津村佳奈

【2018年】下半期のベスト記事!

暮れも押し迫って参りました。年末のお楽しみ、今年よく閲覧された記事のまとめです。「良い本だったなぁ」「この記事頑張って書いたもんなぁ」と納得するものもあれば、我ながら意外な本もランクインしていて、個人的なお楽しみ企画となっております。

上半期、下半期とも一位はかずのすけさんの本でした。メンタリストDaiGoさんの本も上半期・下半期とも上位ですね~。

1.『しない美容』/かずのすけ

2018.06.22 公開

下半期も化学者であるかずのすけさんの美容本が一位でした。「しない美容」はかずのすけさんのブログでも提唱されていて、余計なことをしなければ、肌の健康な状態を維持できるのではないかという考え方です。

最新の美容法を追いかけるのではなく、「自分の良い状態」をキープするために、化粧品を選ぶのも、一つの基準ですね。

2.『クローゼットは3色でいい』/ 杉山律子

2018.06.29 公開

とても役立った本でした。ファッション雑誌に掲載されているおしゃれなコーディネートは、あくまで上級者向け。おしゃれ初心者は、まずは色数を限定し、3色でコーディネートするとまとまりやすいのです。選ぶべき3色の組み合わせも具体的に提案されており、おすすめです。

その人によって似合う色は違っているので、自分に似合う3色の組み合わせを知れば、お買い物も楽ですね。

3.『愛とためらいの哲学』/岸見一郎

2018.06.20 公開

これはちょっと意外なランクイン本だった。『嫌われる勇気』の岸見一郎さんが、アドラー心理学をはじめとする心理学的な「恋バナ」を扱っています。相手を支配したり、依存したりされたりするのではなく、穏やかでお互いの心が満たされる間柄をつくれると良いですね。

生涯のパートナーがいて、お互いに幸福を感じ合えることは、それはこの上ない特別なこと。それを実現するためのお話です。

4.『ひと月9000円の快適食生活』/ 魚柄仁之助

2018.07.06 公開

この本は! 良い本というか、とてもとてもお腹が空く本だった! だけど、下半期のランキング入りしちゃうのは意外でもあった。料理のレシピ本なんですが、もう、文字による飯テロの連続なのです。官能的でもある。ヤバイ。

5.『知られざる地下街』/ 廣井悠,地下街減災研究会

2018.06.15 公開

良書。日本中の地下街の歴史や変遷、設備や、法律的な区分、災害対策など、地下街に関する話題を網羅的に扱った本。すごく良い本でした。おすすめです。

6.『なぜか美人に見える人は髪が違う』/ 津村佳奈

2018.08.31 公開

現役スタイリストによる女性向けヘアスタイル指南本。トレンドのスタイルのとり入れ方と、垢抜けポイントがレクチャーされていて使える。年齢も関係なく、一読されてみては。本全体のおしゃれ感も、モチベーションアップに良い。

7.『超時間術』/メンタリストDaiGo

2018.08.20 公開

「時間がない」と嘆く方へ。「時間がないから○○できない」というのは錯覚だった。なんとなく多忙で、いつも時間に追われている気がしてしまうのは、「時間の感覚」が欠如しているからだった。時間感覚を鍛え、能動的に時間を使うためのメンタリズム! やる気も出ます。

8.『その情報、本当ですか?』/ 塚田祐之

2018.06.19 公開

元テレビマンによるフェイクニュースを扱う。故意のフェイクニュースもあれば、誤報もあります。どのようにニュースが作られているのかを解説しながら、テレビのニュースと、ネットニュースの違いが説明されます。テレビや新聞のニュースも、ネットニュースも、どちらも一長一短があり、わたしたちはそれを使い分け、正確な情報を見抜く力が必要です。

岩波のヤングアダルト向けの新書ですが、大人にもおすすめです。

9.『My Basic Note「ふつうの服でおしゃれな感じ」のつくり方』/ 三尋木奈保

2018.06.01 公開

女性向けファッション誌の編集者である三尋木奈保さんのスタイル本。コンサバスタイルを貫いておられ、等身大だけど垢抜けていて素敵すぎる。年齢と共に、プチプラばかりではなく「良い物」を持ちたいなあと思わされた。

10.『人狼村からの脱出』/SCRAP

2018.08.29 公開

真夏にドハマりしたゲームブック! 夜になると村人を襲う人狼を見つけるべくとある村にやってきたあなた。しかし、村から出るためのたった一つの橋が落ち、陸の孤島に。そして、人狼事件のみならず、貴重な宝石を盗む怪盗まであらわれる。あなたは事件を解決できるだろうか。

謎が謎を呼ぶゲームブックで、パズルを解かないと先へ進めない。またこのパズルの難易度が絶妙で、自力でうんうん唸りながらも、答えが分かったときの爽快感ったら! 終盤では、感動しちゃった。



『なぜか美人に見える人は髪が違う』|髪質、フォルムで垢抜け

『なぜか美人に見える人は髪が違う』挿絵イラスト

こんにちは。あさよるです。この3年ほど髪を黒髪のまま伸ばしていたんですけれども、そろそろ派手目なカラーに染めたくなっています。ただ、ヘアスタイルに合わせて洋服やカバンも全部入れ替わったところなので、今からカラーするとまた最初からだなぁと思うと、悩ましい……。

あさよるが10代の頃は明るいヘアカラーが流行っていましたが、今は落ち着いた髪色が「今っぽい」のかなぁと、それなりに気に入ってはいるんですけど……。今回、『なぜか美人に見える人は髪が違う』を読んで、質感が大事なんだと知り、もう少しカラーせずにダメージの少ない髪でいてもいいかもと思い直しました<(_ _)>

あか抜けのトータルコーディネート

本書『なぜか美人に見える人は髪が違う』では、トータルコーディネートとしての、髪のスタイリングやヘアケアについて扱います。著者の津村佳奈さんも現役の美容師です。本書で紹介されているスタイリングは「今っぽさ」に重点が置かれています。長く髪形を変えていない人にオススメ。

本書ではスタイリングやヘアケアの考え方に比重が置かれている印象です。だから文字が多めの紙面です。

ここで紹介されるのは、マンネリで野暮ったさを卒業し、あか抜けて見えるトータルコーディネートです。ヘアスタイルだけに注目するのではなく、トータルで考えなきゃオシャレじゃない。だから、この本だけで完結するのではなく、ここからオシャレや言葉遣い、立ち振る舞いなど、どんどん拡大して「あか抜け」に近づくんだと思います。

美人見えのポイント

「美人見えするヘア」の三つのポイントが紹介されていました。

1 ツヤと柔らかさがある髪質であること。
2 頭の形が綺麗に見えるフォルムであること。
3 顔が「卵型」に見えるようなスタイルであること。

p.26

髪のツヤと柔らかさを出すためのシャンプーの方法やトリートメントやスタイリング剤の選び方が紹介されていました。シャンプー前のブラッシングから、頭皮をマッサージし、血行を良くすることが大切です。炭酸を使ったヘアケア用品も良いと紹介されています。本書では具体的に商品名を出して製品を紹介してくれているので助かります。トリートメントは、インバスとアウトバスの2種類を用意すると良いそうです。

また、ヘアカラーを自宅で自分でやると、髪が硬くなってしまう原因だそう。やっぱり美容室でヘアカラーしてもらう方が良さそうですね。あさよるも若い頃ずっとカラーをしていたので、髪がシャーペンの芯みたいにパシパシになっていました(;’∀’) ここ数年カラーせずに髪を伸ばしていたら、フワフワの地毛に自分で驚いていますw カラーするとそんだけ質が変化するんですね。

日本人の多くは、頭の形が絶壁でハチが張っていると言われています。ヘアスタイルで頭の形をきれいに見せましょう。これは美容師さんの力も借りつつも、自分の朝のスタイリングが重要です。本書によれば、アイロンを使ってトップの髪だけでも巻くと、頭の形が綺麗に見えるそう。毎日セットするのが大変だからパーマを当てる人も多いそうで、本書でもそれを否定していませんが、仕上がり的にはアイロンがきれいだそうです。

そして理想と言われている顔が「卵型」に見える髪型も重要ですね。これは美容師さんによく相談しながら似合う髪型にカットしてもらうのが良さそうです。

美容師へのオーダーの仕方も

本書では著者が美容師ということで、美容師さんがどんなことを考えてお仕事をなさっているのかも触れられています。美容室でアレコレと様々な質問をされたり、個人的なことまで聞かれたりして戸惑った経験がある方もいらっしゃるでしょう。だけど、美容師さんも、その人がどんな人なのか、どんな仕事をして、どんな感じが好きで、どんなイメージになりたいのかわからないと、カットできないんですね。

女性の美容師はスタイルの「新しさ」、男性の美容師は「かわいさ」を出そうとする方が多いそうで、自分のなりたいイメージを美容師さんと共有できることが大事でしょう。だから、美容室でアレコレ質問攻めにあっても、きちんと答えるのがよさそう。

あさよるも、ずっと美容室での会話が苦手でしたが、美容師さんもお客さんから話を聞きたい理由があると理解できました。

あさよるの経験では、最近は積極的に「私はこういう人だ」「これからこうしたい」ときちんと話ができるよう、事前にイメトレして美容室へ行くようにしています。すると、美容師さんの方もこれまでと全然対応が違って、「こうした方がいいんじゃないか」「毎日のスタイリングはこうして欲しい」と、より具体的なアドバイスをしてくれるようになりました。美容師さん側もこれまで探り探りカットしてくれてたんだとわかりました。

髪の印象は大きい

『なぜか美人に見える人は髪が違う』挿絵イラスト

あさよるも歳を取って「髪って年齢が出るパーツだなぁ」と痛感するようになりました。意外と面積が大きいですしね。身体の質の変化が止まらないんですがw、肌にシミやシワが増えたり、髪のツヤが減ったりしても、自分自身もメイクアップの施工技術に取り組むのが、歳を取るのを楽しみながら生きることなのかなぁなんて思いました。

今回紹介した『なぜか美人に見える人は髪が違う』は、まだオシャレ初心者の若い世代の人向けであると同時に、若い頃から同じ髪型やヘアケアを続けている大人世代も「今っぽさ」と、最新のヘアケア方法を知らせるものです。結構幅広い年齢の人向けの本ですね。

関連記事

続きを読む