図鑑

『宇宙用語図鑑』|恒星、惑星、衛星、矮星……図鑑を熟読!

『宇宙用語図鑑』挿絵イラスト

こんにちは。月蝕見ましたか? 意外と天体ショーの話題に乗り切れない あさよるです。昔から星や宇宙のことが好きで、天体ショーもチェックしていましたが、SNSの普及でみんながショーの話題で持ちきりになると、「ふーん、興味ないし」とアマノジャクなことを申しております。強がりです。

さて、『宇宙用語図鑑』という分厚い本を見つけました。タイトルもなんだかお堅い感じ。中身も難しい宇宙や物理の話を扱っているのですが……これがまた、むちゃライトに楽しく上手いことまとめられていて、とても面白い本でした。「図鑑を熟読」しましょう。

分厚いけどカンタン!

本書『宇宙用語図鑑』は、その名の通り〈宇宙〉に関係する用語が紹介される辞書のような本なのですが、イラスト満載で簡単にわかりやすく〈図解〉されている〈図鑑〉なのです。文章少な目、目で見てビジュアルで理解する楽しい内容です。

サンプルがAmazonで紹介されていました↓。

『宇宙用語図鑑』挿絵サンプル

宇宙用語図鑑 | 二間瀬敏史, 中村俊宏, 徳丸ゆう |本 | 通販 | Amazon

ね、文字すくな目でイラスト多め。例えば、〈宇宙〉に興味のあるお子さんがいたら、本書はとても役立つでしょう。お子さんはどんどん新しい知識を仕入れてきて、いろんな用語を発するはずです。そんなとき、本書『宇宙用語図鑑』を取り出して、索引から引けばよいのです。

あさよるも天体や宇宙が好きな子どもでしたから、一人で勝手に読みかじって「宇宙のはなし」を大人に話したもんですが、聞かされる方はそんな話興味ないってなもんでね。そのとき、『宇宙用語図鑑』があれば、もうちょっと建設的な話になったかもしれません。

時折ニュースやSNSでも天体ショーが話題になります。月蝕だとか流星群だとか。

宇宙・天体・物理学用語、わかる?

『宇宙用語図鑑』の1章はこんな節からはじまります。

  • 「恒星」
  • 「惑星」
  • 「衛星」
  • 「矮星」
  • 「巨星」
  • 「超新星」
  • 「中性子星」

さて、これらの〈星〉の意味の違いわかりますか?

  • 「恒星」→自ら光を放っている星
  • 「惑星」→恒星の周りを周る星、温度が低く光らない
  • 「衛星」→惑星の周りを周る星
  • 「矮星」→「小さい星」という意味。赤色矮星、褐色矮星、白色矮星など種類がある
  • 「巨星」→直径が太陽の10倍~100倍もある巨大で明るい星
  • 「超新星」→重い星の最後に大爆発を起こすこと
  • 「中性子星」→小さくて重い高密度の星

こんな感じで、見たこと聞いたことはあるけど、意味は……なんだったっけ~?というド忘れにも効きます。

子どもゴコロを取り戻すべく「図鑑を熟読」しましょう。

『宇宙用語図鑑』挿絵イラスト

関連本

宇宙・物理の本

続きを読む

『哲学用語図鑑』|ド忘れ&知ったかぶりから卒業!

こんにちは。先日『ハーバードの人生が変わる東洋哲学』を読んで、自分の無知さを知ったあさよるです。

( ゚д゚)ハッ! これが無知の知……。

東洋人なのに東洋哲学をなんにも知らないんだな……と謎のショックを受けました。そして次に手に取ったのは『哲学用語図鑑』。帯には「21世紀を生き抜くための必修科目」とまで書いてあります。

そうなのか……哲学って、「ビジネスにも交渉にも役立つ」のか……。

哲学用語が飛び交いまくり!(;’∀’)

「哲学」ってなんだかよくわからなくても、意外と哲学ちっくなキーワードは普段の会話で飛び交っています。「フロイト的には~」とか「アドラー先生はねぇ」とかね。

なんとなく「そっすねww」とかヘラッと笑って相づちを打っているけれども、実は内心大焦り。「あれ……それなんだっけ???(;’∀’)(;’∀’)(;’∀’)」

わかってるんですよ、知ってるんです。前に本で調べたのに……wikiで読んだことあるのに……ただ“思い出せない”だけなんです!

これ、あるあるじゃないですか?

かわいいイラストがやたら分かりやすい

『哲学用語図鑑』はその名の通り、(西洋)哲学の用語図鑑。

哲学者簡単なプロフィールと、哲学用語の説明が、ほのぼのかわいいイラストで紹介されます。そう、この『哲学用語図鑑』は、文字よりイラストの面積の方が多い!

昆虫図鑑や植物図鑑を眺めるように、哲学を俯瞰する図鑑。(・∀・)イイネ!!

まさに昆虫図鑑よろしく、索引も充実していることと、イラストがユーモアたっぷりに、その哲学者や哲学用語の特徴や性質が一目瞭然なんです。

tetsugakuyougozukan-1

tetsugakuyougozukan-2

出典:哲学用語図鑑 | 田中正人, 斎藤哲也 |本 | 通販 | Amazon

ね、かわいいでしょ!そして、特徴やポイントがパット見てわかる。なんとなくキャラクターたちの服装や出で立ちも時代に合わせて変わってゆくのが面白いんです。

「図鑑」ですからね、種類がパッと見分けられて、その特徴がザッとつかめる。これは良いなぁ(・∀・)

知ったかぶりからの卒業

『哲学用語図鑑』。A5版で厚さ2.5cmくらい。

表紙も中身も全体的に白が基調の、古代ギリシアの大理石彫刻のようなデザイン。表紙は何気にローマン体で哲学者の名前もズラリと並び、雰囲気出てますw

そう、なんかこの『哲学用語図鑑』、装丁もオシャレなんです。そこも気に入りました。そこそこボリュームがあって値段もそこそこ(1,800円+税)なので、デザインがオシャレってのも大事な事実v

常に携帯するにはちょっと重い&大きいので、据え置き用として。気になったときサッと手に取れる場所に配置して起きたい。

文章量は少なめですから、一から哲学について知りたい方は他の書籍を。『哲学用語図鑑』は、知ってるけど思い出せない時、大まかな流れを掴みたい時なんかに、役立ちます。

続きを読む