奈良国立博物館

特別展「国宝の殿堂 藤田美術館展」@奈良国立博物館

2019年4月14日(日)に奈良国立博物館で開催中の「藤田美術館展」へ行ってきた覚書のようなもの。奈良へ行く用事があったので、閉館ギリギリの時間にヒョイと飛び込んだのでありました。

まず、ポスターも看板も、曜変天目茶碗一色だからさ、それしかないかと思ってたの。入り口もこんな感じだし↓

飛び込んでビックリ。見ごたえありすぎる展示でやんの!

時間がなくてかなり駆け足にしか見れなかったのが残念なのでありました。これから行かれる方は時間に余裕をもってぜひ! 2019年6月9日(日)までです。

ボリュームありすぎて嬉しい誤算。時間が足りない!

入ってすぐにあった“白縁油滴天目鉢”と“菊花天目茶碗”が落ち着いた感じで好きだった。中にお茶が入った感じがイメージできる。織部好みな器もあってよかった。

今回の主役、曜変天目茶碗は、最初は正直「なんか写真のようが良かったかも」と思ったんですよ。だけどいざまじまじと眺めていると目が離せない。照明のきらめきなのか、器が光っているのか、いろんな角度から見たくなる。もっとそばに寄れるなら顔にくっつけて見たい。なにせ閉館直前時間で空いてたので、2回列に並んで最前列で拝見いたしました。

驚いたのは、メインは第1章の初っ端にあって、その後9章まで展示が続いていることだ。

2章「墨蹟と古筆」、3章「物語絵と肖像」はゆっくり見れず。

4章「仏像」は数は少ないけど見ごたえありあり。“地蔵菩薩立像”は快慶作だったのね……(出品一覧を見て)。“阿弥陀如来立像”も小さいけど良き(*´ω`*)

5章「尊像と羅漢」もザっと見れただけだった><

6章「壮厳と法具」は厨子がかわいい。特に、シカのいる“春日厨子”(だったかな)がキュート。わたしは厨子を見るのが好きだなぁ。蒔絵の入った箱やなんかもたくさん展示してったのに駆け足で。

7章「仏典」、8章「面と装束」、9章「多彩な美の殿堂」もボリュームがありすぎ。この時点で閉館5分前くらい。2回ダーッと歩き回ってタイムオーバー!

見たいものだけ見るのも乙かも

“古瀬戸肩衝茶入”を見ながら家族にヲタ語りをしているお父さんがいた。奥さんも興味を持って聞いているし、息子くんも小さいのにパパの話を聞いているみたいだった。横で眺めているだけで朗らかだ。私もそばでずっと話を聞いていたかったけれども、いかんせん時間がなく泣く泣く立ち去る。それにしても、あんな入り口の入り口で、あんなに語ってて時間大丈夫なの?なんて余計な心配を。第1章の「茶碗と茶道具」だけに絞って見るのかな。私も時間がないなら見るところを限定するのも賢いやり方かも……と思いつつ、やっぱどうせなら全部見たいよねとも思うなど。

あいにくの雨。奈良公園に行くときはいつも雨か雨上がりな気がする。


関連記事

続きを読む

「第68回 正倉院展」に行ってきた(^^)/

2016年の正倉院展の様子(外観)

2016年10月22日(土)、奈良国立博物館で開催中の「第68回 正倉院展」へ行ってきました。初日です。

混み具合が気になりましたが、初日の17:00頃だと一切並ばずスルッと入れました。館内も、やや混みくらいで、見たいものはじっくり近くで見れる感じで。

土日は17:30からオータムレイトチケットが使えるので、そちらは行列ができていました(平日は16:30からだそう)。昨年も初日か2日目の、夕方17:00頃に入場して、混雑していなかったので、レイト入場直前は狙い目なのかも!?

長い年月、守り続けた人がいる(‘ω’)

展示内容は、楽器がいくつか展示してあって楽しかった。笙と竽です。

ポスターやチラシにも使われている「漆胡瓶」も、想像以上にきれいでびっくり。時間の経過を感じさせないような……正倉院展の展示を見るに、これらをせっせと保存し修繕し続けた人がいるのだなぁと思うと、壮大すぎて想像がつきません。

また、正倉院展って、お土産コーナーも充実してるんですよね~♪

正倉院の宝物の意匠が現代的にデザインされた日用品や文具は、カッコよくってみんな欲しいぃぃ!というか、元のデザインがハイセンスすぎなんですよね~。見ていて惚れ惚れ。迷いすぎて、結局何も買わずに出てしまったんですが……ww

天平時代っぽいデザイン、好きです(^^♪

会期は11月7日(月)まで。お近くにお出かけなさった際はぜひ~(^^)/~~~

2016年正倉院展の様子(外)、無料休憩所

↑外には休憩所があって、周りには売店がいっぱい!お祭りみたいな雰囲気でゆっくり遊びに来たいです^^

続きを読む

『正倉院-歴史と宝物』を読んだよ

正倉院展開催中の奈良国立博物館の様子

毎年秋、奈良国立博物館では正倉院展が開催されています。
私も今年は、正倉院展へ足を運ぶことができました。

特別展はたった2週間ほどの開催期間ですが、毎年とても多くの方が訪れるそうです。私も今回はたまたま夕方に滑り込んだので空いてたのですが、いつもは入場規制がかかり、館内もたくさんの人だそうです。

あさよるさん(@asayorunet)が投稿した写真

この写真は暗くて分かりづらいのですが、奥の建物が奈良国立博物館です。この博物館も、正倉院をイメージしたデザインだそうです。一階部分がガラス張りで、高床式の建物のように見えます。

さて今回、杉本一樹『正倉院 歴史と宝物』を読むまで、正倉院についてよく知りませんでした。著者の杉本さんは、宮内庁に勤務し正倉院事務所長を勤めていらっしゃる方です。いわば関係者の方が書かれた書籍なのですが、その歴史が長い。
8世紀、東大寺の建立時に正倉院も完成しました。といいますか、正倉院とはもともと東大寺の蔵なのです。ゆうに1200年以上も保存されてきたものを、今もなお管理し保存し続ける業務とは、気の遠くなるようなスケールのお仕事です。

更に、正倉院展でも興味深いのは、収蔵品のラインナップです。いわゆる日本的なテイストのものよりも、目立つのはオリエンタルな品物の数々。シルクロードを伝って日本にもたらされた大陸の品々がズラリと並びます。
正倉院について研究するということは、シルクロードの先の文化を知ることでもあるようです。これまた、気の遠くなるスケールの話です。

それらを維持、管理、修理し保存し続けることは、大変な仕事です。さらに、それらを整理し、修復するさい、一つの物をバラしたり分けたりすると、それらも新たなパーツとなり、新たな宝物となります。
「宝物」というものは、時の流れの中でなにやら新たかな宝物を生じさせ、目録がどんどん触れてゆくそうです。イザナギが禊をするとほとばしった水滴から神々が生じるようなイメージですね。

続きを読む