こんにちは。お正月以来順調に増量中の あさよるです。普段わたし、そんなに量をたくさん食べるタイプではないんだけど(ちびちび小分けにして食べすぎるタイプ…)、お正月はあり得ないくらい量を食べた。普段食べない食材が待ち構えているし、仕事も休みでヒマだし、食べるくらいしかすることがないという。お正月以来、深刻になるくらい食べる量が増えちゃっていて、どうしましょうか。

物理的に身体が重くて動きにくいから、この冬は重さそのものを減らしたいと思っていたのに、全然逆行しておる……。

ダイエットマニアからの卒業

『10キロやせて永久キープするダイエット』は数々のダイエットに挑戦し、その度に新たなる知識を手に入れ賢者となった求道者が、(食)欲から解放されるまでの物語だ。

著者の山崎順子さんは成長期の頃から「思えばずっと小太りだった」と回想する。彼女はダイエットマニアで、世のダイエットを知り尽くしていた。ダイエットなんて簡単だ。やせる方法はたった一つしかない。それは「摂取カロリーが消費カロリーを下回ること」。これしかない。

答えは出ているのに、なぜそれが実現されないのだろうか? その謎を探るため、心理学を研究している海保博之先生にアドバイスを求め、海保先生の指示通りにダイエットを成功させるまでの記録だ。

「知性」を使うダイエット

「我慢や忍耐」ではなく、「知性」に頼った

これが、本書『10キロやせて永久キープするダイエット』がたどり着いた究極のダイエットだった。

自分なりにあれこれとダイエット法をいろいろ試していて、それなりに身体の構造や食事について知識も持っているなら、「知性」を使ったダイエットは有効だろう。

そもそもなぜ、わたしたちは太ってしまうのか? それは、消費カロリー以上の食品を食べてしまうからだ。食生活は生活習慣だから、自分が余分に食べてしまう習慣を持っていることになる。本書では、そもそも生活習慣を変えることで、減量した後も、そのままの習慣で楽に体調・体重管理できるようになる。

なにもしなくても痩せてる人になる

本書のダイエットは3段階ある。

  1. 自己分析する
  2. 自分に合った方法を見つける
  3. それが習慣になった

自己分析は、まずは自分の食生活の記録を取る。今の自分の習慣を炙り出すのだ。なんとなく「お菓子食べすぎかも」「外食が多いかも」と思っていることを、きちんと紙に書き出して、見える化する。

自分の食習慣が見えてくると、その対策も考えられるようになる。食べすぎちゃったときの対策や、運動習慣など、自分ができそうなことを書き出してみる。そして、実際にそれを実行すると、できることもあれば、自分には向いていないこともわかってくる。ダイエットもPDCAサイクルを回しながらプロジェクトとして取り組むのだ。

究極のダイエットは、なにも我慢せず、なにもヤル気も出さないまま、痩せ習慣が身体に染み付いた状態だ。そんな人いるよね。特にダイエットしてるわけでもないのに、スリムな人。あの人に自分もなるのだ。彼らがそうであるように、なにを我慢するわけでもなく、外食だってする。だけど、中長期的には太らない程度の食事を摂っている。そういうの。

太るか痩せるか紙一重

太っている人に対して「自省もできない自堕落な人」と烙印を押す人がいるけれど、痩せている人と太っている人の差は、実はごくわずかだったりする。消費カロリーより摂取カロリーが50kcal多い人は太り、50kcal少ない人は痩せる。この差はわずか100kcalで、三食ちょっと一口分多く食べたくらいの差だ。だから「そんなに食べている気はないのに痩せないなぁ」という感覚は、あながち間違いでもないんだろう。まぁ、この、「お腹いっぱいなのに一口余分に食べちゃう」ってのが分かれ目なのだ。

ほーん、なるほど~と納得しながら、昨日も今日も山盛りカレーライス食べたから、だからダメなのね。

先に紹介した知性を使ったダイエットの手順のうち、1番目の現状把握が大事なんだろうと思う。現状把握しないまま、見切り発車しちゃうから、そもそもダイエットが始まらない。これを面倒くさがっているから、先へ進めないんだろうな(;^ω^)

関連記事

続きを読む