平野レミ

飯テロ注意!|『小林カツ代の「おいしい大阪」』

こんにちは。飯テロにはすぐに屈する あさよるです。あさよるの前でウマいものの話はすなー! 『小林カツ代の「おいしい大阪」』は、タイトルだけでもう飯テロ成功してるんじゃないかと、こう思うわけですな。読まざるをえない。生唾を飲み込んでばかりでは我慢ならず、ミックスジュースを作るしかないのであった。

大阪の、ふつうの、おいしい話

本書は小林カツ代さんのおいしい談義。一応レシピも載ってはいますが、ガーナチョコの箱に書いてあるチョコ菓子のレシピくらい短いやつです。それに、大体は料理名を聞いて「あれね」とイメージできるものがほとんどだし、たぶん自力で作れるものが多い、と思う、のは、あさよるが大阪の人だからだろうかw

最初に登場するのはビーフカツサンド、そしてホットケーキ。しかも、「アメリカンの」ビーフカツサンドとホットケーキ。アメリカンとは、大阪は難波にある喫茶店で〈大阪の喫茶店文化〉の代表といっても異論がないお店です。そう、大阪って喫茶店の街で、まちのいたる所に小ぢんまりとした喫茶店がひしめき合っています。あくまでも「喫茶店」であって「カフェ」ではないのです。んで、この喫茶店のメニューがたまらんのですわ。あさよるも喫茶店の「おいしいんかどうなのかわからん」けれども「なんかむっちゃ特別な感じがする」喫茶メニューが大好きです。

3番目にはミックスジュースが紹介されています。ミックスジュースは あさよるもお家でよく作ります。喫茶店でも、コーヒーの気分じゃなかったらミックスジュース注文するなぁ~。ああ、飲みたいなぁ~。

こんな感じで、肉うどん、にゅうめん、オムレツ、ハヤシライス、しゅうまいなどなどと、「普通の」「ありきたりな」メニューが次々と紹介されるのですが、その、平凡なメニューだからこそ、舌が味を覚えていて読んでいるだけで反芻してしまうような……。また、小林カツ代さんのね、「おいしい」ただ「おいしい」を表現する文章がたまらんのです。

昔の、食卓の風景が楽しい

本書では小林カツ代さんの幼い頃の回想も数々ととび出します。思い出の中の「おいしい記憶」、誰だって一つや二つあるでしょう。どうしてこうして「おいしい記憶」ってこんなにも美味しそうなのだろうか!

戦後、町にはまだ女中さんや丁稚さんがいて、御寮(ごりょん)さんが食事の用意をする。お祭りの出店で、大衆食堂で、市場で、「おいしい」ものを食べる。それはただのゆで卵だったりするんです。あるいは、お母さんが漬けた浅漬け。すごく普通の、よそ行きじゃない食べもの。それがむちゃくちゃおいしい!

あ~!

「焼きそばに生卵をつけて食べる」という話があったので、母に訪ねてみると、「そんなんしたことない、けど……」とチキンラーメンでペペロンチーノを作って食べる話を聞いて、とてもやってみたい。無論、「スパゲティー茹でてペペロンチーノ作ったらええんちゃうか」という話は脇へ置いておいて。

関連本

『実践 料理のへそ!』/小林カツ代

実践 料理のへそ!

『もしも宮中晩餐会に招かれたら』/渡辺誠

『もしも宮中晩餐会に招かれたら』を読んだよ

『笑ってお料理』/平野レミ

『笑ってお料理』を読んだよ

『こまったさんのカレーライス』『こまったさんのサンドイッチ』/寺村輝夫,岡本颯子

料理はたのしい!『こまったさんのカレーライス』『こまったさんのサンドイッチ』

『理系の料理』/五藤隆介

『理系の料理』|フローチャートで料理をしたい人へ!

続きを読む

『笑ってお料理』を読んだよ

料理に必要な鍋と、カツオと昆布のだしのイメージをコピックに描いたイラスト

料理に必要な鍋と、カツオと昆布のだしのイメージをコピックに描いたイラスト

毎日、自分の食事を用意するのが好きです。
お料理というほど凝ったことはしませんが、テキパキと一気に物を作るのは、適度に集中もできて、気分転換にぴったりです。

と言っても、私の「料理」は、材料をザクザクと適当に切って、炒めたり煮たりからめたりして、味付けもポン酢だけでおしまいです。
ポン酢は、お醤油と出汁が合わさっているので、少量からめるだけで何でも美味しく感じます
ただ、気をつけないと味が濃くなりすぎてしまって困ります。

味が濃いと美味しいですが、口の中がその味でいっぱいになってしまって、他の味がわからないし、その次の食事も濃口じゃないと気が済まなくなってしまいます。
薄味で、材料の味をたっぷり味わえる食事ができたらいいのになぁと思います。

図書館には料理や食に関する本がいっぱい

料理や食に関する本を読んでみようと、図書館で関連の書籍を探してみました。
図書館には料理のレシピや、食、食育に関する本もたくさんあるのですね。
これまでスルーしていた分野なので、驚きました。
それと同時に、自分はどのような分野の書籍を探しているのか分からず、結局どの本も手に取ることができませんでした。

少しずつ、時間をかけて開拓してゆきたい分野を見つけました。

料理愛好家の平野レミさん

私はいつもNHK「きょうの料理」を見るのが好きで、番組でも登場が楽しみな平野レミさんの本を手に取りました。
まず、レミさんはご自身のことを「料理研究家」ではなく「料理愛好家」だと名乗っておられます。
理由として、専門的に料理を学んでおらず、「研究科」とはおこがましく感じると書いておられました。

平野レミさんは確かに、料理の専門的な勉強はされていないのかもしれませんが、「楽しく料理をすること」や「美味しく食事すること」の研究は、生涯かけてされ続けている人じゃないかと思いました。

一日三回「楽しく」「美味しく」過ごせたら……

家族のために作る食事や、お客様をもてなす食事も、「楽しく」「美味しく」が優先されていて、そのために、時には時短や手抜きを編み出して、「みんなと囲む食卓」や「一緒に美味しいと言い合える」環境づくりをされているのではないでしょうか。

私は一人で食事を摂ることが多く「孤食」が基本なのですが、それでも「楽しく」「美味しく」は実現できるんじゃないかな。
一日に朝昼晩と、三回も訪れるイベントなのだから、充実した食卓を用意するのも良さそうですね。

続きを読む