだけでも、一つずつ「知りたい」のだ。

細かいとこまで好奇心刺激される本でした。

関連本

『パブロフの犬:実験でたどる心理学の歴史』/アダム・ハート=デイヴィス

『哲学用語図鑑』/田中正人

『はじめてのGTD ストレスフリーの整理術』/デビッド・アレン

『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく』/渡辺健介

『IDEA HACKS!』/原尻淳一,小山龍介

『夢をかなえるゾウ』/水野敬也

続きを読む

『超<集客力>革命 人気美術館が知っているお客の呼び方』|気分がアガるミュージアムを

こんにちは。趣味といえば美術館へフラリと足を運ぶことくらいの あさよるです(;’∀’)> 以前は関西の美術館はよく通ってましたが、今は大阪でやってる特別展をササッと見てくるだけだなぁ~。

先日、あさよるネットで世界の図書館を紹介する本を紹介しました。ほうほう「図書館はこういうもの」って思いこんでいたけれども、世界には様々な図書館があって、図書館の仕事は多様なのだと知りました。

そこで、「じゃあ、美術館はどうなの?」と興味を持ちました。一応、図書館と美術館は定期的に通っている場所なので。『超〈集客力〉革命』は、人気美術館が集客のためどのような取り組みをしているのか紹介する本です。そして、美術館が担っている仕事についても触れられています。

ミュージアムは街をつくる

まず、「美術館という〈ハコモノ〉に〈有難い美術品〉を詰め込んでいるところ」ではなく、美術館が、人を呼び込み、人を動かし、町をつくるのです。日本での例として、兵庫県立美術館と、金沢21世紀美術館の取り組みが紹介されています。

兵庫県立美術館の場合

兵庫県立美術館は安藤忠雄さんの巨大なコンクリート建築で、建物自体がアート作品です。入り口には地元企業の液晶モニター画面が設置され、来館者を待ち受けます。また、屋根の上には巨大なカエルが!今ではすっかり兵庫県立美術館の「顔」になっています。

建物は3つに分かれており、地域の子どもたちの作品を展示したり、教育施設としての役割も担っています。

また、美術ファンだけが訪れる施設ではなく、それ以外の人も気軽に足を運べるよう、レストランや飲み屋を作りました。地元の灘の酒を味わうにもいいっすな! さらに、美術館の横にバスケットコートを作って、スポーツのお客さんも呼んでいるという念の入れよう。

「美術館って近寄りがたい」とか「縁もゆかりもない」人を、アート以外の理由でも引き込んで、「美術館を身近なもの」にする取り組みがなされています。

兵庫県立美術館の最寄り駅である阪神「岩屋駅」から、兵庫県立美術館へ続く「ミュージアムロード」は、美術館帰りにショッピングや食事ができるよう整備されています。美術館によって町が育って、町に集まった人が美術館に親しむ環境づくり推進中。

子どもたちが集まる美術館に

金沢21世紀美術館の取り組みはたくさんありますが、子どもたちを美術館へ招き入れる取り組みが印象的です。美術館が身近で親しみやすい場であるならば、その人はまた美術館へ足を運びます。その〈種を蒔く〉ために、地域の子どもたちを美術館へ招待します。しかも、現代アートなんかの、おもしろいやつ!

日本の美術館は静まり返っていて、とても子どもを連れて入れないような雰囲気があります。でも、外国の美術館では、騒いだり作品に触ったり壊したりしないなら、仲間で語らったり話し込んでいる人もたくさんいるそうです。

人びとが行き交う場所

美術館はたくさんの人々が行きかう場です。世界のルーブル美術館では、世界中には美術館目当てに人が集まります。本書でも、世界の名だたる美術館の特徴や取り組みが紹介されています。また同時に、小さな美術館も多数取り上げられています。日本の美術館の規模や環境は、世界の小さな名美術館をお手本にする方が合っているというのです。

小さな美術館といっても、「名美術館」なんですよ。

……と、あさよるは勿論行ったこともない美術館ばかりなので、解説は本書を読んでくだしあ~。

まちの人のふるさと

美術館へ遠くから人もやってきますし、美術館のある町の人も集います。自分の町の美術館が、特色ある良い美術館であったとき、その町の人々にとっても美術館は「ふるさと」や「町の顔」になり得ます。外からやってくる人へ向けた観光資源であると同時に、地元に暮らす人の文化的施設なんですね。

美術館がになうもの

アートが生活の中にあり、アートがコミュニケーションの中にある。様々な美術館を見ていると、美術館にも役割や仕事は、地域によって違っているようです。どうやら日本の美術館は、でーんと巨大な箱をつくって、中は空っぽ。美術品を借りてきて並べておしまい。せっかく面白いコレクションを集めても、良い特別展を企画しても、それを宣伝して周知しないと、人は来ません。

人を集めるためには、見た目カッコイイ!とか、この作品ヤベェーとか、パッと見て心惹かれる仕掛けも大切です。それは、アートは極一部の専門家やファンだけのものではなく、それ以外の人たちの生活も豊かにしうるものだからです。マニアだけが理解するものではいけない。

あさよるが、初めて足を運んだ美術館が、先に紹介した兵庫県立美術館でした。確かゴッホ展で、ゴッホの有名な作品も多数あって豪華な展示でした。が、あさよるは、やっぱり兵庫県立美術館のあの建物にも驚き、「特別な場所」へ自分は来たんだ!と胸がいっぱいになりました。大阪府内の自宅から神戸市へ来ただけなのですが、まるで旅行に来たような非日常と言いますか。で、今でも兵庫県立美術館へ行くと、気分が「ぱぁ~っ」となります。

美術館って、美術品を拝むだけじゃなくって、そこへ行くこと自体が楽しみだったり、お買い物したり食事したり、誰かと語らったり、たくさんの楽しみが重なってるところであって欲しいなぁと。「イオンでも行く?」みたいなノリで足を運べるといいね。

関連記事

『未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―』/菅谷明子

『未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―』|すごすぎる図書館!

『つながる図書館』/猪谷千香

『つながる図書館』|日本の〈新しい図書館〉模索中

『「美しい」ってなんだろう? 美術のすすめ』/森村泰昌

『「美しい」ってなんだろう? 美術のすすめ』を読んだよ

『図解でわかる! マーケティング』/藤原毅芳

『図解でわかる! マーケティング』|売り手目線から〈買う〉側へ

『ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践』/博報堂ブランドデザイン

『ブランドらしさのつくり方―五感ブランディングの実践』|体感をともなう体験を

『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく』/渡辺健介

『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく』

続きを読む

『考える技術・書く技術』|説得力ある資料を作るには?

こんにちは。文章がさっぱり上達しない あさよるです。あさよるは高校生のころから今のようにサイトやブログを作って遊んでいました。毎日せっせと日記や本の感想を書いたりして、今と同じことを10年以上やってるんですね。月日の流れを感じる……と言いたいところですが、まったく文章が上達してない!というか、昔のほうがもっと小粋な感じで書いていた気がする!もちろん、文章ってブログやSNS等遊びの場面だけでなく、ビジネスシーンでも必要なスキルですから、「文章を書ける人うらやましい」と劣等感を抱いてしまうヒト、あさよるだけじゃないハズ……。

『考える技術・書く技術』は、どうやらビジネスでの文章作成の定番本らしい!?と言いつつ、あさよるはこの本を読むの、もう何度目かなのですが、あさよる的には結構レベル高くて、何回読み返しても使いこなせずにいます。たった一冊で、エッセンスが詰まった本なのです。

考えないと書けないよ

『考える技術・書く技術』とタイトル通り!〈書く技術〉よりも〈考える技術〉が先に来ています。そう。文を書くには、そもそもキチンと考えられ、練られ、論理的な思考があってこそ、それをアウトプットできるのです。『考える技術・書く技術』では〈考える技術〉にもページの多くが使われ見ます。目次のⅠ~Ⅳ部の公正を見てもわかります。

  • 第Ⅰ部 書く技術
  • 第Ⅱ部 考える技術
  • 第Ⅲ部 問題解決の技術
  • 第Ⅳ部 表現の技術

考えたことを書くだけではく、問題を定義し疑問を見つけ取り組む手順や書類やスライドを作るときの表現までが触れられています。

難解?実践的でむずかしい…

たった一冊で「書く」「考える」「問題解決」「表現する」までの手順が網羅されていますから、かなり内容が濃い!文章もかなり情報量が多くて、一行一行じっくりと読み、何回も読み直し……とあたふたしながら読んでいます。

もし、もっと手軽に砕けた感じの内容をお探しなら、他を当たったほうが無難かも(^_^;) あさよるも本書『考える技術・書く技術』は何度も投げ出しております。でもね、それでも「やはり読みたい」と思うくらい、コンパクトにぎゅうぎゅうに詰まってるんですよね。そして、ぎゅうぎゅう故に読み解くには時間がかかります……さらに実践出来るようになるにはいつのことやら。

ちなみに、あさよるのような読者のために、入門編もあるらしい!

これは今まで知らなかった~!入門を先に読んだほうがいいかもね(^_^;)>

「書くのが苦手」克服のトレーニングに

巻末に本書のポイントが一覧されているのがやたら便利です。内容は一度熟読してしまえば、ある程度まではこのポイント一覧を見ながら当てはめていける!

なんとなく「書くのが苦手」だぁと感じているのは、そもそも「考えがまとまっていない」「考えが深まっていない」からじゃないか?と、根本から見直してみましょう。「それはなぜ?」「それはなぜ?」「それはなぜ?」と質問を重ねることで要素が細分化されていく様子は面白いですね。

そして、ただ読むだけでなく、実際に自分で見よう見まねでやってみるのが大事。ピラミッドのように思考を深めていく様子や「演繹法」と「帰納法」を使い推論してみるなど、基礎的ではありますが、場数分でナンボだと思います。

マジメにお仕事に利用するのはもちろんですが、友達との会話とかプライベートの時間を豊かにする要素でもあると思います。考え方や、その表し方を知っているということは。うん、一度身につけば見えるものが変わるくらいの内容じゃないかな?とあさよるはかなり期待しております。

と、終始ふわっとした感想しかなくてカタジケナイ!あさよるも目下〈考える技術〉〈書く技術〉を身に着けようと奮闘中でゴザイマスm(_ _)m

続きを読む

【2016年のまとめ】 今年人気だった記事ベスト20!その1

2016年もお世話になりました。

本年、いったい何記事アップロードしたのか数えていないのですが(;’∀’)、「平日の毎朝更新」するという目標は達成できました。

インフルエンザになったり、夏バテで倒れたり、締め切った部屋で蚊取り線香を焚いて寝てたら、毒が回ってもがき苦しんだり、いろいろありましたが、途切れずにやってこれました。

「本を読む」というインプットだけでなく、アウトプットも同時にしたいなぁと始めたブログでしたが、今年は前年に比べるととてもたくさんの方にも閲覧してもらえたようです。

今日は、2016年よく読まれたページのベスト20をまとめました!2日間にわけて、20冊をご紹介いたします^^

続きを読む

『いかにして問題をとくか・実践活用編』を読んだよ

「自分は心配症で、一日中スマホで何かを検索している」と友人が言いました。
その友人には、どちらかというと大らかでマイペースな印象を持っていたので、少し意外でした。

話を聞きながら私は、いくつかの不安や懸念事項があって、それを何度も何度も繰り返しグルグルと考え続けているのではないかなぁと思いました。
悩みのジャグリング状態ですね。

私もよく陥る状態で、傍目から見ると同じことばかり悩み続けていると分かるのですが、渦中に居ると、四六時中次から次へと不安や悩みが押し寄せ消耗しきってしまいます。どんどん追い詰められ、追い詰められるほど自分で自分の状態を客観視できる状態ではなくなってしまいます。

私の場合は、悩みのジャグリングから抜け出す方法として、紙に鉛筆で悩みを書き出してみます。なるべく細かく、気になっていること、不安なこと、既に調べたこと、分かっていることなど、書き出してゆきます。
すると案外、悩みは2つか3つしかなくって、更に、今の自分は何をすべきなのか考えると「このままでいい」と結論が出ることも多々あります。

意外と少ない?意外と多い?自分の直感や勘と、数学をプラスして

「書き出してみる」というのは何かにつけて重要なことです。「見える化」することで、違った目線が生まれます。
マインドマップや偏愛マップ、夢を書き出してみたり、なりたい自分像を手帳に書くのも、同じかもしれません。
手帳術の本を読むのが好きなのですが、これらも、いかに自分の考えや予定、時間、行動などを一目で見渡せるようにするか、が重要に思います。

言葉で書き表したものを、図にしてみると、更にスッキリと整理しやすくなってゆきます。
いくつかの選択肢が思いつくような状況なら、なおさら図は有効です。

『いかにして問題をとくか 実践活用編』では、小中高で習った数学を、実生活の中での活かし方、数学への落とし込み方が示されています。
実際に、数学の公式や記号は忘れてしまっていても、その考え方は有効です。
連絡網や人間関係の繋がりを図式にしてみるのは良いなぁと思いました。

AKB48のじゃんけん選抜で、上位8名を当てる確率が紹介されていました。
結論だけ紹介しますと、8兆7960億9302万2208分の1以上、687億1947万6736分の1以下の確率だそうです。トーナメントにシード枠があるので、確率に幅があります。
いずれにしても、途方もない数字です。

この数字を見て「物事を簡単に諦めるのはやめよう」と思いました。
「自分では、2、3やればできるだろう」とタカをくくっているけれども、成功する確率を計算するととんでもない確率だったということが往々にしてありそうです。

Information

いかにして問題をとくか・実践活用編

  • 著者:芳沢 光雄
  • 発行所:丸善出版株式会社
  • 2012年4月20日

目次情報

  • 第1のステップ 「問題を理解すること」
  • 第2のステップ 「計画を立てること」
  • 第3のステップ 「計画を実行すること」
  • 第4のステップ 「ふり返ってみること」

著者略歴

芳沢 光雄(よしざわ・みつお)

1953年東京生まれ。東京理科大学理学部教授(理学研究科教授)を経て、現在、桜美林大学リベラルアーツ学群教授(同志社大学理工学部数理システム学科講師)。理学博士。日本数学会評議員、日本数学教育会理事、国家公務員採用Ⅰ種試験「判断・数的推理分野」専門委員も務めた。『新体系・高校数学の教科書(上・下)』『新体系・中学数学の教科書(上・下)』(ともに講談社ブルーバックス)、『数学で遊ぼう』(岩波ジュニア新書)、『置換群から学ぶ組合わせ構造』(日本評論社)など著書多数。

―芳沢光雄『いかにして問題をとくか・実践活用編』(丸善出版、2012)カバー