巨石文化

『縄文とケルト』|エンド・オブ・ユーラシアのよく似た遺跡

イギリスの遺跡を見ながら

本書『縄文とケルト』は、まずイギリスの遺跡の数々を順に見てゆきます。一番有名どころはストーンヘンジでしょう。同様にイギリスには、石で作られたサークルや道のように見えるものがあるのをご存知の方も多いかも。あさよるは、UFOのなんか、宇宙人が作った遺跡だとかいうオカルト談義で知っていましたw

それにしてもイギリスにはたくさんの石を使った遺跡が残されているんですね。石が並んでいる遺跡だけではなく、すごく立体的に組みあがった遺跡もたくさん掲載されていて驚きました。一見すると岡の様で内部が屋が並んでいる遺跡の図を見ると、まるでホビットの家だ!と驚き。あれはフィクションではなく、イギリスにはあんな石造りの複雑な遺跡があるのね。

ユーラシアの端と端

巨石文化はイギリスにあるだけではなく、日本にもあります。奈良県にある石舞台古墳や茨城県の太刀割石等々、日本中にありますね。イギリスの石造りの家のような遺跡を見ていると、沖縄県の亀甲墓に似ているなぁと思いました。

著者・松本武彦さんは、イギリスの風景を見ているとどことなく日本の遺跡と似ていると感じたそうです。

遺跡の形や、それを残した社会の隔たった地域どうしで比べてみて、両者の共通点と相似点とをあぶり出し、相互の歴史的特性を明らかにする営みを「比較考古学」という。その実践の一つとして、冒頭に述べた日本とイギリス、つまりユーラシア大陸の東西両端で相似の位置を占める二地域の歴史の歩みがみせた共通点を明らかにすることを、本書の第一の目的としたい。

p-12

共通点を多くもつ二つの地域を比べることで、似通ってるところ、全く違うところがあぶりだされます。

〈ルーツが同じ〉ではない?

あさよるも勘違いして読んでいたのですが、決して「ケルトと縄文の文化が〈同じ〉だ」という主張ではありません。むしろ逆で「ケルトと縄文は違った文化を持っているにも関わらず、似ている点がたくさんある」。人は遠く隔たった地域に住んでいても、考えることは似ていたり、あるいは大陸で興った文化が少し遅れて島へ渡って来たのかもしれない。

縄文とケルトを見ることで、普遍的な、あるいはもっと大きな人類の営みが見えてくるのかもなぁと思います。あさよるは難しいことわからないですけど、壮大でワクワクする話でした。

続きを読む

『巨石文化の謎』を読んだよ

姫路城 天守

ピラミッド、ストーン・ヘンジ、モアイ像……と世界の巨石文化は未だ興味をそそられます。子供の頃から、夢中になって“世界の謎”を紹介する本を読み漁った記憶が蘇ります。

以前、奈良県・明日香村を、留学生に紹介しながら巡ったことがありました。日本史やアニミズム信仰についてなどについて言及しながらも、お互いにカタコトの英語ですので、どう伝わったのかわかりません。
後ほど、日本古代史を研究している先生に相談したところ、「巨石文化」を切り口に話を展開してはどうかと提案されました。

飛鳥にも、ご存知のように石舞台古墳や亀石、鬼の雪隠など、人工的な大きな石の塊が転がっています。同じような文化は世界中に点在していますから、留学生にとっても馴染み深いものだったかもしれません。
次回、同じような機会があれば、そのように紹介してみようと思います。

それ以来、「巨石文化」は常に頭の片隅で気になり続けています。なにぜ、日本人を代表して(?)、日本の巨石文化を紹介する役目を負ってしまったのですから、責任重大なのです。
今回手に取った『巨石文化の謎』では、ヨーロッパの巨石についてグラビアも十分に紹介されています。アジアや日本の巨石については触れられていませんが、関連付けて紹介する際には、ヨーロッパ文化も押さえておかねばなりません。
それに、私の中の子供心には十分に好奇心に火がつく内容です。

続きを読む