本田健

『人生を変えるメンターと出会う法』|弟子が見込んで「先生」をつくる

『人生を変えるメンターと出会う法』挿絵イラスト

こんにちは。毎日ブログを更新しているものの、方向性が見えてこない あさよるですw ブログの師匠がおればいいのになあと思うのですが、「ブログ」ってまだ新しいものですからね。先人がいないから困ったところ。それが面白いところなんだけど。

今日読んだのは本田健さんの『メンターと出会う法』。あなたはこれまで「メンター」に出会ってこられたでしょうか。あさよるは、考えると「あれは あさよるの師匠だったなあ」と思う人が数名います。勝手に「先生」と呼んで、勝手に懐いて、勝手に学んで、先生の知識やノウハウを「どろぼう」してきました。

「メンター」とは、どのような存在なのか。どうやってメンターを見つけ、卒業してゆくのか、本書にはまとめられています。今あるいはかつて、メンターがいた人は、自分のことを思い出して、まだメンターと出会っていないひとはこれから起こるスペシャルな出来事を想像してみてください。

メンターはえらい

『人生を変えるメンターと出会う法』挿絵イラスト

『メンターと出会う法』の冒頭は、「メンター」という言葉の意味の説明から始まります。

 メンターとは、人生を導く先生という意味です。英語圏では日常的に使われる言葉ですが、日本では、あまり聞いたことがないかもしれません。(中略)日本でも、恩人や恩師という言葉ならピンとくるでしょう。メンターとは、あなたの人生を変えてしまうぐらいのインパクトのある先生ちう意味です。
いずれにしろ、人生の大切な転機に、的確な導きをしてくれる師の存在は大きいものです。

p.1

古くはソクラテスとアリストテレスや、イエスキリストと弟子たちや、孔子と弟子たち。古今東西、師匠と弟子の関係は珍しくありません。日本でも、昔は子どもを商家に「丁稚」に出して、プロの仕事を覚えさせる文化もありました。「師匠と弟子」は特別な人だけの関係ではなく、普通の、一般の人たちの間でも師匠と弟子は存在します。

メンターは弟子に対して、優れた人生のガイド役を果たします。弟子が進みたい方角をメンターが指し示し、時に褒めて、時に叱って導きます。また、メンターは「憧れのメンター」も居れば、「こうはなりたくない」という反面教師も存在します。どちらも、自分の進む道をはっきりと教えてくれる存在です。

メンターはえらいのです。メンターがいなければ、ここがどこかもわからない森の中を、地図もなくウロつくようなもの。目指していた山の頂上に到着したと思いきや、違う山に登っていてはかないません。メンターが行き先を照らしてくれるから、進む方角がわかるのです。

あわせて内田樹さんの『先生はえらい』もおすすめ。

メンターから学べるもの

メンターとは、具体的にどんなことを教わることができるのでしょうか。

 メンターに教わるべき内容は、大きく分けて6つあります。
(1)人間としてのあり方
(2)幸せで豊かな人の感性
(3)人とのつき合い方
(4)人生のビジョンを受け取り、それを実現する方法
(5)ライフワークに関するスキル
(6)日常的なふるまい
これらを身につけることで、人生を楽しむ達人になれるのです。

p.110

昔は師匠の家で住み込み修行をすることもありました。師匠と寝食を共にすることで、「成功者のリズム」を身につけたのではないかと考察されています。

メンターの見つけ方

メンターを探すには、まず自分はどうなりたいのか、どう生きたいのかイメージしましょう。「理想の人生」は人によって違います。社会的成功やお金持ちになりたい人もいれば、子育てしたい人もいますし、出世しなくてもいい人もいるし、ひっそり静かに生きたい人もいます。また「どのレベルまで到達したいか」も重要です。ある分野の一流になりたいのか、三流でいいのか。自分の「理想の人生」を考えましょう。

次に「理想の人生」のために必要なスキルを考えます。スキルを身につけることにワクワクする分野を探しましょう。そこから、どんなルートでそこに到達するか考えます。学校に通う? 弟子入りする? 転職する? 資格が必要な場合は、資格取得の計画を立てましょう。

そして、メンターに教えてほしい項目を具体的に考えておきましょう。メンターは多忙なことがほとんどです。

 一般的にメンターは、忙しくて社会的に成功している人が多いと思います。そんな人から教えを請うのですから、心構えが大切なのは、言うまでもないでしょう。
落語家や伝統芸能の師匠の家に住み込む若者は、最初はたいしたことをさせてもらえません。そこで、「俺は、掃除をやるために修行してるんじゃない」と不満を言う人は伸びないでしょう。
掃除の合間に、師匠がどのような人生で生きているのか、肌で感じ、それを身につけていこうという態度の若者が成功していくのです。

p.44-45

ここでのポイントは「やらされている」のではなく、自らメンターを求め、自分の意志でメンターのそばにいるということでしょう。そのために「理想の人生」を考え、必要なスキルをあぶり出し、メンターを探し出したのです。明確に「メンターから教えを請いたいこと」があるならば、指示通りの掃除をしていても、「教わる」ことができるというワケですね。

いつどこでメンターに弟子入り志願できるかわかりませんから、日ごろから弟子入りの準備をしておきましょう。

メンターを盛り立てる

自分がメンターに決めるくらいの人物は、社会的にも多忙で、それなりの立場についている人が多いでしょう。偉い人って、実は他の偉い人と出会う機会が少ないそうです。そこで、弟子である自分がメンターを他のすごい人と引き合わせることができます。

僭越ながら、弟子がメンターにモノ申すこともあります。そのとき、怒るメンターもおれば、指摘を受け入れるメンターもいます。メンターは忙しい人ですから、メンターに変わってメンターを成長させるんです。

メンターから卒業する

メンターから教えを請うたら、そのうちにメンターからの卒業の時がやってきます。メンター卒業のときは5つのサインが教えてくれるそうです。

(1)メンターが、弟子を否定する
(2)教わる人が、学ぶものがなくなったと感じる
(3)男女関係が終わる
(4)教えにワクワク感がなくなる
(5)メンターが終了宣言をする

ついにメンター超えの瞬間です。メンターのもとを卒業するときは恩返しをお忘れなきよう。

メンターを写し鏡に成長する

学校の先生は、向こうからやってきて否応なしに「先生」に君臨しますが、「メンター」は違います。弟子が、メンターを探して、弟子がメンターに任命し、弟子が勝手に弟子入りしてくるのです。「弟子が見込んだメンター」なんです。

そう、メンターが偉大だからメンターなのではなく、弟子が勝手にメンターを任命し、勝手に見様見真似で学び、勝手にメンターを超えて卒業していくのです。メンターは弟子にとっての「移し鏡」なのかもしれません。メンター越しに自分を見ているのです。

あなたのメンターはどんな人?

あなたにも「メンター」と呼ぶべき人に出会ってこられたでしょうか。

あさよるの場合は、あさよるの失態で、厳しく切って捨てられた経験が、今の自分を作っていると思います。学生時代の恩師のもとで仕事をし、可愛がられ、能力も買ってもらっていたのに、ある連絡を怠ったときです。あとから、「約束できない人とは仕事はしません」とハッキリと宣言され、それ以来仕事を回してもらえなくなりました。そのときは、あさよるにも言い分があり、とても悲しくなりましたが、今は「いい先生だあ」と感謝しています。

なあなあで仕事を続けることよりも、「約束できない人とは仕事はしません」と宣言する方が気が重いはずです。だけど、先生がハッキリと「約束できない人とは仕事はしません」と社会のルールを教えてくれたから、それ以来は「約束は守る」という当たり前のことを怠らないようにしています。

また同時に、あさよる自身も「約束できない人とは仕事はしません」と自分のポリシーを持てるようになりました。どんなに優秀でも、どんなにステキな人でも、約束を守ってくれない人とは一緒にいなくてもいいんだと思うと、かなり肩の荷が下りました。

あともう一つ、あさよるのメンターたちは総じて「机の上がいつも片付いている」という共通点がありました。あさよるの机はいつも散らかっていますから、これはまだメンターに倣えていません……(;’∀’)>

だけど、メンターに恩返しせずに来てしまったなあ。

関連記事

本田健さんの本

メンター・師匠・修行に関する本

続きを読む

『ユダヤ人大富豪の教え』|お金に囚われる不自由人をやめる!

こんにちは。「あ~お金が欲しい」と思う年末年始を過ごしたあさよるです……(-_-;)

この『ユダヤ人大富豪の教え』、他の書籍で紹介されていたり、タイトルは何度か見かけていました。

本やブログ等で、誰かが紹介していると「どんなだろう?」と気になっちゃいます。「気になる本」を少しずつ読んでゆこうと、『ユダヤ人大富豪の教え』を手に取りました。

20歳学生が、アメリカで出会った

アメリカ留学中の二十歳の青年は、一人の老人と出会います。

その老人はオーストリアで生まれ、ナチス台頭に伴いアメリカに移住したゲラー氏。不動産業で成功し、大富豪になった人物でした。

帰国後は事業を起こそうと考えている青年は、彼から成功の秘訣を教わりたいと申し出ます。

老人が青年に、時に丁寧に、時に実地でテストを行いながら、「成功」とはなにか。「失敗」とはなんだろうと語りかけます。

エッセイ?フィクション?不思議なお話

老人と青年のエピソードは、著者の本田健さんの経験が元になっているそうです。

しかし、書籍化にあたって、フィクションも混じっているようで、より面白くドラマチックに仕上がっています。

エッセイのようでエッセイでなく、フィクションのようでフィクションではなく、なんか不思議な構成ですね。

あさよるは本書を読書中、全くのフィクションとして楽しんでいたので、著者のあとがきを読んで驚きました。

「お金」から離れて「自由」を手に入れる

大富豪の老人に「成功」する方法を尋ねた青年。

成功とは、もちろん「富豪になること」、すなわち「お金」を集める方法を尋ねました。あさよるも、最初はお金を稼ぐ方法を老人が語るのかと待ちかまえました。

しかし、老人の話は少し違います。

成功している人とそうでない人。なにが違うのだろうか?学歴?家柄?才能や運?

人はそうやって、「成功するための条件」を自ら勝手に作り上げ、「ああ、自分は成功できないんだ」と諦めてゆきます。

だけど、本当に「成功する人」はそうじゃありません。彼らは、仕事が好きでたまらない人なんです。仕事が大好きでしょうがないから、もっといい仕事がしたいし、もっと人に喜んでもらいたい!ただそれを繰り返しているだけなんです。

仕事が大好きでたまらない人は、好きな仕事をしているだけで幸せです。ですから、失敗しても上手くいかなくても諦めることはありません。だって大好きだから。

そして、どれだけ失敗に失敗を重ねても諦めなければ、いつか「成功する」ときが来ます。その時までひたむきに仕事ができるのは、好きじゃなきゃやってられないんです。

豊かになるって、預金残高の桁数だけではありません。「自由に生きる」。これが大事。

不自由に生きていませんか?その不自由さは自分で生み出しているのかもしれません。

こんな出会い、ほしかった!

「成功の秘訣が知りたい」。あさよるも知りたいですwそして、その教えを乞える人物に出会うということも、なかなか起こらない経験です。うらやましい経験です。

そして、“大富豪”が語る成功の秘訣は、とっても素朴な「しあわせ」を教えてくれるものでした。ちょっと拍子抜けするくらい。そして、大富豪ほどお金に執着していないことも印象的でした。

あさよるは「お金」が欲しいです。突然何?と思われてしまうでしょうがw、本音です。そして、多くの人にとっての本音であると思います。

不自由な生活をしている人ほど、「お金」が欲しくてたまりません。だって、不自由を解消するためのお金ですし、不幸を紛らわすためのお金です。

「お金があればなんでもできる」と考えてしまうのも、お金のない人の発想なのかもしれません……(苦笑)。

大富豪ともなると、考えることも庶民とは違うんだなぁと思いつつ、「幸せに生きる」「自由に生きる」ってことに、もっと重きを置きたいなぁと思いました。

続きを読む

『自分の才能の見つけ方』|え、それが才能!?こんなの誰でもできる!?

こんにちは。元気を出したいとき、元気がでる読書をしようとする あさよるです。

そんなこと言って、ちょっと前も元気が出る本を読んでいました。↓コレ

特に、「自分には才能があって、それを磨くだけなんだぜ」的なメッセージは、素直に「あ、そっか、がんばろ!」と思える系です。

で、今回読んだのも、同じようなヤツ。優しい切り口で励まされます。

才能は……すでにある

本書、『自分の才能の見つけ方』というタイトル。才能はないものを作り出すのではなく、「見つける」のだなぁと納得。

そう、ゼロから才能を生み出すんじゃない。すでに才能は“ある”。それを「見つける」。

才能を「発掘する」って言い方も同じですね。すでに才能は埋まっていて、それを掘り出すのです。

……言葉遊びみたいですよね。だけど、この言葉の微妙な差、気づいていないことって多い気がします。存在しないモノを探そうとしたり、ないものを発掘しようとしたり。

すでに才能は自分は持っていて、自分が見つけていないだけ。このメッセージって元気が出るし、「そっか、やろう」って素直に思えます。

本を読んでも才能は見つからない!?

本書『自分の才能の見つけ方』を読んでも、タイトルに反して?具体的な自分の才能は見つかりません。

なんというか、「こうすれば才能が炙り出せる」とか「チェックシートを埋めると才能が見える」とか、そんな便利アイテムではないのです。

ただ、確実に何かしらかの才能が自分にはあるんだ、という確信を持てるのが大事です。「自分には何もない」と思わなくていい。

ただ、人によって才能の方向性はさまざまです。よく目立ち、スポットライトがあたる華やかな才能も有れば、一見、人からは分かりにくいものもあります。

「自分には才能がある」。そして、それは「すでに自分は持っている」という気づきって、大きいですよね!?

才能のダークサイド?

本書『自分の才能の見つけ方』は、才能の“ダークサイド”が紹介されていることです。

ダークサイドとはご存知、映画『スターウォーズ』シリーズに登場する言葉で、優秀なジェダイの騎士が自らの力に驕り、暗黒面へ堕ちてしまう様子を言います。

まず、才能は行き詰ったり、イライラが募るときに溜まるそうです。鬱屈した状態から、それを打破する行為に、才能が潜んでいるんです。

他人から叱られる・注意される事柄にも、才能は潜んでいます。例えば、子どもの頃「じっとしなさい!」「静かにしなさい!」と怒られ続けていた人。この性質って、大人になれば必ずしもネガティブなものではありません。むしろ、みんなのムードメーカーになったり、フットワークの軽い人は信頼されることもあります。

一見するとネガティブな要素も、見方を変えれば掛け替えのないチャームポイントになる。

嫌いなものや恐いものから逃れようとするが故に、人とは違う特技や知識を身に付けることもあります。

「苦手」や「嫌い」の意識だって、それを切り抜けるための方法に着目すれば、悪いものではないなぁと安心しましたε-(´∀`*)ホッ

自分の才能を活かすには…!?

才能って聞くと、ステージの上に立ってパフォーマンスをしたり、誰も真似できない特殊技能を想像しがちです。歌がめっちゃ上手い、とか、芸術的才能みたいな。

ですが、『自分の才能の見つけ方』を読んでいると、もっと細やかな、だけど人生に大いに役立つ「才能」に気づきます。

例えば、「こんにちは」「ありがとう」「さようなら」と、いつもどんな時も礼儀正しく振る舞える人がいれば、その人は多くの人から大切にされ、信頼されるでしょう。

その信頼のタネは、時間をかけてジワジワを育ち、働き方にも大きな影響をもたらすでしょう。

奢られ上手な人とか、美味しそうにご飯を食べる人とか、「えっ、才能ってそんなこと!?」とビックリしますw

しかし、考えてみれば、自分にはいたって簡単にできることも、別の人から見れば逆立ちしてもできないことかもしれません。

そういうこと、案外多いのではないでしょうか。

あさよるも、自分で気づいていない「才能」あるのかもしれないと思いました。これまで以上に、自分が無意識にやっていることに注目しています(-ω☆)キラリ

続きを読む