手帳術

『夢をかなえる! 私のノート術』|自分のための自分の本づくり

こんにちは。夏の終わりの頃から「ノート欲しい症候群」を発症している あさよるです。なんかステキな、心ときめくノートがあれば、なにか変わるんじゃないか。きちんと記録を取れるんじゃないかと思い詰めていました。

そもそも、あな吉さんこと浅倉ユキさんの『ハッピーコラージュ手帳術』を読み、早速A5サイズの6穴ルーズリーフノートを買ったんですが、地元でA56穴のリフィルが全く売ってなくて通販か買い出しに行かねばならず、なんとなく宙ぶらりんに……。今はA5の20穴のノートなら大丈夫なんじゃね?と悩み中。

こういう心がキュンとするノートを作っている人がいると知ったのは、杉浦さやかさんの『スクラップ帖のつくりかた』を読んだ時でした。超衝撃! さっそく自分もマネしてせこせこと数年間ノートを作ってたのですが、最近は忙しさにかまけて放置中でございます。

ノートづくりって楽しいし、人にも見てもらえるし、自分で見てても自分でテンション上がるし、いいこと尽くしなんですよね。世界に向けて公開されているブログとは違って、閉じているからこそ書けることもあるし。

かわいいノートの作り方

『夢をかなえる!私のノート術』は2016年に出版されたムック本です。ノートの作り方や実践例を紹介するものですが、ムック故にボリュームは少なめ。その分オールカラーですが価格も抑えめです。

内容はというと、ノート術の本の要素が薄くたくさん散りばめられている感じです。例えば著名人のノートを拝見とか、イラストの描き方とかそれだけで一冊になっちゃうような内容を、おいしいとこどりしてる感じ。普段からノート術、イラスト術を研究なさっている方には物足りないと思います。一方で、ノート術、イラスト術をこれから楽しみたい人にはかなりワクワクする本です。あさよるも、結構見てるだけでテンション上がります。

みんなのノートの使い方

本書では社会で活躍する女性たちの、実際のノートが紹介されています。はあちゅうさんが電通時代に仕事を覚えるために使っていたノートや、作家の奥平亜美衣さんの「いいことノート」。自宅カフェオーナーの方が、コピー用紙をクリップで止めた一日の予定メモは、マネしたいと思いました。イラストレーターのノートはレベル高いっすね。ノート描くのも仕事の一環なんだろうか。

ノートの使い方って、みなさんそれぞれ職業柄や、ライフスタイルによって多様です。それぞれにこだわりがあって、「このペンがいい」「この紙がいい」ってオタク談義になるのも楽しいですね。

 

イラストの描き方

イラスの描き方に関しては、正月に『ディズニーボールペンイラスト』ってのを熟読して実際に練習してたのですが「レベル高すぎて描ける要素がないわ!」という、ツッコミどころ満載な本でしたw 正月に親戚でワイワイ描くのは楽しいんですけどね。

これに比べると、『夢をかなえる!私のノート術』のイラスト講座はマネできそう。もし、もっとボールペンイラストを描きたいなら、『3色ボールペンで!かんたん、ちょこっとイラスト帖』がオススメです。これは赤青黒の3色ボールペンで、オシャレなイラストがたくさん紹介されています。本を見ながらマネして同じように描けばめっちゃカワイイ。

元のお手本のイラストが「ヘタウマ」な感じなので、多少失敗しても「ご愛敬」な感じで。ペンも限定されているので、イラスト初心者さんも道具選びに迷わないでしょう。

書き留めるって大事なんだな

本書を見ていると「記録を取る」って大事なんだと痛感します。自分の体調や日記だけじゃなく、家計簿や仕事の打合せ、目標達成ノートやスキルアップ、語学力アップと、みなさんノートを多数持っていて、それぞれにこだわりがある!

あさよるはその辺の紙切れに書いて、用が済むと捨てちゃうので、何も手元に残ってないんですよね……Evernoteで管理しているものもあるけど、他の記事に埋もれちゃうし、形式が決まった紙のノートって取り扱いやすいよねって思うのは、古い時代の人間なんだろうかww

あまりに、本書で取り上げられる方々のノートのレベルが高すぎてめまいが……orz

関連本

『手帳スケッチ』/関本紀美子

『あな吉さんのハッピーコラージュ手帳術』/浅倉ユキ

『スクラップ帖のつくりかた』/杉浦さやか

『情報は1冊のノートにまとめなさい』/奥野 宣之

『図解! 頭のいい人のメモ・ノート』/中川裕

続きを読む

『すごいメモ。』|今日のメモが、未来のアイデアをつくる

こんにちは。ノート術や手帳術が好きな あさよるです。『すごいメモ。』この本も、ノート術の類かな?と手に取ったのですが、読んでいると内容が全く違った!

裏切られた~!と、嬉しい方の悲鳴を上げました。予想よりもずっと有意義な読書だったからです。「仕事のスピード・質が劇的に上がる」とサブタイトルがあるのですが、それ以上の効果を感じました。

メモから企画を

広告代理店から独立しコピーライター/クリエイティブ・ディレクターを務める著者・小西利行さんによるメモ活用術。そのへんのメモとは違います。

細かく図解やイラストもたくさん収録され、考えを整理したり膨らませたり組み合わせたり、頭の中をあーだこーだ動かすための、すごいメモ。

ただ単に「忘れないように書いておこう」「覚えるためにメモしよう」と消極的メモではなく、発展的でクリエイティブなメモのおはなし。

一般的なメモ書きでは、ないっ!

もし、普通のメモ書きのコツや、メモの整理術が知りたいなら、本書は欲しい内容ではないかもしれません。あさよるも、メモやノート術をイメージして読み始めたので、全然内容が違って驚きました。

でも、欲しかった知識とは違っても、本書で書かれているアイデアのためのメモ、発想のためのメモのとり方は、かなり得るものがあると思います。

制作や企画に携わっている方はもちろんだけど、それ以外の職に就いていても使える考え方です。頭の中を整理するだけでなく、思いもよらない考えが飛び出すかもしれません。

アイデアが生れる環境を

忘れないように、覚えるためのメモから、未来のためのメモをつけましょう。いつか未来の自分が読み返すために、今思いついたこと、考えたことを書き留めておくのです。些細なアイデアや思いつきも、その場ではボツになっても、後々ムクムクと芽吹くこともあります。

すごいメモには、3つの〈未来メモ〉があります。それは、

  • まとメモ
  • つくメモ
  • つたメモ

〈まとメモ〉は情報をまとめて、仕事を効率化します。〈つくメモ〉はアイデアをつくるメモです。そして〈つたメモ〉は、人に伝えるメモ。

本書は実際のメモの写真や、著者が手がけた広告とそのアイデアが生まれるまでの経緯等が、ビジュアルで見て分かるように配置されています。パラパラみているだけで面白い。

メモも、お行儀よく真っすぐに字を書くんじゃなく、ビーッと線を引っ張ったり、〇をつけたり、三角でつないだり、ノートの表面を縦横無尽に線が飛び交います。「ノートはきれいに取らなきゃ」って人にとっては、結構衝撃的なくらいグリグリと線が書かれまくっていました。

アイデアを考えていることの、真反対の事柄を挙げて、反対の状態を考えることで、アイデアを作ってゆくこともできます。頭の中で考えているとややこしいですが、紙に書くとすんなり落ち着きます。

そしてなにより、目で見て手に取れるものは、人に伝えるときも強い。フワフワした話だけでは誰も聞いてくれませんが、目に見えるものがあると相談もしやすいですね。

アウトプットしながら考える習慣

すごいメモのすごいところは、グリグリ書きながら考えが深まってゆくところだと思いました。

ただ忘れないように書くメモじゃない。頭の中を書きつけるメモではなく、頭の中を整理し、考えもつかなかったアイデアに出会うためのメモとでもいいましょうか。

アイデアの作り方を紹介するような本を数々読んでこられた方なんかは、『すごいメモ。』のメソッドはすでに見知っているかもしれません。でも、具体的にノートに書きつけてゆく様子を丁寧に紹介する本って、あさよるははじめて読みました。

文章も平易でやわらかな感じで誰でも読みやすいです。おもしろかった^^

続きを読む

【2016年のまとめ】 今年人気だった記事ベスト20!その2

 

本年紹介した書籍の中から、アクセス数の多かったベスト20をまとめました。

結構いろんなジャンルに渡って、いい感じにバラけたベスト20になって嬉しいです。本日2日目。ベスト10の紹介です。

あさよる的に「この本がべすと10に入るんだ!」と意外なものが多数で面白いです。

今年はたくさん本を読んだつもりでしたが、結構内容まで覚えているもので、インプット(読書)+アウトプット(ブログ)っていいかも!と思いました。

 

本年もごらんくださったみなさん、ありがとうございます。

良いお年を~!

続きを読む

『手帳スケッチ 出会ったモノ・ヒト・コトを絵で残すコツ』を読んだよ

関本紀美子『手帳スケッチ』書影

ライブ会場など、開演前に舞台のセットや楽器などをパパッとノートに走り描きすることがあります。
あとで思い出すためのフックになる資料ですので、細かく描く必要はありません。
専用の画材を使うでもなく、たまたま鞄に入っていたボールペンやメモ帳です。

『手帳スケッチ 出会ったモノ・ヒト・コト』を読んで、もうちょっと画材らしいノートやスケッチブック、ペンを携帯するのも悪く無いなぁと思いました。

しかし、スケッチは慣れるまで難しいものです。
その場でササッと描くには、頭の中で風景や対象を編集しながら、ペンを走らせます。コツが掴めるまで練習が必要ですね。
私も以前、スケッチをしました。

興福寺・五重塔のスケッチ、油性ペン

もっと端折って要素を減らし、勢いのあるものにしたかったのですが……惨敗といったところ。力づくで、塔に見える程度には持ってこれたのは◎。
奈良県、興福寺の五重塔を描いたのですが、分かりますでしょうか……。

もっとデフォルメしたイラストの方が、初心者にはとっつきやすいでしょう。

ボールペンで描くイラストのアイデア本も、たくさん書店でも並んでいますね。中でもこの、坂本奈緒さんの著書は私も参考にしていました。
メモに小さなイラストを添えたり、手紙や手帳を彩ったりと、生活がちょっぴり華やぐアイデアが詰まっています。
こちらの場合は、道具も赤・青・黒のよくある3色ボールペンがあれがすぐ始められるのも魅力です。

今では、美味しそうなご飯や、きれいな風景を見つけては、スマホでパシャリ。それをSNSでシェアすることもよくありますよね。
そんな時、ちょっと一手間加えて、ササッとイラストにしてみても楽しいですね。

続きを読む

『スクラップ帖のつくりかた』を読んだよ

杉浦さやか『スクラップ帖のつくりかた』書影

他人のノートって、ちょっと気になりませんか?
日記、スケジュール帳、メモ、記録、どんなものでもそうですが、それぞれのこだわりやマイルールがあったりして面白いですよね。

私は今、メインで使うノートを試行錯誤しています。
昨年末から「あな吉手帳術」を取り入れてみたのですが……。なかなか上手く使いこなせていません。
ウィークリーのスケジュールに、その日一日の予定を書き込んでいたのですが、どうやらスペースが小さいような……。デイリーのノートが良かったのかなぁと思いつつ、もう少し使い方を模索してみるつもりです。

杉浦さやかさんの『スクラップ帖のつくりかた』はとても好きな本です。であったのは図書館。なんどもなんども図書館で読んでいて、あんまりなので自分用に買っては、繰り返し繰り返し読んでいます。
杉浦さんは人気のイラストレーターで、とってもメモ魔?ノート魔?なのです。

日記や日々の記録だけではなく、旅のノートやおしゃれのノート、映画のノートや雑貨や可愛ものを集めたノートがたくさん。趣味で作っていたものが、現在のお仕事にも繋がっています。
街で出会うかわいいラベルや、ショップカードなど、それ自体は商品でなく無料で手に入るものですが、気をつけていないと集められないものもたくさん。
私も真似して、目につく「かわいい」要素を集める癖ができました。

新しく無地のつばめノートを購入し、いざノートライフを!と思いきやB5サイズだと帯に短し襷に長しな感じが……これまでA5のノートを愛用していたので、ちょっと大きいんですね。しかし、なにか文字をびっしり書き始めると、B5のノートだとすぐに1ページ使いきってしまいます。
A版だと、A4サイズの書類がはさめるし……とアレコレ考えています。

ほぼ日手帳もあいかわらず気になっており、4月始まりのも要チェックしてゆきます。

続きを読む

『いかにして問題をとくか・実践活用編』を読んだよ

「自分は心配症で、一日中スマホで何かを検索している」と友人が言いました。
その友人には、どちらかというと大らかでマイペースな印象を持っていたので、少し意外でした。

話を聞きながら私は、いくつかの不安や懸念事項があって、それを何度も何度も繰り返しグルグルと考え続けているのではないかなぁと思いました。
悩みのジャグリング状態ですね。

私もよく陥る状態で、傍目から見ると同じことばかり悩み続けていると分かるのですが、渦中に居ると、四六時中次から次へと不安や悩みが押し寄せ消耗しきってしまいます。どんどん追い詰められ、追い詰められるほど自分で自分の状態を客観視できる状態ではなくなってしまいます。

私の場合は、悩みのジャグリングから抜け出す方法として、紙に鉛筆で悩みを書き出してみます。なるべく細かく、気になっていること、不安なこと、既に調べたこと、分かっていることなど、書き出してゆきます。
すると案外、悩みは2つか3つしかなくって、更に、今の自分は何をすべきなのか考えると「このままでいい」と結論が出ることも多々あります。

続きを読む

『あな吉×cafeglobe 仕事もプライベートも輝きだす 働く女性のための手帳術』を読んだよ

ノートや手帳のイラスト

ノートや手帳のイラスト

そろそろ年末の慌ただしい雰囲気も漂い始めました。
この季節の風物詩と言えば……「手帳」ではないでしょうか!

と、毎年どの手帳にしようか悩みに悩んでしまい、気付けば年を越し、春も目前……なんてこともザラです……。
しかし、今年使っている手帳が12月までしかなかったため、早々と来年の手帳を用意しました。

来年の手帳は、見た目も可愛らしくて、使いやすく、値段も安かったので気に入っています。

女性向けのスケジュールやタスク管理術

来年もこれで安心……と言いたいところですが、まだ気になる手帳があるんです。

数年前から気になり続けるのが、ほぼ日手帳とあな吉手帳術。
ほぼ日手帳は、紙質が気になっていますが、サイズや価格、罫線の幅などが使いたいものとはちょっと違うかなぁと尻込みして未だ手にしていません。

あな吉手帳術とは「あな吉さん」こと浅倉ユキさんの推奨する手帳術で、A5の6穴リングノートでスケジュールやタスク管理を行うものです。
手帳術はビジネス向けとしてはよくありますが、こちらは女性向けに、色とりどりの可愛い付箋やマスキングテープを使ったり、主婦の方にもアプローチされています。

私もあな吉さんの手帳術は、書店の女性向けの棚に陳列されていて知りました。
しかし、その時は購入には至らず、買おうかどうしようか悩んでいる間に売り場からなくなってしまったのですが、再び年末のこの時期になり、あな吉手帳術が気になり始めたのです。

新しいノートが欲しいだけの言い訳?

今年、こうやってブログを始めたことで、毎日のタスクに「ブログを書く」という項目が増えました。
しかもこれは「本を一冊読む」「イラストを書く」というタスクと連動しています。
それだけなら大丈夫なのですが、今後は働き方や生活そのものの変化もあるでしょうし、タスクやスケジュールの管理方法も考えてゆこうと考えています。

「そのために、一冊ノートを用意してもいいかもなぁ~」と、散財したいがための言い訳を考えています。
ぐるぐると自分に言い訳をしつつ、A5リングノートを購入してしまいました。

A5の6穴リングノートを使うのは初めてです。

続きを読む