徳川家康

『小中高・教科書の新常識』|バージョンアップし続けるのは大変だ!

こんにちは。最近物忘れがひどいあさよるです。若い頃は記憶力はいい方だと自負していましたが、最近サッパリなにも覚えられない。そのうえ、知っているはずのことが思い出せない。ヤバイ。常にアイドリングするように、いつも思い出していることはすぐに思い出せますが、一度離れてしまった分野のことって勘が戻るまで時間がかかりますね。

で、あさよるにとって「昔得意だったのに今サッパリなこと」の代表が数学と物理です。どちらも中高生の時は得意だったし、好きな教科だったのに、今、自分でも引くくらいなんにも覚えていない! まぁ、そんな浅はかな学習しかしてなかったんだろうな……って事実を突きつけられているんでしょうが、なんとも受け入れがたいです。

そんで、今日『小中高・教科書の新常識』を読むと、子ども時代のことを覚えていたって、教科書で習う常識自体が変化していることもあると知り、常に学び続けなきゃ仕方ないんだなぁなんて思いました。

本書は親書で、かなり軽く読める内容なのですが、歴史、理科、数学、国語と広く分野を扱っているので、面白いです。

昔の常識は非常識?新しい話題を入手するために

本書『小中高・教科書の新常識』は昭和の頃と比較して、今の教科書に採用されている歴史、数学と理科、国語の学習内容の変化を扱ったものです。本書は青春出版社の「青春新書プレイブックス」というシリーズなのですが、昭和世代のオッサンオバサンホイホイな内容です。「青春新書プレイブックス」の紹介文に

つねにいち早く時代のニーズを切り取り、既成のジャンルにとらわれない個性的な切り口

とあるので、トレンドを学び続けましょう、というのがコンセプトみたいですね。本書『小中高・教科書の新常識』もまさに、時代とともに新説や新発見が反映された〈今の教科書〉を貪欲に学ぼうというもの。「昔はこうだった」とか「今の子どもは~」という年寄りになっていくのか、今の子どもたちが学ぶ最新の学習を取り入れるのか、「自分の生き方」が反映されるような読書ですね(苦笑)。

いつの時代も若い人が正解なのだ

あさよるは個人的に、いつの時代も「今」という時代を正しく見ているのは若い人だと思っています。それは、若い人には前例を持っていないから「今しか見えていない」とも言えます。反対に歳を取るというのは「過去の記憶が増える」ことで、経験値が増えることで対処できることも増えますが、一方で過去の経験が邪魔をして先入観なしで「今を見る」のはとても難しいことです。

そして、誰もがかつて若者で、誰しもがいずれ歳を取ります。誰だって時代がちゃんと見えていたここともあるし、誰だって生きた分、経験値が増えてゆくのです。

何を言いたいかっていうと、若い人との会話って大事だよね、ってことです。で、人と人がコミュニケーションを取るときに必須なのが「言葉」です。本書『小中高・教科書の新常識』では、昭和世代が使っている常識や語彙と、今、小中高の学校で教えられている常識や語彙の違いを知ることで、世代を超えたコミュニケーションに役立つのではないでしょうか。

昭和世代も61学年あるからね

『小中高・教科書の新常識』では、昭和世代が学校で習った常識と、今学校で教えられている常識の違いが紹介されるもので、昭和ホイホイなのですが、「昭和世代」といっても61学年もありますからね~(数えた。昭和元年は12月しかないから、昭和2年4月~昭和63年3月生まれまでが昭和の学年)。「昭和世代」の中でもかなり常識には差があるでしょう。単純に戦前と戦後で全然違うしね(戦前世代が読者に想定されているかは知りませんが)。

あさよるも昭和世代ですが、昭和の終わりのグループなので、本書で「新常識」として紹介されている内容の多くは、学校で習った記憶があります。

ただ、あさよるたちと、今の現役小中高生との常識の違いは「教科書の分厚さ」でしょう。あさよるはゆとり世代で、どんどん教科書が薄くなっていた世代なので、今の教科書の分厚さにはビックリ。内容が増えただけでなく、昔に比べると教科書が大きく、カラー資料が充実するようになり、とても分厚い教科書になっているそうで、プリント資料もたくさん配られますから(コピー機で刷れるらかね)、カバンが非常に重く、保護者は子どもの登下校を心配するほどだそう。

これって知ってた?新常識!

さて、具体的に本書で取り上げられている「新常識」をいくつか紹介してみます。

まず「聖徳太子」の話題。聖徳太子は日本史の中のヒーローの一人ですが、時代とともに教科書から聖徳太子の存在感が薄くなっているそうです。「厩戸皇子」「厩戸王」と習い、「通称・聖徳太子」とされたりしているそう。その方が今の歴史的な解釈に近いそうですが、一方で聖徳太子信仰もありますから、「聖徳太子」という存在は大事なんじゃないのかなぁなんて思ったりもする。

関ヶ原合戦では、徳川家康vs石田三成ではなく、西軍の大将は毛利輝元、二番手が宇喜多秀家です。二人は秀吉の「五大老」です。歴史ファンなら常識かもしれませんね。

江戸時代に取られていた「鎖国」も「いわゆる鎖国」と表現されるそうです。江戸時代は鎖国していると言っても、中国とオランダ、そしてアイヌと琉球への窓口がありました。全く国交がなかったわけではなく、限定的な貿易はあったんですね。

算数の「さくらんぼ計算」というのは、甥がやっているのを見て「これはいい教え方だなぁ」と思った記憶があります。「さくらんぼ計算」とは、例えば「7+5」の場合、5を3と2に分解して、「7+3+2」とし10のまとまりを作って「10+2」として計算します。この計算方法、面倒くさいと感じる大人が多いそうなのですが、あさよるはソロバンを習っていた経験もあり、この「さくらんぼ計算」はとてもいいと思います。余談ですが、あさよるは数学が得意&好きだったんですが、数学はなるべく丁寧に式を書き出して、できるだけ頭で考えない方が、問題を解くのが簡単じゃないぁなぁと思っています(問題を解くだけならね)。

いつまでも最新でいるのは大変だ

本書『小中高・教科書の新常識』を読んで、いつまでも最前線の知識を持ち続けるって大変ですね。また、大人になるというのは、それぞれの専門分野へ進むことですから、別に学校で習ったすべての教科をアップデートし続ける必要もないのかもしれません。だけど、時々本書のような、教科書のっ変更点が簡単にまとめられている書籍に目を通すのは良いですね~。

関連記事

続きを読む

『家康、江戸を建てる』|地味ぃ~な天下取り!?

書評ブログや読書メーターでちらちらっと見かけて気になっていました。『家康、江戸を建てる』。

歴史小説です。

このブログで歴史小説ってまだ取り上げていないかも?夢枕獏さんの『陰陽師』のレビューはしましたが、あれは歴史小説のカテゴリーなのかな?

あさよるは一時期、歴史小説ばっかり読んでいた時期がありまして、結構好きですw

ちなみにこちら、岡田斗司夫さんが動画で紹介なさっていて、面白そうなので手に取りました↓

開拓すっぞ!

天正18年、小田原にて。相模、武蔵、上野、下野、上総、下総、安房、常陸の関八州。

豊臣秀吉から天下一の広大な土地を受け取った徳川家康。城は江戸とした。

当時の江戸は沼地で、将来、日本の都になるな土地ではなかった。

さて、家康は江戸を開拓に開拓する。

川を曲げ、山を切り開き、道を作る。

そして、日本全土に流通するにたる貨幣を作る。

都市に必ず必要な飲み水を確保する。

そして、徳川の天下を示す、ランドタワーを築く!

分厚い!けど、読める!

『家康、江戸を建てる』、分厚いです……w 単行本で約3センチ強くらい。

あさよるもビビってしまい、「しょ、正月に読もう……」と寝かせておりました。

で、年明け早々読み始めたのですが、これ、スラスラと一気に読める。三が日かけて読もうと思ってたのに、数時間で読み終えちゃいました。

ビビらなくてOKでしたww

歴史小説ですが、登場人物たちは現代の言葉を話していますし、堅苦しい雰囲気もありません。

サクッと楽しく、街づくりができる!

江戸を建てるプロフェッショナルたち

『家康、江戸を建てる』というタイトルですが、江戸を建てるのはその道のプロフェッショナルたちです。

「江戸城を建てたのは誰?」「大工さん!」というやつです。

第一話は、東京湾へ流れ込む川の流れを変えるお話。昔の江戸は一面の湿地帯で、とても人がたくさん住めるようなところではありませんでした。

大規模な土木工事によって、土地を手に入れないと日本一の城下町は作れない!

第二話は、日本の通貨を徳川が乗っ取ってしまおうというお話。精度の高い金の小判を作るプロジェクト。

第三話は、江戸の町に水道を通す。井戸を作っても飲み水が引けない江戸は、大都市になりえない。どこから水を引く?どうやって水を引く?と壮大なお話。

第四話は、江戸城の石垣をつくるお話。ただの石垣、されど石垣。巨石を江戸に運び込む。ただこれだけの話に思えるが、胸アツ展開なのです。

第五話は、いよいよ江戸城の天守を建築するのですが……ここでは秀忠が将軍として立派に振る舞っています。

「江戸を建てる」とは、江戸の街をつくることであり、またきちんと将軍家が代替わりすることです。

んで最後、なんかよく分からない感動で幕を閉じます。「あれ、これなん話だっけ?」って感じでw

地味ぃ~な天下取り、のお話

戦国武将が次の幕府を開く話です。

ですが、派手でドメスティックな“天下取り”の話ではなく、地味に土木工事、建設工事にいそしむお話なんです。

江戸版リアル・マインクラフトを想像すると、なんとワクワクしませんか!

ということで、結構面白かったです。サクッと読めるのも気持ちいい。

戦国武将や江戸時代の大名って、土木工事ばっかりやってるんですよね。そこを全面的に取り上げて、楽し気です。

登場するキャラクターたちも、みなどことなく愛らしいのも良い。

あさよる的には結構好きでした。

続きを読む