東洋医学

『いちばんわかりやすい漢方の基本講座』|イラスト・図解で知る!

こんにちは。漢方や薬膳について勉強したいなぁと目論んでいる あさよるです。以前、大学で漢方薬についての授業を履修したのをきっかけに興味を持ち始めました。

スクールや通信教育等、学ぶ方法はたくさんあるようです。しかし、今は右も左もわからないので、自分なりに漢方・薬膳について調べてみるところから始めてみました。

まず手に取ったのは『漢方の基本講座』。前頁カラーで、イラストや写真がたくさん使われた読みやすい本です。

漢方薬には副作用が、ある

漢方って、ふわふわっとした人に優しい存在みたいに思ってたんですが(何だそれ)、全然違うんです。中国医学は、西洋医学とはアプローチが違いますが「医学」「科学」なんです。同じく、漢方薬も列記とした「薬」なんですね。

効く!だからこそ、正しい知識が必要です。

冒頭で早速、漢方の効果について言及されます。「漢方って長く飲まないと効かないの?」「漢方は副作用がない?体に優しい?」。両方とも答えはNO!漢方は種類によって急速に効くものもあります。そして、漢方も薬。当然副作用があります。頭に入れておかないといけなことです。

副作用がまったくないわけではありません。西洋薬に比べれば少ないとはいえ、漢方薬でも副作用やアレルギー反応が起こることがあるのです。
(中略)
重大な副作用の報告例がある漢方薬もあります。

p.14-15

なんでこれを強調しているかというと、漢方薬は西洋医学の薬と同じく、正しく使えばよく効くんです。そして、誤った使用をすと怖い!漢方は副作用がないと言われるせいで、他の薬とちゃんぽんしちゃったり、素人判断で服薬する例が多いそう。あるいは逆に、漢方を万能薬とか、魔法の薬と考えている人もいるらしい。どちらも、漢方への知識のなさが招いている例です(と、授業で習った)。

漢方の誤解されがちな部分から、しっかり解説されているのが、真面目な本なんだと感じさせました。

かわいい見た目…ボリューム多め

『漢方の基本講座』は見た目もかわいらしいA5サイズの本です。おしゃれなイラストと写真がたくさん掲載され、パラパラ見ているだけで楽しい内容なんです……が、ナメてかかると結構ボリューム多め!

特に後半の〈第6章 毎日の生活にとり入れたい食材〉は本書の半分弱のページ数を占めており、かなりの数の食品が紹介されています(数えられまへん~)。しかも、ひと言紹介とともに、どのような働きがあるのか図にされてるのですが、これがボリューミー!

いやぁ、確かに西洋の食品化学の分野もボリュームがあってとても手が出ませんが、東洋科学の世界でも細かく研究されているようです。

もちろん、たった一冊の本で紹介されている事柄なんてほんのちょっとなのでしょうが……それでも読むのに時間がかかりました(決して、字の多い本ではないんですよっ!)

漢方薬・ツボ・食事の使い方

漢方薬と食品だけではありません。まず、漢方医は患者の何を見ているのか。患者がドアを開けて診察室に入ってきたところから、体中から発せられる情報を読み取っているというからびっくりしました。

触診も、西洋医の医師とは違います。あさよるも昔、鍼灸院へかかったとき、先生にたくさん質問を受けましたし、いろんなところに触れられたり見られたり、不思議な経験をしました。漢方医が何を知りたいのかを知っておくと、かかったときも先生とコミュニケーションを取りやすいかも。

また「気」や「ツボ」「経脈」など、聞いたことはあるけどサッパリ知らないことが簡単に紹介されています。イラストが多いのも、イラストじゃないと伝わりにくいからなんですね。

また、疲労感、便秘・下痢、二日酔い等、西洋医はいい感じに看てくれない症状も、漢方の切り口から見てみるのもいいですね(現在の医療は保険医療ですから、病気じゃないのに病院へかかりにくい)。

正しい知識で鬼に金棒?

現在の我々は、西洋科学・西洋医学に親しんでいます。学校でも理科の知識を学びますし、どなたも最低限の知識は共有されています。

西洋医学を否定するわけではなく、西洋医学と同時に、漢方や中国医学も持ち合わせても良いのです。両方の知識を持ち合わせれば、鬼に金棒……とはいかないまでも、問題対処のバリエーションが増えるのは頼もしい。

今後、どのように漢方の考え方を生活にとり入れられるのかなぁと、学ぶのが楽しみですね。

あさよるネットで紹介した関連本

ツボに訊け!―鍼灸の底力

良書。ツボを刺激する鍼灸治療の実情や課題等、素人でも分かるように紹介されています。

『ツボに訊け!―鍼灸の底力』を読んだよ

血流がすべて解決する

女性特有の問題を、漢方の観点から開設する。

『血流がすべて解決する』|生理痛、更年期、不妊、ダイエット。血流を見直そう

綺麗なひとは、やめている。

東洋思想が持っている「中庸」の考えを、ユーモアと共に数々の例と共に知る。

即効性から「中庸」へ『綺麗なひとは、やめている。』

続きを読む

『ツボに訊け!―鍼灸の底力』を読んだよ

経絡図のイメージと鍼と灸治療のイメージをコピックで描いたイラスト

経絡図のイメージと鍼と灸治療のイメージをコピックで描いたイラスト

「ツボ」「経絡」「経穴」という言葉をあちこちで目にします。
肩こりや腰痛などの改善に自分でツボを調べることもありますし、整骨院に人体のツボが書かれた人体図を見たこともあります。

最近では、エステや美容関連の話題でも「ツボ」や「経絡」という言葉が使われていることを目にします。
「耳つぼダイエット」と言って、金属の小さな玉をシールで固定することで、食欲を軽減できる……などという、「そんなうまい話があるのだろうか……」という施術も、エステサロン等で人気なようです。

私たちは「ツボ」というものが体にあることは、なんとなく知っていて、生活の中でも多用します。
私も「車酔い防止のツボ」や「頭痛に効くツボ」を教えてもらい、イザと言う時は藁をもすがる気持ちで指でギュギュと指圧することも少なくありません。

しかし「ツボ」ってこんなに身近で、よく知っているはずのものですが、なにも知りません。不思議な存在です。
本当に効果があるのか。
迷信ではないのか。
気持ちのものではないのか。
「ツボ」という謎の存在が気になり『ツボに訊け!』を読みました。

「ツボ」「経絡」「経穴」……よく聞く言葉だけどよくわからない

ツボ、鍼、灸……東洋医学って信用できるの?

鍼灸をはじめとする東洋医学をどこまで信頼してもよいのか分かりません。
中には効果があるものもあるでしょうが、中には迷信や意味のないものもあるでしょう。
以前、私も鍼治療を受けたことがあり、治療自体は気持ちが良かったのですが、「こんなことで本当に効くのだろうか」と気になってしまい、疑問に思いながら治療費を出し続けることを断念してしまいました。
同じように、実は漢方薬にも苦手意識があり、倦厭してしまいます。
東洋医学に効果がないとは思いませんが、自分に必要な処方を施してくれる鍼灸医や漢方医を見つけ出す方法がわかりません。

鍼灸の治療ってなんだか怖そう

お灸をすえてもらったこともあります。
鍼治療は鍼灸医で受けましたが、灸は腹痛を訴えたとき、素人の方に艾(もぐさ)をおでこに乗せられ、すえられました。
鍼はプロの先生に言われるがまま治療してもらったので、怖さも不安もなかったのですが、素人による民間医療としての灸は恐ろしかったです。

治療費がわからない

鍼灸の治療は保険適応外のことが多く、治療の価格は鍼灸院によって様々です。
価格体系がよくわからないことも、鍼灸院へ行く機会を減らしているかもしれません。
鍼灸治療をどういうタイミングで行えばよいのかも分かりません。

積極的に鍼灸治療を取り入れてもよさそう?

西洋医学と東洋医学、両方からのアプローチを

大学の講義で漢方についての授業を受けました。
漢方は西洋医療の苦手とする分野をサポートすることができ、西洋医療的治療と漢方の両方からアプローチすることで、より治療に効果的だという話でした。
同じことが鍼灸にも期待できるのかもしれません。

漢方の授業では「漢方薬は効果がある。効果があるからこそ、飲み合わせや副作用により害も生む。自分の勝手な素人判断をせず、医師と漢方の知識のある薬剤師と相談しながら使うこと」と知りました。
「漢方には副作用がない」と誤った知識を持っている人がいたり、闇雲に漢方をどんどん飲んでしまうことは、漢方を薬として効果を信じていないことです。
あくまで「薬」なのですから、作用も副作用もあります。
同じように、鍼も灸も効果があるものだとすれば、素人判断で施すことは慎重になった方が良さそうです。

『ツボに訊け!』では、経絡や経穴などは迷信だとハッキリと書かれています。
しかしながら、鍼灸によるツボへのアプローチは確実に効果があるとも書かれていました。
迷信も混在した世界のようではありますが、ある程度は信頼に足るようです。

自分の体の不調を取り除くことが目的なのですから、体が楽になれば患者としては万々歳です。
試してみる価値はありそうです。
ただ、鍼灸医によって技術やポリシーは様々で、医師との相性もあるようですから、いくつかの鍼灸院をはしごして回す必要もあるようです。

経験では、鍼治療は気持ちよかった

私が鍼治療を受けた感想は、足に数本の鍼を刺され、重い鈍痛のようなもの少し感じましたが、どんどん体がポカポカと温かくなりなんとも言えない気持ちよさでした。
ただ、3回位で治療に通うのをやめてしまったので、効果の程は分かりません。
当時は、東洋医学への不信感が拭えず、やめてしまったのです。

体に鍼を刺す痛みは全くなく、衛生面も特に気になりませんでした。
『ツボに訊け!』を読み、鍼灸治療への見方も変わり、今後は鍼灸もアリかなぁと思いました。

治療費は自分で調べるしかなさそう

保険の治療が効かない場合は、治療費がやや高額な場合が多いでしょう。
値段の高い安いと、鍼灸医の腕や相性とは関係がなさそうなので、自分がいいと思うところを見つけ出すしかなさそうです。

現在は鍼灸を受けられるエステサロンも増えています。
美容や痩身のためにツボの力を使うのでしょうが、こちらはまだまだ新しい分野で、効果の程はわかりません。
エステ価格になるので、より高額な場合が多いでしょう。

これは、一件一件自分の足で鍼灸院を探すしかなさそうです。

続きを読む