幕末

『夢の燈影』|新選組短編集

久々に新選組小説。6つの話が収録された短編集。近藤、土方、沖田の超メジャーな主人公ではなく、他の隊士たちにスポットが当たっているので「新選組無名録」と副題がついているのかな。小松エメルさんはこのあと『総司の夢』『歳三の剣』と新選組モノの小説を出されております。こちらも順次読みます<(_ _)>

  • 今回の『夢の燈影』の一つの目のお話「信心」は、井上源三郎が主人公。鳥羽伏見の戦いの最中、銃弾に倒れた井上が、多摩時代からの思い出を思い出す。
  • 「夢告げ」は蟻通勘吾(ありどおし かんご)が主人公。蟻通の従兄弟で同じく新選組隊士だった七五三之進(しめのしん)が隊から行方をくらまし、間者だったのではないかと噂されている。その七五三之進が、蟻通の夢枕に立ち、何かを訴えてくる。
  • 「流れ木」は谷三十郎の弟で、近藤勇の養子になった周平のお話。
  • 「寄越人」は新選組の勘定方でもある酒井兵庫が主人公。隊の規律に背き切腹になった隊士の遺体の埋葬に立ち会うのが彼の仕事だ。
  • 「家路」は監察の山崎丞の話。伊東甲子太郎率いる御陵衛士を見張っていると、原田左之助の姿を見かける。
  • 「姿絵」は新政府軍に降伏するまで隊に居続けた中島登の物語。

文は平易で、歴史小説を読み慣れてない人にもとっつきやすいと思う。そして、新選組について知らない人も、楽しく読めるんじゃないだろうか。今回登場する彼らの顛末を知ると、もっと奥行きを感じるかも。

わたしは山崎丞の「家路」が好きかな。どの話も登場人物たちに人情味があって、相反する気持ちを抱えていたり、情があったりして、ハートウォーミングな雰囲気が共通してるのよね。わたしは、冷酷非道な新選組も大好きなんですが、こううキャラクターもいいかもしれませんなぁ。

関連記事

続きを読む

『犬たちの明治維新 ポチの誕生』|犬もハイカラに文明開化をしていた

犬たちの明治維新感想-ポチ

こんにちは。昨日は『イノベーターたちの日本史』という近代日本を牽引したリーダーたちの本を読みました。そこから、明治ってどんな時代だったんだろう?とまたもや書棚を漁っていると、目を引くタイトルが。その名も『犬たちの明治維新』……これは、気になりすぎるでしょう!

あさよるは一応、幕末・明治維新ファンを名乗るときが時たまあるのですが、犬の明治維新を扱っている書物は見たことなかった!本書を読むと、例えば江戸へ向かう坂本龍馬の脇を犬がワンワン吠え続けていたのかなんて考えると、なんかイメージ変わるぅ!

続きを読む

『イノベーターたちの日本史』|近代の日本をイノベーションしたサムライたち

こんにちは。幕末~近代史が好きな あさよるです。本書『イノベーターたちの日本史』はたまたま日本史・近代史の棚で見つけまして、次の瞬間手に取っていました。当初あさよるの予想では、戦後の本田宗一郎や松下幸之助やの伝記なのかと思って読み始めたのですが、内容が全く違って、面白い!近代の日本を動かした人々でありながら、あまり知られていないであろう人物が次々と紹介されています。昔も今も、スゴい人がいるもんだ!

続きを読む

『幕末伝説』を読んだよ

歴史を題材にした小説や映画などのイメージをコピックで描いたイラスト

歴史を題材にした小説や映画などのイメージをコピックで描いたイラスト

歴史的有名人は、その時を生きた人たちの本の一握りの人物です。
多くの人々は、たとえ文献に名前が残っていようとも、後の世の有名人になれるかどうかは分かりません。

現在、私たちが知っている偉人たちは、ドラマの主人公に使われていたり、人気小説やマンガなどの作品で登場する人物です。
ドラマや物語の題材にされることで、人々に愛され続けるんですね。

名もない人物に感じるリアリティ

『幕末伝説』は、先日読んだ『幕末気分』に続くシリーズで、『幕末不戦派軍記』の4人のキャラクターが登場する物語も収録されています。
幕末に起こった足利梟首事件や戊辰戦争を扱いつつ、普段はあまりスポットライトが当たらないような人物が紹介されています。

歴史の大きな波がうごめく中、歴史に名を残すことのない普通の人達に注目することで、「その他大勢」の一人ひとりにも、私と同じように命があり、人生があったことを実感し、歴史がリアルに感じられます。

歴史には残らなくても、確かにある人生

どうも私は、歴史を遠いはるか昔の「物語」のように感じてしまいがちなのですが、無名の人物に着目した時にこそ、血の通った人物の一生を思い、「作り話ではない」と思うのです。

ドラマチックに演出された物語よりも、庶民として生まれ無名のまま死んでゆく人物にリアリティを感じるとは、面白いですね。
同じように、庶民として生まれた自分自身も、大きな歴史の流れの中で、小さいながらも役割を担っているような気がします。

続きを読む

『幕末気分』を読んだよ

歴史の時間の流れを時計の文字盤のイメージを描いたコピックイラスト

歴史の時間の流れを時計の文字盤のイメージを描いたコピックイラスト

時間が過ぎるのはあっという間で、更に歳を取るごとに年月の流れが早くなるなんて言います。
大人になって以降、本当に「あっという間」に終わってしまう一年もありましたが、とても長く感じる一年もあったように思います。

後に、過去を振り返ったとき、時間の長さに差を感じるのではないでしょうか。
日々変化が多く思い出す要因が多かった時期は、思い出す機会も多く、長い時間に感じます。
対して、同じような日常をひたすら繰り返し続けていた時期は、思い出す機会が少ないので、短く感じるように思います。

いずれも貴重で他に代え難い時間であったことは同じです。
変化の時期も大切ですし、継続の時期も同じように大切です。

日本の歴史と自分の生きた歴史を比べてみると……

自分の生きた歴史は、振り返ってみると、それでも「まだまだ短い」と感じます。
まだ私自身が何者にもなっていないせいでもありますが、あんなに長かったはずの幼少期や、鬱々と過ごした思春期ですら、今思い出すと、とても短く、貴重な時間でした。
振り返ると、感慨深いものです。

「近代」はほんの僅か。江戸時代はほんの少し前

人の一生の長さに感慨深くなっていると驚いてしまうのが、日本の「近代」の歴史の長さです。
「明治維新」「幕末」と呼ばれている、遠い過去のような話は、例えば桜田門外の変は1860年、大政奉還は1867年、戊辰戦争終結は1898年ですから、だいたい150年ほど前のことです。

自分のこれまで生きた年数と比べてみると、すごく明治維新は「最近」な気がするのですが、みなさんはどう感じますか?

明治期から現在までの時間は、とてもたくさんの出来事が日本列島内で起こり、社会システムが変わり、人々の生活も様変わりしたでしょう。
それだけの大きな変化が、「たった150年」の間に起こったと感じるからこそ、改めて驚きを感じます。

『幕末気分』を読んだよ

『幕末気分』を読みました。
先日読んだ『幕末不戦派軍記』で描かれていた弥次郎、喜多八、筒なし、関兵衛の四人組キャラクターが登場する元となった『在阪在京中日記』を扱った章があります。
『幕末不戦派軍記』は歴史小説風でしたが、『幕末気分』は小説風味はうんと少なめでした。

江戸時代も末期も末期、明治の近代化がもうすぐそこまで迫っている時代。
その激動の時代の中でも、名もない庶民たちはたくましく生きています。
躍動の時代ですが、ひたむきに生き延びた無名の姿に、現在の私も少しだけ、励まされるような気もします。

参考リンク:『幕末不戦派軍記』を読んだよ

続きを読む

『河鍋暁斎絵日記』を読んだよ

イラストを描くための様々な道具のイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

イラストを描くための様々な道具のイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

ブログ記事に添えているイラストを描くとき、ササッと描き始められるときと、うーんうーん唸りながら無理くり描き始めるときがあります。
アイデアが浮かばないこともあれば、頭にイメージは浮かんでいるのに、自分の画力が足りず絵に落とし込めないこともあります。
どちらも、自分の稚拙さが原因なので、今後改善されればいいのになぁと思います。

特に人物を描くのが苦手です。
これは、人体の構造がきちんと理解できていないためだと思っています。
上手く描けない理由に思い当たっているので、知識を深めなければなりませんが、未だ手付かずです。

『河鍋暁斎絵日記』を読んだよ

幕末期から明治にかけて活動していた河鍋暁斎(かわなべ きょうさい)という浮世絵師がいます。
浮世絵の平面的なイメージから飛び出した、とても躍動的で活き活きとした絵です。

その暁斎が、日々描き続けていた絵日記があります。
筆でサササッと走り書きをしているのですが、とてもコミカルに人物が誇張されており、ユニーク。
どの人もどことなく朗らかな表情で、ひょうきんな姿です。

デフォルメされ今にも動き出しそうな人物たち!

ちょんまげを結い着物を着て、江戸末期から明治初期の人々は現在の私達とは違った風貌をしていますが、暁斎の描いた人々の絵を見ていると、現在の私達と何ら変わらず、毎日ワイワイと喜んだり落ち込んだりしながら生きていたんだと感じます。

私も暁斎の爪の先くらいでも、絵が描けたら、毎日のブログ更新に悩まなくていいのになぁと思いました。

名人である河鍋暁斎ですらなのか、だからこそなのか。
毎日毎日、描き続けることが大切なのかもしれません。

しっかりと物を見て観察し、それを絵に描ける腕があれば、どんなに楽しいことでしょうか。
勢い良く、躊躇いなく描かれている河鍋暁斎の線に、ため息が出ます。

続きを読む

『幕末不戦派軍記』を読んだよ

古文書や古い資料のイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

古文書や古い資料のイメージをコピックマーカーで描いたイラスト

面白い歴史小説は事実とフィクションの塩梅が絶妙

歴史小説の面白さに、歴史的事実の中にフィクションの出来事やキャラクターが溶け込み、どこまでが事実でどこまでがフィクションなのか分からない世界観を味わう楽しみがあると思います。

小説だけでなく、毎年のNHKの大河ドラマや、歴史を題材にしたマンガ作品も同じだと思います。

歴史小説はあくまで「小説」ですから、事実とは違うのですが、物語が歴史の世界を知るきっかけになれば、二重に楽しいですよね。

『幕末不戦派軍記』を読んだよ

弥次郎、喜多八、筒なし、関兵衛という徳川方の武具奉行四人組のお話です。
中西関次郎という人が書き残した『慶応元乙丑五月御進発御供中西氏ヨリ差下シ候道中并在京在阪中日記』という日記をモデルに、四人のキャラクターが生まれたそうです。

幕末、武具奉行の四人が大阪へ出張へ来て豪遊している内に鳥羽伏見の戦いが始まり、江戸へ逃げ帰ります。
上野戦争直前、武器を売って一儲けしようとしている内に、うっかり上野彰義隊に混じったまま上野戦争が始まってしまったり、北海道へ行き箱館戦争に巻き込まれます。

小説の所々に、先の資料から抜き出した箇所があるため、現実とフィクションが入り混じった面白い本でした。

著者の野口武彦さんの本を読んだのは初めてでしたが、他にもたくさんの著書があるようなので、続けて読んでみます。

続きを読む