料理

『魚のさばき方大事典』|よく研いだ出刃包丁持ってきて!

こんにちは。魚がさばけない あさよるです。いや、昔や自分で釣ってきたアジを自分で調理して食べた気がするんですけどね。アジやサバも昔は魚屋さんで一匹丸々買ってきてお家で下処理してたじゃないですか。ですが、いつの間にかスーパーで切り身しか買わなくなって、ふと「あれ、アジってどっちからさばくんだっけ?」と分からなくなっている自分がいて、怖いw

太刀魚も釣りに行ったけども、釣っても自分でさばけたのか甚だ疑問であるw

そんなことをぼんやり考えているとき、たまたま新刊本で本書『魚のさばき方大事典』を見つけてから、気になって仕方なかったのでありました。

61種類の魚・貝・イカ・タコの〈さばく〉〈おろす〉〈ひらく〉

『魚のさばき方大事典』とタイトルの通り、本書はひたすら魚や貝、イカ・タコのさばき方が淡々とオールカラーで紹介される良書です。

3つの章から構成されており、1章目は出刃包丁のみでさばける魚。2章は出刃包丁+別の道具を使うもの。3章は軟体・甲殻・貝類をさばく……と、道具と種類で分類されているという、良書です。

もちろん冒頭では、魚の部位の名前を紹介するページもあるのですが、基本はひたすら、魚のさばき方がズラズラと紹介されます。

オールカラー!手順ごとに写真つき

何といっても、本書はオールカラーであり、写真も鮮明で、実際に魚をさばいている様子が収められています。裁く人の、微妙な力加減とか、左手の位置や添え方とか、見て分かるのはありがたいのです。

ウロコを取るところから、一つの動作ごとに一コマずつ割り振られており、手順がよくわかります。まるで『しろくまちゃんのほっとけーき』を見ているかのようで、きっと子どもも喜ぶ本じゃないかと勝手に推測します(笑)。

調理法も掲載!85の魚料理

ちゃんと、さばいたあとは定番の調理法も紹介されています。例えば、鯛のの頭を「どうやって使おうか」というときに、割り方とお吸い物の紹介がなされているのはナイスだと思います。

或いは、アユを塩焼きにするとき、串を打って体を立体的にしたり、魚の頭や尾を飾りに沿える方法など、料理屋さんではよく見るけど、家ではやってないようなこと。ビジュアルで見ると「次はやろう」と思います(笑)。

料理本ではないので、調理法を詳しく知りたいのなら専門の本に譲るとして、「魚のさばき方大事典」という名前に偽りのない一冊です。

魚ハックっぷりがスゴイw

さかなの全身写真が収録され、簡単な魚のプロフィールが紹介されているのですが、意外とどの魚もパッと見て顔と名前が分かるものばかりで面白かったです。先にも述べたように、最近は切り身ばっかり食べてるから、未だにしっかりと見分けがついてるコトに驚いたのでしたw

そしてもう一つ。魚のさばき方の手順を一つずつ見ていると、人類とはよくもまぁ、ここまで魚の種類に合わせて最適化された食べ方を見つけてあるもんだなぁ~としみじみとw

背中から割るもの、お腹から割るもの、先に血抜きするだの、たぶん、大昔から同じように食べてたんだろうなぁと悠久の時間に思いをはせたのでありました。もちろん、技術の進歩、道具の進歩による〈今風〉な食べ方もあります。深海魚とか、遠くの海にいる魚とか、今だから食べれる魚もたくさんあるし。

ああ、おいしい魚食べたいなぁ。

続きを読む

『考えない台所』|家事のシステムを作っちゃう!

こんにちは。面倒くさがり屋のあさよるです。

料理や掃除は好きなんですよ。気が向いた時に、集中してやるのは。しかし、毎日これをやるのはやっぱり面倒です……><

『考えない台所』は、2015年の出版当時見かけて気になっていた本です。

煩わしいことを考えず、テキパキとシステマチックに台所仕事を行うための考え方が詰まっています。

「料理家」による台所のお片づけ

本書『考えない台所』は、キッチンの収納や材料仕入れの考え方など、台所仕事全般に関わるアイデア集です。

著書は、料理家の高木ゑみさん。

「料理家」の方が書いているというのが、ポイントだと思います。

収納アドバイザーや、片づけのプロとはまた違う、料理を教えている側の人ですから、効率のいい台所、理想の調理環境をご存知です。

本書でも、単に台所収納の話だけでなく、材料調達のメモの仕方や、掃除がしやすい環境づくりなど、「料理をする」「食事をする」に関する幅広い内容です。

ベテランさんならやってること?

本書『考えない台所』、もしかしたら家事ベテランさんの中で、手際のよい方なら既に実践なされてることなのかな?と思います。

調味料や料理器具も時間と共に揃ってゆくだろうし、家事の初心者~中級者さん向けの内容だと思います。

著者の指南通りに実践するのはもちろんのこと、考え方のエッセンスとして利用するのもgood!

あさよるも、読んでいるだけで「そっか!」「なるほど…」の連続でしたよ。

考えずに済むシステムを

料理って毎日するものです。日に何度もするものです。

だからこそ、最初に考えなくてもこなせるシステムをつくり上げちゃえば、あとはルーチンで回してゆける。

・献立作り
・買い出し
・冷蔵庫
・収納
・調理
・片づけ

考えただけでゾッとするのは、手段が確率されていないからでしょう。

いちいち「あーして、こうやって……」と考え続けるのは苦痛です。

最初は面倒ですが、ルールを決めてしまえば、あとは楽なんだなぁと知りました。

「テキパキ」とはこういうことか!

例えばまな板の使い方。まな板の上で、葉物野菜を切るエリアや、薬味を刻む場所を決めておけばいい。

あさよるも、野菜と肉類は面を変えていましたが、もっと細かくスペースを分割しちゃえばいいんですね。

献立も、「献立客観シート」をつくるというワザ。簡単に紹介すると、

牛肉 豚肉 鶏肉 魚介類 その他
生(和/洋/中)
煮る(和/洋/中)
炒める・焼く
(和/洋/中)
揚げる
(和/洋/中)
蒸す・茹でる
(和/洋/中)

↑献立をこんな風に、表にして管理すれば、偏りも一目瞭然というわけ。

これ、最初の導入はヒジョーに面倒くさそうですが、使い始めると健康管理も楽になりそうです。

また、手作りの料理だけを良しとせずに、時には既製品も使いこなしましょうと指導されています。

「料理はこうあるべき」「こうしなければならない」と既成概念に縛られてイライラするくらいなら、便利アイテムを使いこなして、楽しく家事に取り組んだ方がずっといい。

時短アイデアだけでなく、効率よくテキパキと台所を動き回るアイデアが集められています。

老若男女問わず、広く活用されるアイデアです^^

続きを読む

実践 料理のへそ!

読んでるだけでよだれが出そう!

卵かけごはんに始まり、塩むすびで終わる『実践 料理のへそ!』。

ご飯何杯でもいけるわぁ~。

続きを読む

『あなたは半年前に食べたものでできている』を読んだよ

ストレス発散のためのスポーツに必要なシューズのイラスト

ストレス発散のためのスポーツに必要なシューズのイラスト

私はくいしんぼうで、毎日の食事が楽しみで仕方がないのですが、不思議とスイーツやフルーツの類はあまり欲しません。
もちろん、美味しいものは大好きだし、甘いものも大好きです。

ですが、どうしても!なにがなんでも食べたい!という衝動を感じることは少ないかも。

ダイエットのための「我慢」がダイエットを阻む

『あなたは半年前に食べたものでできている』では、女性にありがちなダイエットの失敗が紹介されていました。
本の中で、帰宅途中コンビニの前を通り過ぎる度、お菓子が食べたくて食べたくて我慢し続けるんだけども、最後は我慢しきれずスナック菓子を山盛り買っちゃった!とか、他のものを買いに来たのについついシュークリームに手が伸びて……と紹介されていました。

はてさて、そういえば私は不思議とコンビニのスイーツをほとんど買ったことがありません。特に強く我慢しているわけでもなく、コンビニではスイーツや菓子パンコーナーはほぼスルーしています。
じゃあ、コンビニで何を買うかというと……主に飲み物、次におにぎりやおかず類、その次に文具類……くらいでしょうか。思えば、スナック類もあまり普段食べないので、コンビニのお菓子とも縁がありません。

高ストレス状態には、高い刺激を求めてしまう?

本書では、甘いものや辛いもの、アルコールや、こってりラーメンなどを、無性に食べたくなる理由を、刺激が強いものを欲しているから、と説明されていました。なんでも、心や体が疲れ果てたり、強い緊張状態を強いられていたり、ストレスが増すと、そのストレスから逃れようと体が強い刺激を求めるのだそうです。
「むしゃくしゃする」「イライラする」から甘いものを食べたくなったり、高コレステロールな食品を食べたくなるんだそうです。

はて、私はストレス過多が原因で「甘いものが食べたい」「脂っこいものが食べたい」とも思ったこともありません。日頃から、あまり強いストレス下にいないということでしょうか。
ならばそれは、とても幸せなことですね。

暴食はやめて、運動でも高い刺激を得られる

本書『あなたは半年前に食べたものでできている』では、ストレス解消のために強い刺激が欲しくなったとき、運動をするよう勧められていました。特にジョギングが推奨されていて、体中汗びっしょりになるくらいのジョギングによる刺激で、ストレスを発散するようにとのことでした。

当たり前と言えば当たり前のことなのかもしれませんが、生まれてこの方超文化系で生きてきた私にとって、運動による刺激がストレス軽減に効果があるとは、考えたこともありませんでした。確かに、例えば思春期の頃、どうしようもないイライラに苛まれてしまう時期です。その頃、大きな声を出したり、暴れてしまったと話を聞いたことがあります。

歌うこともストレス発散なのかな?

私はどのようにストレス発散をしているのか、自分で考えたことがありませんでした。ふと、いつも歌を歌ったり、発声練習をしていることは、ストレスと関係あるのかな?と思いました。

以前にこのブログで紹介した、ボイストレーニングを続けているんです。まだまだ上手に声を出せず試行錯誤の最中なのですが、歌うことに集中したり、息を吸っては声を出すので、トレーニングが終わる頃には、体も、気分もスッキリした感じがします。

記事リンク:『歌上手になる奇跡のボイストレーニングBOOK』を読んだよ

歌うだけでこんなにも気持ちが良いのですから、ジョギングなどの激しい運動をすれば、さぞかし気持ちがよさそうに思えます。
これまで、運動することに苦手意識があったのですが、体を使う面白さを知りつつあるのかもしれません。

続きを読む

『一瞬でお料理上手になる ごはんの魔法』を読んだよ

料理をするとついてくる後片付けに必要な洗剤やたわしのイメージをコピ描いたイラスト

料理をするとついてくる後片付けに必要な洗剤やたわしのイメージをコピ描いたイラスト

料理が好きです。
凝ったことはできませんが、気分転換にはちょうど良いし、食べることは大好きなので、その準備ですからワクワクしないわけありません。

ですが反面、時間のかかることはしたくないし、後片付けはとても嫌です。
掃除も面倒くさく、そうして放置しているとますます汚れてますます掃除が億劫になります。

料理は楽しいですが、とてつもない面倒臭さも抱えています。

毎日の炊事、やりたくないけどやらなきゃダメ?

後片付けは面倒……でもやるしかない

生きるというのは朝昼晩と次から次へ面倒なことが押し寄せ続けるものなのでしょうか。
料理の楽しい部分だけ楽しんで、後の面倒事は誰かに丸投げしてしまいたい気分です。
しかし、そういうわけにもいかないので、今日も憂うつな気分でお皿を洗います。

どうせ毎日するなら…面倒を楽しさに変えられたら

「ものは考えよう」と言うように、嫌なこと面倒なことを楽しく変えてしまうことはできないものでしょうか。
いつも楽しいことをしていれば、自然と顔も明るく、心も前向きになれるでしょう。

いっそ料理をしない生活もアリ?

いっそ自炊することはやめて、出来合いのものや外食にシフトする手もあります。
特に、一人暮らしなら「料理をしない」という手段も悪手ではないでしょう。

貴重な時間と出費との兼ね合いで、自炊をしない選択をしている人も多いかと思います。

料理は命がけ!だから楽しみたい

なんのために料理をするの?

料理というのは、そもそも食事を摂るためにするものです。
そして、なぜ食事を摂るのかと言うと、生きるためです。

食事ってダイレクトに、生きるための生命活動なんですよね。
あまりにも当然すぎて、うっかり忘れてしまっていました。

そして、生きる限りは、なるべく健康体を維持したいと願います……。
料理は生きるため、健康のために必要なんですね。

道具一つで気分が変わるなら……

健康のためにも、そしてそれを長く続けるためにも、嫌々取り組んでいても良いことはありません。
ポジティブで、ウキウキと楽しい気持ちで取り組む必要もこれまたありそうです。

『一瞬でお料理上手になる ごはんの魔法』では、可愛いカラーやデザインのキッチン用品や、お気に入りの食器を用意すると良いとありました。
見た目にも可愛く、選りすぐりのキッチン用品たちを大切に扱えっていれば、自ずと道具の手入れも楽しくなるものなのかもしれません。

「料理ができない」は卒業したい

いっそ料理をしない選択肢はアリだとは思いますが、「料理をしない」ことと「料理ができない」ことは別です。
だって食はダイレクトに命に関わることですから、「料理ができない」というのは一大事です。
更に、『一瞬でお料理上手になる ごはんの魔法』では、健康のためだけでなく、美容やダイエットのためと書かれていました。
食材や調味料は、美容液や化粧水と同じなのですね……。

続きを読む

『笑ってお料理』を読んだよ

料理に必要な鍋と、カツオと昆布のだしのイメージをコピックに描いたイラスト

料理に必要な鍋と、カツオと昆布のだしのイメージをコピックに描いたイラスト

毎日、自分の食事を用意するのが好きです。
お料理というほど凝ったことはしませんが、テキパキと一気に物を作るのは、適度に集中もできて、気分転換にぴったりです。

と言っても、私の「料理」は、材料をザクザクと適当に切って、炒めたり煮たりからめたりして、味付けもポン酢だけでおしまいです。
ポン酢は、お醤油と出汁が合わさっているので、少量からめるだけで何でも美味しく感じます
ただ、気をつけないと味が濃くなりすぎてしまって困ります。

味が濃いと美味しいですが、口の中がその味でいっぱいになってしまって、他の味がわからないし、その次の食事も濃口じゃないと気が済まなくなってしまいます。
薄味で、材料の味をたっぷり味わえる食事ができたらいいのになぁと思います。

図書館には料理や食に関する本がいっぱい

料理や食に関する本を読んでみようと、図書館で関連の書籍を探してみました。
図書館には料理のレシピや、食、食育に関する本もたくさんあるのですね。
これまでスルーしていた分野なので、驚きました。
それと同時に、自分はどのような分野の書籍を探しているのか分からず、結局どの本も手に取ることができませんでした。

少しずつ、時間をかけて開拓してゆきたい分野を見つけました。

料理愛好家の平野レミさん

私はいつもNHK「きょうの料理」を見るのが好きで、番組でも登場が楽しみな平野レミさんの本を手に取りました。
まず、レミさんはご自身のことを「料理研究家」ではなく「料理愛好家」だと名乗っておられます。
理由として、専門的に料理を学んでおらず、「研究科」とはおこがましく感じると書いておられました。

平野レミさんは確かに、料理の専門的な勉強はされていないのかもしれませんが、「楽しく料理をすること」や「美味しく食事すること」の研究は、生涯かけてされ続けている人じゃないかと思いました。

一日三回「楽しく」「美味しく」過ごせたら……

家族のために作る食事や、お客様をもてなす食事も、「楽しく」「美味しく」が優先されていて、そのために、時には時短や手抜きを編み出して、「みんなと囲む食卓」や「一緒に美味しいと言い合える」環境づくりをされているのではないでしょうか。

私は一人で食事を摂ることが多く「孤食」が基本なのですが、それでも「楽しく」「美味しく」は実現できるんじゃないかな。
一日に朝昼晩と、三回も訪れるイベントなのだから、充実した食卓を用意するのも良さそうですね。

続きを読む

『ずらり 料理上手の台所』を読んだよ

憧れのキッチンに置きたい琺瑯のやかんやアルミのボウルなどのキッチン用品をコピックマーカーで描いたイラスト

私の好きなテレビ番組の一つは、NHK「きょうの料理」です。
とても凝った料理から、定番の家庭料理、初心者でも作れそうな献立など、幅の広いラインナップで、毎日見逃せません。
司会進行役のアナウンサーと、料理人や料理研究家の先生との掛け合いも面白く、楽しみなことが多いのです。

特に私は、料理人の先生が、とても自宅で作れないような手の込んだ料理を作る回が好きです。
なぜなのか理由を考えると、プロの手際や技に見惚れているのかもしれません。
難しいことをしていなくても、手さばきが素早く美しく、見入ってしまうのです。

『ずらり 料理上手の台所』を読んだよ

『ずらり 料理上手の台所』では、21人の台所がきれいな写真とともに紹介されていました。
料理家やフードコーディネーターなど食に関わる職業の人もいれば、イラストレーターや主婦のこだわりの台所もあります。
どの台所も、よく使い込まれた道具と、よく磨かれたシンクや調理台に料理への思い入れを感じました。

憧れのキッチンに置きたい琺瑯のやかんやアルミのボウルなどのキッチン用品をコピックマーカーで描いたイラスト

私は料理を作るのは嫌いではないし、くいしんぼうなので、毎日一応調理はします。
ですが、調理器具や台所そのものに、愛着を感じることもなく、大切にも扱っていないと気付きました。
思えば、作った料理も、それを食べる行為にも、こだわりも持たず、なんとなく雑に済ませてしまっているように思いました。

本当は自分で作った料理だって、よく味わったらそれぞれ素材の味を、もっと楽しめるのかもしれません。

憧れの台所像を絞る

私に「理想の生活」があるとすれば、インテリアや素敵な食器類にも憧れますが、一番憧れるのは「清潔さ」です。
『本当に困っている人のためのゴキブリ取扱説明書』を読んで、ゴキブリの住み心地の良い「隙間」を知りました。
台所はその隙間の宝庫です。

この本で取り上げられていた台所は隙間は多くても、どの台所もピカピカに磨き上げられ、手入れが行き届いているのがありありと分かり、ときめきます。
常に使い込み、磨き続けることで、風通しもよく、清潔さを保っているのですね。
これから、私も理想の台所を実現してゆきたいので、使い込まれ磨きこまれた道具たちを見て、イメージが膨らみました。
掃除や料理のモチベーションアップのために思い出したら見返したく思います。

続きを読む