図書館

『つながる図書館』|日本の〈新しい図書館〉模索中

こんにちは。図書館で育った……と言っても過言ではない あさよるです。幼い頃は毎日のように図書館へ通っていて、小学校に入学して「図書室を使っていい」と知ってから毎日休み時間のたびに図書室に通い詰めていました。10代の頃は「人と口を利きたくない」との中二的理由で本を読んでいましたw

先日、あさよるネットでも紹介した『未来をつくる図書館』を読んで、ニューヨークの図書館の在り方に心底驚きました。あさよるの図書館の利用法ってあくまで、図書館の一部なんだと知ったのです。

『未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―』|すごすぎる図書館!

図書館は就職支援や起業支援もしていると『未来をつくる図書館』では紹介されていました。で、あさよるも地元の図書館をチェックしたところ、スペースは小さいですが就職支援、起業支援の情報があったー! ニューヨークの図書館ほどではないですが、地元の図書館も本の無料貸し出し以外の業務もしているようです。

そして今日読んだのは『つながる図書館』。これは日本の公共の図書館の取り組みを紹介したものです。日本でも図書館のありかたは大きく変化しているようで、全国で模索が続いている様子がわかりました。

全国の図書館の取り組み実例

本書『つながる図書館』は、実際に全国の図書館がどのような取り組みをしているのか、どのような立場に置かれているのかが紹介されています。図書館って自分が利用できる自分の街の図書館しか知らない方も多いはず。他の図書館の様子を知れるのは新鮮です。

ここでは『つながる図書館』で紹介されている実例の一部をちょろっと紹介します。

まず、最初に「武蔵野プレイス」という武蔵野市の図書館。こちら、写真で見てもめっちゃオシャレ。コンセプトは「市民の居場所」だそうで、広場や公園のようにカフェがあり、無線LANが使えて、ざわめきの中に図書スペースがあり、ギャラリースペースではコンサートが開かれることも。シーンと静まり返っていない雰囲気だから、子どもたちが多少ガヤガヤしても気になりません。ビジネスマンも子ども連れもみんなが一緒にいられる場なんです。それとは別に二十歳以上立ち入り禁止の、子どもたちだけのスペースがあって、ダンスやバンドの演奏ができるスタジオがあるというから羨ましい。「子どもたちの居場所」です。

鳥取市にある鳥取県立図書館では、入り口にたくさんのチラシが並んでおり、カウンターでは質問し辛い法律の悩みの回答などが、前もって置かれているんです。弁護士に相談すれば数万かかるところを、図書館であらかじめ問題の整理ができます。また、定期的に操業・融資の相談会や、中小企業判定士による相談や、特許相談会など実施されています。鳥取県立図書館ではビジネス支援として、農家や学校の先生や公務員を支えたり、若者の就職支援も力を入れています。そのために司書は専門の知識や人脈を持っていることが前提です。

課題解決型図書館へ

図書館の変化はが起こったのは、図書館の予算はどんどん削減される中、1999年「図書館館長は司書の資格を持っていなくてもよい」と法律が変更がなされ、次は図書館職員が「司書資格をもつ専門家でなくてもいい」と変更されるのでは?という現場の危機感が後押ししているそうです。

従来の貸出のみの業務は機械でもできますから、「司書でなければできないサービス」が模索され始めたのです。司書は専門知識を有しており、その図書館の蔵書にも精通している専門家です。図書館になくてはならない存在です。

神奈川県立図書館では、市立図書館と県立図書館という似た施設が二つもあるのは税金の無駄だとコストカットされた図書館です。横浜市にある県立図書館では貸出と閲覧の廃止。川崎市の県立図書館は廃館とされた。これは、横浜市民にとって市民図書館と県立図書館が並んであるので「二重行政」に見えてしまう。しかし、他の地域の住人からすれば、県立図書館は必要ではないのか?都市部とそれ以外での格差が広がってしまわないか? 非常時に果たす図書館の機能を考えると、簡単に「コストカット」してよいものだろうか。

従来の「利用者が欲しい本を探して借りる」という図書館のかたちから、新たな「課題を解決する」という専門家だからできるサービスへ移行しようとしている一方で、存続が問われ閉館になる図書館もあります。

賛否両論!武雄市図書館

武雄市図書館の話題はご存知の方も多いかも。TSUTAYAを運営するCCCが武雄市図書館の管理をしており、貸出カードは「Tポイントカード」で一日に一回利用すると3ポイントが貯まります。ここで、利用履歴の個人情報が守られないのではないかと懸念されています。図書館には「図書館の自由に関する宣言」というものがあり、「図書館は利用者の秘密を守る」としています。個人のプライバシーや匿名性が守られなければならないものなのです。

ざっと、本書で触れられていた武雄市図書館をめぐる賛否を上げます。

いいところ

  • Tポイントがたまる
  • おしゃれな知的空間で、デートに来る人も多い
  • 「まちづくり」としての図書館である
  • 小さな温泉街である武雄市の「集客」になっている
  • 夜間まで開いている
  • 20代、30代の若い世代の利用者が増えた
  • 司書によるコレクション構築や資料の活用

懸念事項

  • 貸出履歴がTポイント管理者に提供される可能性
  • 嘱託の館長と、嘱託の司書が最長5年契約で働く(市の直営時代と同じ)
  • 図書館に併設した歴史資料館が常設でなくなった
  • 他にもTSUTAYA図書館ができれば「珍しさ」がなくなってしまう

まず、Tカードを利用することで、利用者にとってポイントが貯まるのは嬉しいですが、個人情報がどこまで守られているのか気になります。

武雄市図書館は市の集客施設として働いているのは良いことに思えますが、他の市町村もTSUTAYA図書館を導入すれば希少性がなくなります。それでもなお「まちづくり」の中心となれるのでしょうか。

デジタル図書館

「青空文庫」は著作権が切れた作品をネットで無料公開しているデジタル図書館です。ご利用になられた方も多いはず。公的なものではなく、ボランティアが手作業で作っています。

国立国会図書館もデジタル化に取り組んでいます。これまで東京近郊に住んでいないとなかなか国立国会図書館の資料に当たるのが難しかったのですが、デジタルアーカイブが世界を変えたと言ってもいいんじゃなかろうか。また、他の図書館でも同様の取り組みがなされています。

また、図書館横断検索「カーリル」の取り組みもあります。「カーリル」ではネットで図書館の蔵書を検索できるサービスですが、図書館内から検索される機会が増えたことで「カーリルタッチ」が開発されました。図書館の棚の前でスマホをかざすと「カーリルタッチ」が起動し国立国会図書館のデータベースにアクセスできるもので、実験的に導入されているそうです。

図書館がコミュニティをつくる

まだまだ図書館の実例が紹介されているのですが、全部拾えなくて残念です。あさよるが「いいな」と思ったのは、小さな図書館の取り組みでした。例えば既存の図書館以外に町中に本を置いてもらったり、あるいは小さな図書館を街中に設置しボランティアが代わる代わる管理しながら運営するもの。単に図書館機能を外に持ち出しただけでなく、それを管理するための地域のつながりが生まれているそうです。「なんとなく顔見知り」のコミュニティができることで、住人と街の接点になっているのは良さそう。

以前、あさよるネットで『図書館「超」活用術』を紹介したとき、「自治体によって図書館サービス違うから」と書いたのですが、ますます今後多様化していくのかもしれません。神奈川県のような例もあれば、あさよるが棲んでいる大阪府下の図書館はサービスがいい方なのだなぁとしみじみ。

『図書館「超」活用術』|書店、ネット、そして図書館。情報と「場」を使いこなそう

続きを読む

『未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告―』|すごすぎる図書館!

こんにちは。図書館の常連になりつつある あさよるです。こんな読書ブログを書いていますし、一応学生業もやっておるので、ちょこちょこと調べごとに足を運びます。今現在の図書館もすごく充実していて便利だし「世の中にはすごいものがあるなぁ」なんて感じ入っていたのですが、どうやら世界の図書館事情は違う!?

本書『未来をつくる図書館』は、もちろん図書館で見つけた本ですw 本書を読んで、図書館のイメージがガラリと変わりました。少し、図書館司書や学芸員の仕事についても知りたいなぁと、新たな興味も生まれました。

ニューヨークのすごい図書館を知る

本書『未来をつくる図書館』では、ニューヨークにある図書館を複数見てゆきます。これ、すごいんです!あさよるは日本の図書館しか知りませんから、マジぶったまげ~!!\(◎o◎)/ すごい、世界にはこんなすごい図書館があるんだー! っていうか、図書館の理念ってこういうのなの?マジすごいし。

ビジネスをスタートさせる場所

マンハッタンの五番街にあるのがニューヨーク公共図書館本館です。

 この本館にあたる人文社会科学図書館には、グーテンベルクの聖書やトーマス・ジェファーソン自筆の「アメリカ独立宣言」の草稿、コロンブスの手紙など歴史的価値のある資料をはじめ、膨大な数の写真、版画、地図なども収められている。図書館の全所蔵品は、五〇〇〇年前から現在までにわたる約五三〇〇万点。世界には約七〇〇〇の言語があると言われるが、そのうちの三〇〇〇言語で記録された資料を持つ。(中略)
この図書がユニークなのは世界有数のコレクションを誇りながらも、「敷居の低さ」でも世界一という点だ。使用目的はもとより、社会的地位や国籍など問われずに、誰もが無料でアクセスできる。

p.4-5

めっちゃすごい資料がたんまり所蔵されているのに、それを〈誰でも〉閲覧できるとな。それは、あさよるがフラッとニューヨークを散歩途中に、コロンブスの手紙が読めるってこと……すごー!

っと、この図書館ではネット環境やパソコンも使えるので、お金がない中でチャンスを掴もうとする人たちで毎日にぎわいます。ニューヨークを知的リーダーにするためには、図書館が不可欠です。誰もがそれぞれ、毎日学び続ける場としての図書館であり、自らを高めるため、自由に学べる場が必要です。

芸術、舞台を育ててゆく

ニューヨーク公共図書館は芸術も支えています。

演劇・音楽・舞踏などの檜舞台となる劇場が集まるリンカーン・センターには、舞台芸術の特化した研究図書館の舞台芸術図書館がある。ベートーベンやバッハ、モーツァルトの自筆の楽譜も所蔵し、ジャンルも、音楽、舞踏、演劇からミュージカルとさまざまだ。こうした幅広く実践的な資料は現役のプロの俳優、ダンサー、振付師などに活用されている。

p.10

ここでは、芸術に関する資料……とくに舞台芸術の資料が集まっています。本の形態をしたものだけでなく、舞台のセットや衣装、テープやビデオがたくさんあり、舞台芸術に関わる人や、アパレル関係の人も閲覧に訪れます。

生きているアーティストの情報や資料もどんどん蓄積されてゆき、年齢を経て考えや主張の変遷を折ったり、構想を知ることも可能です。

市民が必要な情報を提供する

メディア・センターには、デジタル資料もふんだんに蓄積され最先端です。また、情報を扱うための人と人のネットワークも重視されます。

地区会館では健康維持や治療のさい、最善の選択ができるよう資料が用意されています。また、就職やスキルアップも図書館がバックアップするんだそう。

お金がかかるんじゃないの?と思いますが、街が失業者を抱えるよりも、図書館を充実させて早く自立できる環境を整える方がリーズナブルと考えます。

図書館の仕事って?

日本では、図書館は本を読んだり、本を借りる施設です。しかし、ニューヨークの図書館は違う。図書館という〈場〉がチャンスを与える場になっています。ですから、そこに集まる人たちも、日本の利用者とは違っています。チャンスを求め、野望を持っている人や、医療や救急・緊急の情報を欲している人、インターネットの情報にアクセスしたい人などさまざま。日本の図書館の利用者もいろんな人がいるでしょうが、ここまで多様ではないでしょう。

ニューヨークの図書館は、利用者が読みたい本を勝手に読む場ではありません。チャンスを望む者には、インターネット環境やパソコン、新聞等、企業に必要な情報がどしどし提供されます。図書館で起業し、図書館で働いている人もいるそうです。主に芸術作品の保存、閲覧が可能な図書館では、所蔵されているのは本だけでなく、舞台セットや衣装の資料、音声やビデオテープなど、本の形態のものは半分より少ないそうです。そして、病気になったとき医療情報を得るためにも図書館は使われますし、緊急時の情報提供の場でもあります。

日本の「本を読む」「本を借りる」図書館とは全く趣が違います。

反対に言うと、日本では本を読まなくても医療にかかれるし、緊急時もなんとかなるとも言えます。失業しても死ぬわけじゃありません。日本の図書館サービスはニューヨークのものよりも低いかもしれないけど、それ以外の社会保障が充実しているともいえます。

失業対策や起業する人を全面サポートする図書館ってあるといいのになぁとは思いますが、ニューヨークとはそもそも社会が違うのかもしれません。また、成功した人たちが寄付をする文化があるのも、ニューヨークの図書館と日本の図書館の違いかなぁと思います。

図書館に求めるもの

ニューヨークのめっちゃスゴイ図書館を知ったなら、自ずと、日本の図書館はどうあるべきかを思案してしまいます。ニューヨークの開かれた図書館はすごいし、どんな人にでも必要な情報がもたらされる仕組みは「図書館のあるべきすがた!」って感じがします。日本の、どちらかといえば娯楽目的で使用され、「本をタダで読む・借りる」に特化した図書館は、ちょっといびつな感じもしました。一方で、日本とアメリカの社会福祉の違いを考えると、「図書館サービスは限られているかもしれないけど、それ以外の福祉は充実してるなぁ」とも考えられます。

あさよるは、もっと日本でもお金のある人が図書館に寄付をするような雰囲気があったらいいのになぁと思いました。また、学校を卒業してからもう一度勉強し直したい人や、お金がなくて進学ができない人への、学習の場があってもいいかなぁ。あと、もっとワイワイガヤガヤしてる図書館もあってもいいのに! 子どもたちが宿題やってる横で、大人も勉強したり、仕事してるような空間って、カッコいい気がする。

続きを読む

『図書館「超」活用術』|書店、ネット、そして図書館。情報と「場」を使いこなそう

こんにちは。大人になっても図書館通いしている あさよるです。引っ越しの際も図書館がどこにあるかが大事でした。

図書館の“0から始まる本棚”には、読書術やノート術の本があるので、ちょこちょこ覗いています。『図書館「超」活用術』も、図書館の0の棚で見つけました。

近くの図書館の使い方

帯の写真が超カッチョイイですが、地元のダサ庶民的な図書館のお話です。いや、カッチョイイ図書館が地域にある人羨ましいですね。

って、図書館は見た目じゃないんです。その機能がスゴイ!何がスゴイって、図書館のサービスを日本中で利用できるってことです。

図書館の規模や蔵書の数など、その地域によって違いがありますが、誰でもどこかの図書館を利用できる。

子どもの頃、図書館を利用してたけど、大人になって足が遠のいてる人。そもそも、図書館になじみのない人。そんな図書館初心者に向けて、図書館利用マニュアルなのです。

普通のサービスを普通に使う

さて、どんなスゴイ『図書館「超」活用術』が紹介されているかと言いますと……実はね、めっちゃフツーなんですよねw

図書館へ行くと大量の蔵書が待っているとか、本棚と本棚の間を歩いているとアイデアが浮かぶとか、実践している人もいるでしょう。

すでに、図書館の秘めたるパワーを知っている人にとっては「なにを今さら!」な内容です。

……反対に言えば、図書館を利用していない方。図書館の力を使っていない方。そんな人にとっては朗報です!

子どもの遊び場ではなく、暇人の暇つぶしでもなく、ビジネスマンだって、仕事に使える公共の施設なんです。

集中できる、オフィス代わりに

図書館は公共で開かれたもので、利用法もさまざま。

自分のサブオフィス代わりに利用してもいいし(ルールを守ってね)、気分転換に、頭の中をリフレッシュさせる場所にも使えます。

ネット環境にない図書館もありますが、ネット断ちできると思えば、集中した時間を過ごせます。

図書館という「場」を、どう使いこなすかですね。

書店にはない、ネットにはないもの

書店にはズラリと最新の情報、今話題の書籍が所狭しと並んでいます。平積みになされた書籍や雑誌のビジュアルからも、かなりの情報圧です。

情報の鮮度という意味では、ネットに敵うものはないでしょう。最新!今!なう!

じゃあ、図書館にある情報って……そうです、古いです。ちょっと古いのが図書館の特徴です。

図書館では、過去の情報を遡れることが強みです。過去の新聞の記事を参照したり、雑誌のバックナンバーもあります。

百科事典や全集など、自分では絶対買わないような本がズラズラと惜しげもなく並んでいるのも図書館のすごいところですね。

書店、ネット、図書館、それぞれ扱っている情報が違います。それぞれを使いこなせたら、めっちゃスゴイ。

レファレンスこそが図書館だ

図書館が図書館たらしめているサービスは「レファレンス」でしょう。

資格を持った図書館司書に、探している情報の検索をしてもらえます。

膨大な書籍の中から、自分の探している情報をばっちり見つけ出すために必要です。

ネットは、自分で情報検索できるスキルのある人にとっては非常に便利なツールです。しかし、検索スキルには差があります。

図書館は、すべての人に開かれている上に、検索を手伝ってもらえるのです。

自分で本くらい探せるよって人も、一度カウンターで探してもらうと、自分ではたどり着かなかった本が見つかるかもしれません。

まずは図書館チェックを!

本書『図書館「超」活用術』の著者・奥野宣之さんは大阪府堺市に在住で、堺市の図書館だけでなく、大阪府立図書館や大阪市立図書館、そして和泉市立図書館など、周辺の図書館も利用なさっています。

複数の図書館をまたがって利用したり、他の図書館の蔵書を取り寄せたりできるサービスが受けられる自治体もあります。

公衆wifiが設置されている図書館や、ネット環境が整ったところ、あるいはweb版の有料の新聞記事が読める図書館もあるそうです。

奥野宣之さんの図書館環境は、かなり良い方なのかな?と思います。

あさよるも大阪府在住なので、『図書館「超」活用術』で紹介されるサービスの多くは利用しています。が、あさよるの活動圏内に図書館が1つしかなかったりします。

ご自身がどの図書館を利用できるのか、その図書館がどのようなサービスを提供しているのかは、それぞれ。一度、調べてみて下さい。

図書館の利用って、ちょっとコツが必要です。しかし、そのコツがわかればめちゃくちゃ素晴らしいサービスです。

『図書館「超」活用術』は、その「コツ」が知れる本で、面白かったです。

続きを読む