時間術

『レバレッジ・シンキング』|楽して大きな成果を手に入れろ

『レバレッジ・シンキング』挿絵イラスト

こんにちは。「怠けるための努力は惜しまない」がモットーの あさよるです。これを言うと、冗談だと思って笑う人か、同意してくれる人か、「それはおかしい」と反論する人の3つに分かれます。最後の「それはおかしい」というのは「楽をしたいという発想は良くない」という点からだいたい話はスタートします。

あさよるは平気で「楽をしたい」「辛いことはしない」と言っちゃう人なので、ちょいちょい怒られます。「露悪趣味」と言われることもあります(;’∀’)

今日読んだ『レバレッジ・シンキング』は、内容の捉え方によっちゃあ、あさよるのように反感を買いそうなことを、きちんと言語化することで、「なぜ仕事を能率化すると良いのか」「そのためにはなにをすべきか」と説明がなされていますから、「露悪」的では全くありません。

時間が余っている人なんていません。みんな時間が足りない中で、より自分にとって良い時間や環境を手に入れるため「てこの原理」を使って、大きな力で動かしましょう。

小さな力で大きな仕事を!〈てこの原理〉で動かせ

『レバレッジ・シンキング』挿絵イラスト

「レバレッジ」とは「てこ(lever)の作用」……つまり「てこの原理」を指す英語です。経済においては投資をして、少ない力で大きな結果を得る活動を指す言葉だそうです。本書『レバレッジ・シンキング』では会社員が、自分が使える時間の中から、最小の力で最大の結果を得るための習慣が紹介されています。

本書のキーになる言葉は「Doing more whit less」――「少ない労力と時間で大きな成果を獲得する」と日本語に訳されています。頭文字を取って「DMWL」の考え方として度々本書に登場します。

「投資をする」といっても、お金のかかることばかりが投資ではありません。本書では、会社員は日々の業務に追われて勉強をする時間――つまり自分への投資の時間が極端に少ないと紹介されています。具体的には、勉強時間は平均一日10分くらいなんだそうです(2001年、総務省統計局)。勉強する間もないくらい日々の業務に忙殺されている人が多い結果なのですが、このデータを逆手に取れば、「勉強習慣を持つだけで独り勝ち状態になる」ということでもあります。チャンスと考える人も少なくないのではないでしょうか。

先の統計を「学習・研究」「スポーツ」「交際・つきあい」の3項目を集めても、40分に満たなないそうです。また、ベストセラーのビジネス書ですら、読んでいるのは労働人口の0.4%と計算されていました。圧倒的にインプット量が足りていないのがわかります。

日本のホワイトカラーの働き方が生産性が低いと言われているのは、どうやらこの時間の使い方に理由があるのではないかとしているのが本書『レバレッジ・シンキング』の主張です。スポーツ選手は、試合時間とトレーニングに費やす時間の比は1:4くらいだそうです。スポーツ選手並みとはいかなくとも、トレーニング時間を増やす活動が、激動の時代だからこそ求められているのでしょう。

怠けるための努力は惜しまない

あさよるのモットーは「怠けるための努力は惜しまない」でした。意味は似ているけれども、「レバレッジ・シンキング」の方が言い方がカッコいいですね。

あさよるは「突然自分がいなくなっても他の人が勝手に引き継いでくれる仕事」が好きです。だからそうなるように、仕事のルーティンをマニュアル化するのも好き。だって、いつでも他人が引き継げるくらい、半自動的に仕事が進んでいく仕組みを作っておいた方が、自分自身も楽ちんですからね。

本書では「習慣化」も大きな力になると紹介されています。例えば「これから毎日2時間勉強しよう」と思っても、実際にそれを実現するのはとても大変です。だけど、毎日2時間勉強することが習慣になっている人にとっては、お風呂に入ったりパジャマに着替えたりするくらい当たり前の日課としてできるんですよね。この「習慣づけ」も自分への投資の一つです。

あさよるは今読書ブログなんてやってますが、ブログを始めた動機の中に「読書習慣を継続させたい」という願望がありました。元々、子ども時代から読書はしていたのですが、社会人になって忙しさから本を読む習慣がなくなっていました。そして、習慣って一度なくすと、取り戻すのが大変なんですよね(;’∀’)

読書って、必要な時に必要な書物にあたれらたいいんだけど、困ったときほど冷静に自分に必要な知識・資料を探すのはとても難しいことだろうと思います。だから、困っていないときから「下調べしておく習慣」と「読書する習慣」って大事だと思っています。

また、学習習慣を維持するために、資格試験を受験し続けたり、大学に在籍したり、院生になる人もいますね。みなさん、「勉強しなければならない状況」をあえて作ってるんじゃないのかなぁと思います。

誰も時間がない

「時間がない」というのはみんな同じです。子どもだって、暇を持て余せれる時期なんて知れているんじゃないでしょうか。

本書では「残りの時間で○○する」のではなく、目的があるなら最初にその時間を切り分けるべきだと紹介されています。それは、「余ったお金を貯金する」だといつまで経っても貯金が増えないから、「毎月○万円貯金する」と決め、最初に貯金分を別の口座に分けて振り込むのと同じです。

もし「○○しよう」と思っているなら、それは「時間ができたらしよう」だと一生そんな時間はやってこないでしょう。そうじゃなく、具体的に「△時~※時は○○をする」と時間を最初に確保すべきです。

そして、できれば朝一の一日の一番良い時間帯を、自分のために使うのが良いでしょう。

「朝、シャワーを浴びながら本を読む」と紹介されていて「それは良い時間だなぁ」と憧れました。こんな風に「○○しながら××する」と、同時に複数のことができるか考えても良いですね。本書ではジョギングしながら音声データを聞くという話がありました。あさよるの知人でも、オーディオブックで読書(読み聞かせですね)をする人がいます。

通勤時間とか、なんとなく時間を過ごしちゃってるのはもったいないですね。もっと能動的に、どの時間をどう使うのか、自分の意志が通った時間の使い方ができると有意義だろうと思いました。

「遊ぶ」もインプットになる

本書を読んで深刻だなぁと思ったのは、先に紹介した「学習・研究」「スポーツ」「交際・つきあい」の3項目を集めても、40分に満たなないというデータでした。

インプットというのは、何も机にかじりついてガリ勉することだけじゃなく、人との関わりの中でや、スポーツや、遊びの範囲の中から学ぶこともたくさんあります。というか、遊びだって真剣にやれば、とても刺激的です。「その時間がない(時間を設けていない)」というのは、とても大変です。

と言いつつ、あさよるも、なんとな~くダラダラ~っと過ごしてしまう時間がたくさんあります。そして夜になって「あれができなかった……」「連休なのになにもできなかった……」と落ち込むこともたくさんあります(;’∀’)

時間って、能動的に使わない限り、いくらあっても足りないものなんですね。そして、ただ「1時間頑張ったら1時間分の成果が上がる」だけじゃなく、てこの原理を使って「1時間頑張ったら8時間分の成果が上がる」になりたいと思いました。

ブログ書く時間は確保しなきゃなので、それ以外の時間を調整します(^^)>

関連記事

続きを読む

メンタリストDaiGo『超時間術』|大丈夫、時間はある!

メンタリストDaiGo『超時間術』挿絵イラスト

こんにちは。あさよるです。「あれしてこれして」と考えていたのに、ハッと気がつくと辺りは真っ暗、もう寝る用意しなくちゃ! ということがよくあります。有意義に休みの時間を使いたいのに、時間がたっぷり使える時に限って、時間の無駄遣いをしちゃうんですよね……。

ということで、メンタリストDaiGoさんの『超時間術』は読みたかった。メンタリストDaiGoさんの本は読みやすく、「おおお!がんばろう!」ってなんかヤル気になるので好きです^^ あと、DaiGoさんのYouTube配信も時々見ているので、本で追っかけられるのがいいですね。

時間は、ある!

メンタリストDaiGoさんの『超時間術』は、時間に追われる現代人にとって朗報でしょう。なぜなら「時間がない」のは錯覚で、実はわたしたちには潜在的に使える時間を持っていると知れるから。もし、なにかにチャレンジしたいのに「時間がない」と諦めようとしている人がいるならば、本書を読んでから考えてみても遅くないでしょう。

「多忙な人ほどゆったりとした時間を過ごす」という話は聞いたことがあります。多くの人は朝の出勤前の時間や、食事の時間にも追われています。しかし、目も回るような多忙を極める人ほど、朝にシャワーを浴びたりコーヒーをゆったり飲んだり、家族と食卓を囲んだり、仲間と食事を楽しむ習慣を持っているという話です。むしろ、そうやって気分の切り替えや、人生の優先順位がしっかりとれているからこそ、多忙な業務をこなせるとも言えるでしょう。

逆に、ダラダラと時間を過ごしちゃうほど、気持ちの切り替えもできず、なんとなく慌ただしく窮屈な気持ちのまま時間を過ごしちゃうのかも。

だけど大丈夫! 時間はある。その事実をまずは認識しましょう。現在、わたしたちは1970年代の頃よりも働く時間そのものは減っているそうです。つまり余暇は増えている。だけど、なぜか娯楽や趣味、レジャー等に使う時間も減っているそうで、同じことはアメリカでも起こっているようです。

著名な社会学者であるジョン・ロビンソン博士は、「アメリカ人はどのように時間を使っているのか?」を数十年にわたって記録し続けた結果、面白い傾向を発見しました。いまのアメリカ人の多くは、自分のことを「忙しすぎて時間がない!」と考えているのに、実際に働く時間は想像よりも少なかったのです。
具体的には、こんな数字が出ています。

・多くのアメリカ人は、「自分は週に60~64時間は働いているはずだ」と答えた
・実際に計算した1週間の労働時間は、平均44.2時間だった

なんと大半の回答は、実際の労働時間に対し20時間もの誤差がありました。博士の分析によれば、「自分は他人よりも働いている」と答えた人ほど、さらに誤差が大きくなる傾向があったそうです。

p.23

アメリカの面白い研究ですが、世界的にも同じような傾向があると指摘されています。さらにこう続きます。

言われてみれば、「時間がない!」と思っていたはずなのに、緊急で入ってきた用事ははぜかこなせてしまったという経験は誰にでもあるでしょう。

・急にトイレが壊れて水があふれた!
・転んで指の骨を折った!
・ずっと気になっている人から「会いたい」と連絡がきた!

そんな状況になれば、どんなに忙しかろうが、どうにか時間を作って修理業を呼ぶか、病院に駆け込むか、デートの場所に走り出すはず。やはり、あなたの時間は余っているのです。

p.24

確かに、急用に対応できないほど忙殺されているってことは、かなり少ないですね。優先順位が高ければ、緊急の要件であってもなんとかなっています。

ないのは時間感覚

本書では、まず「自分には時間がある」と認めるところから始まります。「忙しい」と言葉にするのをやめましょう。「忙しい」と発言した瞬間、意識が未来や過去へ向けられ、「今」に集中できなくなってしまいます。

そして、アレもコレもと目移りしている状況では、生産性が失われてしまいます。タスクを増やしやることを増やすと、逆に成果が減ってしまうとは皮肉ですね。「自分はなにをするか」を絞り込むよう書かれていました。

で、どうして私たちは「忙しい」と発言し、タスクを詰め込みすぎてしまうのでしょうか。本書では

大多数の人が「働くほど成果がでる!」といった思い込みをしている(p.47)

と触れられています。落ち着いて考えれば当たり前ですが、長時間働いても集中が続きませんから、効率が落ちてしまいます。それよりも短時間でメリハリをつけて働く方がよいでしょう。本書『超時間術』は「時間がない」と錯覚していた状態から、時間感覚を取り戻し、時間をコントロールできるようになるための指南書です。そしてさらにその先、「時間を捨ててしまう」ことが最終目的だそうで、これは身に着けたいスキルですね。

簡単に、本書で紹介されていた時間感覚の取り戻し方7つを紹介します。

  • ゴールコンフリクトを正す

ゴール(目標)がコンフリクト(衝突)しあった状態を解消します。ゴールコンフリクトが起こると焦ってしまい時間がなくなるので要注意。まずはコンフリクト・リストを作ります。

1.今の目標10個を書き出しす
2.その中から重要な目標5つを選ぶ
3.5つの目標の「障害」を書き出す
4.障害をコンフリクトのパターンに振り分ける

上記の手順で、コンフリクトを振り分けます。コンフリクトには、

・分かってるけどやらないコンフリクト
・思い込みコンフリクト
・無知コンフリクト

以上の3つのパターンがあるそうです。ここまで分けられると対策ができますね。

  • 時間汚染を防げ!

マルチタスクは生産性を下げます。本書では「ある作業からある作業へと注意の切り替えをするたびプレッシャーが増える」と紹介され、時間がない錯覚の原因になっています。これが時間汚染。脳のパニックを抑えるために、タスクの切り替えタイミングを決めておくといいそうです。

1.前もって決めた感覚で、定期的に2つの作業を切り替える(例:ひとつの作業を10分やったら2つ目の作業に移る)
2.自分の意志で自由に2つの作業を切り替える

p.80

気分でタスクを切り替えるよりも、タイマーを使いましょう。メールチェックなんかも、回数と時間を決めておきましょう。

  • 呼吸を変える

呼吸法で「時間が足りない感覚」はやわらぐそうです。「落ちついて深呼吸」はウソじゃなかったのね。

1.1から5まで数えながらゆっくり息を吸う
2.1から6まで数えながらゆっくり息を吐く
3.これを10回くり返す

p.91

深呼吸のスゴさが紹介されています。パニックになりそうなら、なおさら落ち着いて呼吸を整えましょう。

  • リフレーミング

嫌な状況を前向きに解釈し、ネガティブな感情に対応します。

1.時間がなくて焦りを感じたら、「自分はワクワクしているだけだ」と声に出してみる
2.同じセリフを3回くり返して、自分が言ったことを信じこむよう努力する

p.105

「不安になったら『興奮してきた!』と叫んでください」ともありました。身体にとっては、不安も興奮も同じ状況なんだそうです。

  • 親切

自分のために時間を使うより、他人のために時間を割く方が時間を有効に使えるそうです。ちょっと意外な話。心理学では「自己効力感」というそうで、「ヘルパーズハイ」という言い回しも使われていました。

  • スモールゴール

大きすぎる目標を立てるより、小さな目標を立てましょう。1日単位で目標を想像する方が「余裕のある時間感覚」が育つんだって。つい壮大な目標を立てて攻略していく方がスゴそうと思ってしまいますが、違うんですね。

  • 自然

実験で、「幸福な気分になる動画(群衆が楽しそうな表情で旗を振っている様子など)」と「壮大な自然の動画(滝、クジラ、宇宙など)」を見たとき、自然の映像を見たグループの方が時間を長く感じたそうです。自然は、わたしたちを日常からひと時だけ切り離してくれます。それが時間の余裕を生むのです。

まずは1分、自然の動画を見ることから。次いで15分自然の中でボーっとしてみる。ガーデニングもオススメされていました。

「時間がない」と諦めなくていい

メンタリストDaiGo『超時間術』挿絵イラスト

本書『超時間術』を読んでとても励まされたのは、「時間を理由にやりたいことを諦めなくていい」ということでした。みんなそれぞれに困難を抱えているでしょうが、それでも「時間がないから」という理由で諦める必要はないんです。短い時間であっても、思うように進められなくても「取り組み続けることができるんだ」というのは、大きな励みになります。

といっても、あさよるは実際に忙しいときよりも、時間に余裕ができた時の方がダラダラっと時間を過ごしちゃって、「気づけば夜中……」みたいなことの方が多いです(;’∀’)(;’∀’)

本書の中で、気分ではなく、タスクとそれに割り振る時間を決めて、タイマーで計った方がいいとありましたが、その通りだと思います。本当に忙しい時は、タスクと時間を切らなきゃ無理なのでそうしますが、時間に余裕があるとき程それをサボちゃって、結局なにもできていない気持ちになります(;’∀’)

「時間がない」のではなく、「時間を有効に使えていない」と考えた方が、対策が打てるので、結果的にできることが増えると思いました。

いつでもできる!

で、これから人生、どんどん生活環境が変化しても、この「時間を理由に諦めなくてもいい」ってのは励みになるだろうと思いました。あさよる自身はフワフワ地に足が着かずに生きていますが(苦笑)、高齢になってから新しく何かを始める方や、子育てや介護をしながら自分のやるべきことに取り組んでいる方もいます。そんな人の姿って、遠巻きに黙視するだけでも「がんばろう」と思わせてくれます。

この『超時間術』も、そういう気持ちになる本でした。それぞれ置かれた状況は違うでしょうが、自分の目の前のことに取り組みましょう。

関連記事

メンタリストDaiGoさんの本

続きを読む

『IDEA HACKS!』|楽しく働けないのは、なぜ?

こんにちは。自分のちょっとしたメモや覚書の処理に困る あさよるです。

あっちこっちにメモが散らばっていて、収集がつかないんですよね……。これって、入ってくる情報が淀んでいるとも言えます。インプットがうまくなされていない!?

今回手に取った『IDEA HACKS』は、思いついたアイデアを試してみるためのtipsだけでなはく、アイデアそのものが生まれやすいい環境整備まで話は及びます。

散らかった頭の中をスッキリさせるアイデアも見つかるかも。

HACKS!シリーズは最近お気に入りで、以下のシリーズ本も紹介しました。

『STUDY HACKS!』

『READING HACKS!』|いつでもアウトプットできる読書

アイデアをキャッチして整理!

『IDEA HACKS!』の冒頭が印象的です。

著者の一人、小山龍介さんがシリコンバレーでインターンをしていた頃、そこで働いている人はみんな明るく仕事を楽しんでいたと語ります。

だけど、日本ではなんで楽しく働けないんだろう?

そんな問いから始まります。

アメリカでは、根本に、「アイデアを楽しむ」という気持ちがあることだね。どんなにくだらないアイデアでもすぐ「すごいね!」とほめるし、そして「やってみろよ」、失敗しても「ナイストライ!」。これがアメリカの起業家精神なんだ。

p.1

アイデアを楽しむ。そして、さらに大切なのは、そのアイデアを試してみること。

アイデアをまとめ、整理し、アウトラインを決め、プレゼンシートをつくったり、段取りやルールを含め、新しいアイデアを試してみるためのハックが、「アイデア・ハック」なんです。

やってる人はやっている

アイデア・ハックは全100個。本書ではそのうちの89のハックが紹介されています。

(残りの11のアイデアハックはダウンロードできると案内されているのですが、手順に沿ってもデータにたどり着けず残念……><)

アイデアハック、断言しましょう。やってる人はやっている!( ー`дー´)キリッ

自分の時間に価値を感じ、費用対効果を意識してる人なら、誰に言われなくてもやっているだろうスケジュール管理。時間をどう使うか?なんて、現代人なら子どもでも考えている。

情報を整理し、デスクの上も頭の中もスッキリと片付いているだなんて、こんなせせこましい日本社会なら当然のことでしょう。衣食住のすべて、寝るのも食べるのも、クオリティが大切です。

ね。「アイデアハック」って、多くの人は知っているし、やってる人は既にやってるんです。

んじゃあ、「お前はどうなんだ」ってことなんですよ。あさよるは、自分の時間を有効に使ってるのか?生活の質を高めてんのか?ってね。

答えは……NOだぁ! Σ(・∀・;)エッ

「アイデアハック」ね、知ってるよ……あさよるだって知ってる……そうした方がいいのは知っている……。

当然の、文句なしのハックをズラズラズラッと挙げられて、ぐうの音も出ない!

アナログ資料って、いいのかも

『IDEA HACKS』は2006年に出版された書籍で、多くはアナログ手段を使って情報を保存、整理する術が紹介されています。

これがなかなか良さげ。

あさよるは一時期、完全ペーパーレス生活を目指して紙資料を排除していました。その経験によって、「やっぱりノートや紙の資料って便利だなぁ」と改めて感じました。紙とデジタルの両方の良いところを使いたいと、以前より強く思うようになったのです。

そして、普段持ち歩く手帳やノートって、自分でカスタマイズして、“俺が考えた最強の手帳”に装備しておくのが、便利だしテンションが上がります。

『IDEA HACKS』はiPhone以前の書籍だからこそ、アナログツールが幅を利かせていた時代のハックがたっぷり収録されています。

これ、逆に新鮮。

24時間どう使う?

時間は有限です。そして、誰にでも平等です。

アイデアを生み出すための時間だって、誰にだって与えられているんです。同じ時間の中で、ある人は有意義な時間を過ごし、ある人は時間を浪費します。

限りある時間だからこそ、先人が考えたコツやヒントを「ハック」しましょう。

紙にペンで書き留めるアナログな情報管理だけでなく、現在はデジタルの便利な技術も広く普及しています。わからないことは、ネットを通じて見ず知らずの他人が教えてくれることもあります。

本書『IDEA HACKS!』では、今日スグ役立つ仕事のコツと習慣を7つに分類しています。

  • 情報――メモとノート
  • 時間管理――習慣
  • 整理ハック――物語とデータベース
  • 五感ハック――モードとスタイル
  • 思考ハック――出会いと別れ
  • 発想ハック――方法と視点
  • 意思決定ハック――プライオリティとセレンディピティ

朝起きてから寝るまでのすべての手順を見直してみることで、莫大な時間が手に入るのかもしれません。

アイデアが楽しめない環境って、アイデアに時間が割り当てられていない環境なのかもしれません。

アイデアを面白がり、仕事を楽しむための環境を整えてゆく努力、してなかったな……(-_-;)

続きを読む

『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』|時間がない、お金がない、のホンネ

きっかけ

「時間がないから」「お金がないから」「家族がいるから」

『本音で生きる』は、堀江貴文さんが日頃相談されるコトについて書かれています。

それは「やりたいことがあるのにできない」というもの。

その理由は「時間がないから」「お金がないから」「家族がいるから」「上司に理解がないから」「職場で浮いてしまうから」等々、多種多様です。

本音では「やりたい」と思っているのに、理由があってできない。堀江さんのように、自分の思うがままに振る舞いたいと、相談が寄せられるんですね。

堀江さんの答えは明快。

「やる」。

これだけ。

“やらない言い訳”を封じられてしまう…(^_^;)

堀江さんの言葉は真っすぐです。正論で返されるとも言う…。

例えば「お金がないからできない」という相談には、「ないのはお金ではなく信用である」と返します。信用がないからお金を集められないんです。……ごもっとも。

「時間がないからできない」にももちろん、正論で返されてしまう。というか、そもそも何も出来ないくらい時間がないってコト……ありませんよね(^_^;)

また非効率な時間の使い方も「できない」を生み出します。

やりたいことはチャッチャとやる。やりたいことなら回り道も苦じゃないし、もっともっと取り組みたいんだから、自ずと効率化されていくんだろうと想像します。

「効率化されない」こと自体が、取り組み方の現れなのかも……orz

「やらない言い訳」にも、真面目に答えてくれる

堀江さんの主張って、至って真っ当で当然のことなんです。

だけど、だからこそ「できない」って言えなくなってゆくΣ(・∀・;)

ああ、これは「やらない言い訳」だったんだ……とガーンときましたorz

「本音を言うと…」という建前、やめる

堀江さんは「本音で生きたい」と相談する人たちの気持ちが、正直分からないと告白されています。堀江さんご自身は、本音で生きている人だからですね^^

あさよるは、「本音で生きたい」と言うとき、実は「本音は違うという“建前”」を持っているのかもしれないなぁと思いました。

「本当は◯◯したい」「心では△△しようと思っている」「このままじゃダメだと思っている」などなどの言葉って、本音は別にあるのかもしれない……。

それは「私は悪くない」とか「頑張れないのはアイツのせい」とか、なんかそういう、責任を別に持っていきたい「ホンネ」があるのかも……と思い至ってしまいました。

「本音で生きる」とは、責任逃れしている自分を認めることから始まるのかもしれない。そして、堀江さんはその先にある、自分に責任を持つ生き方の指針を示しているんだと気づきました。

「このままがいい」もホンネである

「本音で生きたい」と、行動するのも、なにもしないのも、どっちを選ぶのかは、自分で決めることです。

本書『本音で生きる』では、行動するための考え方や、環境の準備の仕方など、今すぐ行動開始できるシンプルなアドバイス集です。

今まさに、動き出そうとしている人にとっては、励ましの言葉になるでしょう。

一方で、「このままでいい」「今で満足」という本音だって、そのまま受け入れていいんだと気づきました。だって、それが本音だもん。

別に「意識高い系」の本音ばかりじゃないでしょう(堀江さんの元にあつまる相談は、夢の実現や、ビジネスの話が多そうですね)。

自分が本当はなにがしたいのか、せめて自分では把握しておきたいものだなぁと思います。

続きを読む

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』|夏休みの宿題はダッシュで終わらせる法則

こんにちは。今日もダラダラと時間を過ごし、もうすぐ日付が変わりそうな時間にブログを書いているあさよるです(予約投稿しています)。

寒いし、早く寝たいのに、YouTube見たりLINEしたりしてると、こんな時間なんですよね。

で、『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』。このタイトルです。タイトルからして胸に刺さります。

ちなみに、なぜあさよるの仕事が終わらないのかは、なんとなく理由は見当がついています。

先に言っておきますが、この本、とても「図星」してくる本です。人間、短所を図星されるとイラッとくるものです(…よね?;;)。ですから、的確に自分のダメなところを指摘されて、イヤな気持ちになるかもしれません(;’∀’)(;’∀’)(;’∀’)

やっぱ「サッサとやる」が正解

本書『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』の副題は「スピードは最強の武器である」です。

……はい、その通りですorz

日本では、朝は普通に出勤して夜遅くまで残業する人がいますが、アメリカでは、優秀な人ほど朝早く出勤して、定時に帰るそうです。

定時に帰る理由は、幼稚園が夕方までしか送り迎えしてくれないとか、アメリカの社会事情があるようですが、家族との時間を確保するためには大事な習慣です。

さらに、さっさと帰宅して、家族との時間を過ごせば、残りの時間は明日の業務のために時間を使える。しっかり休んで睡眠を取るのも、仕事の能率をアップします。

「ラストスパート」なんて初めからなかったんや…

面倒くさそうなタスクほど後まわしにする人必見(…あさよるです;;)。

本書で推奨されるのは「ロケットダッシュ」!!説明するのは簡単ですよ。「夏休みの宿題は、早く終わらせると後が楽」。

……知ってる、知ってる……(´;ω;`)ウッ…

その理由も明快です。「ラストスパート」は失敗する……。はい……。

特に、人から頼まれた業務、後まわしにしていて、いざ期限が差し迫ってから手を付け始めると、最後の最後で手こずってしまうこと、……あります。

ラストスパートが成功すれば良いのですが、予想外に時間がかかってしまったときに取り返しがつかない。

安請け合いしたばっかりに、他人からの信用を失っていてはどうしようもありません。

「約束を守る」は必須だよね…

「期限を守る」というのも、むちゃくちゃ重要な要素です。

確かに、完成度はむちゃ高くても、締め切りを過ぎていればどうしようもありません。

仕事はたくさんの人が関わり、お金を動かしているのですから、自己満足で約束を反故にしてはいけません。

時間もお金も費やしているのです。いくら優秀で能力が高くても、約束を守ってくれない人とは仕事はできません。

能力も大切ですが、「間に合わす」って大事ですね。

「絶対無理」はやってみないとわからない

夏休みの宿題を最後までやらなかった あさよるとしては、ロケットダッシュ時間術なんて、とてもじゃないけどムリ!……と言いたい。

のですが、本書内できちんと釘が刺されています。

むちゃくちゃ平たく言ってしまえば「やればできる」。「できないのは、やらないからでしょう」と。……こちらも図星です(´;ω;`)ウッ…

人間、「やらなきゃなぁ」だけだと重い腰が上がりません。「英語が話せるようになったら、外国人と話をしよう」と思っていても、いつまで経っても英語学習は進みません。

それよりも、「これを伝えなければ!」「あの人にアプローチしたい!」「アメリカに転勤になってしまった!」と、英語を話したい、英語を話さざる状況に陥るほうが、学習は進みます。

想像するだけだと一瞬で「無理っ!」と思うのは、問題解決するための方法を考えないからです。やらざるを得ない状況に身を置くと、「どうやってクリアしようか」と考え方が変わります。

「やればできる」って、言葉だけ聞くと投げやりで無責任な言葉に思えますが、想像以上に「ごもっとも」な言葉なのかもしれません…

「時間」の使い方で、自分も人も変わってゆく

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』は、限られた時間を有効に使うための「時間術」を扱う本です。

長期スパンでのスケジュールの組み方や、仕事への力の割り振り方も紹介されていますが、殆どはその「考え方」に比重が置かれたものです。ですから、著者・中島聡さんはプログラマーですが、別の職種でも当てはまる内容です。

マイクロソフト社にて、Windows制作の話など、読んでいて興味深い話もあります。

最初に述べたようにこの時間術、「図星」です。痛いところを突かれてしまいました…(^_^;)

幼いころからよく人から言われた耳の痛い話の連発。別の言い方をすれば、ありふれた誰でも知っている時間術でもあります。

だけど、どれだけの人が、いつまでも夏休みの宿題を最初に終わらせ続けているでしょうか。幼いころの初心のまま、年齢を重ねてゆくことができれば、それだけで強みになるんだなぁと思います。

続きを読む