家計管理・貯蓄

『家しごとがもっと楽しくなるノート術』|インスタ映えノートの作り方

『家しごとがもっと楽しくなるノート術』挿絵イラスト

こんにちは。ノートづくりの本が好きなあさよるです。ブログでも数々紹介してきましたし、紹介しきれてない本も多々あります。よく読んでいます。今日紹介するのは『家しごとがもっと楽しくなるノート術』です。25人の職業の異なる女性たちのノートをチラ見させていただく企画です。マンガ家やイラストレーターや作家など、絵を描く仕事をしている方もいらっしゃるのですが、そうでない方もみなさんイラストやデザインが素敵すぎて生唾! 早速マネしたいアイデアもたくさんありました。

家事・子育て・健康管理……私生活をノートにまとめる!

本書『家しごとがもっと楽しくなるノート術』は、家事や家計簿、スケジュールのみならず、健康状態や子育て、料理のレシピなどなど、仕事以外の私生活全般を指して「家しごと」としています。プライベートを記録するノートですね。

全ページカラー、25人のノートの達人たちのノートの中身を覗き見しましょう~。

ノート職人のノート拝見

25名のノートの達人たちのノートは個性的です。ビッチリ文字で埋め尽くされている人もいれば、カラーイラストで飾られていたり、付箋やカラーマーカーでシステマチックだったりします。Evernoteでデジタルにノートをまとめている人もいます。

なんで他人のノートを見るのはこんなに楽しいのでしょうか。


『家しごとがもっと楽しくなるノート術』イメージ画像

家事も、家計も、子育ても・・・みんなのアイデアが満載! 家しごとがもっと楽しくなるノート術 | 家しごとのノート研究会 |本 | 通販 | Amazon

サンプルを見るように、ノートの描き方やコツを紹介するものではありません。他人のノートを閲覧する、ただそれだけの趣き!よき!よき!

よくあるノートづくりの本は、一人の作家さんのノートやノートの作り方を紹介するものが多いけど、本書『家しごとがもっと楽しくなるノート術』は、たくさんの女性のノートを拝見いたします。職業もさまざま。医師もいれば主婦もいる、作家もいる。

見てるだけで楽しいのだ

あさよるもノートつくるの好きなんですが(サボりがちですが)、本書で取り上げられている方々はInstagramで自作のノートを公開なさっている方が多い印象です。そっか、SNSで発表するやり方もあるのね。あさよるは山も谷もない地味ぃ~な日々を送ってるので、そんなに書くべきことがないのですが、ここぞというときはInstagramかTwitterに投稿してみようかな。

ということで、あさよるのSNSを一応紹介しておきます。

みなさんの描いたノートは見てるだけで楽しいですね。料理のレシピはその人のこだわりや美味しさが伝わってくるようだし、子育ての記録は多忙の中でもメキメキと育ってゆく子どもの様子が見えるようです。このブログも一応、ノートに読書記録をつけている感覚で続けているので、広義でのノートに入るでしょうかw

『家しごとがもっと楽しくなるノート術』挿絵イラスト料理のレシピノートは作ってみたいけど、めっちゃテキトーな料理しかしないのだった

関連記事

ノートづくりの本


続きを読む

『もっと簡単に暮らせ』|人生を自分で選ぶコツ

こんにちは。早くAIが服を畳んで引き出しに収納してくれる時代が来てほしい あさよるです。気の利いた音楽なんて再生してくれなくていい、部屋を片付けてくれないか……。と、そんな話題と関係あるようなないような『もっと簡単に暮らせ』を読みました。

この本では、今現在現実問題として服を畳まなければならない我々が、暮らしやすく暮らすための極意が収められたものであります。著者のちゃくまさんはブロガーの方で、そちらも熟読いたしましょう。

毎日の、コツ

本書『もっと簡単に暮らせ』は、著者・ちゃくまさんによる暮らしのコツ、考え方のコツが86つまった書籍です。ちゃくまさんはブロガーの方で、日々ブログで暮らしに役立つ記事を投稿なさっています。で、どうやら本書は続編のようで『簡単に暮らせ』という本が先に出版されています。順番に読めばよかった(;’∀’)

また、ちゃくまさんご自身が40代女性で、夫と大学生の息子さんがいらっしゃるそうで、同じ年代の方や、子育てがそろそろ終わる方がより共感できるんじゃないかと思います。

簡単に暮らせ

簡単に暮らせ

  • 作者:ちゃくま
  • 出版社:大和書房
  • 発売日: 2016-06-22

人の目、気にするのやめない?

本書では生活全般、家事、日用品、家計、買い物、生き方、着るもの、片づけを、シンプルにするためのコツが紹介されています。しかし、よくよく読んでいると、これらって「他人との付き合い方」に尽きるんじゃないのかな?と気づきました。

たとえば、家計の話では「見栄を張るのをやめる」「つきあいをやめる」と言及されているし、「あの人がああ言うから」「義母にこう思われるのではないか」などなど、自分以外の人間を判断基準にしちゃっていたら、そりゃ片付くものも片付かないし、お金もどんどん出てっちゃうわなぁ、と。

ちゃくまさんのブログでも、人間関係について言及なさっているエントリーも充実していて、こっちも読みふけっていました。

そういえば、先日読んだ勝間和代さんの『勝間流ロジカル家事』は、トコトン勝間さんのガシェットオタクぶりが追及されている本で面白かったのですが、勝間さんの本には「他人の目」が一切入っていなかったんです。「こんなことしたらあの人はなんて思うだろう」とか「他人に自慢したい」とか、雑念が一切ないんですよねw 清々しい!勝間さんに憧れる女性がいるのもワカルワーとオモタ。

他人の目、気にするべきシチュエーションもありますよ。でも、どうでもいいコトも多い。この、どうでもいい場面で、他人の目を気にして自分の行動を決めるの、やめる……。

自分で選び取ろうよ

不必要に他人の目を気にして、他人の価値観に合わせた行動をやめると、どうなるでしょうか。……自分で考えて、自分で選んで、自分で決断するってことです。それって……上手に出来る人はいいけれども、苦手な人だっているハズです。集団行動が身についている人は、独自路線に進むのは勇気がいるのでは?

本書『もっと簡単に暮らせ』の生活の知恵って、この「他人の価値基準じゃない」「自分で選ぶ」ための手順なのではないでしょうか。

あさよるは、一つ目の項目「バッグに入れる小物は明るい色にする」ですでに「おおお~」と超納得&関心しきり。持ち物を明るい色にしちゃうと、暗いカバンの中で物が探しやすくなるんです。たしかに! んで、あさよるも小物って「自分のセンスの見せどころ」とばかりに「他人の目を気にして」「他人が羨ましがるような」持ち物を選んでいたかも! あさよるも「自分の基準で選ぶ」をやり直します(;’∀’)>

暮らしやすいように暮らす

何やら抽象的な話になってしまいましたが、本書『もっと簡単に暮らせ』は簡単な内容です。「自分の暮らしやすいように暮らす」、以上。おわり。すんごいシンプル。

なのに、簡単なのに、そうそう簡単にできない。どうしていいかわからなかったり、もう諦めている人も多いはず。あるいは感覚がマヒして、不便や不快を認識しなくなってたりして……。

暮らしやすいように暮らしましょう。たぶんそれが「幸せ」に関連する事柄だろうし、きっと「豊かさ」とはそういうことなのだろうと思います。物質的にはすでに恵まれているんですから、あとは「どう生きるか」なのかもしれません。

関連記事

『考えない台所』/高木ゑみ

『考えない台所』|家事のシステムを作っちゃう!

『勝間式 超ロジカル家事』/勝間和代

『勝間式 超ロジカル家事』|「お金ムダ遣い」「捨てない」は「命」のムダ遣い

『服を買うなら、捨てなさい』/地曳いく子

『服を買うなら、捨てなさい』|とっておきで、自分スタイル

続きを読む